2018年 02月 04日 ( 1 )

これから数ヶ月の間は仕事が忙しくなりそう。
仕事が忙しくなったからといって、景気がいいわけではないのですが(涙)
このブログが息抜きになればいいなあ、と。

さて今回も将棋ネタ。
年度末の3月へ向けて、順位戦を中心に重要な対局が増える将棋界をざっくりとご紹介をば。
なお本日は王将戦と女流名人戦の対局日ですが、まだ対局中のため結果は来週お届けしますね。

■叡王戦七番勝負は、まさかの大穴対決に(叡王戦 準決勝)

さてまずは衝撃の結果となった叡王戦の準決勝から。
行方八段vs金井六段、丸山九段vs高見五段という、共に実力者vsシンデレラボーイの対決となったこの顔合わせ。
結果はなんと両方ともシンデレラボーイが勝利し、タイトル戦としては初となる叡王戦の七番勝負は、金井六段vs高見五段(本局の勝利により六段へ昇段)という、予想だにしない対決で行われることとなりました。

段位別予選に、比較的短い持ち時間(予選1時間、本戦3時間)。
また本戦は、仕事帰りのサラリーマンが夕食休憩明けからゆっくり見られるようにと対局開始時間が午後3時からという、将棋界では前例のないスタイルで行われたこの叡王戦。
斬新な試みが詰まった新棋戦なだけに、プロ棋士の皆様も、この独特なスタイルに適応するのにずいぶんとまどっているような印象を受けました。

その間隙を縫って、ビッグチャンスを掴んだ金井六段と高見六段。
七番勝負に勝てれば、棋戦優勝未経験者が、いきなり序列3位(1位竜王、2位名人)のビッグタイトルを掴むことに。
この七番勝負も、持ち時間が変動制(1・3・5時間を第1~6局に2つずつ振り分ける。第7局は6時間)で行われるという新たな試みがなされており、これをどう活かせるかが勝敗の鍵を握るかもしれません。

私も先週、丸山九段vs高見五段戦をニコ生で観戦させていただきました。
初めてメールが読まれたり、楽しいこともたくさんあったのですが、何しろ生観戦は疲れますね。
ガッツリ生観戦は身体に良くないので、これからは程々に見ることにします(苦笑)

■名人挑戦者争いはますます混沌に(A級順位戦 ラス前対決)

さて今度はA級順位戦。
2月1日に恒例のA級順位戦ラス前対決が行われております。

さてその結果を踏まえての名人挑戦者争いですが、6勝2敗でトップを走っていた豊島八段が、三浦九段に捕まり一歩後退。
相変わらずの中折れ力を発揮しております(おい)
そして豊島八段を追いかけていた久保王将は、渡辺棋王に勝利して3敗をキープ。
その結果、豊島八段と久保王将が6勝3敗でトップに並ぶ展開が復活しました。
それを追いかけるのが以下の4名。
 ・羽生二冠:6勝4敗(最終局は抜け番のため成績確定)
 ・稲葉八段:5勝4敗(最終局は対行方八段戦)
 ・広瀬八段:5勝4敗(最終局は対豊島八段戦)
 ・佐藤九段:5勝4敗(最終局は対屋敷九段戦)

豊島八段と久保王将が有利な立場に居ることは間違いないのですが、もし最終局で両者が敗れた場合、少なくとも羽生二冠と広瀬八段が挑戦権争いに加わることとなり、対局結果によっては最大6人による空前絶後のプレーオフが行われる可能性すらあります。
6人プレーオフかー、なったらなったで見る方は楽しいですが、当事者にとっては気が気じゃないでしょうねw

なおA級からの降級争いですが、屋敷九段がまず確定。
行方八段も自分が勝って、なおかつ競争相手の深浦九段と三浦九段が共に敗れないと生き残れないため、「ギリギリラス前では降級が決まらなかった」という表現が正しそう。
この二人はまず固いとして、今年は例年と異なり、竜王戦問題のゴタゴタにより3人目の犠牲者が出ることとなります。
首筋が冷たい順に言うと、三浦九段・深浦九段・渡辺棋王の順。
三浦九段と渡辺棋王は最終局で直接対決があります。
竜王戦問題での因縁が、まさかこんなところまでに波及しようとは。
自力でA級残留を掴むのは、どちらになるでしょうか。

■きょうの藤井聡太(順位戦9連勝! まさかのC級2組1期抜けに成功)

さて最後にきょうの藤井聡太。
既報通り、2月1日に行われた対梶浦四段戦に勝利し、C級1組への昇級を決めると共に、規定により五段へ昇段することとなりました。

50人近くの棋士がひしめくC級2組から抜け出せるのは、毎年たったの3名。
なおかつ1期で抜けるには、順位の差を覆すために、10戦全勝に限りなく近い成績を上げなければなりません。
当の本人がいとも簡単そうにやってのけるのでそうは見えないのですが、これは大変なことだと思いますよ。

まずは今年度最大の成果を上げることに無事成功しました。
おめでとう。

さて今度の大勝負は、2月17日に行われる朝日杯での対羽生二冠戦ですね。
準決勝と決勝に連勝すれば、棋戦初優勝と共に、規定により六段へ昇段となります。
可能性はゼロではないと思いますが、何しろ相手はかの将棋星人にして鬼畜眼鏡。
そんな旨いこといきますでしょうか。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2018-02-04 15:12 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03