2005年 04月 26日 ( 1 )

名人戦第2局が大詰めですが、毎日の有料サイトがパンクしたようで私を含めた難民が2chへ流れている模様。
こういうときは、素直にblog書くですよ(笑)
ちなみに、名人戦については明日にでも載っける予定。

アニメは声優がアレなこともあってかなぜにここまでハズすかアニメスタッフorzなアイシールド21ですが、マンガはなかなか面白い。同じジャンプに載っている某テニスマンガや某野球マンガのような奇天烈な技に走らずしっかりストーリーで読ませるところに好感が持てます。一見「なんじゃこりゃ」な技でも、アメフトファンが見れば「ああ、あのプレイね」と分かるところも一アメフトファンな私にはうれしいところ。
感心したのが、ずいぶん前になりますが東京タワーでやったスタメン選抜テスト。
溶けかけた氷を持って階段で東京タワーを制覇。
氷が溶けてなかったら合格、なテストであります。
この話のミソは、持っていく氷の量は一定ではなく、自分で好きなだけ持っていって良いこと。
スピード自慢なら、氷を少なめにして全力疾走。
力自慢なら、氷を多めにして量で勝負。
自分の強みをしっかり認識し、的確なプランを立て実行する。
単なる体力テストではなく、アメフトに必要な知恵や判断力も見ているテストなわけです。
アメフトは体力だけでなく頭もかなり使います。
ルールは複雑だし、プロでは200種類あるプレーをすべて覚えてなくちゃいけない。
「プレー○○!」
と言われたら、各々の選手があらかじめ決められた通りに動かなきゃならんわけです。
一人でもちゃんと動けなければプレーは失敗(プロでもままあります)
それが200個。
すげー。

それにしても、ジャンプは囲碁といいアメフトといいマイナーネタを上手く料理するもんです。
スピードスケートネタのが始まってますが、これにも期待したいところ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-04-26 22:35 | マンガ・アニメ | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03