将棋つめちゃいました(もうすぐゴールデンウィークですか)

ここのところ忙しい日々が続きます。
やることやって、来週からのゴールデンウィークを楽しみに。

さて今回も将棋ネタ。
ネタも少ない時期なんで、あっさり風味でいきますね。

■佐藤名人、快勝譜で対戦成績をタイに戻す(名人戦七番勝負 第2局)

佐藤名人に羽生二冠が挑む今年の名人戦七番勝負。
先週は第2局が行われ、佐藤名人が快勝して対戦成績をタイに戻しております。

将棋の方ですが、先手の佐藤名人が角換わりへ誘導。
そして最近一部で注目され始めているという、居玉腰掛銀の布陣を取ります。
居玉は怖いのですが、その分攻撃陣形を早く組みやすいのは魅力。
あと、見た目の割に王様の守りは案外しっかりしているそうな。

これに対して、後手の羽生二冠は早繰り銀から足早に先攻。
しかしこれがあまり良くなかったようで、局後に羽生二冠は後悔していたとのこと。
その後は羽生二冠の攻めをがっちりと受け止めてから反抗に転じた佐藤名人が、鋭い攻めで羽生二冠の王様を追い詰めての快勝、ということになりました。

第1局も将棋の内容自体は悪くなかっただけに、佐藤名人が結果を残せたのは今後につながる1勝になったのでは、と思います。
一方の羽生二冠は、昨年後半からの好調をどれだけ維持できるかが今後を大きく左右すると思われます。

■きょうの藤井聡太(平成29年度の将棋連盟特別賞を受賞)

さてきょうの藤井聡太。
珍しく先週の対局がなかったので、既報ですが表彰の話題を。

先日発表された平成29年度の将棋連盟表彰で、藤井聡太六段が記録部門四冠の達成と、朝日杯を優勝したことを評価され、特別賞を受賞することとなりました。
特別賞は将棋大賞(将棋界のMVP)に準じる成績を上げた棋士に対して特別に与えられるもので、だいたい10年に1度くらい出るかな、くらいのレアな表彰になります。
将棋大賞は羽生二冠に与えられましたが、藤井聡太六段を将棋大賞に推す声も根強かったことを反映しての表彰なのかな、と思ってます。

※訂正

以前の記事で「藤井聡太六段が竜王戦ランキング戦での連続昇級により七段昇段」という話しが出ましたが、竜王戦ランキング戦をもう1回勝たないと連続昇級にならないそうです。
最短ですと、5月18日に行われる竜王戦ランキング戦5組準決勝の対船江六段戦に勝利すれば連続昇級が確定します。
お詫びして訂正します。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2018-04-22 14:53 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03