将棋つめちゃいました(春?春…春、ねぇ)

色々あって忙しい日々。
うう、休み1日だと回復がキツい。

さて今回も将棋ネタ。
将棋界もいよいよ春シーズン到来ということで、ネタも増えてきましたね。

■羽生二冠、横歩取りの激闘を制し先勝(名人戦七番勝負 第1局)

まずは佐藤名人に羽生二冠が挑む名人戦七番勝負の結果から。
第1局が先週行われ、羽生二冠が横歩取りの激闘を制しております。

将棋の内容ですが、序盤早々に佐藤名人が一大決戦を決断。
お互いの攻撃が火を噴く大乱闘となりましたが、不思議とバランスは取れている、という第一人者同士の対決ならでは、という戦いになりました。
最後は羽生二冠が激闘を制しましたが、佐藤名人の勝ち目も十分にあったと思われます。
第1局から早くも目が離せない展開になってきました。

■注目の第1局は後手番の高見六段が制す(叡王戦七番勝負 第1局)

将棋界の春シーズンといえば、何はなくとも名人戦、だったのですが、今年から新たに加わったのがこの叡王戦。
持ち時間変動制という斬新な試みもさることながら、金井六段と高見六段という、フレッシュな顔合わせとなった点も特筆すべきところですね。
昨日七番勝負の第1局(持ち時間5時間)が行われ、後手番の高見六段が制しております。

さて将棋の内容ですが、高見六段が後手番を引いたこともあり、十八番の横歩取りへ誘導。
こちらも夕食休憩あたりまでほぼ互角の展開でしたが、金井六段が△3七歩と銀取りに打たれた歩を放置して決めに出たあたりで差がつき始め、優位に立った高見六段がそのまま押し切りました。

高見六段の後手番横歩取りは、この七番勝負でも猛威をふるいそう。
金井六段にもまだまだ立て直すチャンスはあるはず。
こちらも今後の展開が楽しみですね。

■きょうの藤井聡太(竜王戦ランキング戦で阿部光瑠六段に勝利。規定により七段へ昇段)

さて最後にきょうの藤井聡太。
先週は竜王戦ランキング戦での対阿部光瑠六段戦に勝利しております。
これにより、藤井聡太六段は、竜王戦ランキング戦での連続昇級が確定。
また、規定により七段への昇段が決まりました。

まずは竜王戦ランキング戦での勝ち抜きと、七段への昇段を素直に喜びたいと思います。
それにしても、昇段ペース早すぎぃ!
グッズ作り担当者からは悲鳴が上がっているのではないでしょうか(笑)
まあここから先は上がるのが大変なので、タイトルでも取らない限りは肩書は変わらなくなりますけど(フラグ)

また、前期に引き続き竜王戦ランキング戦を勝ち抜けたのは大きいですね。
前期は堂々の本戦入りを果たしましたが、今期も淡々と本戦入りを目指してもらいたいところ。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2018-04-15 15:29 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03