今のうちに笑っておこう(プロ野球 巨人 シーズン展望)

最近病院通いが多くて何だかなあ、という感じ。
持病の頭痛と花粉症に加えて、一度治した虫歯が再発したから歯医者へ。
歯医者の定期検診、来年からやっとこうかなと。
歯だけは自然治癒がありえないですからね(苦笑)

さて今回は予告した通りのプロ野球ネタ。
記事にするのも久々ですねえ。
色々とろくでもない話しが多すぎて、とても書く気が起こらなかった巨人。
今年はようやく、少しは話しができそうです。
先発投手・リリーフ・打者・総括のくくりで、今シーズンをざっくり展望してみましょうか。

■先発投手(裏ローテがやっぱり課題)

まずは先発投手陣。
盤石の表ローテに、ろくでもない裏ローテという編成になってしまった去年。

今年はどうなったかと言いますと、まずは盤石の表ローテからマイコラスが抜け、西武からFAで野上が加入。
どう考えても差し引きマイナスですが、ここはとにかく菅野と田口に頑張ってもらうしか。
野上は10勝10敗くらいで1年ローテを守ってもらえば及第点かと。

そして尋常じゃない燃えっぷりだった裏ローテの方ですが、去年はロクに働けなかった山口がとりあえずは軸として機能すれば、ひとまず格好はつきそう。
あと2枠のうち1枠には期待の星な中川が入りそうで、最後の1枠には大竹が滑り込みそう。
あとは彼らが不調な場合に、吉川光だったり内海が投げたりするんでしょう、きっと。

なお去年台頭の兆しを見せた畠ですが、どうも故障が長引きそうでしばらくは出られなさそう。
彼が裏ローテに入ってくれれば一安心なのですが。
あとは、今年の後半あたりでドラ1の鍬原なんかが活躍してくれないかなあと希望的観測。
人的補償で西武に行った高木が居てくれればなあ、とは今日のオープン戦で思いましたが、まあこれはしゃあないですわ。
環境を変えて良くなる選手なんて、いくらでも居ますしねえ。

去年に比べれば、悪い意味で平均化しそうな印象。
まあ、後述するリリーフと打線が去年に比べればマシになりそうなんで、その恩恵を受けられれば、なんとか形にはなってくれるかなあと。

■リリーフ投手(かなりの強化?)

去年はマシソンとカミネロの外国人以外に頼れる軸のなかったリリーフ陣。
今年は復帰組が頑張ってくれそうで楽しみ。

まずはケガによりほぼ1年を棒に振った澤村。
球威も十分そうで、彼が1年頑張ってくれれば、マシソンとカミネロが過労死することもなさそう。
それから、なんとアメリカから上原が復帰。
何しろ私よりちょいと年下と高齢なんで過度の期待は禁物ですが、計算できる駒が1枚増えたのはありがたい。
あとは去年から居る組として、田原とか戸根とか篠原とか桜井がサポートに回るといった感じなんじゃないかと。

ケガさえなければ、ほぼ盤石な感じ。
あとは先発が燃えすぎて、登板過多にならないことを祈るのみ。

■打者(若手が増えてきましたねえ)

去年はとにかく貧打に泣かされた打者。
伝統的に後楽園・東京ドームと打者有利な本拠地に居ることもあり、とにかく打ち勝つのが巨人の信条だったはずなのに、去年はちとヒド過ぎましたね。

ここ数年続いた小兵スピードスター乱獲のドラフトから、昨年は方針を変更。
打てる大学社会人勢を多数獲得し、その中から大城・田中貴・田中俊あたりが早くもモノになりそう。
特に大城は、もしも捕手が務まるのであれば、なんとなんと「中軸を打てる捕手」阿部の後継者爆誕ということになります。
まあ宇佐美みたいに外野や一塁に回す手もありますが。
小林?併用でいいんですよ。
もはや捕手1枚で1年回せる時代じゃないですし。

そして育ってきた組として、吉川尚と岡本。
彼らが1年レギュラーを張ってくれれば万々歳。
あとは橋本とか和田とか辻とか立岡とかの台頭があれば文句なし。

それから、一発の魅力十分のゲレーロ。
3番坂本・4番ゲレーロ・5番マギーのクリーンナップトリオが1年機能するのであれば、相手にとっては脅威でしょう。

あと、外野の一角には陽岱鋼。
レフトはゲレーロが埋めるので、もう1枠を長野から他の誰か(橋本・立岡・辻なんかが有力)にグレードアップできるかどうか、といったところでしょうか。

これまでのオープン戦では、エース級を打ててないという批判もありますが、春先の調整十分なエース級を打ち砕ける打線なんて居たらそりゃ化物ですよ。
去年の二線級投手すら打ち崩せなかった惨状からは、とりあえず脱出できそうです。
また吉川尚には足という武器もありますし。
これも去年には無かったものですね。

■総評(Aクラスのその先は?)

昨年ついにBクラスへ転落したことによりようやく目が覚めたのか、やっと普通のチーム作りに着手してくれたような印象があります。
ケガや不調はつきものですが、普通にやれればAクラスには入れるでしょう。
ただ、リーグ制覇や日本一ということになると、広島や横浜、そしてソフトバンクといった油の乗り切ったチームが相手になりますので、その辺を越えるには少々以上のミラクルが必要になりそうかなと。

今年はテレビで巨人戦を楽しめる機会が増えるかも。
とはいえ、個人的に生放送での勝率があまりにも悪すぎますので、勝ちゲームの再放送だけ見ることになりそうですがw

[PR]
by mitsuboshi03 | 2018-03-17 20:49 | スポーツ | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03