将棋つめちゃいました(2月も終わりそう)

某amazonで「5000円以上買うとポイント加算やで」なセールをやると聞いて、いそいそと買っておきたい書物を買い集め。
うむ、4800円。

足りない。
あとちょっとなのに。
グギギ。

こうしてamazon沼に堕ちていく者が、またひとり。

さて今回も将棋ネタ。
冬場は重要な対局が続くんで、話題も豊富ですねえ。
年度末に近づいていることもありますし。

■「羽生くんの画像をアップすると近い構図の羽生さんの画像が送られてくる」ハッシュダグ

まずは、私にはちょっと敷居が高くてまだ始めていないtwitterネタから。
フィギュアスケート男子シングルでオリンピック連覇を果たした羽生結弦氏の画像に、似たような構図の羽生永世七冠の画像をくっつけていくというtwitterでのお遊び。
フィギュアと将棋界の一部では密かに話題となっておりましたが、何と言ってもオリンピック連覇と永世七冠の偉業達成が大きく、羽生永世七冠の奥様までリツイートするなど、再びお祭りとなっております。

ところでこのハッシュダグ、ときどき羽生永世七冠が妙なポーズを取らされてる画像が見受けられますが、それはだいたい王将戦での罰ゲーム…もとい、勝利のポーズ写真によるもの。
羽生永世七冠に安来節やどじょうすくいをやらせるのは王将戦だけ!
…ええんかそういう立ち位置でw

■久保王将、防衛へ王手(王将戦七番勝負 第4局)

さてその王将戦もいよいよ第4局と、中盤から終盤へと差し掛かりつつあります。
その第4局ですが、これまでと同様に相居飛車、しかも第3局とほぼ同じ金無双での戦いとなりましたが、序盤をほぼ互角で切り抜けた久保王将が中盤以降で優位に立ち、そのまま押し切りました。

久保王将はこれで対戦成績を3勝1敗とし、王将位防衛へ王手をかけることに。
対して豊島八段は、このあと一つも落とせない厳しい立場へ。
やはり第1局のように序盤で少しリードできないと、第2局から第4局のように中盤終盤を押し切られてやられる、という展開続きでは王将位奪取は極めて難しい、と言わざるを得ません。
かの中原永世名人が、こんなことを言ってました。

七番勝負でね、作戦勝ちでそのまま押し切れるなんて、1つかせいぜい2つくらいですよ。
悪い将棋でも勝ちを1つ、2つと拾い集めていかないと、七番勝負で勝つのは難しいですね。

それにしても。
久保王将の勝利のポーズ写真は、関西人らしい明るさがあって良いですなw

■永瀬七段、1勝を返す(棋王戦五番勝負 第2局)

今度は昨日行われた棋王戦の第2局。
角換わり模様の序盤から、永瀬「軍曹」七段が棒銀で攻める趣向を見せたのに対して、渡辺棋王が腰掛け銀から雁木へと手厚く組み替えて対抗する、という構図に。

中盤戦で渡辺棋王の右金が5二から6三、そして5四へ盛り上がる展開となったのですが、ここから大駒を捌いて決めに出たのを渡辺棋王は対局後に後悔していて、感想戦もこの辺りの変化を多めに検討していたようです。
優位に立ったあとは▲9八玉の早逃げなど、永瀬七段が手堅くまとめて勝利し、対戦成績を1勝1敗のタイに戻しました。

力関係でも拮抗しているように見えますし、どちらが棋王位を獲得してもおかしくないように思えます。
恐らく第3局以降も角換わりの将棋になりそうな感じなので、序盤研究でどちらが競り勝つか、という展開になるかもしれませんね。

■里見女流五冠、奨励会退会&蛸島女流引退(女流棋界の話題)

最後に女流棋界の話題を。

プロ棋士挑戦のため三段リーグを戦ってきた里見女流五冠ですが、年齢制限の救済措置である三段リーグ勝ち越しを果たすことができなくなったことにより、奨励会を退会することとなりました。
またこれまで長きにわたり現役生活を続けてきた、最初の女流棋士である蛸島女流が引退を決め、先日残っていたすべての対局を終えました。

里見女流五冠は、今後は女流棋戦での対局がメインになりそう。
女流タイトルを取り続けていれば、一部の男性棋戦で活躍するチャンスもあるのですが、そこからプロ棋士への道はかなり険しいと言わざるを得ません。
とはいえ、ここまで過密スケジュールを駆け抜けてきた里見女流五冠の奮闘ぶりは素直に賞賛したいと思います。

また、初の女流棋士として活躍を続けてきた蛸島女流の引退も大きな話題に。
将棋界をこんなにも豊かにしてくれたのは、蛸島女流を含めた女流棋士の貢献も大きかったですから。
ひとまず、お疲れ様でした。

■おまけ(きょうの藤井聡太)

そういや忘れてました。
先週も対局が1局あり、王座戦の2次予選で元「鬼の奨励会幹事」として当時の奨励会員(当時だと糸谷八段とか山崎八段とか)らを震え上がらせていた畠山鎮七段と対戦して、勝利を収めております。

今のところは淡々と予選を戦う日々が続きますが、高校生活が始まるとどうなるか。
羽生二冠なども苦しんできた道ですが、なんとか貫き通してもらいたいものです。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2018-02-25 14:40 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03