<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ここんとこ雨が多いこの辺り。
地元の大きな花火大会にそれほど影響が出なかったのが救いではありますが。
今朝の墓参りも、雨が弱くなったところを縫うようにして行ってきました。

さて今回は普通の将棋ネタ。
これまでの将棋界の話題をいくつか取り上げてみます。

■王位戦七番勝負、羽生王位が1勝を返し1勝2敗に

まずは王位戦七番勝負から。
挑戦者の菅井七段が連勝スタートということで注目された第3局は、羽生王位が1勝を返して菅井七段の勢いをひとまず食い止める形となりました。
後手番の菅井七段が角交換振り飛車に構えたのですが、羽生王位が序盤早々に角を手放して3筋の歩を取った構想が上手く、そのまま押し切ったという印象。
3連敗は避けたかった羽生王位にとっては大きな1勝と言えます。
一方敗れた菅井七段ですが、局後に大盤解説会へ顔を出したときに「ここで反省したい」と一言。
その後、羽生王位も交えて大盤解説会場でも感想戦を繰り広げることに。
対局で疲れているというのに、よっぽど将棋好きなんですなあ。
こういうところは羽生王位とも波長が合うでしょう。
今後の対局も楽しみです。

■竜王戦挑戦者決定戦第1局、羽生三冠が先勝

今度はおとといの8月14日に行われた大一番、竜王戦挑戦者決定戦の第1局。
結果は羽生三冠の勝利だったのですが、横歩取りだというのに127手にも渡る大熱戦で、どちらが勝ってもおかしくないという名勝負でした。
終盤こそ少々アヤがありましたが、両者とも散々ねじり合いを重ねてきただけにそれは仕方のないところ。
人間らしい対局で良かったんじゃないかと思います。
いかな将棋星人羽生三冠とはいえ、残り6分で実戦詰将棋19手詰めを解け、というのは少々酷なんじゃないかと。
私の実体験からも言えることなのですが、詰将棋や次の一手を実戦で指すって、想像以上にハードルが上がりますからね。
ここがポイント、と言われればそのように読みますが、実戦のときに自分でポイント探すってのはかなーり大変です。

松尾八段にとっては非常に惜しい一局を落としましたが、まだあと2局あります。
充実ぶりは示してくれただけに、重要なのはあともう一押し。
あと、序盤で少しリードできるともっといいですね。
なに難しい?
将棋星人相手に終盤で五分以下の条件で勝ちに行く方がよっぽど無理ゲーですw

■きょうの藤井聡太(王位戦予選で小林健二九段に快勝)

さてきょうの藤井聡太。
昨日の8月15日に王位戦予選で小林健二九段と当たって快勝しております。
先手番の小林九段が矢倉を目指したのですが、最近コンピュータ将棋などで猛威を奮っている「居玉から△6二銀~△7三桂でバリバリ攻める」戦法を藤井四段が採用。午前中で先手陣が崩壊する危機こそ避けられたものの、序盤からリードを奪った藤井四段がそのまま押し切った一局となりました。
小林九段は今日の藤井四段の仕掛けを軽視してたのかな、という印象。
途中から右玉に構えた工夫も実りませんでした。
とはいえ、始まった早々に観戦記者と雑談するところは久々に昭和を感じさせる一コマでした。
AbemaTV、中継あざーっす!

なお次回の藤井聡太の対局は、8月22日(火)に朝日杯の予選での対大石六段戦となります。
これが午前中で、勝つと竹内四段と午後にまた対局。
どちらも油断できない相手ですが、また連勝を伸ばすことになるんでしょうか。



[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-08-16 10:32 | 将棋 | Comments(0)
「みつぼしくん、この文字読める?」
「…読めません。」
「じゃあ、これは?」
「…ダメですね。」
「ということはみつぼしくん、きみ老眼だよ。」
ぎゃああああああああ…。

というわけで、とりあえず100円ショップで老眼鏡を買う羽目に。
使うのは仕事と本読むときくらいなんですけどね。
トホホ。

いつもの将棋ネタですが、明日が竜王戦挑戦者決定戦第1局という大勝負があるため、あさってに回します。
どうせお盆ですし。
あ、コミケ遠征の方はお疲れ様です。
そういや家に帰るまでがコミケです、と言ったのはワークスの某後輩でしたっけ。

今回は、5巻を立ち読みして悩んだ末に諦めたものの、やっぱり気になって6巻を買ったら大当たりだったという『りゅうおうのおしごと!』を解体新書風味に。
個人的に気になったところにツッコミを入れるという、いつものパターンです(おい)
基本的にネタバレ全開ですので、6巻を一度お読みいただいた後に読んでいただければと思います。
老眼鏡片手に、一気に読めましたぜ。

△指し初め式

■蔵王達雄九段

まずは年初恒例の指し初め式でちらっと出てきた蔵王達雄九段から。
説明文からして、ほぼ間違いなく内藤國雄九段が元ネタですね。
タイトルまで取ったトップ棋士であり、また『おゆき』というミリオンヒットを飛ばした歌手でもあり、なおかつ実戦初形や『ベン・ハー』といった傑作を生み出した詰将棋作家でもある。
嘘みたいだろう、こんな人がホントに居るんだぜ(白目)

現実の内藤國雄九段は2015年に惜しまれながらも引退されましたが、作中の蔵王達雄九段も今年度中での引退を表明しているとのこと。
作中では順位戦最終局で引退、となっていますが、現実ではたいていの場合は他にも棋戦がありますので、対局がすべて終わってから引退、ということになります。
まあラノベですし、この辺は細かいネタになりますんではしょって正解でしょうねえ。

△シューマイ先生

この巻最大の問題児。
アニメがもし続いたとしても、恐らく全く触れられない存在になるかと思われます。
こちらも恐ろしいことに元ネタがありまして、「囲碁界最後の無頼派」藤沢秀行名誉棋聖とそのお孫さんである藤沢里菜女流二冠(囲碁)との合せ技かと思われます。
(あともう1個ネタがあるが黙っておこう)

お爺ちゃんと孫との悪魔合体。
囲碁界的にはセーフなんでしょうかこのネタ(汗)

「一日に千回お○んぽ言わないと気がすまない」「一杯ひっかけてからNHK杯戦で打った」など数々の奇行で知られる藤沢秀行名誉棋聖ですが、卓越した序中盤での打ち回しを軸に囲碁界では高額な賞金で知られる棋聖戦を長年防衛するなど、こと囲碁に関しての実力は確か。
また日中韓ところかまわず若手の育成に尽力したことでも知られています。
将棋界でも米長邦雄名誉棋聖など親交の深い棋士は多かったみたいですね。

それにしても。
タイトルホルダーが指し初め式に欠席するのは色々マズいんじゃないでしょうか(震え声)

▲はじめての大盤解説

5巻までにめでたく女流棋士となったあいちゃんと天衣(あい)
女流棋士となったからには避けて通れないのが、大盤解説の聞き手役。
福崎九段や豊川七段といったスパークしがちな解説棋士や、ボソボソと手の解説しかしない解説棋士なんかを上手にコントロールしながら場を持たせるという、想像以上に大変なお仕事。
それでも認められれば全国ひっぱりだこで、これだけでも結構な収入になるのはとかく貧乏な女流棋士にとっては魅力的であります(涙)

さて肝心の作中では。
…まあ二人とも10歳ですからね、あの惨状は致し方ありません(合掌)
それにしても、あいちゃんというとワークスの某先輩を思い出してしまって(以下略)

△きまずい二人

■「あれ!?姉弟子…ですか?」

ここから始まる姉弟子無双。
私服銀子ちゃんかわええ。

▲ゴキゲン研究会

■「うちの飛鳥のどこが不満だっ!!」
 「めんどくさい親父だなぁ全く!!」

普段はクールな「捌きの巨匠」生石玉将も、こと一人娘の飛鳥のこととなると途端にめんどくさい親父に。
一人娘の親父というのはめんどくさいものなのです。
諦めましょう(おい)

▲一線

■一緒に寝たら襲わない自信がない。

まだまだ続く姉弟子無双。
煮え切らない八一をラブホテルに引きずり込み、えっちいセーラー服(ラブホテルの備品)で落としにかかる。

この期に及んで「一緒に寝たら襲わない自信がない。」と冷静に語る八一くんですが、普通の17歳男子なら、気になる女の子とラブホテルで二人っきりになった時点でもう襲ってます。
さすがは竜王にして将棋星人。
まるでナイロンザイルのように強靭な精神力ですなあ(褒めてない)

■「姉弟子は…体力が無いんだと思います」

将棋の手を考える体力。
移動に耐える体力。
想像を絶するストレスに耐える体力。
将棋は頭脳労働ではありますが、こういう体力をつけるのはプロ棋士になるための絶対条件。
特に三段リーグ入りを視野に入れている銀子ちゃんにとっては、特に最後のストレスに耐える体力が必要になってきます。
健全な精神は健全な肉体に宿る、といいますが、ある意味当たってますね。
自分も最近これを痛感して、歩いたりエアロバイクしたりアミノ酸補給したりしています。

銀子ちゃん、水泳もいいけど、エアロバイクはいいぞ!
あの谷川九段もオススメだぞ!(本当)

▲母親との会話

地元にいるお母さんとスカイプで会話するあいちゃん。
ここが個人的には今回一番の笑いどころ。
だんだんと笑いが引きつったものになってはくるのですが(苦笑)

それにしても。
既成事実を作って男を縛り付けろ、ってそれ10歳女子に言う言葉じゃありませんよねお母さん!?
あまつさえ。
目をキラキラさせた女子小学生に「ねえ、キセイジジツってなーに?」って聞かれたら、いったいどう切り返せばいいんでしょうか。
軽くホラーです(おい)

△あい、ロリコンを殺しにかかる

■『JS4年生』

さ、最近の女子小学生は進んでるなー(棒)

だがしかし。
女子小学生だからこの程度で済んでいるのであって、もうちょい年齢が上がったティーンズ向けともなるとまあこれがなんともエグ(以下略)
女子の妄想力こええ。
というか、妄想だけで済ませるのがもっとこええ(おい)

▲号外

■ただ、一つだけ…不安材料がある。

女流棋士のお祝いに、亡くなったお父さんの字体で作った特製駒を八一からもらった天衣。
涙を流す年相応な姿がかわいいのですが、こと棋士となると話は別。
優しいとか、気が回るというのは一般社会では大事なことなのですが、棋士の場合はそれがマイナスになることが多いもの。
例えば木村一基九段なら、もっと憎たらしい性格だったらとっくの昔にタイトルの1つ2つ取ってておかしくないんですけどねえ。
でも、そういう木村九段が大好きなので、そこが中々難しいところではありますが。

▲人を超えしもの

■目の前に座っている子供は コンピューターそのものだった。

この第6巻で光が当たり始めた恐るべき強敵、椚創多(くぬぎそうた)二段。
そうた、という名からして、元ネタはほぼ間違いなくあの藤井聡太四段。
元ネタは終盤は天然モノで、序中盤をコンピュータで補強しているのですが、こちらは序盤中盤終盤隙がない、混じりっけなしのピュアコンピュータ棋士、のたまご。
(あれ、どこかで聞いたようなセリフが)

現実の将棋界でも、あと5年や10年もすると、こういう若手がドンドン出てきそうだなと。
将棋を始めたころから、強いコンピュータ将棋が当たり前にある世界で育つ棋士。
怖くはあるのですが、個人的にはどうもそれが最強だとは思えないんですよね。
どこまでいっても人間は人間で、コンピュータになることはできない。
やはり対人間戦は、自分は間違えず、相手を間違えさせる戦い方をするのが最強で、コンピュータはあくまでも道具として使うのが良いのかなと思ってます。
このあたりをどう書ききるのか、7巻以降を楽しみにしています。

あとこの創多くん、昔はちょくちょく八一くんの将棋の記録を取ったり、アパートへ遊びに来たりしてたそうな。
同じ将棋星人ですからね、気が合うんでしょうね(白目)

▲決意

■そのためなら 死んだって構わない。

銀子、死ぬなああああああ(壊)

twitterでもちょくちょく懸念されていますが、この辺がどうも村山聖九段を元ネタにしているような展開で怖い怖い。
銀子ちゃんは身体弱い設定だし、村山聖九段が亡くなってほぼ20年と区切りも良いし(ちなみに命日はついこないだの8月8日)、監修が関西若手棋士の西遊棋だし。

死ぬのは現実の村山聖九段だけでたくさんです。
もー私世代の将棋ファンにとってはトラウマネタですからねこれ。
何度も何度も書いてる気がしますが、こればっかりは諦めてください(おい)

人間死んだらいけません。
死ぬのはダメです(佐藤会長風味)

▲あとがきに代えて

ああ、こういうの私ダメなんです。
ちょー弱いです。

何がなんだかわからない人、とにかく6巻を買って読むのだ(ダイマ)

▲感想戦

供御飯(くぐい)女流のおっぱい絵がたまりません(おい)
机の上に「のさっ」と乗っかっている感じがいいのよね。
まだ見てない人はとにかく6巻を買(以下略)

[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-08-13 17:41 | 将棋 | Comments(0)
平日に大きなお祭り、日曜は地区の夏祭り。
今日も準備やら何やらで動員。
生きねば(切実)

さて今回も将棋ネタ。
将棋界では1年で最も話題のない時期である夏なのですが、探せば色々あるもので。

■渡辺竜王に挑むのは、同門棋士とあの男(竜王戦挑戦者決定戦出場)

まずはいよいよ大詰めを迎えた竜王戦。
三番勝負となる挑戦者決定戦に進出したのは、稲葉八段を下した羽生三冠と、久保王将を下した松尾八段ということになりました。

羽生三冠の方はいまさら語ることもないかと思います。
三冠を防衛し続けているのは普通の棋士としては異次元の領域なのですが、何しろタイトル七冠を達成するなど確実に歴史に残る棋士なだけに、ここ最近タイトル挑戦が無かったというのはマイナス材料。
永世七冠達成のビッグチャンスでもあるだけに、ここでは負けられないところ。

一方の松尾八段はここで取り上げる機会はほとんどなかったかと思います。
棋戦優勝こそ新人王戦1回のみなのですが、居飛車穴熊と横歩取りで両方松尾流と名の付く戦法を有しているなど、序盤に定評のある一流棋士。
最近では安定感抜群なガチ将棋ファン向けの将棋解説でも活躍しております。
松尾八段にとっては一世一代の大舞台。
竜王戦予選での直接対決では勝利を収めていることもあり、番狂わせを期待。
なお所司門下ということで渡辺竜王とは同門になります。
タイトル戦での同門対決というのは極めて希少価値が高いだけに、こちらに転んでも将棋ファンとしてはオイシイ展開(おい)

■きょうの藤井聡太(菅井七段に完敗、3敗目を喫する)

さてきょうの藤井聡太。
今週も8月4日に王将戦1次予選の決勝戦を菅井七段相手に戦いました。
えーと、何度も何度も書いてますが、デビューしたての新人四段が年間最も対局のつきにくい真夏に毎週毎週対局がつくってまずありえないことですからね。
ありえないくらい勝っているという証明なんです。
ありえないといえば、今回の相手の菅井七段とデビュー1年未満の新人四段が戦うというのもまずありえないこと。
あの羽生三冠を相手に王位戦七番勝負を連勝している男ですからね。
菅井七段と一生指さずに棋士人生を終える棋士もそれなりに居るというのに、これだけの相手ともうぶつかっているというのは本当に異次元の活躍ぶりです。

というわけで、菅井七段相手にに完敗したのはごくごく普通の結果。
勝っていようものならそれこそ今年度中のタイトル挑戦も十分考えられるところでしたが、まあしゃーないです。
実力つければいいだけの話しですから。
なおこれで今年度中のタイトル挑戦が可能なのは棋王戦のみとなった模様。

また報道では高校進学に悩んでいるという話も出ていました。
視野を広げる意味では大きいのですが、あの羽生三冠も苦しめられたハードスケジュールに悩まされることにもなる。
どちらを選んでも一局の将棋。
こればっかりは当人次第、と言うしかないですなあ。

なお来週は8月10日にC級2組の順位戦で高見五段との対局が予定されています。
こちらも伸び盛りの若手なだけに簡単には下せないとは思いますが、今後のためには絶対に負けられない一局。
21世紀になっても、プロ棋士にとっての順位戦は命の次に大事な戦いですので。

■奇跡のゲーム実況、藤田綾女流二段によるスプラトゥーン2ゲーム実況

Abema将棋中継の恒例となった解説者と聞き手の一日時間割りネタで、(オフの日に限り)1日10時間以上スプラトゥーンにハマっているのが暴露されてしまった藤田綾女流二段。
ニコニコがこんなオイシイネタを逃すはずもなく、プロ棋士も交えたスプラトゥーン2ゲーム実況生中継が行われることとなりました。

えーと、正直なめておりましたが、とっても楽しかったです。
NHK杯での「将棋のお姉さん」とは一変した藤田女流のガチゲーマーっぷりはもとより、山口「えりりん」女流との名コンビぶりとか、中村太地六段や戸辺七段やひふみんという多彩なゲストも楽しゅうございました。
ゲーム実況の標準がわかっていなくて恐縮なのですが、初回放送のアクセス数が10万弱で、アンケート結果の「とてもよかった」率が96%越えというのは驚異的な数字なのではないかと思います。
これは看板番組化待ったなしでしょう(おい)

■伝説の棋士、永作芳也

1989年に将棋界から忽然と姿を消した伝説の棋士、永作芳也。
その消息が、つい最近の記事で明らかとなりました。
私も正直「いつの間にか居なくなっていた」という印象しかなかったのですが、記事を見て涙が止まらなくなったため取り上げてみた次第でございます。

18歳に6級で奨励会に入会。
現在では規定により不可能な遅いスタートを切った永作芳也さんですが、棋士の雑用係である塾生や記録係を熱心に勤め上げ、その合間を縫って先輩棋士の指導を仰ぐという文字通り血の滲むような努力を積み重ね、24歳でプロ四段デビュー。
しかしその後は好成績を上げることができないまま、デビューから10年後の1989年に突如将棋界を去る決断をし、つい最近まで将棋界とは音信不通となっておりました。

将棋界を去る決断をした経緯は記事でも濁しておりましたが、個人的には、やはり燃え尽きてしまったのかな、と思います。
さらっと書いてしまいましたが、18歳に6級で奨励会に入会して、24歳でプロ四段デビューを果たした裏には、筆舌に尽くしがたい努力があったと思います。
わずか6年足らずで、ほぼ素人と言ってよい状態からプロ入りするほどの棋力を手に入れるという奇跡を得たことにより、人には耐え切れない傷を負ってしまったのかなと。

それにしても感服しました。
世の中にはここまでできる人間が居るものだと。
こういう事例を見てしまった以上、今後私からは「精一杯努力しました」という表現は使わないようにしたいと思います。
そういう言葉は、まさに彼のためにある言葉だから。

なお永作芳也さんは、今では他の仕事をしながら子供向けの将棋教室を開いているそうです。
詳しい記事はこちらをご覧ください→




[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-08-05 19:50 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03