<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

連日暑い日が続きますが、東京などと違って風が生温かくないのが救い。
それでも、部屋によってはエアコン必須になってきましたなあ。

さて今回も盤デレの話題ということで、登場人物紹介の続きを。
印象のある勢を取り上げてるつもりではありますが、順不同です(おい)

■橘ありす(ありすちゃん)

第7局のコンピュータ将棋への精通っぷりで一気に名を上げ、コンピュータ将棋に関する番外編では堂々の主役の座に。
人間の将棋は一切並べないという潔さが素晴らしい。
その一方で、妹ヶ崎相手に初手▲7八金をかます勝負師としての一面も。
人間の居飛車党相手に有効な手だと思ってるのか、単に普通に有望な初手だと思ってるのか、いっぺん聞いてみたいところではあります。

この子も十分可愛いですが、どう見ても参考にしたとしか思えない千田五段もなかなか愛らしい(おい)
電王戦第2局で、初手▲7六歩に頭を抱えたところはかなりの萌えポイントでした(待て)

■輿水幸子(幸子、腹パン、カワイイ)

第9局のところでうっかり埼玉出身と書いてしまいましたが、山梨出身ですね。
ちょっとスカイダイビング逝ってきます(おい)

前期昇格したばかりの新鋭アイドル。
早くも予選突破も果たすなど、実績から見れば十分将来が期待されるレベルなのではありますが、序盤の細かい変化の研究にこだわるという最近の若手棋士にありがちな特徴からして、現状のままだと胸と同様伸びしろはなさそう、という印象。
逆に言えば、考え方さえ変えればもっと伸びるということ。
研究は出来る限り効率化して、くっそ長い詰将棋とか、江戸時代や大山中原時代の棋譜を並べるとかする時間を割けると、だいぶ将来が変わってきそう。
デレマス本編では大人気アイドルなだけに、盤デレでの活躍にも期待がかかります。

■片桐早苗(早苗さん)

元警官というキャリアを活かし(?)ロリコンなどの変態撲滅に明け暮れる毎日。
お仕事ご苦労様です(おい)
なお、デレマスでは数少ない新潟出身のアイドルでもある。

同期のkwsmさんが活躍した第15、16局で続けて登場。
フレちゃんの迷解説が炸裂した第8局では対局者として登場しましたが、高年齢アイドルらしく昔の関西棋士にありがちな大雑把な序盤が印象的でした。

■村上巴(お嬢)

デレマスのアグレッシブさの一端を担う任侠アイドル。
すごく・・・危ないです・・・。
実際は義理堅くて面倒見の良いええ子なんですけどね。

第2局では対局者として、第7局では検討室に登場。
まだ解説していない第2局を見る限り、受けに課題があって現状だと候補生になるのも大変そう。
あと、第2局では振り飛車党でしたが、KKPPさんのコメントにもある通り居飛車党への転向が予定されているため、再登場には時間がかかるかもしれませんね。
まあ13歳ですし、ここで少々時間をかけてもいいところかもしれません。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-07-24 13:38 | 将棋 | Comments(0)
昨日は地区のお祭りに行ってきました。
祭り自体は早々に終わったのですが、その後酒を呑んで呑んで呑んで(ループ)
毎度のこととはいえ、地区の飲み会は辛いっす(涙)

さて今回も盤デレの話題を。
登場人物紹介の続きですね。

■北条加蓮(かれん)

まずはタイトルホルダーに敬意を表して。
毎度毎度寝込んでいる姿しか見られなかったのですが、第15局ではまさかの初タイトル奪取の場面で主役を飾ることに。
どこかで防衛戦はやるんでしょうが、次の第17局でやるのか、もう少し他の話しを挟むのか。
今から楽しみです。
それにしても、病弱なのにジャンクフード好きってのはマズいですよ!

■神谷奈緒(かみやん)

トライアドプリムスの絆は血縁より濃い、というわけでかみやん登場。
加蓮や凛の絡みでの出番がやっぱり多い気がしますが、第6局を見ていたら、姉ヶ崎や早苗さんともレッスンをしているなんて描写がありましたね。
実力は間違いなくありそうですが、ライバルの壁も相当厚いだけに、突き抜けるのは大変そう。

あとそういや、ここのかみやんはツンデレネタあんまやらないっすね。

■城ヶ崎美嘉(姉ヶ崎)

一見して今どきのチャラいJKなのだが、根は良い子、ってのはやっぱりいいですなあ(しみじみ)
登場回数自体は結構多いのだが、ちょい役なことが多くてやや印象は薄め。
なかなか候補生になれない妹ヶ崎も心配だし、自分も期待の若手枠から抜け出すのに必死だし、中々難しいポジションですなあ。
いっそのこと、ちっちゃい子集めて名伯楽を目指す道もありそうですが・・・。
にげてーみりあちゃん逃げてー

■宮本フレデリカ(フレちゃん)

第8局での「将棋強いお姉さん」的なフリーダム解説っぷりで名を上げましたが、第13局では康光流変態戦法の使い手であることが判明。
ムラっ気たっぷりなんで、タイトル争いとなると苦しそうですが、フレちゃんとの対戦を嫌がる上位アイドルは多いでしょうなあ。

それにしても、女流棋士によるフレちゃんみたいな楽しい解説って見てみたいです。
通常は聞き手に回ることが多くてねえ。

(追記)

棋聖戦の第4局、久々の中原流急戦矢倉で羽生棋聖が勝ちましたね。
なんでも26年ぶりの採用だとか。
そうそう、こういうのでいいんですよ、こういうので。
第5局は振り駒で先後が決まるので、戦法を複数用意しなければならないのが辛いところなのですが、次回もこういうビックリドッキリメカ、出ないかなあ。
あ、永瀬軍曹は変にひねらず、いつも通りにやってれば大丈夫なんではないかと。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-07-18 11:57 | 将棋 | Comments(0)
60年来のキノコハンターな親父が、嬉々として早朝のキノコ狩りに出かける時期となりました。
この時期は、大きな石くらいのハナビラタケを取ってくるのが定番。
澄まし汁や炊き込みご飯にするとおいしゅうございます。
天然舞茸があれば最高なのですが、年に1回あるかどうか。
キノコ界のSSRとか「小数点以下の確率で(ry」とかいうのは伊達ではないです(涙)

そういえば、デレマス☓キノコネタという秀逸な動画がありましたので一応貼っておきますね。
星輝子とキノコの話(花猪口P さん)
星輝子とキノコをこよなく愛する花猪口P さんのシリーズになります。
個人的にはまゆたけ・・・もとい松茸回をオススメ。

さて今回は今週めでたく第16局が投下された盤上のシンデレラを。
挑戦者決定戦ということで、本局も熱い展開が。
なお、本局はネタより局面の解説が多めになりそうですのでご了承をば。
例によって例のごとく、まずは本編を見ていただいて、そこから記事を読み進めていただければと。

※第16話のリンクはこちら→

■本田未央(ちゃんみお)

私の名前からして、もしかしてデレマスでは一番推さねばならんキャラなのだろうか(おい)
デレマス本編での彼女の持ち歌が「ミツボシ☆☆★」なんですよねえ。

さて今回はバリバリの主役。
盤デレでは流行のきっかけを作った居角左美濃を、今回は受けて立つことに。

■川島瑞樹(kwsmさん)

今回も対局者として登場。
アイドル王座の花蓮へのリターンマッチを賭けて、ちゃんみおに挑みます。
今回の対局も大事ですが、Aランク復帰のかかるBランク戦でも頑張ってもらいたい!

■片桐早苗(早苗さん)

kwsmさんと同期の桜ということで、今回も検討室で観戦。
やはりロリ巨乳は偉大(おい)
なお28(ry

■安部菜々(菜々さん)

検討室の主は本局でも健在。
お酒は二十歳になってから(おい)

■神谷奈緒(かみやん)

本田未央被害者友の会会員、というか、トライアドプリムスでユニットを組む花蓮への援護射撃ということで、今回も検討室で観戦。
あ゛~、ツンデレ可愛いんじゃ~(おい)

■渋谷凛(しぶりん)

ということで、当然しぶりんも参戦。
ほんとに、どこまで花蓮に尽くすつもりなんだ君たちはw

■北条加蓮(加蓮)

アイドル王座なので、(ちょっとだけですが)出番はありました。
タイトル戦直前だというのに、未だに病室で観戦しているのがとっても心配。
家で療養していた方が落ち着くんじゃないかと思うのですが、元々病弱なんで、病室が第二の故郷みたいな感じなんでしょうか。

■「どうせ、進行は中継でも追えるしなあ。」(00:09あたり)

将棋界では今やすっかりおなじみとなったモバイル中継。
いつでもどこでも、リアルタイムでプロ棋士(やアイドル)の対局が楽しめます。
便利な世の中になりましたなあ。
なお私の場合、ガラケー持ちなのと、家から職場が近くて移動時間があんまりないので、モバイル中継よりは、PCやTVでの観戦を主戦場としております。

■「飛車浮きか。これが未央の工夫ってことだ。」(05:14あたり)

居角左美濃を受けて立ったちゃんみおが温めていた研究の一手が、ここでの▲2五飛。
この手自体は以前からあったようですが、▲6七金や▲6九玉といった大事な囲いの一手を端折ったのがちゃんみおの工夫。
居玉というデメリットは大きいですが、普通に▲6九玉から玉を囲いに行くのは、後手の待つ戦場に近づく意味もあるので、その分を端折って7筋の桂頭の弱点に殺到するという意図。
ゴキゲン中飛車に対する超速とか、横歩取りの新山崎流みたいに、スピード最重視で相手の陣形を決め打ちするような構想ですね。
kwsmさんも2時間以上の大長考をしたのですが、ちゃんみおの目論見通りに7筋の桂頭の弱点を攻められて、後手の金が8四の僻地へ追いやられるという不満の残る展開にせざるを得ませんでした。

これから色々と研究が進むと思われますが、今の私の見立てでは、△5四銀の代わりに△3三角~△2四歩と早々に2五の飛車を追っ払うとか、そもそも△7三桂の前に△5四銀としておくといった工夫が必要という印象。
本譜の進行は先手がポイントを稼いだ感じですね。

※【追記】

と思っていたら、あっという間に千田五段が対策を披露してくれました。
先手が囲いの手をすっとばすなら、後手も△5二金右と△6三銀をすっとばして、△6五歩から速攻すればいいじゃない、とのことです。
これを編み出したponanzaも凄いですが、これをちゃんと評価できる千田五段のも凄い。
というか、こんなのあっさり公開しちゃっていいんでしょうか(汗)

詳しくはこちらの記事をご覧ください→

※千田五段とは別の方だったようなので訂正します。

■序盤の研究合戦

近年、序盤での研究手一発で一気に勝負を付けてしまうとことがますます増えてきました。
ソフトやデータベースの普及により研究の効率が上がったことと、持ち時間の少ない棋戦が増えてきていることもあり、研究手にその場で対応するというのがますます難しくなってきています。
見る側もやる側も、本当は終盤まで勝敗の見えないねじり合いの将棋が望ましいのですが、とにかく序盤を乗り切らないことにはお話しにならないのが現代将棋。
昔はお昼前など、雑談に花が咲いたり、中には馬券や車券を買いに行かせる棋士も居たようですが(おいおい)、今じゃ対局室に物音一つ立てるのも憚られます。
何とかならんかなあと思いながらも、どうにもならない、というのが実情でしょうか。

■「って▲1五歩?え?居玉で仕掛けるものなんですか?」(13:34あたり)

▲2五飛という手痛い一発は喰らったものの、しっかり囲って逆転を狙う瑞樹。
こういう辛抱の良さは、元タイトルホルダーらしいですね。
とはいえ、ちゃんみおも漫然と銀立ち矢倉に囲っていてはリードを保てないと見て、居玉にもかかわらず▲1五歩からまさかの攻勢に。

行けるところは断固として踏み込む。
タイトルを取るような人は、例外なくこれが出来てる気がします。
一歩間違えば、「肉を斬らせて、骨も斬らせる」という私の実戦のような展開が待っていますが(涙)

■「って無視して歩成ですか!?」(15:12あたり)

お互い派手に斬り合って、ちゃんみおが▲3三歩と飛車の頭に歩を叩いたこの局面。
kwsmさんは飛車を見捨ててド派手に△3七歩成と行きましたが、ウチの激指10は△3三同飛▲2五桂△3一飛とじっと耐える手でやや後手持ちと主張しております。
とはいえ、飛車打ちに強い美濃囲いを信じて△3七歩成と行っちゃったkwsmさんの心境、わかるわ。
既にすっかり血が滾ってる状態だろうし、居角左美濃ならガンガン攻めなきゃだし、ここで冷静に指せってのは感情の無いコンピュータでないとちょっとむ~りぃ、っぽいです。はい。

■「ってここで香車を拾うのか?」(16:15あたり)

さらに局面が進み、ちゃんみおが▲9一龍と香車を拾った場面。
その手前でkwsmさんが指した△4三銀も△2三銀の方が固かった気がしますが、この▲9一龍も一目ぬるい印象。
ウチの激指10は▲6二飛と打って、次に▲4一龍を狙おうというイケイケな手を推奨しております。
ただ、これでも先手の駒が若干足りない気もするし、駒を補充しに行った発想はわからんでもない。
ちゃんみおが今後どんどんタイトルを取って貫禄がついてくれば、こういう手が絶妙の手渡しに見えてしまって、相手が萎縮して勝ちやすくなるんでしょうけどね。

■「だけど飛車下して・・・これ詰めろだ。」(17:04あたり)

この直後にkwsmさんの△4五桂という詰めろ逃れの詰めろの好手が出てるんで、ちゃんみおが何かやらかしたんじゃあとウチの激指10にかけたところ、評判の悪かったのがここでの▲9二飛。
代わりに▲6八角と攻防に効くっぽい角を打ってどないや、って言ってますね。
反射的に△6七桂不成と王手で金をはがしたくなりますが、ちょ~っと駒が足りなそうだから受けに回る・・・のは幸せになれる気がしませんね。

■「この△4七とも△5八銀からの詰めろよね」(18:45あたり)

お互いに詰めろ逃れの詰めろの応酬という、ちょっとでも将棋をかじった人間からすれば恐るべき展開の中、ウチの激指10が敗着と断言したのがこの△4七と。
代えて△5七桂成ならむしろ後手優勢、と言ってますがホントなんでしょうか(おい)
より王様に近くて、金に働きかけるのがいい感じなんでしょうかね。

■「・・・もしかしてこれも詰めろ逃れの詰めろ?」(19:10あたり)

色々いちゃもん(のようなもの)をつけましたが、ここで▲7六角と最後の詰めろ逃れの詰めろを掛けたちゃんみお素晴らしい。
▲9一龍と香車を拾ったところから、この手で勝てると見えていたとしたらバケモノとしか言いようがありません、ハイ。

それにしても、人間らしい山あり谷あり満載な棋譜を適当に作ってしまうKKPPさんが恐ろしすぎますw

■「・・・ま、この辺りが未央らしい、かな?」(21:40あたり)

ちゃんみおの局後のコメントが完全に羽生さんです。
本当にあり(ry

最後の着地もお見事。
流石です。

■「珍しく荒れてるわよ、瑞樹ちゃん。」(21:55あたり)

で、最後は居酒屋で〆と。
未成年()が居ますねえ・・・(おい)

リターンマッチを逃して荒れるkwsmさん、いいですね。
負けて悔しくならなくなったらアイドル(プロ棋士)辞めるべき。
まあ、カメラ越しだからいいとして、現実に遭遇したら一切の希望を捨てるしかないのですが(おい)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-07-09 19:23 | 将棋 | Comments(0)
エアコン直さないと(まだかよ)

さて昨日行われた棋聖戦の第3局。
来週の王位戦を控える木村挑戦者がいつものように楽しい解説を披露するニコ生で楽しませてもらいましたが、結果の方は羽生棋聖がいつものように逆転勝ち・・・と思いきや、最後まで勝負を捨てなかった永瀬挑戦者の執念が実り、まさかの大どんでん返しという結果に。
終局直前、(こんなはずじゃなかった・・・)と天を仰ぐ羽生棋聖の姿が印象的でした。
名人戦第2局に続いての終盤の見損じなだけに、いよいよ賞味期限切れが迫ってきたのかなあと。
ほぼ同世代としては、身につまされる話ではありますが(涙)

それはさておき。
今回は盤上のシンデレラ記事です!
第15局と中編から長編規模になってきたこともあり、ここらで登場人物を整理してみようかと。
主要なところから拾っていこうと思いますが、恐らく数回に分かれることになるでしょうねえ。

■島村卯月(しまむー)

というわけで、まずはメインヒロインから。
ノーマル四間飛車美濃囲い専科という、プロ棋士では絶滅危惧種(こないだ昇段した窪田七段くらい?)に近い存在でありながら、そこそこの戦果を上げてしまう恐るべき存在。
コンピュータのように自分がノーミスで指せれば、理論上は居飛車穴熊より優位・・・とされていますが、残念ながら人間は間違えますので(涙)
にも関わらず、それなりに勝ってしまうのは、恐らくアイドル界でも屈指と思われる読みの深さ。
私のように、ちょっとでも真剣に将棋をやった視聴者からすれば、悪夢のような存在であります(おい)
あそこまで読めるなんて反則ですよ、反則(逆ギレ)

戦法縛りと早投げの足枷が無くなった卯月というのもいっぺん見てみたい気がしますが、恐らくラスボス以外の何者でもないでしょうね(おい)

■本田未央(ちゃんみお)

ニュージェネレーションの中では一番の出世頭。
恐らく第16局では、初のタイトル挑戦を賭けた戦いが繰り広げられるものと期待しております。

棋風は現代若手棋士の典型といった印象。
序盤は研究し尽くされた最新型で、優位を得るというよりは不利を避けたいイメージ。
中盤はソツなく、終盤は鋭く切り込む、って感じですかね。

第15局では卯月に酷い読み負けを喫している姿が見られましたが、毎度毎度あんな仕打ちを受けながらも、めげずに研鑽を積み重ねているところは好感が持てます。
盤デレでの(恐らく)羽生ポジションなだけに、今後の活躍が楽しみですね。

■渋谷凛(しぶりん)

デレマス本編では、ニュージェネレーションのみならずデレマス界全体でも稼ぎ頭というポジションでありながら、こと盤デレでは、成績ではちゃんみおに劣り、ポテンシャルではしまむーに引けをとる。
手堅い受けが信条なのには好感が持てますが、盤デレ界での立ち位置がどうなっていくのかなあという点では個人的にはやや心配。
プロ棋士だと、例えば理事とか棋士会とか運営面に関わる生き方もありますが、さて。

■安部菜々(ナナさん)

みんな大好きナナさん17歳(公称)
登場したときのコメントの多さは盤デレでも屈指なんでは。

盤デレでは大御所ポジションでありながら、いじられキャラでもあるという大変オイシイ存在。
第15局ではタイトル挑戦の場面もありましたが、恐らくタイトルは取れなかったんじゃないかと。
まあ、その方が検討室でも声をかけやすいですし(おい)

昭和チックな矢倉党で、ベテランになっても検討室での検討が大好きというのは、昔気質な私のような将棋ファンには大変好感が持てるところです。
盤デレでもまだまだ活躍して欲しい存在ですね。

■川島瑞樹(kwsmさん)

登場回数はそんなに多くないですが、出ると強烈なインパクトを残す印象。
第15局でタイトルホルダーなことが判明しましたが、佇まいからして納得。
やはり第7局や第15局の折り目正しい対局姿が大変印象に残りますが、第11局のパンツ回でのはっちゃけぶりでは、いかにも関西人らしいおちゃめな一面も。

プロ棋士でも大変珍しい、終始正座を崩さず、席も立たない対局姿には好感が持てます。
恐らく第16局で繰り広げられるであろう、ちゃんみおとの激闘にも期待大です。

■三村かな子(かな子)

盤デレ恒例の次回ウソ予告三択では屈指の登場率を誇るものの、残念ながら本編への登場は無し。
これはKKPPさんのケジメ案件ではないだろうか(おいおい)
かな子ファンは登場を一日千秋の思いで待っておりますよ、と。
ポジション的には、やはり「マッハ」田村七段でしょうかね(ただし大食いに限る)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-07-03 08:26 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03