<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日は娘の授業参観の後、昼飯を家族で外食にしたので少々お疲れ。
それでも棋王戦第2局のニコ動中継はそこそこ聞けたので満足。
当代一の解説者「将棋強いオジサン」こと木村八段の解説はやはり面白い。
肝心の対局については、将棋グリモワールさんが早くも記事にしてくれたんでそちらを(おい)
※リンクはこちら→

今回は、前回に引き続き「盤上のシンデレラ」についての記事を。
第9局の山登りネタをやる予定でしたが、今週投下された第11局「十時愛梨はパンツを脱ぐ」がとびきり上等な燃料だったため、こちらを先にやろうかと。
ちなみにタイトルでお察しの通り、当方およびKKPPさん共に一切自重致しません(おい)
その辺お含みおきながらご覧くださいませ。
※第11局のリンクはこちら→

■新田美波(ミナミィ)

デレマスではまっとうな美人女子大生アイドルとして投入されたはずが、公式の絵がことごとくエロいという仕打ちにより、薄い本を中心に絶大な人気を博することに。
いいぞもっとやれどうしてこうなった。

本動画では初登場。
どうやら、つい最近アイドルに昇格したようである。
今回は控室に勉強にやってきたという設定。
プロ棋士では今や一大勢力を築きつつある広島出身ということもあり、今後の活躍が期待される。
なお名前の読み方が一部一緒な南九段と同様、終始正座を崩さないかどうかは不明(おい)

■アナスタシア(アーニャ)

ロシア人の父と日本人の母の間に生まれたハーフという設定なアイドル。
というわけで、ロシア語と日本語を混ぜて話すことが多かったりする。
デレマスでは実装以来絶大なる人気を誇り、本動画でも登場が待たれていた逸材の一人である。
あ゛~、猫目ショートなロシア系美人最高なんじゃ~

本動画ではまだアイドルではなく、ハッキリ描写はされていないが、どうやら候補生の模様。
しぶりんこと渋谷凛には候補生リーグ(三段リーグに相当)で痛い目に遭った描写あり。
なお今季は好成績を上げていることもあり、そのうちアイドルに昇格すると思われる。
今回は先輩アイドルの川島瑞樹に付いて控室に勉強に来た、という感じ。

■渋谷凛(しぶりん)

デレマスのみならず、同人全体から見ても一大勢力を築き上げたデレマスきっての人気アイドル。
典型的なクール系アイドルのお約束通り、最初のとっつきの悪さを乗り越えた先には魅惑の桃源郷が待っている。
ニュージェネレーションでトリオを組むしまむーこと島村卯月が主人公なこともあり、本動画でも度々出演しているが、対局者としての登場はなんと第1局以来となる。

本動画では、候補生リーグを抜けたばかりの期待の新人アイドル。
相手が隙を見せたら積極的にとがめに行き、無理攻めをされたら丁寧に受け潰すというバランスの取れた正統派居飛車党で、振り飛車対策も居飛穴ではなく本局のような左美濃や急戦を用いることが多いようである。

■十時愛梨(とときん)

これで「ととき あいり」と読む。
ニホンジンノナマエ、ムズカシイデス
公称の3サイズは一応86-58-88とされているが、どう見ても公称値を上回る豊満なボディを誇る。
それにも関わらず、「とにかく服を脱ぎたがる」という恐るべき個性が実装されたこともあり、デレマス本編では後に「血のバレンタイン」と語られる凄惨な争奪戦が展開されたと聞く。
「あそこはベトナムだった。生きて帰れただけで嬉しい。」(経験者は語る(ウソ))

今回は対局者として初登場。
昔はプロの対局でもよく見られた、四間飛車穴熊に囲ってからの豪快な攻めで期待の若手を破ろうとするが・・・?

■川島瑞樹(kwsmさん)

前回記事にした第7局で対局者として登場済、のため今回はあっさりと。

今回は期待の新人の品定めに来た、という感じか。
後輩の面倒を見る良い先輩アイドル、といった感じで好感が持てます。
でも後輩が突っ込みにくいネタを振るのはヤメレ(苦笑)
とはいえ、パンツネタに堂々と乗っかっていくスタイルはさすが関西人といったところか(笑)

■仕掛けのあたり(3:00くらい)

冒頭に出てきた▲4五歩までの局面のあたりを少し。

1)普通の穴熊なら3八に居るはずの金を4七に置いているのは、
①穴熊の弱点である「穴熊の耳(図だと△4六歩~△4七歩成とかの狙い)」をカバー
②この後▲3八飛と指して、相手の囲いを縦から直撃
という狙い。
最近では割りとよく見かける形です。
一方、純粋な固さでは基本形に劣りますので、そこは使い分けが必要。

2)▲4五歩は、△4四歩~△4三金と銀冠を完成されるのを嫌った手。
あと実は、本局のように△4四歩から逆襲に行くのを誘って乱戦に持ち込むのが真の狙い。
とはいえ後手も手詰まりに近いんで、△4四歩と決断よく開戦するのは必然に近いかと。

■▲4七金(4:10くらい)

本局の解説にもある通り、飛車先が止まるのと囲いが崩れるんで出来れば指したくない一手。
とはいえ▲6六銀だと今度は角道が止まるだけでなく、6六の銀が動けなくなるのがキツい。
もう陣容整備が終わっていることもあり、手損にはあまりこだわらないのが昔の振り飛車党っぽくて素敵。
でもでも、kwsmさんのようにあくまで手損を嫌うのは、いかにも正統派居飛車党っぽくってこれもまたステキ。

■▲3七桂!パンツ!パンツです!(5:08あたり)

今回のポイントはこれ一点に尽きる(おい)
動画にある通り、穴熊囲いの桂馬を跳ねることを、「パンツを脱ぐ」と言います(本当)
いつもは丁寧な棋譜を作ることに定評のあるKKPPさんですが、今回は「両対局者にパンツを脱がせる」ことしか考えてません(おい)
だが、それがいい!(待て)

なお、実際の将棋では「基本的にまず指してはいけない手」とされています。
2九の桂馬は、居るだけで横方面の攻めを緩和するだけでなく、端攻めにも対応する大事な守り駒。
本局でも結局この悪形が祟ることになります。
私も将棋を始めて30年経ちますが、この手で幸せになった棋譜を見たことは片手でも余るほど。
パンツ大事です(本当)

■▲5五金(9:15あたり)

とはいえ流石はとときん。
一見無理攻めを丁寧に受け切られたように見えますが、▲5五金で中央を制圧してバランスを取ったあたりは結構いい勝負。
後手の飛車がまだ遊んでるのと、何より歩切れが痛い。
それにしても、困り顔のしぶりんが実に萌えますなあ(待て)

■△6二銀(16:00あたり)

▲5五金に対して、△4四桂から大捌きに出たしぶりん。
ここで形勢が五分に戻った感がありますが、先手が勇躍▲5三銀と打ち込んだのに対して、△6二銀と相手の攻めを遅らせる犠打を放ったのが決め手。
後は攻め合いを後手が制して、しぶりん堂々の勝利。

それにしても、こういう派手な決め手を素知らぬ顔で指すのが、クールなしぶりんっぽくて素晴らしい。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-02-21 17:13 | 将棋 | Comments(0)
今日は地域のボーリング大会と家族サービスで回転すしへ。
というわけで、体力温存のため土曜日は引きこもって朝日オープンの準決勝と決勝を見ることに。
結果としては、「期待の若手を羽生世代が一蹴→やっぱり最後は羽生が勝つ」といういつもの流れではありましたが、特に決勝戦の将棋は結構もつれて楽しめました。
しかし、そのチョイ悪な形勢を勝ち切ってしまうのが鬼蓄メガネ羽生の真骨頂。
上手いもんですなあ(溜息)

さて今回は、予告通り「盤上のシンデレラ」のお話。
特に私が推している第7話「双葉杏は座らない」について、あれこれ箇条書き風味に。
何しろ情報量の多い動画なので、一見スッと通り過ぎがちな場面でも軽く記事が書けてしまうという次第。
まずは動画を見ていただいて、それからこの記事をお読みいただければと。
本動画に出てきた重要単語をタイトルにして、括弧書きで最初に出てきた(だいたいの)時間を入れてます。
なおリンクはこちら→

■安部菜々

千葉県にほど近いウサミン星からやってきたベテランアイドル。
「安部菜々(17)」までが芸名。いいね?
本動画では、天彦新手で伝説となった第4話でも解説役として登場。
本動画のポジションとしては、最近亡くなった河口老師的存在と言える。
最新形やパソコンでの研究にうとい分勝率は稼げないものの、ツボにはまれば大物も吹っ飛ばす、というのが私の妄想(おい)
その実力の一端は、15:30あたりから始まる▲7九玉の解説で遺憾なく発揮されている。必見。

■村上巴

実家が広島の893な任侠アイドル・・・というデレマスのアグレッシブさの一端を担う13歳。
雪歩は一応濁していたのにー
本動画では研修生(プロ棋士の奨励会員相当)
ちなみに第2話で対局者として登場済。
終盤の切れ味に定評があり、18:20あたりで△5八銀という決め手を指摘している。
第1話と第2話で情報の食い違いが発生したが、一応振り飛車党らしい。
が、第7話の対局者な川島瑞樹を尊敬しているというデレマスの設定があるらしく、いつ居飛車党にクラスチェンジしてもおかしくない模様。
プロ棋士でも期待の若手振り飛車党が続々と居飛車党になってますし、ね。

■橘ありす

パソコンとミステリーをこよなく愛する12歳・・・なアイドル。
典型的なツンデレであり、最初のとっつきの悪さを乗り切った後には恐るべきデレを見せる、らしい。
しかも愛が重い12歳。
将来が極めて心配である
本動画では巴と同様の研修生で、高ランクアイドルの対局を勉強しに来たという設定。
将棋の勉強はパソコンでの研究を主体としており、floodgateや大樹の枝を軽々と使いこなす様は「それ何て千田五段?」な次第。
なお当の千田五段が本動画を見に来ていたことをtwitterで報告している。
時代は変わったなあ(しみじみ)
なおこの千田五段、名人挑戦権争いを演じる行方八段を今日放映のNHK杯戦で葬ってのベスト4進出という大戦果を上げている。
NHK杯戦初出場でベスト4、ってのはちょっと記憶にないですなあ。

■双葉杏

(一応)本動画の主役。
「働いたら負け」が信条のぐーたらアイドル。
そのアイドルとしてあんまりな信条と、年齢虚証の疑いも出るほどのコンパクトな肉体がニートなプロデューサーに大人気、らしい。
が、「楽して大儲け」のためなら割りと労力は惜しまない、というのがポイントで、それは本動画でも遺憾なく発揮されている。
本動画では、難敵相手に新研究をぶつけて一泡吹かそうとするが・・・?

■川島瑞樹

地方局のアナウンサーという地位を投げ売って、カワイイもの目当てにアイドルへ転身した28歳。
まあその、「BBA無理すんな」とか「残念な美人」という評価が先に立ちますが、居ると場が締まったりオチが付いて美味しかったりするという、デレマスでもオンリーワンな地位を築くいぶし銀的存在。
本編では、終始正座を崩さなかったり、休憩中から席に付いて相手に圧力をかけていくという昔堅気な一面を見せる。
私みたいな昔ながらの将棋ファンにはバカ受けですな!(おい)

■Bランク戦(0:20あたり)

デレマスでは、アイマスから続くアイドルのランク付けのS>A>Fまでの計7ランクが踏襲されている。
ちなみに将棋のプロの場合は、順位戦がA-B1-B2-C1-C2-フリークラスの6ランク。
竜王戦が1~6組とこちらも6ランク。
仮にタイトル保持者をSランクとすると、アイドルのランキングと綺麗に一致する。
よくできてますな(おい)
というわけで、Bランク戦というと順位戦ならB1、竜王戦なら2組に相当する。
ここで全勝とか1敗というと、もうかなりの上位クラスと言ってよいでしょう。
ちなみに私の妄想では、杏があっという間にランクを駆け上がっていくのを、Aランクから落ちてきた瑞樹が待ち構えるという構図になっております(えー)

■離席流

終始ビシっと正座を崩さない瑞樹に対して、一手指すごとに席を外すくらいの勢いな杏。
プロ棋士でも、先崎九段や糸谷八段なんかが頻繁に席を外すことで有名。
一般的に、太めなため正座が苦手な棋士がよくやるみたいですが(おい)
席を外したら、控室を見に行ったり、タイトル戦だと中庭を散策したりしているみたいですよ?
パソコンやスマホで次の手調べてるんじゃ、という意見もあるようですが、その程度の実力じゃあそもそも奨励会に入れないと思いまっせ(直球)

■居角左美濃(1:45あたり)

普通に矢倉に囲う代わりに、さっさと左美濃に囲って攻めようという狙い。
元々コンピュータ将棋で指されたのをきっかけに、プロ棋士でも注目されている模様。
一般的に居飛車に対して美濃囲いにすると縦から攻められて不利とされているが、手数の短さの割に瞬間的な固さを得やすく、持久戦模様になったら矢倉に戻せるのも魅力的。
縦から攻められやすい相振り飛車でも美濃囲いにするのは一般的な定跡になっており、そこから着想を得たものと思われる。

■3七銀戦法(2:15あたり)

ひふみんこと加藤一二三九段を中心に熟成された、矢倉崩しのメインストリーム。
本動画のコメントにある通り、アマチュアの居飛車党でも、全国大会を目指すレベルなら千回以上は見る局面なくらい一般的だったが、ここ最近は本動画でも見られる通り後手の対策が進み、かつてのように先手必勝とは言えなくなってきている。
ちなみに3七銀戦法と言われてはいるが、実際には▲4六銀~▲3七桂と組んでから端や5筋を絡めて攻めるのが理想形。

■△4五歩反発(2:30あたり)

ここ1、2年で3七銀戦法の勝率を激減させたのがこの△4五歩反発。
この手自体は3七銀戦法の出始めからある手で、一旦は▲4八飛から△4五歩と突いた手を直接とがめて4筋から攻め立てる定跡が確立し、3七銀戦法が我が世の春を謳歌することになりました。
しかし、△4五歩反発自体を塚田九段が見直したことにより再び注目され、△9四歩から7筋を逆襲する渡辺新手が出現したことにより、闇に葬られていた△4五歩反発が再び陽の目を見ることになった、というのが本動画までの研究。
ところが、ついこないだのA級順位戦で渡辺二冠が再び△4五歩反発をとがめる新構想を披露。
また3七銀戦法が復権するのか、やっぱり△4五歩反発最高や!となるのか。
これからの重要な対局で、新研究の一端が披露されることになるかもしれません。

■▲1八飛(4:40あたり)

本動画で杏がぶつけてきた構想。
動画の説明通り、コンピュータ将棋の対局で出てきた手ですね。
形は違いますが、渡辺二冠が△4五歩反発をとがめる構想でもこの手が出てきました。
本動画での構想が本当に上手くいってるかどうかは正直わかりませんが、研究に値する発想と思われます。
恐らく、今でもプロの若手棋士とかが一生懸命研究しているんじゃないでしょうかね?

それにしても。
この▲1八飛を見ているうちに、「floodgateで見た」だの「技巧-Apery戦だ」だの「もっと前に別のコンピュータ対局で指してる」だの、あっという間にコメントで埋まっていくのはどういうことなんでしょう。
君たち凄すぎます(白目)

■ありすソフト厨(5:30あたりのコメント)

橘ありす+ソフト厨(人間の指す手よりソフトの指す手マンセー)でありすソフト厨。
製作者のKKPPさん、狙ってこれやってたんでしょうか。
狙ってたら凄すぎますし、これを一瞬で見切るコメントも凄い。
アリスソフト厨な12歳。
ヤバすぎます(おい)

■△4四銀まで(8:35あたり)

▲4六歩から一気に開戦。
途中▲1六歩を挟んで攻守交代。
後手の瑞樹が金銀交換も厭わず積極的に攻め立てます。
順位戦だと大一番でここまで踏み込む展開にはなりにくそうですが、一旦開き直っちゃうとこういう進行もありえます。
ちなみに、アマチュアもそうですがプロ棋士の控室もこういう切った張ったの進行が大好き。
こういう早い進行の将棋には人が群がります。

■棋戦ごとのメリハリ(9:18あたり)

杏、できる女につき、仕事を選ぶのこと(おい)
プロ棋士でも(スポンサーの手前)あんまりおおっぴらにできませんが、こういう事例はあります。
昔だと、順位戦以外の棋戦を「新聞棋戦」って呼んであまり一生懸命指さないプロ棋士もそれなりに居たようです。
昔ほどひどくはなくなりましたが、今でも順位戦と竜王戦のランキング戦は年俸に大きく響きますので。

■△4九角~▲4三銀まで(10:00あたり)

さらっと進行していますが、腕に覚えのある方なら心臓が凍りつきそうな展開。
△4九角をあっさり手抜いて▲8二飛、当然の△6九銀を堂々と▲同玉。
▲4三銀で手になっている、という見通しが立たない限りとても踏み込めない変化です。
これを設定では短時間で指してるってんですから杏つえーですわー。

■千日手打開(11:00あたり)

本編で千日手を選ばず、あっさり打開した杏。
「もう一局指すのがイヤ」ってのはいかにも杏らしいですが、プロ棋士風に考えると、苦労して▲1八飛の構想をぶつけて、先手でまあまあの展開に持ち込んで、その結果が千日手、というのはだいぶヘコみます。
悪くなるなら仕方がないですが、ここは当然打開して正解でしょう。

■ソフトによる研究(12:30あたり)

すっかり見る専と化した私にとっては参考になる解説。
もっとも私の場合、持ってるソフトがすっかり旧式と化した激指10なので鵜呑みにするのは危険なのですが。
新しいソフト入れるのもめんどくさいし(おい)

■▲7九玉(14:45あたり)

あんまり解説しすぎても良くない、というかこの後菜々さん一番の見せ場が控えてますんで、ここは是非とも動画を見てもらいたい!
一言だけ言うと、読み切ってこの手を指せる杏は凄すぎます。

■最終盤(18:20~25:40あたり)

ここは本動画の急所なので、是非とも動画を見てもらいたい!(またか)
順位戦でもこんな進行、なかなか見られないですよ。
それにしても、動画にすると、長手数の詰めでも見やすくてありがたいですね。
コンピュータさまさまです。
KKPPさんの描き方も丁寧で見事。

■評価値の落とし穴(26:00あたり)

本動画の裏テーマ。
最近はタイトル戦の中継で評価値が出てくることも増えましたが、評価値だけ見て判断するとトンデモナイことになりますよ~という話ですね。
とはいえ前にも書きましたが、人間同士の将棋の場合、相手にいかに悪手を指させるか、というのも重要な要素ですんで、そのあたりも踏まえて中継を見るとより楽しめるんじゃないかと。

■おまいらのコメントが恐ろしすぎる

何度か書きましたが、本動画はコメントも秀逸なものが多くて困る。
「業界の方ですか?」とか「早く本業に戻るんだ」と思わせるようなコメントもうじゃうじゃ。
まあプロ棋士も見てる動画だからね、ちかたないね(おい)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-02-14 21:02 | 将棋 | Comments(0)
冬の終わりの始まり、とはいえ相変わらず寒いのでPC片手に引きこもる日々。

それにしても。
しばらく前の記事で取り上げた、デレマス☓将棋なニコ動『盤上のシンデレラ』が相変わらず面白くて困る(おい)
10話まで投稿されてますが、個人的にオススメなのが第7話。
機会があればこれ一本で記事一つ作るつもりですが、まずは溜まった話題の整理を。

■羽生四冠、王将奪取へ視界良好。郷田王将の反撃なるか(王将戦第2・3局)

郷田王将の先勝で幕を開けた王将戦七番勝負。
が、続く第2・3局では羽生四冠が本領を発揮して連勝。
あっという間に立場逆転となりました。
特に第3局で郷田王将の先手番をブレークできたのは大きなポイントかと。
いつもの郷田王将なら、ここから粘って粘って第6・7局あたりまでもつれる展開に持ち込めるのですが、さて今回は。

ところで。
王将戦勝者恒例の罰ゲーム写真ですが、羽生四冠だとやはり比較的無難な内容に。
どうやら本気で嫌がっているようです(おい)

■A級順位戦 ラス前

年が変わると最後の追い込みに入るのが順位戦。
順位戦の中でも特にアツいA級は、「羽生が(名人のため)居ないと混戦」な傾向が今年も健在。
一時は5人が挑戦権争いに名乗りを上げたものの、2/1に行われたラス前恒例一斉対局の結果、最終戦の佐藤(天)八段vs行方八段の結果次第で挑戦者が決まるという比較的シンプルな結末に。

佐藤(天)八段は勝ち星単独トップのため、負けてもプレーオフがあるのが強みですが、対局数が増してスケジュールがキツくなることを考慮して、一発でチャンスを射止めたいところ。
それにしても、ここ数年の行方八段の活躍ぶりは目を見張るものがありますな。

一方残留争いの方は、年が明けてもわずか1勝という絶望的な状況だった広瀬八段が、ラス前の勝利一発でなんとなんと自力残留のチャンスを得ることに。
筋書きのあるドラマなら絶対に逃さないところですが、何しろクソッタレな現実しかないのがこの順位戦。
この広瀬八段を含めた5人で、3枠の残留権を賭ける争いとなります。

■高浜愛子女流三級、崖っぷちから女流二級に!

最後に女流棋士の話題を。

一昨年研修会から昇級した高浜愛子女流三級。
この女流三級、一応プロと言えばプロなのですが、どちらかと言うと仮免許といった感じで、2年間に一定の勝ち星を上げられないと女流棋士の権利を剥奪される、という仕組みになっております。
その高浜女流三級、なかなか規定の勝ち星を上げられない中、ついに2/5に運命の対局を迎えることに。
勝てば規定により晴れて正式な女流棋士である女流二級に。
負ければ権利剥奪、となります。

結果は無事勝利。
見事女流二級になれました。
女流育成会時代から、苦労して這い上がってきた苦労人。
これからも戦いは続きますが、頑張って欲しいものです。

なお女流棋士会では、水面下で権利が剥奪された場合の取り扱いについて働きかけを行っていたとのこと。
男性棋士の場合は指導棋士(レッスンプロ)の制度があるのですが、女流にもこうした制度が欲しいところ。
何しろほら、女の子に色々手ほどきしてもらえるというのは萌えますよね!(おい)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-02-07 16:18 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03