<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

急に酒が呑みたくなったので、昼間っから缶ビールで一杯。
真っ昼間から何の気兼ねも無く呑むってのがいいんですよねw
ちなみに、おつまみは最近連投を続けているグリコのクラッツ。
手頃でビールに良く合う。
コンビニで買えるのもいい。

さて今回は将棋ネタ。
最近の気になる話題を中心に。

■王将戦 第1~3局【激闘続く】

まずはタイトル戦の話題から。
渡辺王将vs郷田九段の激突となった今年の王将戦は、第3局まで終わって渡辺王将の2勝1敗。
第2局で先手番の郷田九段が最終盤での見落としによる轟沈を喫したところでは、
「こりゃアカン・・・」
と思ったものですが、第3局では相矢倉の熱戦を制して待望の初勝利。
難攻不落な渡辺王将の先手番をブレークする大きな1勝でした。
やっぱり最後までもつれるのかな。
もつれればいいな。

さて王将戦といえば勝者の罰ゲーム記念写真。
今回は互いに秀逸な出来。
以下、スポニチ大本営より。

■第2局が行われた島根県安来市で安来節を踊る渡辺王将

■鮎の塩焼きにご満悦な郷田九段

こんなん耐えられるかwww

■順位戦の動向【ラス前直前】

順位戦も最後の2局を残すだけとなり、3月の最終戦に向けてテンションが上がってきました。
実は一番の見どころと言われるラス前の対局を前に、カンタンに状況をおさらいします。

【順位表はこちら(日本将棋連盟)】

【A級】

鬼畜メガネ羽生名人がここ数年ぶっちぎりで制してきたA級ですが、名人を取っていなくなったら今度は3人が2敗、2人が3敗で並ぶという空前の大混戦。
可能性だけの話ですが、この期に及んで驚異の8人プレーオフの可能性まであるというw
それにしても、渡辺二冠が開幕3連敗からここまで盛り返すとは思いませんでした。
降級争いも残念ながら降級が決まってしまった阿久津八段1人を除き、4人が4敗で並ぶこちらも空前の大混戦。
その割に直接対決がラス前の郷田九段vs森内九段しかないので、中々結果を読みにくい。
今年のA級は最後まで目が離せそうにないですね。
なお降級が決まってしまった阿久津八段ですが、残り2戦は今後に向けて大事な一戦。
「A級でも勝てる」ところを見せておかないと、翌年も連続して降級、というパターンにハマることがちょくちょくありますので。

【B級1組】

昇級枠2名のうち1枠は、既に佐藤天彦八段が確保済み。
残る1枠を、屋敷九段と木村八段の出戻り組が争うことになりそう。
開幕から7勝1敗で昇級戦線をリードしてきた山崎八段は、直近の勝負所で3連敗と失速。
これだから山崎八段と言うべきか、これでこそ山崎八段と言うべきか(涙)
降級争いの方は飯塚七段が決定して1枠が埋まり、もう1枠を谷川会長と藤井九段が争う構図に。
この二人、ラス前で直接対決が組まれてます。
人気者同士の、重た~い一戦となりそう。

【B級2組】

昇級争いは1敗の稲葉七段が一歩リード。
二番手は今のところ先崎八段なのですが、直前の対局で糸谷新竜王に痛い星を落としており、かつここ数年いいところまで行きながら終盤で失速、というパターンが多いだけに、糸谷新竜王がまくって逆転昇級、という目が大きいと見ます。
さてこの組の残念枠は戸辺六段。
開幕3連敗を喫して早々に昇級戦線から脱落してからの5連勝。
「降級しなくて良かったね!」じゃあ本人も満足できないでしょう。
これから上に行こうとするなら、もうあんまりチャンスは無いですよ?
一方降級点争いは3勝だとまずアウト、4勝でも順位下位だと危ういイメージ。
特に降級がかかる青野九段と窪田六段は、早いとこ1勝して少しでも楽になりたいところか。

【C級1組】

昇級争いは菅井五段と澤田五段の1敗勢が一歩リード。
ただし2敗勢も数多くひしめいているだけに、昇級のためには残る2戦での連勝が必須条件。
それにしても、開幕連敗スタートの中村六段が昇級キャンセル待ち1番手まで登りつめるとは思いませんでした。
タイトル二回挑戦の実力者なだけに、残りも連勝しての逆転昇級は十分ありえます。
降級点争いの方は、順位下位の3勝がデッドラインかと。
今年の降級は、降級点濃厚の脇八段のみとなりそう。

【C級2組】

昇級争いは千田四段と横山六段が全勝キープで一歩リード。
ただし大所帯のC級2組では珍しいことに最終戦で両者の直接対決が組まれており、村田五段・中村五段・岡崎六段の1敗勢にも十分チャンスが残っている状態。
もう少しもつれれば2敗の及川五段まで昇級の目がありそうですが、そこまで運を呼び込めるか。
降級点争いの方は、こちらも順位下位の3勝がデッドラインと思われ。
降級点3回によるフリークラス降格は西川七段がほぼ確定、増田六段も首の皮一枚残っているかという状況で、直前の対局で「光るサトシン」こと佐藤紳哉六段を下した石川七段がギリギリといったところ。
ちなみに佐藤紳哉六段は、石川七段と勝又「教授」六段といずれも降級点持ちの棋士に敗れたものの2敗をキープ。
どっちか勝ってれば余裕で昇級争いだよ!ホントに残念だよ!
全勝と1敗勢が枕を並べて討ち死にとなれば大逆転、という位置には居る、のです、が、それは、流石に、ないんじゃ、ないかな、と。

■【訃報】老師こと河口七段、逝く

最後は今日降って沸いたこの話題。
プロ棋士の生態を余すところ無く描いた傑作『対局日誌』を始めとした数々の著作で知られる河口七段がお亡くなりになりました。
直前まで木村十四代永世名人についての連載を続けるなど、まだまだ現役で活躍されていただけに大変残念です。
私がこのブログで将棋ネタを書くキッカケを作ってくれた人でした。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-31 17:23 | 将棋 | Comments(0)
ある日のわが家。

”みつぼし~、おやつのお菓子よ~”
おう、ありがとうオカン。
お菓子の包み紙を開けようとしてふと気がつく。
「これ(タンスに入れる)防虫剤やー!」

よくある話ですね(あってたまるかw)

先週はワークス新年会楽しゅうございました。
関係者の皆様、また来年もやりましょうw
それにしても、家に帰った後のダメージが年々大きくなっているのが悲しいw

さて今回は艦これネタ。
先週金曜日に行われたアプデについての話を中心に。
こないだの新年会での情報によると、ワークスにも提督が順調に増えているようですが、このネタ見ているかしらん。

■山雲出ました・・・長かった(涙)

まずはアプデと関係ないですがこの話から。
年末年始をかけて1-5で探してきた山雲ですが、1/9のメンテ前にツモれず断念(涙)
仕方なく燃費の悪い3-3での捜索を続けてきましたが、1/15にやっと出ました。
この日は奇しくも山雲の竣工日だったそうで、当日それを知ったみつぼし提督は、
「よし、じゃあ出るな」
と掘りを敢行した模様(おい)
散々物欲センサーを切ろうとして失敗を重ねてきたので、今回はいっそ『ちはやふる』の原田先生ばりに、
「出る出る出る出る出ろ出ろ出ろ出ろ出せ出せ出せ出せ」
と物欲全開で念を送ったところツモれた模様。
効用には個人差がありますが(笑)、お困りの提督は試してみてはいかがでしょうかw

それにしても。
ドロップや建造狙いはいつもながら心臓に悪いw

■那智改二、初霜改二、めでたく実装!

アプデの話はここから。
那智と初霜の改二が今回めでたく実装となりました。
ウチの鎮守府の場合、初霜は3-2突破の武勲艦ですし、那智に至っては着任直後の建造で引き当てて以来貴重な重巡として活躍を続けてきただけに感慨もひとしお。
ちなみにどっちも結構強めな印象。
特に那智改二は5-4周回など何かと重宝するので優先度高し。
初霜は幸運艦らしいセッティング。
何と運の上限がこれまで最高だった雪風と長門を抜いて100になってます。
全体的な能力は時雨とほぼ同等。
魚雷カットイン要員として育てる手もあり、かな?
なお装備的には両方ともそれほど旨味は感じませんので牧場は無し。

■て、徹甲弾の改造・・・だと?

改修工廠で徹甲弾の改修が可能に。
地味ながら戦艦の火力UPに貢献できるため、5-5などの高難易度海域での活躍が期待できます。
ただし、イベントでもらえる強力な一式徹甲弾の改修には普通の徹甲弾が2個必要。
これからデイリーの開発は徹甲弾優先にするお(涙)

■家具が色々増えました

提督室を彩る家具の数々。
直接戦闘に影響はしませんが、毎度毎度お世話になるところなだけに、気に入った調度品を置きたいところ。
今回の目玉は節分グッズとバーカウンター。
バーカウンターは秘書艦と時間帯によってビールが出たり洋酒が出たりするというムダに凝った作りに。
こういうのは嫌いじゃないですw

ちなみにウチの鎮守府の提督室は今こんな感じ。

b0017164_18423265.jpg


外がマイナス10度くらいと寒いんで、なるだけ暖かい家具をチョイス。
あとはいつも通りに邪魔になりにくいシンプルな感じで。

■ボイスで遊ぼう!

最近ハマっているのが艦娘のボイスで遊ぶこと。
うまく操作できると艦娘のボイスで会話らしいものができたりします。
個人的に一番オススメなのが、

睦月:「睦月、負ける気がしないのね!てへっ♪」(近代化改装)
榛名:「ええ、榛名でいいなら、お相手しましょう!」(母港でつつく)
睦月:「」
榛名:「はい、榛名は大丈夫です!」(また母港でつつく)
睦月:「」

大人げない、大人げないよ榛名!w
あとは、

卯月:「しれいかぁ~ん……今日は一段と」(母港でつつく)
(セリフの途中で浦風を旗艦にして遠征開始)
浦風:「素敵じゃねぇ♪」
卯月:「」

う~ちゃんいじめイクナイw
最後に、那珂ちゃんMVPのときに最速でクリックしてドロップ艦の無い場合、

「ゲームがつまらなくっても、那珂ちゃんのことは、キライ」(ガシャン)

で終わってしまうというw
はい、那珂ちゃんいじめイクナイw

まとめサイトなんかでもあんまり話題になってないのが悲しいですが、他にも色々やれるはず。
意外と楽しいですよw
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-25 19:09 | 電源ありゲーム | Comments(0)
ここで某ゲームワークスの方へ告知。
今年も細川氏に骨を折ってもらって新年会をやることにしました。
一応決まっているところだけ。
随時更新します。
参加希望の方は細川氏までご連絡を。
一応ここのコメント欄でも結構です。

■日程 1/17(土)
■場所 昨年と同じ
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-17 17:35 | ゲームワークス | Comments(0)
おかげさまで下痢からはめでたく復帰できました。
今は王将戦第1局と都道府県女子駅伝を見ながらこれ書いてます。
王将戦第1局は最近よく対局場になっている掛川城でやっているのですが、そんな遠くないしいっぺん見に行こうかな。

というわけで今回は将棋ネタ。
年明けすぐですが、早くも大ネタが。

■内藤九段、3月末で引退

まずは年明け早々に衝撃が走ったこのネタ。
順位戦C級2組で現役を続けていた内藤九段が、先日3月末での引退を発表しました。
成績的にはもう数年は現役を続けられたのですが、何しろ75歳ということで正座での対局がキツくなっていたようです。
升田先生も「椅子ならまだ指せる」と言いながら引退していたのを思い出しました。
年取ると膝とか辛いですからね。

何といっても現代横歩取りの源流と言える△3三角型の使い手として知られていますが、他にも

 ・阪田三吉の孫弟子(藤内金吾「神戸組」門下)
 ・そのせいもあってか、阪田流三間飛車や阪田流向飛車を実戦で採用。
 ・今は亡き将棋マガジンで阪田流三間飛車の講座もやってました。
 ・詰将棋作りの名手としてもつとに有名(「ベン・ハー」、先手/後手初型詰将棋ほか)
 ・「おゆき」でのミリオン歌手としての顔も。
 ・三段リーグ卒業して半年時間が余ったとき、つい歌手学校に通ってしまい歌手になったらしいw

とプロ棋士としては多彩な一面を持った方でした。
なお今回の引退については、長年関西棋界でライバル関係にあった有吉九段が74歳で引退したので、1年だけ引っ張ったんじゃという声をどっかで聞いてつい「なるほど」と思ってしまった次第。
なお有吉九段との関係については米長永世棋聖との対談で、

一緒に居てもしゃべらないだけ。
仲は悪くないんですよ。

と語っていました。
深いw

■里見女流、女流棋戦に復帰

こちらは明るいニュース。
昨年病気療養のため三段リーグと女流棋戦を休業していた里見女流が、今月からまず女流棋戦に復帰しました。
体調はまだ上がりきってはいないようですが、それでも復帰戦で中井女流を下したのは流石。
三段リーグと女流棋戦の二足のわらじは大変だと思いますが、とにかく生活のリズムを整えて頑張って欲しいです。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-11 15:22 | 将棋 | Comments(0)
正月明けから下痢で寝込んだでやんすorz
夜中に2時間おきのトイレ通いは辛いものがあった(涙)

さて今回は艦これネタ。
今日、2月初めから中型イベントなどという中々衝撃的な発表が運営からありました。
見なかったことにして(おい)年初のアプデの話を少々。

★吹雪改二ですよ、改二!

主人公(笑)がすっかり板についた吹雪さんですが、昨年から予告されていた通りにめでたく改二実装となりました。
肝心の性能は主人公(仮)らしく、地味ながら良い出来です。
地味ながら(おい)
同じく吹雪が主人公の艦これアニメが始まったこともあり、初期艦は特に思い入れがなければ吹雪さん一択でいいんじゃないかと。

★山雲・・・まだかなあ(涙) というわけで3-3周回編成

年末アプデで実装された(はず)の山雲ですが、私が手に入れる前に安価で狙えるドロップ先の1-5から敢え無く撤退となりました(涙)
仕方がないので、山雲が出るまで3-3を回すことに。
北方任務もこなせてネジも貰えるし(えー)
ちなみに、5-4回すついでにこんな編成で回してます。
ネタ元は『あ艦これ日記』さんから(リンク先はこちら→

・駆逐艦(できれば秋月)
 装備:秋月砲☓2、13号対空電探(できれば改)
・重巡3隻(改二艦でなくてもよさそう。今のところ愛宕、高雄、摩耶)
 装備:20.3主砲☓2(できれば3号)、水観(水偵)、対空電探(できれば14号やFumo)
・空母2隻(搭載機数重視。加賀+飛龍改二か大鳳か赤城)
 装備:戦闘機を強い順に5~6スロ、残りは攻撃機とか熟練整備士
 総制空力が247以上でほぼ制空権確保

割りと強い艦隊が多い3-3ですが、よく見ると戦艦が1隻あるかないかぐらいでメインが空母系のため、秋月の対空カットインがよく効きます。
もしカットインしなくても、弱いところを確実に殺しに来る敵空母の攻撃が大分和らぐので助かります。
というわけで、重巡に積む電探も対空電探の方がよさげ。
うずしお対策にもなります。
空母はボーキ重視で制空権確保の編成にしてますが、被害が大きいようなら制空権確保を諦めて攻撃機を多めに積むのも良いでしょう。
ルート固定要員なので外さないように。
なお軽空母は脆いので周回編成にはオススメしかねます。
もしも道中の被害が大きいとかボスが倒せないようであれば、重巡を何隻か戦艦にするのもいいでしょう。
なお羅針盤(ry
祈(ry
ダメ元で回しましょう。
3-5で資源やバケツがハゲるよりは多少マシと思われ(白目)

対空カットインって少々バカにしてましたが、上手く嵌まれば強いということが改めて判りました。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-10 16:20 | 電源ありゲーム | Comments(4)
今年の初夢は、和泉屋GMとワークス員でルーンクエストやってましたw
もう一回大学のころに戻れたらなあ。

正月休み最後の日に残務整理ということで、今回はJリーグとFマリのおさらいを。
まずはざっと順位の方から。

(J1)
1 G大阪 優勝
2 浦和  
3 鹿島  
4 柏
==ACLの壁==
5 鳥栖
6 川崎
7 横浜FM
(中略)
15 清水
= J1残留の壁 =
16 大宮
17 C大阪
18 徳島

(J2)
1 湘南
2 松本
=自動昇格の壁=
3 千葉
4 磐田
5 北九州 J1資格なし
6 山形 J1昇格
=プレーオフの壁=
7 大分

J2から舞い戻ってきたG大阪が三冠達成。
勝つとは思っていたけどここまでとは(涙)
まあ浦和が終盤相変わらずだらしなかったのが原因ですが(おい)
ACL出場権は最終戦で柏が滑り込みセーフ。
また残留争いは徳島が(経済的な厳しさから仕方なく)まず脱落決定。
次いでフォルランなど大型外人補強を敢行したC大阪が敢え無く空中分解して脱落決定。
最後の一枠は長年ラインコントロールに定評のあった大宮が、長年にわたる抗争(フロント-監督-選手間)や補強の失敗から、流石に勝利給ボーナスだけでは勝ち星を上げられず遂に失速。
清水は薄氷を踏みながらも何とか残留に成功。
今年はJ1優勝プレーオフや2シーズン制度の導入でグダグダ目先の変わった戦いになると思われ。

なおFマリはジジイ軍団ゆえの相次ぐ怪我人により失速。
外人も軒並みパッとしない中、まあそれでも7位ってのは自力はあるってことなんでしょう。
今年は久々の外人監督ってのがまた吉と出るか凶と出るか。
監督が当たって、俊輔や中澤といったジジイ軍団および残留したFWラフィーニャがフル稼働すれば優勝もありかもしんなーい(願望)
なお今季は珍しく新人補強争いに勝利して獲得したMF中島(東福岡)とFW仲川(専大、なおリハビリで半年以上棒に振る模様)にも期待したい。

それからJ2ですが、地元の松本がなんとJ1自動昇格決定。
戦力的にはプレーオフを逃す確率も相当あったのですが、やっぱ腐っても名将反町ですなあ。
山一つ向こうの諏訪に居ながら、松本山雅の盛り上がりをヒシヒシと感じてます。
ステッカーやポスターなんかもちょくちょく見かけるようになりました。
DF陣の入れ替えが濃厚、しかも今は出る一方とか、攻撃の要であったFW船山がまさかの川崎への流出と元々J1でも不足な戦力がさらに痩せ細る方向に向かっているのが気がかりではありますが。
なおダントツの成績でJ2優勝を決めた湘南は「今度こそJ1定着」をモットーに選手集めに邁進中。
DFがFWを追い越してゴールを決める狂気の戦術がJ1でも通用するでしょうか。

一方J1昇格プレーオフは、”J2優勝シャーレ?もらってもぶっ壊しますよ”と豪語していた名波監督率いる磐田が、プレーオフ緒戦で山形GK山岸のロスタイムCK弾に屈して沈没というマンガでも描くのをためらうまさかの展開に。
(こっそり)費用対効果的に、Jリーグよかラグビーに金出した方がいいんじゃないだろか、ヤマハ。
次いで”繰り返すエジリズム”な千葉が今年もやっぱり失態を繰り返してしまって山形がJ2昇格決定。
このままだと今年J2で戦う徳島路線をたどること必定ではありますが、前回のJ1でも曲者ぶりを発揮しただけに無視はできない存在。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-04 17:43 | スポーツ | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
これが年賀状代わりになる方もいらっしゃると思いますがw

さて今回は将棋ネタ。
年末に溜まっていたネタを中心に。

■渡辺二冠に挑む、羽生四冠と郷田九段(王将戦、棋王戦)

将棋界の冬の風物詩と言えば、王将戦と棋王戦のダブルタイトルマッチ。
棋王戦の方は羽生四冠が順当に深浦九段を下して挑戦権獲得。
なお羽生四冠はこの後ウキウキ気分で年末に行われるスウェーデンのチェス大会に向かった模様w
こないだニコ動の企画でカスパロフ氏と親善試合をやってボコボコにされてましたが、この忙しい中でもわざわざ出かけるところを見るに、ホントに好きなんでしょうなあ。
一方王将戦はマジック1点灯から中々勝ちきれなかった郷田九段が羽生四冠とのプレーオフまでもつれ込みながらも何とか挑戦権をゲット。
準決勝や決勝戦を苦手にしている郷田九段ですが、一旦番勝負となれば毎回抜群の安定感を誇るだけに、今回も熱戦が期待できそうです。

■三段リーグ試験に挑む勇者二人(天野貴元さん、中川慧梧さん)

先日アマからプロ試験を経て今泉新四段が誕生しましたが、またまたプロ入りを目指す方々が。

まず天野貴元さんは元奨励会三段。
将来を嘱望される若手でしたが、三段リーグを突破できずに一度は奨励会を退会。
その後舌がんを発症して舌を切除しながらもアマ棋戦で活躍を続け、今回三段リーグ挑戦に名乗りを上げました。
その辺りの壮絶な事情は自伝『オール・イン』に詳しく載ってます。
私には内容がヘビー過ぎて立ち読みで投げてしまいましたが(おい)
将棋より何よりまずガンの再発に打ち勝たないといけないという大変厳しい状況下ではありますが、”俺より強い奴に会いに行く”という姿勢は素晴らしい。

一方中川慧梧さんは立命館大で学生強豪として活躍。
こういう方はリコーや富士通とかNECなんかの実業団入りすることがほとんどなのですが、今回プロ入りを表明しました。
本人のためだけでなく、後に続く学生強豪たちの新ルート開拓という意味でも気になるところ。

試験は現役二段と8戦して6勝が合格条件。
3敗した時点で失格という厳しいルールですが、奨励会では「三段リーグ入りが折り返し地点」が合言葉になっているだけに、これを突破できないようでは三段リーグ突破など夢のまた夢。
なお今泉新四段は以前この試験を突破して三段リーグ入りしていますが、規定の二年四期(三段リーグは半年で1サイクル)での三段リーグ突破を果たせませんでした。

道は果てしなく険しいですが、両者の健闘を心から祈ります。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2015-01-01 15:41 | 将棋 | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03