<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

※色々訂正(12/31) 特に3-5

コミケお疲れ様でした(おい)
昨日の朝の列待ちなんか雨で大変だったんじゃないかとw

さて今回は前回に引き続き艦これネタ。
ランキング入りを目指すなら一部の変態例外を除いて必須となるであろうEO海域と5-4の回り方について備忘録がてらに。
なお装備や艦娘については「ねーよそんなもん(涙)」なことも多いでしょうが、その辺は代打を出すなり泣きながら建造するなり臨機応変で。
情報を元に自分なりに工夫するというのも結構楽しいですよ?
なお詳細が知りたい方は、安心と信頼の「艦これ周回主義」さんを強力にオススメしときます。
(リンク先は→

■1-5

・軽空母    カ号観測機☓2/天山(九三一空)/彩雲
・軽巡☓2   三式爆雷/三式ソナー☓2~3
・伊勢型戦艦 カ号観測機☓4

緒戦のエリ潜のご機嫌次第で難易度は変化しますが、まあ所詮は1-x海域ですのでそこまで難しくはない。
ただし装備が貧弱だとボスS勝利がキツイのは事実。
せめて三式ソナーだけでも巻雲牧場や開発なんかで数を揃えておきたいところ。
欲を言えば、イベントであきつ丸が出る海域を回ってカ号を複数確保できればまずS勝利確定。
溶鉱炉(大型建造)を回せとまでは言いませんw

軽空母は彩雲を載せてボスでT字不利を引かせないのが最大の役割。
最も脆いため必ず旗艦へ。
残り全部をカ号にすると攻撃に参加しないので1スロは対潜能力の高い攻撃機や爆撃機を。
軽空母なら誰を出してもいいと思いますが、手堅くいくなら千歳型や隼鷹改二、省エネ重視なら鳳翔さんや龍鳳を。
軽巡も特に指定はなし。基本的には改二組や素の能力が高い球磨や長良や矢矧を。
カ号が不足しているなら、攻撃重視で4スロの夕張や大淀を出さざるを得ないかも。
駆逐艦だと耐久力に不安あり。
伊勢型戦艦なのは昼戦を二回やりたいから。
瑞雲だとほぼ損害担当艦にしかならないが、カ号ガン積みだとフラ潜でも二撃で倒せる。
一番固いし対潜攻撃力に不安があるので、被害が多めな最後尾へ。

なお艦娘5隻以上だとボスにたどり着けないので要注意。
それから陣形はすべて単横で。
緒戦だけは各自の宗教的に複縦とか梯形とか輪形とかも。

■2-5

(マンスリー任務用)
・雷巡     15.5副砲☓2/甲標的
・ビスマルク  46主砲/試製35主砲/零観/一式徹甲弾
・羽黒     20.3主砲3号☓2/零観/Fumo
・妙高     20.3主砲3号☓2/零観/32号電探
・那智     20.3主砲3号☓2/夜偵/32号電探
・加賀     烈風/烈風601/烈風改/友永隊

(マンスリー任務達成後)
・利根     20.3主砲3号☓2/零観/Fumo
・筑摩     20.3主砲3号☓2/零観/32号電探
・雷巡     15.5副砲☓2/甲標的
・雪風     12.7高角砲後期☓2/缶
・島風     12.7高角砲後期☓2/缶
・龍驤     烈風601/烈風改/友永隊/烈風601/彩雲

マンスリー任務がそれなりに美味しいので先に攻略。
烈風601・烈風改・友永隊がいれば、空は加賀さん一人でなんとかなります。
任務達成後はコストの安い下のメンツで。
どこを通ってもバケツはそれなりに減るし(涙)
配置については雷巡や龍驤の損害を抑えるために旗艦にするのもあり。
脆い艦が多いので、せめて駆逐艦だけでもキラ付けすると良いかと。
陣形はすべて単縦でよいかと。

■3-5

・千歳型甲   瑞雲12☓2/甲標的
・夕立       10高角+高射/12.7後期/缶
・綾波      10高角+高射/12.7後期/缶
・雪風      12.7後期/12.7後期/缶
・島風      12.7後期/12.7後期/缶
・ヴェールヌイ 12.7後期/12.7後期/缶

結構めんどくさい3-5。
ほっぽちゃんに会える上ルートだと資源的に厳しすぎるので下ルートを選んでます。
ただ90レベル台の駆逐艦でも安心できないんで、駆逐艦のレベルが心許ない場合は上ルートを推奨。
あと瑞雲12がないと制空力不足で水上機母艦を入れる意味が無いので、その場合は軽巡にスイッチ。
また駆逐艦をすべて缶装備にしてますが、索敵不足なら電探を、ボスを倒せないようなら照明弾を入れるとかルート逸れの危険を冒して軽巡を入れるとか工夫してみましょう。
※確実に索敵不足になります。
すべて33電探ならOK。1~2個は照明弾なり缶なりお好みで。
またwikiによると雷巡1軽巡2潜水3とかでの半固定4戦ルートも良さそう。
この場合は中央に逸れる可能性がありますのでそのときは即時撤退で。

なお脆い艦ばかりなのでキラ付けはしておいた方が無難。
それから、ゲージを壊すついでにウィークリーの北方任務をこなしておくと吉。
なんといっても貴重なネジがもらえますからね。
陣形はキラ付けして複縦-複縦-単縦またはすべて漢の単縦で。

■5-5

(本隊)
・隼鷹      烈風☓3/彩雲
・大和       46主砲☓2/零観/一式徹甲弾
・武蔵      46主砲☓2/夜偵/一式徹甲弾
・ビスマルク  46主砲☓2/夜偵/徹甲弾
・大鳳      友永隊/烈風601/烈風/烈風
・加賀      江草隊/烈風/烈風改/烈風

(道中支援)
・島風      12.7後期☓2/33電探
・雪風       12.7後期☓2/33電探
・飛龍      彗星12☓3/32電探
・蒼龍      彗星12☓3/32電探
・扶桑      41主砲☓3/32電探
・山城      41主砲☓3/32電探

(決戦支援)
・夕立      12.7後期☓2/33電探
・綾波       12.7後期☓2/33電探
・飛龍      彗星12☓3/32電探
・蒼龍      彗星12☓3/32電探
・陸奥      試製41/41主砲☓2/32電探
・長門      試製41/41主砲☓2/32電探

さて5-5です。
艦娘・装備共に出し惜しみが許されない面なため、ランキングを狙わないのであればスルー推奨。

潜水艦3隻と大和型で攻略する手もあるのですが、潜水艦の被害が大き過ぎてどうも私には合わない印象。
というわけで本隊には定番の軽空母/大和型/ビスマルク/正規空母☓2を採用してます。
軽空母には隼鷹の他に千歳型もオススメ。攻撃機を積まないことで昼戦の2回目が大和から始まりますし、軽空母自体の損害も抑えられます。
ビスマルクはボス夜戦でも火力が安定するのがポイント。
大鳳は脆いので飛龍という声も多いです。
なお陣形は複縦-複縦-単縦が良さそう。

支援艦隊も道中・決戦ともに出し惜しみ無しで。
どうせ大和型を出す時点で資源は数万ほど消し飛ぶのが確定してますし(涙)
電探を1個積んで火力重視というのが最近のトレンドなようです。

なお大変めんどくさいですが、全艦隊キラ付けした方が突破の可能性は上がります。
ボス前で逸れることもありますが泣かないこと(涙)

■5-4

・蒼龍(牧場)  流星改/烈風改/烈風/烈風
・利根型     20.3主砲3号☓2/零観/熟練整備士
・重巡      20.3主砲3号☓2/零観/Fumo
・翔鶴型     江草隊/烈風601/烈風/烈風
・飛龍/雲龍   友永隊(最大スロ)/熟練整備士(最小スロ)/烈風/烈風
・最上型     ドラム缶☓4

九九式艦爆(江草隊)の量産を兼ねているためこの編成になってます。
基本は重巡(航巡)2/航巡1/空母3ですね。
旗艦の蒼龍(牧場)は固定で、残りをローテーションしてます。
資源重視で若干軽めの編成にしてますので、稀に途中撤退やボス敗北がありえます。
それがイヤなら重巡1を金剛型とかにするとか、ドラム缶用の航巡を利根型にするといった手もあります。
あと雷巡や軽空母を投入する手もありますが、脆い艦が入るとバケツの消費がキツイんですよねえ。
この辺は装備や艦娘の更新次第でやり方も変わってくるので、臨機応変に対応してます。

恐らく今年最後の記事になると思います。
本年も一年ありがとうございました。
また来年もよしなに。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-12-30 19:23 | 電源ありゲーム | Comments(4)
夏の終わりごろから迫り来るクソッタレな仕事どもをなぎ倒して、ようやく仕事納め。
今回は9連休になったので、それなりにblog記事を書きたいのこころ。

さて今回は艦これネタ。
備忘録と作業の見直しを兼ねて、私が艦これをやっている時間の流れをサラリと。
兼業提督で横鎮ランキングの200位台に入ってはいるので、ランキング入りを目指す方には参考になるかもしんな~い?
結論から言いますと、「毎日できる限り艦これに時間をかける」
これしかありません。

■平日朝

6時半ころ起床。
起き抜けに任務のチェックを行い、前夜に仕掛けておいた遠征結果を見る。
潜水艦のカスダメ喰らったやつ1+中破大破艦3をドック入りさせてから朝食。
朝食後、潜水艦の修理が終わっているのでもう1隻ドック入りさせてデイリー任務1つクリア。
次に遠征部隊に1隻ずつ補給してデイリー任務をまたクリア。
今度は遠征艦隊をキラキラの状態や遠征先によって組み替えてから遠征に出す。
だいたい12時間は帰ってこれないので、東京急行/鼠輸送作戦/水上機基地建設に出すことが多いです。
あとは演習やってブラウザを落として会社へ。
ここまででだいたい15~20分くらい。
慌ただしい朝なので、もうちょい時間を詰めたいところ。

■平日昼

モバイル機器を持っていれば昼休みに遠征を出し直すくらいはできますが、持ってないのは仕方ないので何もせず。
艦これのためだけにそこまで投資するかというと、まあねえ。
でも5月に出るというVita版は本体ごと買ってしまうかもしれないw

■平日夜

帰宅後に遠征を出し直す。
夜はまとまった時間遊べるので、長距離練習航海/海上護衛任務/キラ・水上機母艦付き防空射撃演習(早めに帰れれば北方鼠輸送作戦)をセット。
風呂と夕飯後に演習と任務をこなしつつ基本的にはひたすら5-4を周回。
日に10回は5-4を回せ、がランキング入りの鉄則なのですが、兼業提督ではなかなか、ねえ(苦笑)
夜11時を回ったら店じまい。
遠征部隊は北方鼠輸送作戦/鼠輸送作戦/北方鼠輸送作戦に出す。
翌朝の任務のためにオリョクルや1-1キラ付けなんかでわざとカスダメ状態な潜水艦を1隻作る。
ダメージを喰らった艦娘はドック入りさせるか明石さんのお世話に。
翌朝の任務達成を早めるため、ブラウザを落とさずに寝る。

■休日

地区の行事なんかをまとめてなぎ倒してから(おい)、残り時間は艦これ三昧。
これまたひたすら5-4を周回。
合間を縫ってネットを見たり、blogを書いたり。
あ、あと昼間は1~2時間ほど昼寝をしながら遠征だけ回してます。
ジジイになってきましたなあ(苦笑)

・・・これでも参考になるのかしら(汗)
次回はEO海域や5-4の回り方について。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-12-27 19:02 | 電源ありゲーム | Comments(0)
「ちょっと本気出してマイナス10度ぐらいにしておいた」
「冬将軍さんかい?早い、早いよ!」

寒いのが身体に堪える年になりました、みつぼしです。
でもこないだは大雪のところを雨にしてもらってありがとうございます冬将軍様。

色々紆余曲折ありまして今回は、
やきう巨人の時間だああああああ!

怪我人だらけの中、不思議な勝ちを重ねてリーグ優勝こそしたものの、
CSで阪神にしてやられるという失態を演じた今年の巨人。
いや、普通に弱かっただけなので仕方がないのですが(諦め)
そんな中、来年に賭ける巨人の明日はどっちだ(えー)

まずは巨人を離れる側から。
まずは難病に苦しんでいた越智が残念ながら戦力外。
また谷間に頑張ってくれていた旧高木こと高木(康)が球団スタッフ入り。
それからセドンとロペスが退団決定。
なおロペスは横浜行きが決定。巨人戦以外で頑張って(おい)
あとは石井(義)や星野が引退、加持前が退団、といったところでしょうかね。
ぶっちゃけ言うと、ロペス以外はロス無しと思われます。

次は新加入。
外人はマイコラスとポレダの投手2枚を獲得。
国内の方ではFAで相川と金城を確保。
ドラフトでは大型内野手の岡本以外は即戦力級の中継ぎ投手を中心に獲得。
外人がどれだけ当たるかが未知数、というかぶっちゃけ当たらないと思って
いるので(おい)、こちらも戦力大幅プラスとは言いがたい状況。
また首脳陣も内田二軍打撃コーチの復帰以外は大筋で変更なしの模様。
川口がフロント入りして総合コーチに村田(善)が入るくらい?

じゃあどうやって戦力を上げるのよ、という疑問に原監督は既存選手の配置
転換で回答する模様。
具体的には西村が先発に復帰し、代わりに澤村が中継ぎへ。
また阿部が一塁固定となり、捕手は小林を軸に相川が支える体制へ移行。
澤村もまだ若いのに惜しいよなあ、と思いつつ27歳という実年齢の前には
「ちかたないね」の一言。
ま、まあ西村みたいなこともある。中継ぎも大事だ。
先発は菅野・内海・杉内・大竹までが恐らく当確。
小山も多分5番手のはずで、6番手を宮國を含めた若手で補うつもり。
小山を含めた若手が大竹を蹴落とせればモアベターか。
ブルペン陣は西村と澤村が入れ替え。
山口とマシソンの負荷を増やさないように澤村や新人投手らが働けるか
どうかが鍵を握る。
もちろん青木や福田とかが頑張ってくれてもいい。
捕手は相川の衰えが気がかり。
補償でもってかれる選手の方が恐らく活躍するはずなのだが、少なくとも
来年くらいは頑張って欲しい(おい)
内野は阿部が一塁に固定の他はレギュラー固定でたまに井端や中井が
どこかに入るという感じ。安定感はあるが上積みは無さそう。
風穴を開けるとすれば外野。
相変わらず長野におんぶにだっこな状況のため、あと2人が固定しないと
苦しい。
現有戦力からすると、橋本とアンダーソンかなあ。
亀井はケガさえなければアンダーソンの代わりに入れたいのだが、多分
無理なので9月以降の起爆剤になってくれればと(おい)
大田?
多分永遠の秘密兵器で終わるかと(投げやり)

原長期政権が続いているため特徴も課題も例年通り。
そこそこ使える選手は増えてはいるものの、長打力を中心に突き抜けた
選手が少ないのが悩み。
まあ突き抜けてしまうと大リーグ入りしてしまうのが悩みではありますがw
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-12-21 18:05 | スポーツ | Comments(0)
年末が近づき何かと忙しいこの時期。
それでも選挙には行ってきました。
選挙区は現職候補がちゃんと仕事をしているので選択の余地がなかったのですが、比例区は悩みました。
「比較的マシなところに入れる」のにも苦労するってどうなのよw

日本海側は大雪だそうですが、明後日からはこちらも大雪になりそう。
今年の2月のような高速道路全滅みたいな展開はやめてー(懇願)

さて今回は将棋ネタ。
そろそろ今年の重大ニュースの時期ですが、将棋界で間違いなくその中に入るであろう話題を2つほど。

■糸谷新竜王誕生!

まずは竜王戦ですが、4勝1敗で七番勝負を制した糸谷七段が新竜王となりました。
将棋の内容自体は序中盤を中心に森内九段が押していた気がするのですが、糸谷新竜王の徹底した時間責めが功を奏したのと森内九段がイライラしてしまったのがこの結果を生んだ模様。
糸谷新竜王にはネット界隈を中心に”離席し過ぎ”や”早指し過ぎ”などマナー面をたしなめる声も多いのですが、何しろ初参戦だし若いんでモノを知らないのは仕方がないんではないかと。
段々色々覚えてソツなくこなせるようになるのか、例えば「ひふみん(加藤一二三九段)ならちかたないね」のようになるのかは分かりませんが、今回のレベルくらいであれば私は生暖かく見守る方針です。
どだいニコ動の解説で苦言を呈していた高橋九段だって、最初の王位戦じゃ”あいつは感想戦でもとにかくしゃべらなくて困る”と内藤九段を嘆かせていたんですからw
知らずに粗相を働く若者にイライラするベテラン、というのは実生活でもよくあることですし(おい)

それにしても、チャイルドブランドなんて呼ばれて怖いもの知らずだった羽生世代が若者にイライラさせられる時代になったんですね。
とりあえず、糸谷新竜王おめ。
これで香川女流王将にパシらされることも少しは減るのでしょうか(笑)
でも、そういえば”やうたん”矢内女流四段もニコ動のイベントで恐れ多くも森内九段にフリップ持たせたりしてましたなあ。
あ、ここで「女流棋士って怖いんですね」と思ったそこの貴方、その直感はたぶん正


あぁ!窓に!窓に!


■今泉新四段誕生!

今度もめでたいお話。
プロ編入試験に挑戦していた今泉アマが、見事3勝1敗で難関を突破してプロ入りを果たしました。
プロ編入試験誕生のきっかけとなった瀬川四段と同様に元奨励会三段で将来を嘱望されていた今泉アマですが、残念ながら四段昇段を果たせず一旦はアマチュアの大会を中心に好成績を上げ、再度三段リーグ入りを果たしましたがここでも結果を残せずプロ入りの夢は潰えたかに見えましたが、またまたアマチュアの大会を勝ち抜いた上でプロ棋士との公式戦で好成績を挙げるという苦難の末にプロ編入試験の挑戦権をゲットしたというのがここまでの流れです。
ここまで諦めずに挑戦を続けたこと自体がとにかく素晴らしい。脱帽です。
41歳の新四段というオールドルーキーの活躍を心から祈ります。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-12-14 17:23 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03