<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

静岡では読書の秋だそうですが、こちらはもう冬支度。
今日は強めの雨でしたが、もうちょっとしたら雪でしたな。
ああやだやだ。

今回は艦これネタ。
14年秋イベントで登場した艦娘について。
いや~今回は豊漁でしたw
なおみつぼし提督はE-4での掘りを諦めてE-4-Cでのレベリングに精を出している模様。
戦果はまるゆと朝曇が2隻ずつだったよ・・・(涙)

■秋月(駆逐艦)

E-2クリアでやって来ます。
投入が待たれていた待望の対空駆逐艦の登場です。
対空能力自体の高さもさることながら、高角砲2門だけで対空カットインが可能。
高射装置付きの高角砲を持ってきてくれるのもありがたい。
次回以降のイベントでは大活躍することになるのかしら。
今から楽しみです(震え声)

艦娘としては凛々しいわショートヘアだわマジメだわで個人的にはイチオシ。
史実では戦争末期に完成したせいか、牛缶がごちそうという泣ける話が。
よしよし、ウチに来たからにゃあリアル嫁と婆ちゃんがたらふく食わせてくれるからなw

■プリンツ・オイゲン(重巡)

E-3クリアでやって来るのがこの艦娘。
ドイツが誇る幸運艦であります。
ゲームバランスの都合で運自体は高め程度(とはいえ重巡屈指)に抑えられたものの、全体的なスペックはほぼ妙高改二と同等というか若干上な感じ。
間違いなく主力艦になれる逸材でありますし、カットイン狙いでまるゆを食わせることも視野に入るでしょう。
さらに改になると持ってくるFumoレーダーが最強電探とあっては育てない理由がない。
既にケッコンカッコカリ済みな提督もちらほら。
ええいこの廃人どもめw

艦娘としては大きめな胸部装甲に安産型のおしり、かつ白パンツ装備とあって屈指の人気ぶり。
ただ、アホの子属性なんですよね・・・。

■野分(駆逐艦)

E-4クリアでやって来る駆逐艦。
トラック島空襲では残念ながら舞風を救えませんでしたが、艦これではペアで遠征任務なんかに精を出させてあげたいところ。
ちなみにレイテで雪風の代わりに筑摩の乗員を救出に行ったところで撃沈されています。
またあいつか・・・

艦娘としてはこちらもマジメ系かな。
時報によると三食ちゃんとマトモな飯を用意してくれるようです。
ええ子や・・・(ホロリ)

■朝曇(駆逐艦)

E-2~4でドロップする(はず)の駆逐艦。
とはいえ、200周しても掘れない提督もいらっしゃるようですので戦いは困難を極める。
去年の秋イベントで矢矧を掘れなかった悪夢を思い出します(トラウマ)
運営さんへ。
イベント限定のドロップ艦はヤメレ。
なお、みつぼし提督は2隻確保したようです。
改装すると12.7cm高角砲(後期)、というか浦風砲が手に入るので野分と同様に改装オススメ。

艦娘としては見た目相応なかわいい駆逐艦。
陽炎型にライバル心を燃やしている模様。
仲良しな山雲の実装は次のイベントですかねえ?
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-11-29 15:39 | 電源ありゲーム | Comments(2)
昨夜の地震ですが、こちらは少々揺れただけで被害なし。
長野県北西部の小谷村・白馬村や長野市・大町市の一部なんかで被害が出ているようです。
震度6弱の割りに死者が出ていないのは何よりですが、厳しい冬期に避難所生活というのは辛そう。
以上速報まで。

今回は将棋ネタ。
少々ネタが溜まってきたのでここらで放出。

■糸谷竜王の時代が来る・・・のか?(竜王戦七番勝負第2~4局)

ハワイで行われた第1局まで紹介しましたが、流れ流れてはや第4局まで消化。
もうちょっと更新頑張ろう(自戒)
挑戦者糸谷七段のホーム大阪で行われた第2局は順当に糸谷七段勝利。
第3局は森内竜王が序盤で奪ったリードを糸谷七段が必死に埋めるも一歩及ばず。
挑戦者糸谷七段の連勝が止まって形勢が五分に戻った格好かな、と思っていた時期が私にもありました(おい)

先週の木金で行われた第4局。
先の第3局と同様に森内竜王が序盤で奪ったリードをそのまま維持してゴールイン・・・と思いきや、終盤失速して糸谷七段が勝利。竜王奪取に王手をかけました。
3勝1敗という勝ち星もさることながら、森内竜王にとっては悪夢とも言える第4局の展開からして流れは糸谷七段かなあという印象。
ただ、序盤はもう少し上手く立ちまわって欲しいところ。
森内竜王は竜王名人の大二冠の負担がやはり大きかったのか。

■山田久美女流四段の挑戦、潰える(倉敷藤花三番勝負)

今度は女流ネタ。
なんとびっくり大ベテランの山田久美女流四段が挑戦者に名乗りを上げた倉敷藤花三番勝負。
第1局は順当に甲斐倉敷藤花が勝利して「やっぱ無理だったか」という印象でしたが、昨日行われた第2局で山田久美女流四段が見事勝利。

「おいおい」
「まさか」
「ひょっとして」
「俺より年上の人が(おい)」
※林葉直子や中井女流六段と同世代で活躍した女流棋士の強豪です。

の期待をしつつ、今日の第3局を見守りました。
結果は振り駒で先手になった甲斐倉敷藤花が乱戦を制してタイトル防衛成功。
大ベテランの挑戦は潰えましたが、こういうのが少しはないと盛り上がらない。
また将棋ファンを沸かせてくださいね。

■フリクラ棋士熊坂五段、最後の挑戦

熊坂五段の名を知る者はいっぱしの将棋通ではないかと。
プロ棋士として華々しくデビューしたものの、順位戦ではデビューから3年連続降級点を取り続けて敢え無くC級2組から陥落。
未だに近づく者すら出てこない(ある意味)大記録を打ち立てたあげくフリークラスで9年を過ごす。
規定により今年度中に好成績を上げてフリークラスを脱出しないと強制的に引退の危機。
過去の成績から脱出は困難と思われていましたが、不調とはいえ森内竜王名人から勝利を奪うなどついに今年プチブレイク。
「あと1、2年早ければ」の思いはあるものの、奇跡の大脱出劇を期待する将棋通は案外多かったりしますw

今日の畠山(鎮)七段とのNHK杯戦を見てましたが、どのプロ棋士でも課題となっている後手番で角交換振り飛車という武器を使いこなしている印象。
終盤守りの金を攻めに使う発想が残念ながら裏目に出ましたが、着実に実力はついている印象。

あと6勝4敗で規定を満たすとのこと。
奇跡ってそんなカンタンに起こるもんじゃない。
とはいえ、そういうのを求めてしまうのも人間のサガなのですがw

(補足)
渡辺二冠、JT日本シリーズ制覇おめでとう。
羽生四冠がやりそこなった印象のため補足にとどめましたw
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-11-23 18:05 | 将棋 | Comments(0)
タイヤ替えました。
正味30分ほどで終了。
毎回「次こそは業者に頼もう」と思いつつ自分で替えてしまう罠。
今年のように雪道でスタッドレスタイヤ大活躍な展開は避けて欲しい。切に。

今回は艦これネタ。
自分のクリア履歴をカンタンに。
秋イベントの終了が来週末で確定しましたので攻略まだの人は急げー。

イベント攻略に関しては、最近お世話になることの多い艦これ周回主義さん
(リンクはこちら→
の記事を強力にオススメしておきます。
今回もお世話になりました。感謝。

■あれー、みつぼしさんお疲れですかー?
金曜日にウチへ帰ってさてイベント開始、と思いきや仕事疲れで土曜の昼まで爆睡。
速攻クリアは無理でしたが、逆に言うと人柱組からの攻略情報が徐々に揃いつつあったので、資源的にはおいしかったのかも。
疲れたら風呂入って寝ましょう。無理は禁物。

■行ける!行けるんや!(E-1)
さて土曜の昼から今度こそイベント開始。
こないだの夏イベントと同様、戦力の分散を強いられることに。
夏イベントよりは制限がゆるくなったとはいえ、うっかり出撃ミスは許されないので多少緊張する。
航空戦艦が必要とのことで、前回の教訓からあっさりと扶桑改二投入を決意。
どうせE-3以降は支援艦隊に回せばいいさという割り切りが今回は功を奏した模様。
あとは高雄・摩耶・球磨・長良といった第2グループで乗り切ることに。
連合艦隊編成のため12艦にキラ付けするのが面倒だったものの、攻略自体はそれほど問題なく終了。
前回はここからキツかったんで、その前の基準に戻した感じかな。

■駆逐艦のレベルが足らん・・・(E-2)
今度は駆逐艦編成。
E-1攻略前に情報を仕入れていたんで、E-1出場組を中心に編成。
当初は球磨と長良を付ける予定だったが、ルート固定できないため泣く泣く長良をカット。
また異能生命体な雪風とかをE-3以降に温存していたため、レベル70ほどのZ1やZ3まで駆り出す有り様。
このあたりをやっぱり的にされて撤退することもしばしば(涙)
駆逐艦は6隻ほどレベル90以上にはしていたのですが、もう6隻ほど用意しといた方が良さそう。
あーまたやることできて楽しいなー(棒)
なお道中・決戦共に支援艦隊を投入しましたが、決戦だけでよかったかも。
ちなみに道中には軽空母2(ちとちよ)+航空戦艦2(伊勢型)、決戦に軽空母2(龍驤、隼鷹)+航巡2(利根型)を投入しました。

土曜日でここまで攻略。
日曜日でイベント制覇できるか、ちょっと不安。
なおこの時点でE-4があることが判明。
E-5が無くてちょっとホッとしてしまう自分がイヤだw

■烈風拳ふたたび(E-3)
一応秋イベントの最終到達地点なE-3。
秋イベントではE-1、2に投入した艦娘以外はE-3に投入可能。
またE-4はフルメンバーで臨めるため、遠慮なく主力級を投入。
そいでもってルート固定用としてあきつ丸を旗艦に据える。
基本的には烈風を持たせて制空用にするのだが、強襲揚陸艦なことからこれでも一応砲撃が可能。
夏イベントでも猛威を振るった烈風拳とかあきつ神拳がここでも炸裂することに。
なおウチのあきつ丸はレベルが60ほどと足りなかったせいか成果はいまいちだった模様。
決戦支援艦隊の協力もあって無事お昼過ぎにクリア。
やっぱり連合艦隊はキラ付けがメンドイなあ・・・。

■ゲージを削るまでが勝負(E-4)
やって来ました最終マップ。
流石に日曜日午後の時点では情報も完璧とはいかず、大和型まで投入しての早期決着路線に舵を切ることに。
この面で最も厄介なのが道中の空母おば・・・空母棲姫。
痛恨の一撃に撤退を余儀なくされることもしばしば。
ボスも空母ヲ級改2隻のパターンを引いちゃうと制空権を確保できずに苦しい戦いを強いられる。
それでも夕方までにはゲージ削りに成功。
あとはラストダンスということで、大和型を下げてまたもあきつ丸投入。
大和型が居ないとはいえ、扶桑・霧島・ビスマルクと戦艦マシマシな布陣で正面から押し込む編成に。
いつものイベントだとボスが強化されることが多いのですが、今回は空母ヲ級改が居なくなるので制空権をあまり気にしないで済むというのが大きかった。
相変わらずキラ付けは面倒でしたが、戦闘自体は問題なくクリア。
なんとか日曜日までに終了。
ひとまずお疲れ様でした。

■出るまで回すんだよぉ!(朝曇・まるゆ・401掘り、E-5?)
そして現在実行中のドロップ狙い。
平日にE-4を4~5回ほど回してます。
さほど回していないからとはいえ、ドロップが渋いこと(苦笑)
とはいえ朝曇2、まるゆ1を確保しているのでまあまずまずかと。
401?知らない子ですね(涙)
支援艦隊抜きで回せるのが救いとはいえ、土日まるまる連合艦隊を活躍させていては資源的に死ぬこと必至なため、今日はE-4-1レベリングを実施中。
やっぱり連合艦隊を組むんで遠征枠が減るのは痛いですが、燃料しか消費しない対潜戦闘しかしないので資源的にお得なのが大きい。ちゃんと準備しとけばバケツもそうそう減らないし。
秋イベントで拾った艦娘を中心に、地道にレベルを上げてます。

秋イベントで拾った艦娘の紹介は次回に回します。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-11-22 17:29 | 電源ありゲーム | Comments(0)
最近ますます寒くなってきました。
明日の最低気温予想は1度です。ひい。

いよいよ始まりました秋イベント。
なんとか全海域(E-4)まではクリアできました。
時間が取れれば来週末にきっちり記事を書く予定。
とりあえず感想を箇条書き風味で。

・前評判通りやや短かめ。アニメで忙しかった?
・基本的には夏イベントより親切設計。
・実装当日(金曜日)にクリアした猛者もちらほら。
・ええいこの廃人どもめ(心に棚をつくろう)
・私はついさっきクリア。
・ネットの情報がありがたくて涙が出るw
・なお朝曇は今401を含めE-4で掘ってます。
・支援艦隊抜きで掘れる情報を入手できましたw
・なお資源には厳しいので朝曇だけ掘るならE-2一択。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-11-16 22:08 | 電源ありゲーム | Comments(0)
そろそろタイヤ交換の時期かなー。
12月始めの初雪が怖いんで、月末までには交換するですよ。

相変わらず仕事が煮詰まってますorz
せめてblogだけでも更新したひ。

今回は細々と続けている艦これネタ。
秋イベントに備えるネタを箇条書き風味で。

■改修資材(ネジ)の使い道

先月末のメンテで実装された改修資材(ネジ)
明石さんや随伴艦と一緒に改修工廠に持っていくと一部装備の改修ができます。
なお改修資材の入手は比較的困難なため、やみくもな改修は命取り。
また曜日によって改修できる装備が変わるので、その辺も踏まえて私なりのオススメをば。

1)20.3cm(3号)連装砲
重巡や軽巡のガチ装備としておなじみ。
難関海域突破のためには少しでも攻撃力を上げておきたい。
改修によるパワーアップはせいぜい火力+1~3程度なのですが、大口径砲でカンタンに火力が上がる戦艦と違って+1の修正が貴重な重巡や軽巡にとっては大助かり。
改修資材の消費がそれなりに大きいので、まずは6個くらいを1回改修(火力+1)しておいて、徐々に4回改修(火力+2)の個数を増やしておくと良いのでは。

2)61cm五連装(酸素)魚雷
潜水艦や雪風・北上などの魚雷カットイン用として有効。
とはいえ改修資材の消費が重いので、イベントまでに1回改修するのがやっとか。

3)三式爆雷投射機
厄介な敵フラ潜対策用に。
使い道が限定されるのでホントは後回しにしたいのだが。

4)12.7cm連装砲
改修資材が足りない、または曜日の関係で改修したい装備が無い日に。
必要な改修資材が1個のため、改修1回だけなら「装備の改修強化」任務を受けておけば差し引き0に。
秋イベントでは悪夢の3-2のような駆逐艦面が予定されているとのことなので、駆逐艦の火力上げをしておくのは悪くない選択かも。

え、私?
試製35.6cm狙いで35.6cm主砲を強化しているなんて言えない(屍)

■祝、扶桑改二!

改修工廠の影に隠れるようにひっそりと実装された扶桑改二。
実に不幸姉さまらしい(おい)
勲章4個と引き換えにする設計図が必要というでっかい制限はあるものの、長門型に匹敵する火力を備えた航空戦艦というのは魅力的。
彼女のために勲章狙いでEO海域通いするのも悪くないかと。
山城改二もはよ、はよ・・・。

■設計図の使い道

扶桑改二の実装により、設計図が必要な改造がある艦娘が6隻に増えました。
前にも書いた気がしますが、改めて私なりの優先準備を。

1)利根型
最上型とは1ランク違う航空巡洋艦をあなたに。
ルート固定にも普段使いにもお役に立ちます。
利根型自体の入手が比較的容易なのもうれしい。
レベル上げが大変ですが、せめてこの2隻だけでも改造を。

==========超えられない壁===============

2)扶桑
扶桑自体の入手が容易なことからあえて選択。
総合力なら運用コストの安い伊勢型で十分ですが、5-5の支援艦隊や難関海域のルート固定なんかに使えるかと。

3)ビスマルク
実用面なら順位を上げるべきところだが、ビスマルク自体の入手が大型建造を回すしかないことと、最終型のdreiにするためには設計図が2枚も必要なため順位を下げました。
肝心のdreiの性能は、ズバリ「夜戦に強い戦艦」。
雷装可能になり、特に夜戦での攻撃力が増しました。
投入するのは何と言っても5-5攻略艦隊。
大和、武蔵と揃い踏みさせるのは流石に気分が高揚します(おい)

4)雲龍
雲龍自体の性能というよりは、強めの艦載機を持ってきてくれるのが嬉しい。

5)龍鳳
軽空母を増やしたいならこの選択もあり。
資源に比較的優しいのも嬉しい。
大鯨自体の入手が困難なのと、ガチ攻略に向かないことから順位は下げました。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-11-09 11:43 | 電源ありゲーム | Comments(0)
先週冷え込んだとき、遂に霜柱が。
うう、また耐える冬が始まるお。
せめて今年のような大雪は勘弁してもらいたい。
いや切実に。

今回はスポーツよろづネタ。
箇条書き風味でお送りします。

■雷鳥はJ1へはばたく(松本山雅J1昇格)

地元で大盛り上がりなのがこの話題。
山雅のステッカーを貼った車もけっこう見かけるようになりました。
松本から山1つ挟んだ諏訪でコレなのですから、松本は推して知るべし。
北信越リーグで長野と骨肉の争いを展開していた頃からすると隔世の感があります。
選手のポテンシャルからするとせいぜいJ2中位なところを、やりくり上手な反町監督がJリーグ屈指の練習量と巧みなセットプレーの組み立てでJ2の壁を破ることに。
次はJ1での闘いとなりますが、今のクラブの総合力からすると今年降格する徳島とほぼ同レベル。
J2とJ1を行ったり来たりすることが容易に予想できるだけに、今の熱いサポートを絶やさないようにしていくことが何よりも大事かと。
収容人数2万人そこそこのアルウィンが手狭に感じるようになってくればベスト。
長野も再来年あたりにスタジアムがJ仕様になるようなので、またJ2あたりで宿命の闘いが展開されるんじゃないでしょうかw

■おめでとうソフトバンク、ようこそストーブリーグ

今度は野球の話。
ソフトバンク日本一おめでとうございます。
退任する秋山監督は相当批判されてましたが、あれだけの戦力を一つにまとめるというのも大変なこと。
中々理解されないのですが、控え選手が豪華ってのも舵取りが難しいんですよね。
次は工藤になるようですが、どうなりますかね。

一方ストーブリーグですが、FAの目玉である金子がやっぱり大リーグ行きを希望。
また阪神の至宝な鳥谷が今になって大リーグ行きを希望。
金子はともかく鳥谷は大丈夫なのかちょっと心配。
巨人ですが、スポ新によるとなんと相川と金城を物色中。
金城はCランクで補償選手が不要なので手を上げた模様。
巨人では最近多くなった代打兼コーチ枠といったところか。
また相川は阿部が一塁に回る分手薄になる捕手を埋めたい・・・ホント?
残りの目ぼしい選手は残留しそう。
初期は嶋とか炭谷とか話題になったんですが、あとは成瀬や宮西とかなので阪神が取りに行くんじゃないでしょうか(適当)

■錦織圭、ツアー・ファイナル進出決定!(テニス)

そういやこれ忘れてた。
錦織圭が全米オープンテニス準優勝の勢いを駆ってマスターズのパリ大会準決勝に進出。
これにより今年最強の選手を決めるツアー・ファイナルへの出場権を確保しました。
ここまで成長速度の早さに身体がついてこれなかったのかケガがちだった錦織ですが、ここにきて身体の成長が追いついてきたのが好成績につながっていると思われ。
とはいえ、ここまでやれる日本人が出てきたというのはホントに信じられない。
超高速サーブをガンガンリターンしていく姿を、もっと見たい。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-11-02 15:33 | スポーツ | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03