<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手塚治虫が愛用していた机にある鍵の掛かった引き出しに、「見せられないよ!」な直筆画を含むお宝多数が眠っていたことが娘さんのtwitterで明らかになりました。
手塚治虫研究家にとっては貴重な研究資料なのでしょうが、娘を持つ父親としては、

なんということをしてくれやがったんでしょう
死にたい(死んでるけど)


・・・色々整理しなきゃダメですよね、ハイ。

今回は将棋ネタ。
絶賛開催中の電王戦を。
考えがまとまっていないのですが、吐き出したいことが様々あるので箇条書きで。
twitterでやれという声が聞こえてきそうですが。

・第3戦にしてプロ棋士がやっと1勝を上げました。
・個人的には「よく1勝できたな」という印象。
・去年の三浦八段vsGPS戦とか第1戦の菅井五段vs習甦戦を見てると特に。
・将棋界が誇る屈指の研究家であるこの2人ですら序盤にリードできなかった。
・中終盤で互角なら人間に勝ち目はありません。どうしたってミスの出方が違い過ぎる。
・まともに戦って勝つのは、現時点でもおそらく無理ゲーに近い。
・第2戦で勝ったやねうら王が新たに実装した「局後学習」(ハマったら感想戦して反省する)が対人間戦に対するトドメになりそう。
・となると、勝つにはプログラムの穴を突くしかないわけで。
・去年勝った阿部光瑠四段や第3戦で勝った豊島七段はこのパターン。
・とはいえ穴を突くだけで勝てるなら、ニコ動の”CPUに勝ったら100万円”企画でドワンゴは破産しているはず(笑)
・この二人がきちんと準備してきた上に強かった、ということ。
・プロ棋士が本気でCPUを負かそうとするなら、若手の強いのを送り込むのが良さそう。
・彼らは比較的暇なので穴探しの余裕があるし、若いので終盤で間違える確率は低い。
・超一流棋士だと、残念ながら穴探しの暇がない。
・羽生三冠は”1年準備させてくれ”と言ってましたが、事実上無理ってことですな。
・ところで、第2戦で勝ったやねうら王の中の人が穴探しを批判してました。
・第三者の視点としてはアリだとは思いますが、個人的にはナンセンス。
・将棋の研究というものは、すべからく相手の欠陥を突くことでありまして。
・欠陥を突かれて負けるのは、欠陥をそのままにしていた自分が悪い。
・羽生三冠や渡辺二冠でもこの手の負けはありますし。
・私のようなアマ初段レベルなら、その手の失敗は数えきれません(涙)
・がっぷり四つの手に汗握る展開というのは、それを超えたところにある。
・そういう戦いをしたかったら、ちゃんと準備しろと。

・さて電王戦ですが、プロ棋士vsCPUという構図はもう厳しいかも。
・実力差もありますが、「まともに戦って潰れる」か「プログラムの穴を突けるか」といった構図でこれからも興行を続けていくというのは、たぶん厳しい。
・内心、「噛み合わねーな」と思いながら電王戦を見てます。
・可能性としては、ソフト+人間のタッグマッチかなと。
・チェスだと「アドバンスドチェス」として既に定着しとります。
・人間の強み(序盤)とソフトの強み(中終盤)が違うのと、人間/ソフト共に個性があるので、調和して戦えるか、ケンカするかというのが最大のポイント。

・最後に。
・超一流の短距離走選手より、そのへんに置いてある軽トラやカブの方がずっと速い。
・でも、100mを10秒以内に走れる人間にはそれなりの価値がある。
・完全にCPUが人間を凌駕する時代になっても、「人類最強の将棋指し」という称号には、それなりの価値があると信じてます。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-03-30 20:02 | 将棋 | Comments(0)
投稿内容が途中でパーになったため、今週の艦これは超縮小版。
慢心は良くないね(涙)

ちょっとだけ箇条書き。
 ・大型アップデートに翻弄される週末でした。
 ・海外からの艦娘は予想通りドイツ娘。
 ・Z1、Z3(ついでに矢矧)ゲット。ビスマルクは引けず。
 ・また大型建造を回す日々がはじまるお・・・(涙)
 ・新マップ1-5おいしいです。航戦+航巡+軽巡2でウマー。
 ・新マップ5-5は戦艦レ級が色々酷すぎるので放置(えー)
 ・陸奥さんとケッコンカッコカリ

(追撃の週末将棋ネタ)
 ★電王戦第1局(土曜日)
 ・習甦の手厚い攻めに菅井五段完敗。
 ・若手研究家筆頭格の菅井五段をして序盤有利にできんとは。
 ・棋士側は今後に暗雲漂う結果に。
 ★棋王戦第3局(日曜日)
 ・渡辺棋王が横歩取りを制し3-0でストレート防衛。
 ・古典的名著「羽生の頭脳」にも載ってる定跡から渡辺棋王が変化。
 ・三浦挑戦者には終盤チャンスがあったが生かせず。
 ・ニコ動解説者の塚田八段、塚田スペシャル講座を披露。
 ・立会人の加藤一二三九段がいつも通り暴走w
 ・いおたん(室田伊緒女流)かわいいよいおたん
 ・でも囲碁の井山六冠の嫁(涙)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-03-16 20:40 | 電源ありゲーム | Comments(0)
ちょっとだけ更新するのじゃよ。

■ひっそりと元帥に

三連休にちょこちょこっと戦果を稼いでたら、末席ながら元帥に。
他の提督の方々が春イベントや来週末の新海域目当ての資源備蓄に動いている影響が出ているものかと。
個人的にはイベント早解きするのでなければ、資源は上限ギリギリくらいでいいんじゃないかと。
それよりはレベリングや装備の拡充を優先させているといった次第。
戦果稼ぎは、資源にやさしいと思われる↓の方法で。
①4-2に主力潜水艦隊投入。東方クエストクリアや鉄確保もできてお得感が。
②2-2に雷巡1+捨て戦艦1+捨て重巡3+捨て空母1で突撃。捨て艦は後で近代化のエサか解体。
③2-2に駆逐4+損害担当潜水艦1+鳳翔さんで突撃。懐に優しい。

■今日の大鳳さん(改になりました)

東京急行こと5-4-1で着々とレベリング中の大鳳さん。
まずは改造できて一安心。
とはいえ、赤城さんと交代して最前線を任せるまで先は長そう。
最近秘書艦にしてますが、能登声っていいよね(おい)

■レベリングは3-2-1と5-4-1の併用

資源に優しいレベリングということで、レベリングを3-2-1と5-4-1の併用に。
速度なら4-3で潜水艦狩りが早いのですが、たまに出合い頭にフラ戦艦が登場、ということもありそれなりに被害が出るのでしばらく封印。
5-4-1ですが、それなりに敵が強いので火力部隊は強レベルが必要。
その分経験値は3-2-1より上。

■大型建造と開発は・・・

大型建造と開発は細々と続けてはいるものの、戦果ははかばかしくなく。
まるゆはそろそろ5隻をレベル20にできそうなので、伊58に与える予定(えー)
先週も書きましたが、強い潜水艦が欲しいのと、他の艦種はたいてい連撃装備にするので運の高さが活かしにくいという事情があるため。
開発も33電探、流星と今一つパンチに欠けるがまあしゃあないと割り切るしかなく。

■細川氏の連載

いきなり私信ですw
私のセンスのないタイトルをパクってしまって大丈夫か?などと思う次第(笑)
軽空母と正規空母の境目ってたびたび論争のタネになるのですが、艦これ上の区分はまあ問題ないかなと。
大きさだけならドイツには4万トンクラスの商船改装空母があるし(役立たずだけど)
出自からすれば鳳翔さんはれっきとした正規空母なんだが他と比べると(ry
重巡さんは前にも書きましたが艦これではなんであんな癖のある性能になっちゃったんだかとw
最後までやるんでしょうか、楽しみですw
そうそう、各艦のVITPでの使い出も書いてくれるとありがたいですよっと。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-03-09 23:26 | 電源ありゲーム | Comments(0)
年に1度のお楽しみ、A級順位戦の最終局が今年もやってきました。
運良く代休がもらえたので、囲碁・将棋チャンネル+ニコ動+ネットという万全の体制で一日貼り付くことに成功。
堪能させてもらいました。
んでは、結果についてのよもやま話をば。

今回は記念行事として静岡での開催に。
場所もさることながら、前日静岡入りの9時開始といういつもより1時間早い時間設定に。
大一番ではこういう細かいところの差が意外と大きな差を生むもの。
誰が得して損したかは本人に聞いてみないと分かりませんけどね。

既報通り、名人挑戦権(羽生三冠)と降級1名(谷川九段)はラス前までに決定済。
残る降級枠1枠と順位を賭けての戦いとなります。
では終わった順に紹介を。

09行方尚史(6勝3敗) ○-● 05屋敷伸之(3勝6敗)

負けると即降級の屋敷九段。
A級では苦戦を強いられている後手番に得意の横歩取りで挑んだものの、武運つたなく行方八段に完敗。敢え無く降級ということになってしまいました。
今季は相変わらず後手番で苦しむだけでなく、得意の先手番でも羽生三冠に敗れるなど降級も已む無しといったところ。
電王戦の大将としての重責も影響したかもしれません。
実力的には申し分ないだけに、捲土重来を期待します。
勝った行方八段ですが、寝癖も直さぬまま9時5分前に会場入りとか対局中に席を外して中庭を散策とか、相変わらずのマイペースぶりを発揮。ニコ動観戦勢の期待を裏切らないばかりか、将棋の方もきっちりまとめきってしまいました。
タイトル挑戦も果たし、これで順位戦でも6勝と一流棋士としての実績は十分積みました。
あとは重圧のかかる大舞台でもこのマイペースぶりを発揮できるかどうかが今後の活躍のカギを握るかと。

03郷田真隆(3勝6敗) ●-○ 01羽生善治(8勝1敗)

将棋界の至宝、羽生善治。
普通のA級居飛車党が苦しむ後手番を、堂々と角換わりで迎え撃つ。
玉頭付近の攻めには厚みを築いてカバー。
ならばと郷田九段が繰り出す飛車いじめを巧みにいなし、最後は一瞬で斬って捨てる。
名人挑戦が決まった消化試合といえども、いつも通りに折り目正しくきっちり郷田九段を撃破。
どうしてこんなに強いのに、名人戦では森内名人(竜王)に勝てないのかw
もう何度言ったか分かりませんが、脱帽です。
なお郷田九段は3勝ながら残留決定。
本格居飛車党だけに、後手番の凌ぎ方を早急に見出さないと来季も見通しは苦しいものに。

07深浦康市(5勝4敗) ●-○ 08谷川浩司(2勝7敗)

戦う将棋連盟会長、谷川九段。
降級は決まってしまいましたが、最新型の角交換型四間飛車で深浦九段を迎え撃ちます。
終盤形勢が揺れ動く中、最後に深浦九段が着地を決めるかと思われたところで痛恨のミス。
最後の最後で谷川九段が勝ちを拾いました。
A級在位(名人含む)は残念ながら連続32期でストップしましたが、来季もB級1組で戦うとのこと。
自宅の神戸と公務の多い東京との往復の機会が多く大変ではありますが、まだまだ対局でも頑張って欲しいところ。
深浦九段は堂々のA級勝ち越しに成功。
そろそろまたタイトル挑戦とか見てみたいと密かに思っています。

06佐藤康光(5勝4敗) ○-● 04渡辺明(5勝4敗)

数々の変態戦法の使い手、佐藤康光(ヒドイ)
今回もまたやってくれました。
渡辺二冠が最近後手番で多用しているゴキゲン中飛車を3手目の▲1六歩で牽制。
本来の持ち味である居飛車にも組みづらいのであればいっその事と角交換型四間飛車に打って出た渡辺二冠に対し、「得意の穴熊なら狙い撃つ」と序盤早々に▲9五歩~▲7七桂と端攻めを見せてこれまた牽制。
常識的な将棋指しなら「これ、どうまとめんの?」と思わざるを得ない陣形をいつの間にか綺麗にまとめあげ、終始リードを保ちながらの快勝となりました。
佐藤(康)九段も勝ち越しに成功。陥落経験もあるだけにまずはホッと一息といったところでしょうか。
タイトル戦でもまた変態戦法を披露してもらいたいものですw
渡辺二冠は長年守ってきた竜王を失陥した痛手の癒えぬ中、順位戦後半は王将戦と棋王戦を優先させたような気がします。
課題の後手番にまさかの振り飛車を連取してきたのも今後を見据えての対応かと。
来年こそ、名人挑戦を。

02三浦弘行(4勝5敗) ○-● 10久保利明(4勝5敗)

この一戦だけは残念ながら最後まで見とどけられず。
終了は未明の2時過ぎ。
いつもより開始が1時間早いんで、これは順位戦でもかなりの長時間の部類。
手数は274手。
二人とも、おつかれさまでした。
勝った三浦八段は、感想戦後に本日行われた残りの対局を並べて朝5時ころ対局室を去ったとのこと。
頭が下がります。
電王戦での完敗は大きな痛手でしたが、それにもめげず残留を果たしたのは立派。
久保九段も師匠の淡路九段譲りの見事な粘りを披露。
負けはしたもののA級残留を果たしました。

というわけで、名人戦はいつも通りの羽生vs森内の同年対決に。
いつものように後手番での対策が課題になりそうです。
A級順位戦でもここ数年健闘してきた居飛車党の後手番対策がまた苦しくなってきた模様。
この芸では他の追随を許さない渡辺二冠ですら振り飛車を見せる有り様。
この点では角交換型振り飛車が突破口になるかもしれませんが、それはそれでまた茨の道。
いよいよ研究が行き止まりまで行きついてしまったのか、あるいはまたどこかに突破口を見つけるのか。
一ファンとしては、無責任にハラハラドキドキしながら見届けたいと思います(ひでえ)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-03-08 15:37 | 将棋 | Comments(0)
えっと、ちょっと予告を。
今週末、久々に将棋ネタを書きたいと思います。
やるのは、3/7(金)に行われるA級順位戦の最終局。
いつもは千駄ヶ谷(東京)の将棋会館で行われるのですが、今年は特別に静岡で行われます。
現在専務理事(将棋連盟の要職)をやっている青野照市九段が焼津出身なことと、東京から近いということで特別に対局場所を移したものと思われます。
そういや掛川城でのタイトル戦の対局も最近ちょくちょくやってますな。

さて肝心の成績ですが、名人挑戦権は羽生三冠がすでに手中に。
降級二枠のうち一枠はすでに(残念ながら)谷川九段が決まってます。
残る一枠を最終局で四人(久保九段、三浦八段、郷田九段、屋敷九段)が争うという展開です。
決着がついたところが多いのは残念ですが、来年の順位のこともありますので当事者は気が抜けません。

「将棋界の一番長い日」だけあって、囲碁将棋チャンネルとニコ動での生中継があります。
ええ時代になりましたのう。
昨日働いた分の代休が取れましたので、じっくり見届けたいと思います。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-03-02 20:36 | 将棋 | Comments(0)
休日を投げ捨てて会社のレイアウト変更を敢行。
いやー身体が言うこと聞きませんわー(苦笑)
また明日から仕事場を復旧する作業がはじまるお・・・。
というわけで今日は思いっきり遊ぶことにw
相変わらず縮小更新気味ではありますが、みつぼし提督の艦これ進捗状況をば・

■嫁がひとり増えました(爆)

先週手に入れた大鳳ちゃんがあまりに具合がよいので嫁に昇格。
フミカネ絵は正義(おい)
二次元嫁は何人いてもいいよね(待て)
史実ではあっという間に沈んでしまいましたが、ゲームではぜひとも活躍させてやりたいところ。

■東京急行・・・美味し過ぎ

先週水曜日の定例メンテナンスで導入された5-4こと東京急行。
5-3がえらく難しかったので身構えてましたが、先人たちのルート開拓により艦娘と戦果を効率良く稼げる面であることが判明。
大型建造の魔の手から脱したこともあり、定番の航巡2(ドラム缶2個積み)+雷巡2+空母2で周回してます。

■今日までのケッコンカッコカリ

今日までにケッコンカッコカリできた艦娘は以下の通り。

 ・赤城
 ・北上
 ・大井
 ・伊168
 ・伊58(ここまでケッコンカッコカリ実装初日)

 ・加賀
 ・長門

割り切ってよく使う艦娘をジュウコンしている模様。
ま、そんな劇的に強くなるわけではないんですけどね。
ちなみに嫁のケッコンカッコカリは後回し(ひでえ)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2014-03-02 19:08 | 電源ありゲーム | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03