<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あいも変わらずサカつく2002三昧の今日このごろ。
度重なるリセット攻撃で、えげつない補強と大人げなく全勝を続ける日々を送っております(待て)
こっちの話も書こうと思ったのですが、シーズンが始まる前にこちらをまとめておこうというわけで、今回は横浜F・マリノス戦力分析をざっくりと。

序盤好調だったものの、個人技頼みで組織の構築ができず夏場以降は連敗続き。
リーグ戦では予算枠で雲泥の差がある仙台にも抜かれて5位というありさま。
挙げ句の果てには天皇杯で若手主体に生まれ変わった京都に延長戦で敗れ、公約だったACL出場を逃す結果に。
戦力的に抜けているとは言い難いながら、これ以上の伸びしろが無いと判断して木村監督を切った判断は正しかったと思います。
で、後任がヘッドコーチ格の樋口監督というのはモヤモヤ感が拭えないwのですが、この辺りがフロントの限界であり、クラブ全体の力がまだ足りないことの表れでしょう。
とはいえ、元々は横浜ユース監督で名を挙げて、活躍こそなかったものの他クラブでの監督経験も豊富。
チームの調子が悪いときに、どれだけ持ちこたえられるかが鍵でしょうね。
というか、キャンプ中の今いきなり調子が悪いのですが(核爆)

ほいでは次に選手の方を。
私も長年サッカーの試合を見て掴んできたのですが、大体優勝争いをするようなクラブは、

①弱点なポジションがない
②規格外の選手が2、3人は居る


というパターンが多いです。
去年の柏が良い例で、選手層が厚い上に、ボールを安心して預けられるワグネルとドミンゲスが両翼に居て、なおかつ監督に名将ネルシーニョが居る、といった布陣で頂点をつかみました。

それから、ネットでこんな書き込みを見ました。

基本的にこのクラブは日産時代から
強力CBが跳ね返して、10番がゲームを組み立て、規格外FWが決めるというのが定番のスタイルだな。
中澤-奥-久保でリーグ制覇したのが典型的


んで、規格外の選手を回りが上手にフォローするという。
うむ、実に的確な分析だ。
この論でいくと、去年はCBに中澤と栗原が居て、10番に俊輔が居るところまでは良かったのですが、肝心の規格外FWが居なかった、というのが最後まで尾を引いたのかなと。
あと弱点なポジションとしては、ユーティリティの金井と今オフで引退した波戸が入らざるを得なかった左SBが挙げられますね。
今オフの補強は、その点を踏まえた補強はしているとは思います。
もう少しだけ強欲になってもいいと思いますが(えー)

フォーメーションは基本的に4-2-2-2(中盤がボックスになる4-4-2)
状況により中盤をダイヤモンドにするという昨年のスタイルでいくと思われます。
まずは肝心要のFWから。

★FW 新外国人が機能するか

ここ数年の課題となっていたFWですが、期待の若手だった渡辺を切って(FC東京に移籍)まで新外国人を補強してフロントのやる気を見せました。

それが36歳のマルキーニョスというのが問題なんだが(爆)

岡ちゃん時代に居たこともあり出戻りとなります。
鹿島での無双ぶりはつとに有名で、得点だけでなく、これまでFマリノスに欠けていた前線でのキープ力に優れるのも魅力ですが、いかんせん36歳という年齢がネック。
キャンプではキレのある動きを見せているとのことですが、彼が鹿島時代と同様に活躍できるか、ヤニキ(43)になるか(涙)というのが今年のFマリノスを大きく左右します。
(なんでや、阪神関係ないやろ!w)
あと、武者修行先の愛媛で「えひメッシ」とまで親しまれる存在となった斎藤が帰ってきてくれました。
ルーキー当初のハシにも棒にもかからないっぷりからすれば、これは本当に嬉しい限り。
愛媛では左サイドのアタッカーとして得点を量産してきたようですので、攻撃に厚みを増すためにFWだけでなく左MFに起用するのも面白いんじゃないかと。
後は計算できる大黒に、なんといっても19歳で10番を背負う小野。
同世代で既に海外で活躍している選手も居るだけに、無敵のスピードで守備陣をぶち抜いてゴールを量産して欲しいものです。
終盤のパワープレイ要員だったキム・クナンが鳥栖にレンタルされましたが、この役目はCBの栗原が果たすものと思われます。

とにかくここはマルキーニョス次第。
外国人枠も余っているので、場合によっては夏の移籍期間に外人を獲る可能性もあり。

★BO 新加入の中町がキーマン

去年は基本的に小椋と谷口で組んでいたボランチですが、ボールの展開力とキープ力に欠けるのが悩みで、ボールをキープできないFWと合わせて、夏場以降に俊輔が孤立する要因ともなりました。
それを打開するために福岡から中町を補強。
巧みなボールキープから正確なパスを展開できるタイプ(イタリア風に言うとレジスタ)で、弱点補強にはまさにうってつけのタイプ。

高校卒業→湘南入り→戦力外→慶大入学→福岡入り→J1昇格→J2降格(涙)

という波瀾万丈のサッカー人生を歩んでいることもあり、比較的恵まれたキャリアを送っている選手の多いFマリノスにとってはこうした面でも得難い選手と思われます。
この人が活躍できれば、ACL進出も十分射程圏内かと。
物凄く期待しております。
この中町とボール奪取力に優れる小椋を組ませるのが基本線ですが、小椋がたびたびケガがちのため、谷口を使う機会も多いと思います。こちらは飛び出しという大きな武器もあるので、ジョーカーとして使えればベスト。
その他では、守備重視なら新加入の富澤(緊急時に限る)やユーティリティの金井を、攻撃重視なら兵藤や狩野に森谷なんかを入れてみるのも面白いかも。
万能派のアーリアがFC東京に去りましたが、器用貧乏で強豪相手には役に立たなかったこともあり放出はやむを得なかったかと。代わりにこちらもユース生え抜きでスリランカ人ハーフの熊谷アンドリューが入ってきました。ユースでは抜けた存在で、大きな展開の出来るボランチということもあり、順調に育って欲しい逸材。

ここはとにかく中町の出来次第。
あと、小椋がどれだけフレッシュな状態を保てるかも上位進出に向けては重要なポイントの一つ。

★MF 俊輔の賞味期限はまだ残っているか?

ここでのMFは攻撃的ミッドフィルダーの意味です。
なんと言っても中心になるのは俊輔ですが、昨年は特に後半にかけて相手の徹底マークに苦しみ、終盤にはケガに倒れてクラブ全体が失速する要因となりました。健康ならばJ1でも十分無双できるだけの力は持っているだけに、どれだけフレッシュな状態を保てるかが大きな鍵を握ります。
その意味でも、代役候補一番手の狩野は正念場。
今年結果を残せないとドナドナの危険性大
死にもの狂いで頑張って欲しい。
俊輔とコンビを組む兵藤は、攻守にソツのない動きができるのは魅力ですが、インパクトに欠けるのが悩み。
潜在能力の高さからすると、脇役で終わらせてしまうには惜しい存在。
あるいは開き直ってボランチに入れるのも手かもしれませんが。
んでもって、兵藤の代わりに入れたいのは先ほどFWで紹介した斎藤。
1点欲しいときには貴重なオプションになると思われます。
あるいは天皇杯で起用された大学生の方の松本を投入するのも手。
その快足ぶりはJでもかなりのものですが、シュートやチャンスメイクに繋げる所が課題。
万が一に備えて、今年手薄となる左SBをやれるようにしておくのもいいかも。
あと、ボールをきちんと止めて蹴ることに定評のある森谷をここに回したり、逃げ切りを図るために俊輔に代えて元気と運動量が取り柄の天野を昨年同様に起用することもあるでしょう。
ユース育ちの方の松本は、今年も身体作りをして来年レンタルで武者修行、でも十分間に合う。

とにかくここは俊輔の出来次第。
他の選手が上手くサポートできるよう、樋口監督の采配も求められるところ。

★CB 今年もガチガチに固めました

中澤と栗原という新旧代表がタッグを組む強力布陣・・・と言いたいところではありますが、中澤はスピードでちぎられるところがまま見られるなど年齢による衰えが隠せなくなりつつあり、栗原も代表とのかけもちで多忙を極めたツケが回ったのか終盤はケガに苦しめられるなど精彩を欠きました。
ということで、読売から即戦力の富澤を獲得。CBにしては展開力があり、プレーでも私生活でも熱い男ということで、楽しみな存在。緊急時には一応SBやBOもこなせるようですが、あくまでも一応ということらしいですので過信は禁物とのこと。
それから、昨年加入した青山にも期待。
代表クラスの実力を備えていながら、ケガに苦しみ今は横浜で控えに甘んじていますが、まだ25歳と若いだけに、中澤の牙城を一刻も早く崩したいところ。中澤同様、空中戦には絶対の自信を持ちます。

世界的に見ても優秀なCBが少ないだけに、貪欲にCBの選手を取りにいく姿勢には好感が持てます。
U-18でも中心選手の植田にも積極的にアプローチをかけているのもイイ!

★SB 比嘉は出来る子と信じてます

弱点だった左SBに五輪代表の比嘉を補強。
代表厨にはとかく批判の多い選手ですが、J1ではやれば出来る子と信じてます。
川崎に去った小宮山の穴をようやく埋められそう。
控えはユーティリティの金井が2番手。去年加入した武田が武者修行に出ているだけに、できれば3番手の準備もしておきたいところ。
右SBは昨年最大の補強となったガノタ小林と元気印の天野で安定。緊急時には金井もここをこなせます。

左SBに比嘉が定着できるかが大きなポイント。
さほど心配はしてませんが。

★GK 意外とがっつり補強しましたね

飯倉がすっかりスタメンに定着しているだけに、大きな動きはしないものと思っていましたが、予想以上に大きく入れ替えてきました。
ユース卒の大型GK鈴木を上げてきたのは当然として、2番手候補に福岡から六反を獲得。こちらも188cmとそこそこ大型な上に足技も巧みということで、飯倉もうかうかしていられなくなりました。もちろんすっかりベテランになった榎本も(ケガは増えましたが)まだ健在。
飯倉と熾烈なライバル争いを続けてきた秋元ですが、残念ながら愛媛に去ることに。
実力はそれほど遜色なかったが、とにかく先発で結果を残せなかったのが痛かった。
新天地での活躍に期待します。

控えが万全になっただけに、飯倉には万を持して代表入りへ向けて精進して欲しい。
まだまだ松永や川口といったスペシャルなGKというには心もとないだけに、一皮剥けて欲しいところ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2012-02-20 21:43 | スポーツ | Comments(0)
熱いぜ!DeNA!
の掛け声も高らかに、監督と球団社長がインフルエンザに倒れた野球チームが
ある件について。
この熱さが1年続けば本物でしょう(待て)

さて今回は将棋ネタ。
業界通の中では「順位戦で一番面白い勝負」として知られるA級ラス前の模様を。
「将棋界の一番長い日」が面白くなるかどうかはこの一戦に掛かってます。

結果だけ先にまとめます。
ラス前までの状況はこんな感じでした。

                    前年
        順位  勝  負  順位
羽生二冠   1   7  0   1
渡辺竜王   2   5  2   2
谷川九段   3   5  2   7
郷田九段   4   4  3   4
佐藤九段   5   4  3   9
屋敷九段   6   4  3   10
三浦八段   7   3  4   5
高橋九段   8   1  6   3
丸山九段   9   1  6   6
久保二冠   10   1  6   8

で、ラス前の勝敗が↓の通りになりました。
先に書いた棋士が勝ってます。

○羽生二冠 - 谷川九段
○渡辺竜王 - 丸山九段
○三浦八段 - 郷田九段
○久保二冠 - 佐藤九段
○屋敷九段 - 高橋九段

んで、これが最新の順位表になります。

                    前年
        順位  勝  負  順位
羽生二冠   1   8  0   1   名人挑戦
渡辺竜王   2   6  2   2
谷川九段   3   5  3   7
屋敷九段   4   5  3   10
郷田九段   5   4  4   4
三浦八段   6   4  4   5
佐藤九段   7   4  4   9
久保二冠   8   2   6   8
高橋九段   9   1  7   3
丸山九段   10   1  7   6

まずは最終戦を待たずして羽生二冠が名人挑戦権を獲得。
とはいえ、羽生二冠はここで負けても最終戦に負けて、なおかつ渡辺竜王と
谷川九段のどちらかが最終戦に勝ってやっとプレーオフにたどり着けるという
元々かなーり優位な位置に立っていましたから当然と言えば当然。
渡辺竜王にとっては悔しい結果となりましたが、そもそも先に羽生二冠と谷川
九段に負けてるので残念ながら当然。タイトルは取れるうちに取っておかないと
後輩にドンドン先を越される世界なので、来年こそはと思っていることでしょう。
一方大きな動きがあったのが降級争い。
3人でたった一つのA級残留という天国へのイスを争うという地獄のイス取り
ゲーム大絶賛実施中という状況下で、久保二冠が貴重な2勝目をゲットし一歩
抜け出しました。
が、戦いはまだまだ続きます(えー)

さて、今度は3月2日の「将棋界で一番長い日」の予想を。
いつものようにテキトーにノーガキたれますんでご了承を。
対戦カードで、先に書いているのが先手番になります。
あらかじめ先手後手が決まっているので事前の研究がしやすい、というのが
順位戦の大きな特徴の一つですね。

◆羽生二冠 - 郷田九段

羽生二冠が全勝で今季のA級順位戦を締めくくれるかどうか、という戦い。
すでに名人挑戦を決めているとはいえ、羽生二冠にとっては勢いをつける大事
な一戦といえます。8勝1敗でも十分凄い数字ではありますが、8連勝の勢いが
ここで止まってしまうというのはなんとも味が悪いというもの。個人的に断言しま
すが、ここで負けたら名人奪取はない、と見ますね。
郷田九段もここで負けると来年の順位がかなり悪くなるので落とせない一番。
普通に戦型を予想するなら郷田九段が2手目に△8四歩と受けて、羽生二冠が
直線一気で「研究一発ツモ」が怖い角替わりではなく、若干緩い手が利きやすい
(あくまで程度問題ですが)相矢倉を選択する、というのが常道ですが、ここ一番
で予想を裏切るのが最近の郷田流。
とはいえ、角替わりではなく相矢倉にしてくれるのであれば、あえて余計なリスク
を背負うこともないのかな、と思いますが。

◆佐藤九段 - 渡辺竜王

佐藤九段も郷田九段と立場は同じ。負けると来季の順位が7位と低い順位になる
のが濃厚なだけに、勝って順位を少しでも上げておきたいところ。A級陥落を経験
しているだけに、「もうあんな思いは二度とゴメンだ」という気持ちでしょう。
一方渡辺竜王は、順位戦にしては珍しく、勝っても負けても順位が変わらない、
という立場。しかし、ラス前で名人挑戦を決められた悔しさはまだ残っているはず。
こういうところでいい加減な戦い方をしない人が上に居るのが将棋界のよいところ。
ある意味、一番面白い一戦ではないかと。
え、戦型予想?
佐藤九段相手にそんなの当たるわけありませんからやりません(笑)

◆三浦八段 - 屋敷九段

すいません、素で抜かしてました(爆)
(後から追加してます。ホントすいません)
ある意味本当の意味での順位戦。
来年以降の降級争いとかにダイレクトに響くので、疎かにできない一戦。
三浦八段も4勝4敗組なので、この一番でガクッと順位が変わります。
屋敷九段はまさかの大活躍。勝てば3位の目が出る大チャンス。
数年前、
”屋敷九段が将棋盤を押入れから出してきたらしいぞ”
”え、なにそれこわい”

というのが話題になったくらい将棋の勉強をしないことで有名だった屋敷九段
ですが、本気になったら流石の元タイトルホルダー。
でも、”一日どれくらい将棋の研究してますか?”の問いに、
「(競艇するのに読むスポーツ新聞の詰将棋を解く)1分」
と平然と答えられる屋敷九段カッコええわー。
戦型ですが、恐らく屋敷九段の横歩取り。
が、横歩取りの研究では将棋界でもトップクラスの三浦八段が相手なだけに、
振り飛車含め変化球でかわす可能性も大いにあり。

◆高橋九段 - 谷川九段

昨年驚きの「50歳の反逆」を魅せつけ、3位にジャンプアップした高橋九段。
しかし現実は厳しく、今季はわずか1勝と大変苦しい状況。
とはいえ、前年3位という順位が大きくものを言う展開で、他力本願ながらA級残留
の目がまだ残っているのは救い。
とにかく、生き残りたければ勝つしかありません。
一方の谷川九段も、ここ最近の傾向通り序盤の貯金を生かして優位に立っている
だけに、来年も名人挑戦を掛けた戦いをするためにも、ここで勝って3位を確定させ
たいところ。
戦型ですが、ここはまず間違いなくしみじみと相矢倉。
A級順位戦らしい、重量感溢れる一局となること必至。

◆丸山九段 - 久保二冠

断言します。
3月2日、世界中で一番寒いのはこの盤上です(爆)
負けたら即刻A級から陥落。
丸山九段は、ここで勝っても高橋九段が負けるのを祈るしかない立場ではあります
が、とにかく自分が勝たないことには何も始まりません。とにかく勝つのみ。
久保二冠もA級順位戦では苦戦続き。
とはいえ、ラス前で自力残留の目が出たのは大きな希望。
2つのタイトルを防衛しながら、A級残留も果たさなければならない。
全部こなさなきゃならない辛い立場ではありますが、それをやりとげるのが関西トップ
棋士であり、振り飛車党党首としての務め。
今度こそA級で前を向いた戦いをするために、重要な一戦となります。
戦型予想ですが、無難にいけば久保二冠のゴキゲン中飛車が濃厚。
とはいえ、タイトル戦でも連取している戦法なだけに、狙い撃たれることを避けて、
例えば角交換振り飛車といった奇策に出ることも考えられます。
研究の質では棋界屈指の丸山九段が相手なだけに、久保二冠も何の準備もせず
手ぶらで挑むということはしないでしょうが、状況はなかなかに厳しい。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2012-02-05 09:03 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03