<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回も将棋ネタです。
前回順位戦だけで長くなったので、そのつづきを。

☆冬といえば王将・棋王の番勝負

将棋界の冬といったらなんといっても順位戦ですが、それと並んで盛り上がるのが王将・棋王の番勝負。たまに挑戦者・タイトル保持者がおんなじのダブルタイトルマッチになることがありますが、今回は別々。まず先に開幕した羽生王将vs久保挑戦者の王将戦は、先手番の久保挑戦者が今や伝家の宝刀となった早石田で「なぐりあい宇宙(ryの末緒戦を制して俄然面白くなってきました。次戦は後手番となる久保挑戦者がゴキゲン中飛車を採用する可能性が高く、羽生王将がどう迎え撃つのかがポイントとなるでしょう。
棋王戦は、久保棋王に佐藤挑戦者が挑む構図。A級順位戦では一昨年以来の大苦戦を強いられている佐藤九段ですが、他棋戦ではいつもの「びっくりどっきりメカ」が大暴れで、久々のタイトル戦登場が実現しました。「先手なら早石田、後手ならゴキゲン中飛車」と作戦がはっきりしている久保棋王に対し、佐藤挑戦者がどんな「びっくりどっきりメカ」を用意してくるかが大変楽しみです。
五番勝負第1局は、中国・上海で2/5(金)に行われます。

☆女流名人戦五番勝負、はじめました
女流三冠に返り咲き、ますます充実の清水女流名人に、三者プレーオフを制した里見倉敷藤花が挑む
今回の女流名人戦五番勝負。その第1局が本日山中湖畔のホテルマウント富士で行われました。
棋譜などについてはこちらの大本営中継サイトをご覧下さいませ。
第1局を里見倉敷藤花が制したのですが、結果はともかくとして驚いたのが以下の2点。

■里見倉敷藤花が石田流を採用
ここのところずっと中飛車一本で戦ってきた里見倉敷藤花ですが、つい最近になって先手番で石田流を採用。この第1局にもさっそくぶつけてきました。
得意の乱戦になりやすい早石田の狙いを含んだこの石田流、久保棋王をはじめ数多くの振り飛車党が愛用しております。
戦法に幅をもたせることは、相手の研究をかわす意味でも有効ですが、なにしろ若いんですから、いろいろな戦法を試して己の可能性を切り開いて欲しいもの。その意味でも今回石田流で女流第一人者の清水三冠に勝った意義は大きいんじゃないでしょうか。
■作戦勝ちをそのまま生かして逃げ切り勝ち
どちらかというと、こちらの方が驚きました。
棒金に構えた清水三冠が、32手目の△8六歩から無理に打開しようとして形勢を損ねたのですが、女流同士の対局だと、往々にしてここから形勢が二転三転することが多いもの。この第1局でも、清水三冠は最後まで勝利を諦めない粘りの手を続け、里見倉敷藤花の失着を狙いにいきます。
ところが里見倉敷藤花は、ここから終始冷静な指し回しで順当に逃げ切り勝ちを完遂。
里見倉敷藤花がこれを継続できるようであれば、女流棋士のレベルを一段上げる大きな進歩、すなわち、真の意味で男性棋士と互角以上に戦える女流棋士の誕生ということになるのですが。

今後の女流棋界を占う上でも重要な五番勝負と言っても言い過ぎではないと思わせる第1局でした。
今後の戦いぶりが本当に楽しみです。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2010-01-24 20:09 | 将棋 | Comments(0)
祭りの練習が本格化してきました。
それにしても、身体を動かした疲れが2日目に出るようになってきましたよorz
今回は今年初めての将棋ネタです。

☆佳境を迎える順位戦…と予想クイズ

まずはA級順位戦から。
前回から1戦消化して残るは2戦。
勝敗順に並べるとこんな感じになってます。
カッコ書きは順位戦の序列。同星の場合はこの順位が優先されます。
(名人挑戦権は別)

・5勝2敗 谷川九段(7位)、三浦八段(8位)
・4勝3敗 郷田九段(1位)、森内九段(3位)、丸山九段(4位)、高橋九段(9位)
・3勝4敗 木村八段(5位)、井上八段(10位)
・2勝5敗 藤井九段(6位)
・1勝6敗 佐藤九段(2位)

単独首位に立っていた谷川九段が郷田九段に敗れ2敗に後退。
谷川九段の次の対戦相手がよりにもよって同じく2敗の三浦八段ということもあり、これで「3敗でプレーオフ進出」の目がかなり出てきました。
朝日の予想では、4勝3敗の高橋九段に対して”連敗すると降級の目も”と書いておりましたが、
”しつれーな!谷川-三浦戦で谷川九段が勝って、オレが連勝すればプレーオフ進出だよ!”
と考えた方がだいぶん幸せになります。
というわけで、A級順位戦残り2戦の勝敗を当てて豪華6寸盤を当てよう!という将棋世界誌恒例の予想クイズには、「高橋九段がプレーオフの末挑戦権獲得」と書いてハガキを出してしまいましたw
ついかっとなってやった。あまり反省はしていない。
ちなみに、
①高橋九段を含め、なるべく多くの当事者によるプレーオフを実現(私の予想だと、4人)
②佐藤九段が残り2連勝で残留。降級は井上八段と藤井九段。
という仮定の元に星取り予想を立てました。
まあランダムでやると的中率1/1024なんで、真剣に予想するよりもこういう妄想邪念バリバリな予想を立てた方が健康にもよいのではと(笑)
井上八段と藤井九段には他意はないのですが、佐藤九段を無理矢理残留させるにはやむを得なかった(爆)
さてその降級争いですが、作れば4勝で降級の目もありますが、現実的には4勝できれば残留と見ます。佐藤九段は1敗即降級、残りを連勝してもなお他力という厳しすぎる状況。藤井九段も自力残留は残り連勝が絶対条件。ちなみに、どういう運命の悪戯か、次戦に佐藤九段vs藤井九段戦が組まれてます。井上八段は、開幕4戦を3勝1敗で好発進しながらの3連敗。順位が悪いこともあり、残留が厳しくなってきました。

他のクラスも見てみましょう。
まずB級1組ですが、昇級争いではトップの久保棋王が敗れて2敗に後退。替わって渡辺竜王が同じく2敗で順位1枚差で首位に。この2人に、その久保棋王を破った松尾七段と深浦王位の3敗勢がからんで、残る2枠の昇級枠を争うことになると思います。降級争いは、まず1枠に堀口七段が決定。もう1枠を、2勝の阿部八段と3敗の杉本七段・畠山(鎮)七段が争います。残るは2戦。
B級2組は、昇級争い単独トップの中村(修)九段が1敗をキープ。2敗で中田(宏)八段・阿久津七段・野月七段が追う展開。昇級のイスは2つ。残るは2戦。
C級1組は、去年上がったばかりの戸辺五段が9連勝で連続昇級に王手。飯島六段と片上六段が7勝1敗でそれに続きます。戸辺五段はたとえ最終戦でこけても十分昇級の可能性がありますが、そういう時に限って飯島六段と片上六段が連勝して「1敗での頭ハネ」に泣くことになるもの。戸辺五段にとっては、今期の順位戦のみならず、将来の活躍度を占う上でも重要な最終戦になります。
C級2組は、2戦を残して豊島五段が8連勝で昇級決定。1敗の高崎四段と金井四段も続く2敗者がいずれも順位で下回るため、残る2戦を1勝1敗で昇級決定という極めて有利な情勢に。このまま歴史上希に見る無風での昇級決着になるのでしょうか。
なお、藤倉四段と児玉七段が3度目の降級点が付くことが確定し、フリークラスへ。
また、同じく3度目の降級点が付いた大内九段は年齢規定により引退となります。
中原16世永世名人との名人戦七番勝負で、「これに勝てば名人」という一戦に1日目から断然優位に立ちながら敗れていった姿が印象的。振り飛車穴熊先駆者の一人でもあります。
おつかれさまでした。

長くなったので一旦切ります。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2010-01-24 19:23 | 将棋 | Comments(0)
今日も今日とて御柱の練習なみつぼしです。
まあ、ほどほどにがんばります。寒いけど。
ちなみに、朝-7℃、昼間は+3℃くらいが今時の標準。

今回は気が向いたのでアーセナルのネタを。
冬の移籍期間中ということで、確定情報よりはウワサ話の方が多いかなと。
参考にするのは例によって例のごとくarsenal blogさんです。

■おかえりなさい、ソル・キャンベル!
今年の即戦力の補強第一号。
プレミア4部相当のクラブへの移籍が破綻したあと、アーセナルの練習に参加してコンディション調整に没頭していましたが、このたび半年契約でめでたく帰還となりました。
35歳ということでさすがにフルでスタメン、というわけにはいかないでしょうが、これでフェルマーレン&ギャラスにかかる負担は多少なりとも軽減できそう。また、プレミア無敗制覇など数々の栄光を知る男が戻ってきたということで、ロッカールームの雰囲気が良くなることも期待できます。特になんでもかんでも1人で背負わなきゃならなかったセスクには朗報かと。
アーセナルの練習に参加しているというニュースを聞いたときには、「戻ってきてくれると嬉しいのだけれど、ベンゲルは”去る者は追わず”の人だし、本人も先発を望むだろうし、難しいよな。」と半ば諦め加減だったんで、復帰は素直に嬉しいです。
頑張って欲しいですね。

■センデロスは移籍先を探す
ソル・キャンベルが復帰し、スタメンCBはフェルマーレン&ギャラスで鉄板、ということで、残念ながらセンデロスは移籍先を探す決意を固めたようです。まだ25歳と若く、当たり負けしないのは魅力も、メンタル面に課題をかかえ、かつ足技があまり器用でないというアーセナルのスタイルには不向きなCBというレッテルをはがせないまま移籍ということになりそうです。ベンゲルも成長を辛抱強く待っていたんですけどね。
去年ACミランにレンタル移籍したものの出場機会を得られなかった、という前例もあるだけに、小さなクラブから出直し、というのがいいんじゃないかと思います。
まだ引き合いは多いはず。(アーセナル戦以外で)頑張れ。

■シャマフさんとか
今度はウワサ話。
やはり1番話題になっているのが、去夏にも話題になったシャマフ(ボルドー<フランス>)。
足技得意で長身、かつ得点力もついてきたCF。ボルドーの躍進を支えた立役者であり、フランス人ということでも今のアーセナルには有効な人材。ファンベルシーが長期離脱しているからなおさら必要。
こんなことなら夏に獲っときゃよかったんですけどねえ(苦笑)
でもアルシャビンのときもそうでしたが、これだけ話題を引っ張ってるということはアーセナルもそれだけ真剣だということなんでしょう。お金はそんなにかけたくないようですが。
今夏に契約切れになりますが、さすがにボルドーもみすみすフリーで移籍させないでしょう。
バルセロナやリバプールからも引き合いがあるみたい。
あと、ウワサだけならエバートンで復活を遂げたルイ・サハなんて話もあるみたい。

■若者たちの行方
今度は未来を担う若者たちの出入りについて。
まず加入が決定したのはサムエル・ガリンド。
17歳で188cmと長身のMFとか。
ボリビア人でまだワークパーミットがないので、ヴェラと同様にまずはレンタル移籍で経験を積ませるようです。
レンタル移籍組では、G・ホイトがレンタル期間をご延長。ランドールが新たにレンタル移籍。
また、複数の下位クラブがウィルシャーのレンタル移籍を執拗に狙っている様子。
CBの若いのは獲らないのかな。以前に書いたようなボランチからのコンバート狙いかもしれませんが。

■ケガ人あれこれ
セスクとクリシが次のボルトン戦には復帰できるとのこと。
復帰直後にケガなんてこともありますので、しょっぱなからあまり無理はさせないと思いますが。
ウォルコットとベントナーはもう2、3週間ほどかかりそう。
またラムジー、デニウソン、ウィルシャーが少なくとも次のボルトン戦は欠場とのこと(涙)

■ここまでの成績(1/15現在)
FAカップ、CLは絶賛生き残り中。残念ながらカーリングカップは敗退。
プレミアは現在3位。首位チェルシーとは同試合消化で勝ち点3差。2位のマンUとは勝ち点2差ですが、マンUの方が1試合多く消化してます。

さいごに。
唐突な話ですいませんが、元巨人、阪神の小林が亡くなったみたいですね。
しばらく前に、因縁の江川と2人でCMに出ていたのが最後の姿になろうとは。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2010-01-17 20:01 | スポーツ | Comments(3)
長い正月休みをいただきましたみつぼしです(ぉ
正月といってもそこは御柱年。
朝5時起きして諏訪大社にお参りしなきゃいけないとか、祭りの練習があったりとかして、なかなか休んだ実感が沸きませんorz

なかなか更新できなかったのはネタがなかったせいですが(苦笑)
そういえば、せっかく中の人が長野在住でサッカーネタを扱っているサイトなのに、松本山雅を一度も本格的に扱ってなかったな、ということで、去年のおさらいと、今年以降の展望をひとくさり。

見事JFL入りの快挙を果たした松本山雅ですが、正直今年上がれるとは思っていませんでした。
今年はJFL入りを決める大会である全国地域リーグ決勝大会が松本山雅のホームスタジアムであるアルウィンで行われるという「ここで上がらなくていつ上がる」な年でしたが、北信越リーグで4位と低迷して肝心の参加資格をここではゲットすることができず、「追試」として8月14~16日に行われた全国社会人北信越大会(予選)と10月17~21日に行われた本選を戦わなければならない羽目に陥りました。
ちなみに、この大会、いずれも連戦で行われます。
サッカーは週2回でもキツいというのに、3連戦とか5連戦とかどんだけ…(涙)
幸い予選・本大会ともに優勝した松本山雅は、続く全国地域リーグ決勝大会にも優勝してJFL入りを果たしたわけですが、その原動力になったのは、並行して行われていた天皇杯で浦和レッズをやはりホームのアルウィンで撃破したことでしょう。
それにしても、天皇杯では横浜F・マリノスもJFL時代の草津に負けたりとか高校生(市立船橋)相手に(大人げない)PK戦を戦った前科がありますが、

やっぱり地域リーグ勢相手にきっちり90分で敗れるところはさすが浦和さんだな!
いくらなんでもそれはマネできないっすよ!(毒)


…いかんいかん、変なフラグを立ててはいかん。素数を数えて落ち着くんだ…

さて、今後の松本山雅は当然J2入りを目指すわけですが、J2からJFLへの降格はなくても、JFLから地域リーグへ落ちることは(なぜか)あるので、まずはそこを避けるのが第1関門。まあ、パニックに陥らなければ大丈夫なのですが、一旦負け始めると落ち着けなくなるものなんですよねえ…。
あとは、県外のスポンサーをどれだけ確保できるかが鍵。県内の大口スポンサーというとセイコーエプソンくらいしかなく、セイコーエプソンにしても赤字が続いているので(以下略)
入場料収入に頼ろうにも、アルウィンへの球場使用料を払って黒字になるかという大問題が残る。まあ、J2に上がったらイヤでもそうしなきゃならんのだけど。ちなみに現状の松本山雅は、入場料を取らないかわりに球場使用料をうんと抑えてもらってます。
またJFLに上がると、全国津々浦々を行脚せにゃならなくなるんで、その交通費や宿泊料、練習場代なんかも大きな負担になるのがやっかい。ちなみに2010年のJFLは、北限はブラウブリッツ秋田、南限はFC琉球。
暗い話題ばかり書きましたが、松本山雅の強みはなんといってもホームスタジアムのアルウィン。2万人収容のサッカー専用スタジアムというのはJ1でも結構上等な部類に入るため、当分スタジアムの心配をする必要がないのは大きい。いつかこのスタジアムを満員にできるよう、頑張って欲しいものです。

それにしても。
J2に降格したのみならず、6億円の負債を抱えて存亡の危機に立たされている大分を始め、J1に上がって活躍したクラブでも資金難に苦しめられることが多いだけに、「何が何でもJ1」ではなく、「何百年経っても地域に根ざすクラブ」を目指して欲しいと願う次第。
個人的には、AC長野パルセイロと仲良く北信越リーグでケンカしていた方が安心して見ていられたのですけどねえ。一応、AC長野パルセイロがJFLに上がる目もなくはないですが、長野県の経済規模でJFLクラブを2つ抱えるのはかなりきついものがある。
J2?J1?なにそれおいしいの?
[PR]
by mitsuboshi03 | 2010-01-11 19:44 | スポーツ | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03