<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドラフトのおさらい

昨日終わった竜王戦第2局について記事を書こうとしましたが、呑んじゃったんで断念。
かんたんに触れときますと、1日目の終わりころから攻めまくった渡辺竜王が、細かいミスもあったようですが結果的にはそのまま森内九段を押し切って連勝スタート。本局も森内九段の意欲的な序盤戦術や渡辺竜王の果敢な攻めが飛び交う面白い一局でした。今後も熱戦が期待できそうで楽しみ。
こちらの公式サイトから棋譜解説や当日の様子が見られますよっ♪

今回は同じく昨日終わったドラフトのおさらいをまたかんたんに。

原監督になってからの巨人のドラフトは、「このポジションを強化したいんだ」という意識が強烈に感じられる気がします。成功失敗はともかくとして、補強方針が明確なのはよいことです。
ドラ1は、2回の入団拒否を経てようやく巨人入りを果たした長野。ここで菊池に走ったらとネタ好きな私はついつい妄想しちまいましたが、さすがにそれは、ねえ。強打の外野手、ということでただでさえ競争相手の多いところにドラ1を放り込むというのもどうかと思いますが、谷に鈴木にラミレスにと決して若くない選手も多いだけに、即戦力を1枚足しておくというのは良い判断かも。成長株なら亀井や松本といったレギュラー格に加えて矢野や隠善もいますし。とりあえずの目標は谷のポジションあたりでしょうか。有り余るジャイアンツ愛を持つ好漢の活躍に期待します。そういや忘れてました。長野は右利きでしたね。極左打線な巨人打線には貴重な即戦力です。
今年原監督が補強したかったポジションは、外野じゃなくて捕手。ただでさえ育成に時間がかかるポジションな上、今の若手がやや頼りないだけに、阿部や鶴岡が元気なうちに後釜を確保したいというのは理にかなってます。中でも目玉は、ドラフト2位の鬼屋敷。今年から高専3年生のドラフト指名が解禁になったのですが、そんな議論が必要になったほどの高専歴代屈指の好選手。アメリカなら「鬼屋敷ルール」なんて名前をつけそうです。育成3位の河野と合わせ、高い潜在能力を大いに成長させて欲しいところ。
欲を言えば大化けが期待できそうな先発投手も欲しかったところですが、ドラフトでは土本、小野と中継ぎタイプを獲得。確かにここも必要。先発投手は、今でも候補は山ほどいるので、そこからチャンスを掴んでもらうしかないでしょう。FAも実質ロッテ勢(小林宏、小野、清水)のみとやや人材不足のようですし。
個人的には、育成1位で入った星野の活躍に期待。ただでさえレベルの低い長野県の高校生からさらに野球推薦にかかった連中が抜けて地元の松本大学を卒業したようなメンツが中心の信濃グランセローズから、育成枠とはいえまさか巨人に指名される選手が出ようとは。

注目の菊池は西武に行きました。順調にいけば松坂、涌井の系譜に連なることでしょうが、背中の痛みは克服が難しいのでそこが懸念事項。ヨソのドラフトでは、春夏優勝投手を獲得(堂林は投手じゃなく内野手で育成するようですが)した広島とか、育成枠の前にドラフトで8人を指名した中日とか、大学の後輩な大学№1投手の二神を手に入れた阪神とかが気になりました。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-10-30 22:44 | スポーツ | Comments(2)
1週置いての登場となりました。
今日は竜王戦の1日目。後手番の森内九段が趣向を凝らし、先手に矢倉脇システムを強要してポイントを上げたかに見えましたが、先手の渡辺竜王がすかさず強攻。なかなか興味深い局面となっております。
そっちはまた後ほどということにして、今回はプロ野球の日本シリーズの展望をかんたんに。

もともと地力に違いがある上に、全て本拠地開催+1勝のオマケつき。なおかつ先発ローテーションの谷間を敵主力にぶつけざるを得ないのではさすがに勝ち上がりチームにはきつかったか、日本シリーズには巨人と日ハムが順当に勝ち上がりました。

さてこうした短期決戦の勝ちパターンの一つが先発投手の確変。日ハムは日本シリーズもきついのではと見られていたダルビッシュ神がやっぱりどこかはで投げそうな様子。仮にいつも通りのピッチングが可能であればそれだけでも巨人にとっては悪夢としか言いようがないですが、さてどうなるか。一方の巨人は大ざっぱに見て可もなく不可もなくといった感じ。

打線のポイントですが、日ハムを抑えようとするならば、とにかく小技を絡めて連打で勝負するチームですので、数人に目標を定めて徹底的に押さえ込み、打線を細切れにしてしまうのがよろしかと。また、小技を出しにくくするために、とにかく先頭打者を塁に出さないこともポイント。
巨人は、とかく一発が怖いと言われがちですが、その一発を呼び込むのが坂本・松本の1、2番コンビ。このうち松本は、たとえ塁に出られなくとも粘って粘って粘り抜いて球数を投げさせることだけは確実なのである意味防ぎようがない選手。ノセると怖い坂本を押さえ込むのがポイント。

どちらもリリーフは安定しているので、広い札幌ドームなら3点、狭い東京ドームなら5点前後が分岐点でしょうか。
今の心境を一言で言うならとにかく巨人勝てとしか言いようがありません。
いつものように生中継は見ないで応援します(爆)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-10-28 20:45 | スポーツ | Comments(2)
大正浪漫ならサクラ大戦も捨てがたいがやはりここは『はいからさんが通る』ではないのかとか、
なぜ東ムラカム先輩は人が忙しいときに限って上京するのか、
とか、コメントはつけてないですがちゃんと読んでますよ?
ということで。

なんかここ最近告知と将棋ネタしかやってませんが、今回も将棋ネタで。
いろいろと終わったりまた始まったり。

☆強い、強すぎる(王座戦五番勝負)
9月25日に行われた王座戦五番勝負の第3局は、またも羽生王座の勝利に終わり、今年も3連勝で王座を防衛致しました。
これで羽生王座は王座防衛連続18期とまたもタイトル戦連続防衛記録を更新。
なおかつ、これで王座戦五番勝負16連勝を達成。
つまり、王座戦五番勝負で羽生王座は5年以上負けていないということ。
仮にもタイトル挑戦者が「まずは1勝を目指します」というのは高校野球の弱小県代表っぽくてなんとも情けない話なのですが、実際1勝もできていないのでこう言わざるを得ないのが辛すぎます(涙)
「西の王子様」山崎七段の初タイトル戦ということで期待されたこの五番勝負でしたが、どうも順当に力負けだったようです。がっくし。

☆こっちは劇的な幕切れ(王位戦七番勝負)
木村挑戦者の開幕三連勝から始まった王位戦七番勝負ですが、やはり深浦王位が絡むとフルセットになる運命なのか、ここから怒濤のまくりでカド番をすべて凌ぎきり、ついに将棋界では2度目となる「七番勝負3連敗4連勝」を達成し、王位防衛に成功しました。確率や囲碁界での実績からするともっと多くてもよい気がするのですが、やはり「思い込み」効果があったせいなんでしょうかね。
これまでで最大のチャンスを逃した木村八段の無念さは察して余りあるものがありますが、これまでのあっさり土俵を割っていたときとは明らかに違います。ここがスタートラインと思って、またタイトル戦に顔を出して欲しいものです。
一方の深浦王位は、絶体絶命の第4局が地元佐世保市だったのが勝利のカギだったのかもしれません。さすがに地元で4タテを喰らってタイトル失陥というわけにはいかんでしょうから。王位戦を主催している新聞の一つである北九州新聞の支配下ということもあり、来期以降も佐世保市での七番勝負はあると思います。それが何局目になるかが勝敗のカギになるかもしれませんね。

☆こっちの戦いはまだ始まったばかりだ!(竜王戦七番勝負)
渡辺永世竜王vs森内前竜王の対決となった今回の竜王戦七番勝負。
比叡山で行われた第1局は、ついさっきの19時19分に決着がつきました。
後手番の永世竜王が今時ちょっと珍しい「1手損しない」角換わりを志向すると、先手の前竜王が後手が早めに突いた△4四歩をとがめようと積極的に攻めに出るという前例のないwktkな展開に。
詳しくはこちらの公式サイトの棋譜を見て欲しいのですが、本来相手の攻めにガツンとカウンターをかますのが持ち味の前竜王に無理攻めを強いた永世竜王の試合巧者ぶりが目につきました。
しかし形勢は僅差。最後の最後で永世竜王が受けに回った場面は一目何かありそうでしたが、私の腕ではとても読み切れません。でも森内九段から何か手があったような…。
「最初からクライマックスだぜ!」な第1局になりましたので、今後も「最後までクライマックスだぜ!」な七番勝負になることを切に祈ります。

☆今年の新人王は「振り穴のスペシャリスト」
しんぶん赤旗主催ということで有名な新人王戦。ちなみに囲碁でも同じく新人王戦を主催しております。赤旗は若い子が好きなのかしらん(ちがいます)
今年の決勝三番勝負は「振り穴のスペシャリスト」広瀬五段vs「最近振り飛車止めて居飛車党に転向しますた」中村四段という若手実力派同士の激突に。
棋譜はこちらの公式サイトで見ることができます。
第1局は、広瀬五段の代名詞といえる振り飛車穴熊に。居飛車側も穴熊にすると左銀の扱いが難しいとか手作りが難しくて結局千日手狙いになりがちという理由からプロでは絶滅危惧種に指定されている戦法ですが、スペシャリストの手にかかると一目作戦負けの局面から中終盤で一気に抜き去ってしまいます。本局はそうならず、最後の最後で優勢に立った中村四段が受けを誤り、みすみす勝ちを逃す結果となりました。師匠の米長会長が来ていたのが裏目に出たのかもしれませんね(それはない)
第2局は一転して広瀬五段が左金を7八へ上がらないヒネリ飛車に。ヒネリ飛車は私が将棋を覚えたてのころ「先手必勝戦法」と呼ばれていた戦法。一旦居飛車にして飛車先の歩を交換してからおもむろに三間飛車に構えるのがミソで、通常の石田流に比べて1歩手持ちにしている分攻めやすいのですが、後手の対策も進歩して一旦下火に。最近復活のきざしが見られるのは「7八に金が上がらないとマズい」とされていたのが本局のように「実はそうではなかった」ところにあるのでしょうね。
本局は広瀬五段が先にリードを奪い、中村四段が一時飛車を奪って盛り返した局面もあったのですが、最後は広瀬五段の寄せに屈しました。
これで新人王を獲得した広瀬五段には、これからも「振り穴のスペシャリスト」としての活躍に期待します。プロでは見捨てられた戦法ですが、「他の戦法を覚えなくてよい」「一旦穴熊に組めればあとは自玉を気にしなくて良い」という点でアマチュアでは愛好者が多いんですよ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-10-15 21:48 | 将棋 | Comments(5)

缶詰に挑んだ漢達

台風一過でずいぶん寒くなってきました。
ついに電気毛布登場。
おかんが愛用の石油ストーブを引っ張り出す日も近そうです。
「これでコトコト煮込むのがい~の♪」

今回は、長らく開催通知を流していた「缶詰を開ける会」の話を。
これを書かないと、一歩も先に進めない。
だいたいの様子は細川氏のこちらの記事に詳しく出ておりますので、その補足を。

「フランスパン」と「ポテトサラダ」と「ウォッカ」の他にも、いろいろと100円ショップで買い込んできました。
割り箸や紙コップ、紙皿やビニールシートは当然として、他にも、
缶切り:「あの」缶を開けた缶切りを、家で使う気にはなれませんw
雨カッパ:缶を開けるときに「なにか」が降りかかってくるかもしれませんから(苦笑)
なんかを購入。
他にも、参加者各位が家からバケツやら着替えやらを持ってきておりました。
当日は使いませんでしたが、ゴーグルまで持参してきた奴もいたという(私のことかー)
なにしろ、相手が相手だ。
安心が金で買えるなら、買っておくにこしたことはないw
かくして、昔遊んだTRPGのごとくさまざまな装備に身を固めた冒険者たちが、河原でかつてない強敵に挑むのでした(爆)

観戦武官(ではなくなりましたがw)の島田閣下に案内していただいた河原は絶好のキャンプ日和。
「いーよもー、このまま酒飲んで帰ろうぜー」
の一言をぐっとこらえて缶詰に立ち向かいます。
ちなみに、ギャラリーはカップル1組に釣り客1組とまばら。
また、細川氏の記事にはありませんでしたが、川沿いに平らなところがなかったんで、缶詰は川の中州で開けました。川を渡るときに素足で渡った細川氏が痛くてヒイヒイ言ってましたが、あれは確実にどっか悪いんじゃないかなーと思うくらいの痛がりよう。
大丈夫かな。

空中で「あの」缶詰を開けて惨事を引き起こした例をさんざんチェックした我々は、川の水を汲んだバケツの中で開ける方法を選択。結果的にはこれがうまくいって、「なにか」が降りかかってくることは防げました。実はいらなかった雨カッパを着込み、汗だくになって缶詰を開けていた細川氏の雄姿は目に焼き付いております(笑)
それと、100円だったとはいえ、缶詰に負ける缶切りを見たのは初めてでした。
いくら相手が「あれ」だったとはいえ、猛省しなさい(爆)

「固形物がないんじゃあ食べられない。そのままポテトサラダとパンだけ食って帰ろうぜ」
(細川氏の記事より)
そう思っていた時期が僕にもありました。
しかし、さすがはシュール様。
「賞味期限を半年過ぎたくらいなんともないぜ」と、我々の前にその姿を現したのでした。
甘かった。
あまりに、甘い、先入観で、ありました。
これだけがっかりしたのは久々でしたよもう(苦笑)

確かに、見た目はコハダっぽいです。
あれを寿司ネタで握って出された日にゃ保健所へ猛ダッシュですが(爆)
臭いは、10mも離れていればそんなに気にならなかったです。
ただ、川の水につかっていたにも関わらずあれだけの臭いを発するというのはやはり驚異的。
ちなみに、ハエはがんがんたかってきました。
おまけに、スズメバチまで。
まさに「ハエまっしぐら」状態。
あの缶詰を開けた状態で室内に持ち込むのは暴挙という他ありません。

ええと、食べたんでしたっけ。
まずウォッカのストレートで気力を溜めておいて普通に半分ほど。
それから、「これは一気にいかないと1切れすら食いきれん」と強引にもう半分。
そんでもって、もう1切れに箸を伸ばしかけたところで、

よく、ここまで頑張った。
だが、君にできることはここまでだ。
いいからゴールしる(爆)

と、身体が語りかけてきやがりまして(核爆)
この能力を酒席でも発揮してくれたらと(本当)
まあそれはさておき。
3切れ目に突貫しかけていたときの大つき(19)氏には、間違いなく後光が差してましたね。
え、味ですか?
いくら腐っているとはいえ食品ですので、さすがに食えないことはないかと。
だが身体が受け付けてくれません(爆)

戦闘後、「一刻も早く奴と縁を切りたい」と泣き叫ぶ細川氏に同意した我々は使い捨ての物資を速攻でゴミ箱送りとし、ミッションコンプリート。
その後は。
温泉サイコーでした。
寝ながら入れる風呂が一番良かったですが時間を忘れるのが難点ですなw
大つき(19)氏お薦めのラーメン屋おいしゅうございました。
やさしい味が激闘に疲れた身体を癒やしてくれました。
行きつけの鳥料理屋がいつものように満席で行けなかったんで突貫した居酒屋おいしゅうございました。
そこからイベントに参加した後輩氏にはどうだったかはわかりませんが(笑)
おねーちゃんがきびきび働いていた姿には皆いたく感心しておりました。
カラオケ最高でした。
久々のカラオケでちと空回りぎみだったか。また歌いたいです。
ここで大つき(19)氏とはお別れ。
その後はいつものようにダメ映像見ーの、ゲームしーの、本読みーの、とenzi亭で翌日までだらだらしておりました。後輩氏が持ち込んだマルチゲームで久々に楽しめたのはよかった。

なんかもう、近年まれに見る満足度の高いイベントでした。
というわけで、後輩達のためにenziさんがもう1缶「あの」缶詰を用意してくれております。
君達も是非あの強敵と戦ってくれたまえ(核爆)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-10-10 19:43 | ゲームワークス | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03