<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『ああっ女神さまっ』20周年、とのこと。
…。
声優女神は歳を取らないんですっ!(CV:井上喜久子)
地雷源は自分の足で踏んで突破する男、みつぼしです(核爆)
ちなみに私は藤島康介と聞くと『逮捕しちゃうぞ』のコミックス派なのですが(聞いてねえ)
さて、今回は今年初めての将棋ネタです。

☆ 王将戦七番勝負、はじめました ☆

永世竜王の夢破れても、相変わらず勝ち続ける羽生四冠に挑むのは、王位戦では2年続けて無敵羽生戦艦を撃破してきた深浦王位。
王将戦でも「番勝負になっちまえばこっちのもんだぜ」となりますかどうか。
将棋界初の美術館での対局となった第1局は、陶板で立体再現されたミケランジェロの壁画「最後の審判」の下での対局ということでも注目されました。こちらの写真を見る限りでは「お、落ち着かねえ…」と思うのですが、盤に座っちまえばそんなの関係ねえんでしょうか(死語)

肝心の将棋についてですが、まず棋譜はこちらの本家HPをご確認ください。
戦型は、戦後あたりから延々と指し続けられている角換わり腰掛銀の升田定跡に(38手目)。
もっとも、ところどころがマイナーチェンジされていて、そのマイナーチェンジの仕方を少しでも誤るとあっという間に地獄行き、というのがこの戦型の恐ろしいところでもあり、面白いところ。あ、私を含め、これを面白がる人は立派なビョーキです、ええ(笑)
仕掛けも升田定跡誕生当時からはだいぶ様変わりしており、今回のように1、2、3、4、7筋と突き捨てるだけ歩を突き捨ててから飛車先の歩を取って▲2六飛と高飛車に構える(51手目)のが最近の流行。
先手の深浦王位は67手目の▲7二角に勝負を賭けていたようですが、「その領域にはすでに2年前の対局でたどり着いている」と羽生王将に冷静に対応されて窮地に。140手まで粘ったものの、どうやら現在の結論では▲7二角から先はなんとノーチャンスとのこと。
ああ、やっぱり角換わり腰掛銀は怖い。

王位戦での必勝パターンだった先攻逃げ切りをいきなり封じられた深浦王位。
新たな必勝パターンを組み立てられるでしょうか。
注目の第2局は、1月28、29日に行われます。

☆ 棋王戦五番勝負はじまるよ ☆

挑戦者決定トーナメントにちょっとクセがあるのが棋王戦。
ベスト4からは、いつもの一発勝負と違って2敗失格方式になるため「まずはベスト4」というのがプロ棋士の合言葉。負けても(1回は)終わらないのはやっぱりありがたいようです(笑)
挑戦者決定戦は、ノーミスで勝ち上がった木村八段に、リベンジを誓う久保八段が挑む形となります。2敗失格方式のため、すでに1敗した久保八段は2連勝が棋王挑戦へのノルマ。一方ここまでノーミスの木村八段は1回勝てばOKとなります。
ここだけの話、昔の棋王戦はベスト16あたりから敗者復活戦があって、勝者組と敗者復活組のトップ同士が1番勝負で挑戦権を争っていたのですが、「それじゃあ勝者組のメリットないよね」という正論がつい最近になってやっと通って今の形になってます。
今回は年末年始を挟んで2連戦が行われ、久保八段が挑戦権を獲得しました。
2局とも、久保八段の力戦中飛車を木村八段が2枚銀を繰り出して押さえ込もうとする、という構図でしたが、いずれも久保八段に暴れられて押さえ込み失敗、となっております。この2枚銀で押さえ込む指し方は、銀が王様の囲いに参加できない分囲いが薄くなるため、トッププロでは受けが滅法強い木村八段でないと指しこなせない、というのがプロ棋士の常識。今回はそれでもダメでしたがorz
もっとも、この2局は振り駒でいずれも久保八段が先手番を引き当てており、その一手の差で力戦中飛車が猛威を振るえたのも勝敗の大きな分かれ目だったのですが。

というわけで、棋王戦五番勝負は佐藤棋王vs久保八段の顔合わせとなりました。
羽生四冠が顔を出さない番勝負というのもずいぶん久しぶりな気がしますが(苦笑)
びっくりどっきりメカ戦法から殴る蹴るどつくな佐藤棋王に、ふと気がつくと盤上から駒が消えている「捌きのアーティスト」久保八段という得意分野がはっきりしているマッチアップなだけに、長所が出た方が勝つという判りやすい対決となっております。
戦法では、久保八段が先手の場合に採用するであろう力戦中飛車への佐藤棋王の対策が見所その1。見所その2は、久保八段が後手の場合に、後手番な分威力が下がってもやっぱり力戦中飛車を採用するのか、あるいは佐藤棋王のお株を奪ってサプライズがあるのか、といったところでしょうか。
棋王戦五番勝負の第1局は、2月8日に行われます。

☆ 女流名人戦五番勝負、すぐやりますっ! ☆

「出雲のイナズマ」「里見の野望(違)」里見倉敷藤花を熱望する世論に打ち勝ち(待て)挑戦権を勝ち取った清水女流王将。既報通り、女流王将戦が今年度限りとなるため、無冠阻止のためにはここでタイトルを乗り換えておきたい(待て)ところ。一方矢内女流名人は、そんな虫のいい話は許せませんわと当然のごとく返り討ちを狙っているでしょう。
共に正統派居飛車党で、安定感では女流でも一二を争うマッチアップ。
女流棋界の格付けを高める上でも、好勝負を期待します。
第1局は明日!1月25日に行われます。
ネット中継がスポーツ報知でありますよっ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-01-24 21:52 | 将棋 | Comments(3)
3連休だというのに大雪。
いつものように引きこもってアキバBlogなんぞをつらつらと眺めていますと。
今やいろんな意味でホビージャパン社の「キラー」コンテンツと化しつつある『魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん』おまけに関する記事が。
そっかー、コ○ケでの「持ち歩くだけで恥ずかしさで死ねる袋」に飽きたらず食品にまで手を出しやがったかホビージャパンめ、と思っていたら、中をよく読んでみて涙することに。

「えっ、あのたくあん漬、無くなっちゃうの!?」

自衛隊初の戦闘糧食(ミリメシ)として開発され、現在も食べ続けられている「戦闘糧食Ⅰ型」の中で最も愛されるメニューであり、戦闘時だけでなく絶好の酒の肴としても知られるたくあん漬。味だけでなく、戦闘環境や3年間の保管にも耐えられる優れもの。
なんでも、これを製作していた食品加工会社が2007年に倒産してしまったとのこと。
当然のことながら自衛隊では他の会社に製作を依頼しているのだが、品質の保証ができないという理由で断られっぱなし、とのこと。たぶんリスクの割に儲からない、ってのもあるんでしょう。きっと。
だからセカンドソースやサードソースを確保しておけとついつい会社のクセが出てしまうのですが(笑)

というわけで今日のネタはミリメシです。
ネタ元は、このジャンルの草分けと言ってよいであろう『戦闘糧食の三つ星をさがせ!』(大久保義信著、光人社刊)より。
つーか、この手の本ってホント増えましたな。

兵隊さんも、できれば1日3食は食べないと元気が出ません。
演習場や基地内でなら、食堂あるいは炊事車により普段我々が食べているものとあんまり変わらないおいしい食事が食べられますが、戦場ではそうはいきません。
そのため、最低限の調理(暖めたり、水を加えたり)で、最低限の栄養が取れ、かつ長期間の保存に耐えられる軽量コンパクトな食事セットとして開発されたのが戦闘糧食(ミリメシ)であります。野砲の射程が伸びておちおち炊事車を前線に派遣できなくなり、かつ缶詰の量産が容易になってきた第1次世界大戦のころから本格的に開発されるようになったようですね。

そんなミリメシの代表格が、アメリカ産のMRE。
正式名称は"Meal Ready-to-Eat individual"(調理済み個人食糧)と言うのですが、実用本位でいかにもアングロサクソンな味付けや見た目から、"Meal Rejected by Ethiopians"(エチオピア人もごめんなさいする食べ物)という異名で世界的に有名になっております。
というか、エチオピア人に謝れ(爆)
が、最近アメリカも多民族化したこともあり、「これでは士気に差し障る」ことにようやく気づいたのか(爆)最近はアジア系メニューや化学ヒーター(有毒な水素ガスが発生するため、閉鎖空間では使用を禁じられている)の導入により、「タバスコやコショウの残量に常に気を配ること(笑)」な状況からは少しばかり解消されたようです。
それにしても、最近は照り焼きまでメニューに入ってますよ。
横田や横須賀時代に覚えた味が忘れられないんでしょうか(笑)

味の面で定評があるのが、やはりフランスやイタリアといったラテン系。
イタリア軍には、紙パックに入ったワインまで別途付いてくるそうな。
それに日本が追随しつつあるというのがまあ、国民性かなと(笑)
現に、東ティモールの停戦監視団で最も好評だったのが日本の戦闘糧食だったそうな。
非戦闘地域しか行かないことになっている(えー)自衛隊も、ことこの分野に関しては豊富な実戦経験(苦笑)を元に、日夜改良が繰り返されているようです。
その日本の戦闘糧食で現在正式採用されているのが、「カンメシ」の名で知られる戦闘糧食Ⅰ型と、真空パック式の戦闘糧食Ⅱ型。軽さやメニューの多さ、化学ヒーター(アメリカ製と違ってお酒のお燗なんかに使われる酸化還元式のため、有毒ガスが出ない)が使えるなど大幅に改良された戦闘糧食Ⅱ型の方が総合的には優れているのですが、戦闘糧食Ⅱ型の2倍の3年間保管できる戦闘糧食Ⅰ型も、改良を施されながらなお現役で活躍しております。数十分加熱しないと食べられないという米食の大きなペナルティは今だに解消されたとは言い難いのですが、それでも十分健闘しているのではないでしょうか。

最近ミリメシ世界で流行しているのが、民生品の導入。
”お口で溶けて、手に溶けない、だけど袋のなかで溶けている(爆)”なM&Mのチョコなどの甘味類(疲労回復や気分転換のための必須アイテム)やお茶類なんかが典型例ですが、予算が厳しい中小国では大半が民生品、なんてことも珍しくないようです。
東南アジアの某国では、軍の食料庫に大量の「出前○丁」が保管されているとか(爆)
まあ、要求さえ満たしていれば、わざわざ特注品を作るよか、大量生産されているものをそのまま使った方が安上がりだし、兵隊さんも「いつもの味と、いつでもいっしょ」というのは心強いのではないかと。

最後に。
パンと豚肉のパテだけで戦い続けるウクライナの人は凄いと思った。
いや、少しなら酒の肴に絶品ですが、こればっかり食って戦えと言われたら、日本人なら栄養どうこうというより先に心が折れそうです(爆)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-01-12 11:29 | ミリタリー | Comments(3)
忘年会以来、ひたすらぼーっと遊ぶ日々。
そんな楽しい時間はあっという間に過ぎて、あいも変わらずお仕事三昧。
仕事ができるだけありがたいと思うことにしておこう。

で、何して遊んでたかといいますと、定期的に遊ばないと発作が出るスパロボα。
このご時世にPS1が絶賛フル稼働中というのもどうかとは思いますが(苦笑)、たっぷり時間をかけながら、レベル99キャラを量産するのが生き甲斐です(爆)
普通に遊ぶとレベル99まで育てるのはまず不可能ですが、ある方法により(特定のキャラだけですが)限界突破することが可能です。
それほど有名ではなさそうなこともあり(書くのが大人げないとも言う)、今更ではありますが、今回はその方法について書くことにしましょう。
なお、この方法は大いに時間を浪費する上に、ゲームバランスを大幅に崩すことになりますことを念のため警告しておきますね。

まずリアル編を選択。主人公の生年月日と血液型はえげつなく10月23日のA型に(爆)
1面はあっさり解いてもいいですが、おヒマな方ならクワトロでわざとヤザンをコロニーに誘導して防御反撃でちまちま削り、ダメージを受けたらレコアさんに修理させるのも良いでしょう。レコアさんはレベル14くらいならなんとか育つはず。
2面はザコを主人公で倒した後、カミーユを使ってカクリコンとジェリドを基地へ誘導。元からMk-Ⅱがいた場所にカミーユを動かしてあげるとうまくいく。あとは生かさず殺さずちまちまと主人公でカクリコンとジェリドを削ってレベルアップ。レベル13まで育てると幸運を覚えてくれるのでお得。

ぶっちゃけ言うと、2面だけで丸1日かかりかねないので、「そんなんやってらんねーよ」な方は初めから手を出さないのが無難です(笑)
時間がかかる面だと、1面に1~2日かかるのもざらですから(本当)

3面は、クワトロをメタスに乗せ、主人公を狙うザコを1匹だけ残してあとはブライトに倒させる。主人公がレベル13まで育っていれば、チャクラムシューターがクリティカルすればシロッコの撃破も可能。事前に撤退条件(HP80%)ぎりぎりまでシロッコを削る(クワトロのビームライフル1発くらいがちょうどよい)のと、主人公に幸運をかけてからマップセーブするのを忘れないように。主人公を鍛えていれば、クリティカルはそんなに苦労せずに出るはず。
その後、残るザコ1匹を主人公で誘導してわざとコロニーに乗せ、殺さないように防御反撃であしらいながら主人公にダメージを与えるのをクワトロで回復、を繰り返し実行。クワトロはレベル20になるとニュータイプがレベル3になるので、ここまで育てておくと後がぐっと楽になります。
4面は主人公の幸運ですべての敵を倒しておくこと。SP回復ってえげつないですね(爆)
5面はスピード勝負。主人公にアポジモーターをつけ、コアブースターの援護でゲルググを1機落とし(要幸運)、チャクラムシューターでマ=クベを撃破(これも要幸運)。クリティカルなしでも6ターン目には倒せるはず。
残る敵は(あとあと経験値がもったいないので)できるだけブライトだけで相手させたいが、マップセーブを駆使してもゲルググ1機だけ残るので、これだけ誰かに倒させましょう。

ここまでが下ごしらえ。やっと次から本番です。

6面のインターミッションでありったけの資金をつぎ込んで百式の運動性を上げ、アポジモーターとマグネットコーティングをつけた上でクワトロを乗せる。メタスにはロベルトを乗せ、チョバムアーマーを装着。
ザコとマシュマー(要努力)をゲッターで倒してから作業開始。
クワトロを極東基地に乗せ、さやかとロベルトだけを巻き込むようにメガバズーカランチャー(MAP兵器)を発射。さやかとロベルトに普通に命中したら、お互いを修理してレベルアップ。クリティカルや外したとき(レベルが上がると普通にありうる)に備えて、MAP兵器を撃つ前にマップセーブするのを忘れないように。
これをひたすら繰り返すと、2人ともレベル99になります。
あとは、ボスボロットとコアブースターの周りをロベルトのメタス(MA形態)に周回させて補給させてレベルアップ。これもレベル99になるまで続けます。

7面以降の育て方ですが、
修理ユニットに乗せられるキャラなら、気合を持っていて殺傷能力が低いロベルトを百式に乗せ、レベル99になった甲児やさやかを乗せたマジンガーZやアフロダイA(要増加装甲)を標的にMAP兵器を撃ってHPが減ったのを回復させると、6面よりはだいぶお手軽にレベル99になります。ちなみに標的は増加装甲をつけたリックディアスやジムキャノンⅡでも可。この場合、乗せるのはオールドタイプのレベル99キャラをお薦めします。できればテム=レイの回路をつけるとなお良し。
補給ユニットに乗せられるキャラの場合、修理ユニットよりだいぶん手間はかかります。比較的楽なのが、レベル99キャラにMAP兵器をカラ撃ちさせ、減ったENを補給する方法。ただこの場合、MAP兵器を撃つキャラの気力が下がるので、多用するには本人の気合や他人の激励が必須。そうでなければ、空を飛べるマシン(宇宙なら何でも可)にレベル99キャラを乗せて2回移動させ、減ったENを補給するしかありません。せめて、移動させるマシンにはブースター系をつけておくこと。
丸2、3日かかっても泣かない!(えー)
まあ、リセットが必要ないのはありがたいですが。

ここまででお気づきの方も多いことでしょうが、このやり方でレベル99にできるキャラは限られてます。具体的に言いますと、
・ガンダムチーム(除くガンダムWチーム、艦長、ハロ)
・マジンガーチーム
・コープランダー隊
・コンバトラーV(ちずる)、ボルデスV(日吉)
…まあ、これだけできれば十分でしょう。
ちなみに、ハロは補給や修理じゃ経験値が稼げません(涙)

だいぶん手間はかかりますが、以下の通りメリットも膨大。
1)レベル99キャラはやっぱり強力。無改造ユニットに乗せても、たいていの敵相手ならなんとかなります。念動力やニュータイプ持ちなら、さらに強力。
2)強力な精神コマンドが遠慮無く使えるのも魅力。クワトロと神宮寺を出して戦慄4回、とか、ボスで奇跡2回か脱力5回の2択、つーのがえげつなさの筆頭ですが、普通に激励やら補給やら復活やらが使えるのもありがたいですね。
3)これだけのキャラが敵を倒さずにレベル99になるので、その分の経験値を他のキャラに回すことができる。忘れがちですが、これが以外と効いてきます。
4)ちずるや日吉だけレベル99になってどーすんだ、って向きもありましょうが、かなり有効。2人とも幸運担当キャラで、他に努力担当キャラもいるんで、幸運+努力で倒せる敵が増やせるのは魅力的。また、1ターン内に分離→修理→合体→攻撃のコンボも使えます。コンバトラーVは出番が早いのでさらに有効。

ちなみに、今やっている面が「父との約束」。
修理キャラ2人、補給キャラ3人を同時に育てられるのはいいのですが、補給キャラを3人同時に育て上げるのはかなり苦痛。
でも、こういう単純作業は嫌いではなかったりする(笑)

新年最初の書き込みがこんなんでよいのかしら(苦笑)
まあ、いつも通り、ぼちぼちいきまっせ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2009-01-06 23:25 | 電源ありゲーム | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03