<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なんか最近サッカー、というかアーセナルネタが続いてますが、シロウトblogなんだから、書きやすいネタを書き続けるのがよかろ、ということで。
というか、いつものことです(爆)

アウェーのブラックバーン戦を録画で見ましたので、感想を思いついた順につらつらと。
概略については、日本語で読めて更新が早いARSENAL FC PAPERSさんをどぞ。
asellusさんのように英語が堪能でしたら、現地サイトをバリバリ読めるのですがorz

9分にいきなり先制点を決めたのがファンベルシー。
この先制点以外にも、フィニッシャーとして活躍し、攻撃陣の軸はオレだ、という存在感を見せてくれました。やはり彼の左足はこのチームにとっての大きな武器。
彼の長期故障がなかったら、去年の終盤の急激な落ち込みはなかったと未だに思ってます。
何度も何度も書いてますが、とにかく、ケガ禁止。

ハットトリック(うちエブエが奪ったPKで1点)という結果ほどアデバヨール大爆発、てな感じではなかったのですが、当たりには強いがスピードに不安のあるブラックバーン守備陣の背後を執拗に狙っていたのが良かったかと。あとは決定的チャンスを確実にものにしていきました。1人で守備陣を無理矢理こじあけるタイプではないんで、まあこんなものかと。
強豪との戦いにピークを持ってきて欲しいですね。

代表の対クロアチア戦で見事ハットトリックを達成したウォルコットですが、週3回目となるこの試合でも強行先発出場。
さすが若さが違うぜ(爆)
と笑い飛ばせればいいのですが、実はサイドMFが足りない(涙)
この試合でベンチからも外れたナスリは本当に軽傷なのか。
この試合で負傷退場したエブエも、足に負担のかかりそうな倒れ方をしたので長引いたら大ピンチ。
ロシツキーの復帰も9月中には無理そうだし。
もうどうすれバインダー(核爆)
あ、そうそう、忘れてました。ウォルコットの出来はキレキレ。得点こそありませんでしたが、本人が「これは入る」と確信してフィニッシュを放っているような場面がしばしば。あと高速ドリブルがあまりに速すぎて、相手守備陣が追いつけないというゲームのキャプ翼でよく見かけた光景をリアルでやってくれました(爆)
まだまだ線が細く、出来不出来に差がある選手ですが、ついに独り立ちの時を迎えたのかもしれません。

若さが違うと言えば、この試合でウィルシャーが81分から途中出場し、セスクの持つ17歳102日というプレミア最年少出場記録を更新しました。
なんと16歳256日。
もうどんだけ若いんだか(苦笑)
ついでに、17歳のラムジーも途中出場。
早めにリードできると、こういうことができるんで助かります。
早くプレミアの水に慣れてね。

そのセスクですが、若者が多く出た関係で結局フル出場。
彼もまだ21歳なんですけど(爆)
目立った活躍こそなかったですが、やっぱりいるといないとでは大違い。
大事に使いたいのですが、なにせ彼がいないと、とたんにチーム全体のパフォーマンスが低下するんで、うかつに外せないというジレンマが(苦笑)
早めにリードして、途中退場できる試合を増やすくらいしか手がないのかも。

そんなことはないぞ、と言える存在になりつつ…あるのか?
と、相当疑問符をつけながら密かにwktkしているのがデニウソンの成長。
私を含め、さんざん「CMFを獲れ」という意見にベンゲルが耳を貸さなかったのも、彼を先発で使いたかったからなんでしょうね。
守備力が特に強豪相手に果たして通用するのか、という疑問は相変わらず消えませんが、前任者のフラミニと明らかに違うのはゲームメイキング。パスも回せるし、ドリブルでも抜ける。あとはフィニッシュがビシリと決まるようになれば鬼に金棒。
近い将来、左からナスリ、デニウソン、セスク、ウォルコットと並ぶ中盤が、アーセナルの屋台骨を支えるようになるのかも。
ただし、ベンゲルはデニウソンと心中するつもりはないようで、もしもの場合に備え、シャビ・アロンソ(リバプール)への密着マークも未だに外していないようです。デニウソンも大変だ(苦笑)

あと、今年から敵CKへの守備をゾーンからマンマークに変えたらしいのですが、それがまだ機能していない様子。幸いなことに、強豪相手の試合までにはまだ間があるので、それまでにきっちり修正して欲しいです。

ブラックバーンは、2トップでボールが収まった前半にはチャンスを作れましたが、大量リードを許し、パスの出所も塞がれた後半はほぼノーチャンス。2戦続けて4失点を喫する結果となりました。
お得意さんが増えるのは良いことです(毒)

そのお得意さん路線まっしぐらなのが横浜(強引)
チーム内派閥、フロント内派閥がいくつもあるようで、たまたま別件で講師としてやってきた城にも「こんな状況で(チーム内に)派閥を作ってる場合じゃない」とさんざん油を絞られるというていたらく。

お前らの敵はどこにいる?まさか内側にはいないよな?

せっかく生中継だった試合も、調子の良かった開始15分までに点を奪えず、逆に前半ラストのセットプレイで失点というダメポぶりに耐えきれずチャンネルを変えていたら、後半ラストのセットプレイでようやく同点、というトホホな結果に。
長年日産から出向者を受け入れてきた社長のあり方を含め、組織の根本的な見直しが必須。
選手も、次の監督しだいで大幅な入れ替えが必要かも。
少なくともFWは、大学№1FWの補強だけでは全く不足。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2008-09-14 15:31 | スポーツ | Comments(2)

やっぱHoI2サイコー!

つい先日、だーいぶ昔にやっていた合唱活動を再開しました。
本気でやってたころの小学生時代に覚えたことを思い出しつつ、おっちゃんおばちゃんと楽しく歌ってます。あくまでも趣味の範囲内で、ろくに予習復習もせず(笑)、仕事に差し支えない範囲でやろうかなと。

そんなのほほん気分をぶちこわすイベントが。
地域の音楽祭で、一曲披露することになりました(^^;
北欧音楽メインの音楽祭ということで、フィンランド人の魂の曲『フィンランディア』をオーケストラと共に歌います。
見本→こちら
指揮者は高校の1年先輩。現在あのコソボで交響楽団の常任指揮者を務めるという、いかにもうちの高校出身者らしいファンキーガッツメンであります。
先日、「あと1月で、原語で楽譜見ないで歌おうね♪」「ちょっとフィンランド逝って赤軍狩ってこい」ばりの鬼ミッションが発令されました(涙)
えー、大先輩からの命令を受けては逆らえません。
(無茶な命令には反対する権利があります!)
仕事に差し支えない程度で、なんとかしますよ、なんとか(えー)

こういう民族の魂の曲を聞いていると、ゲーマーの血が騒ぐのが哀しいダメオタクの性(爆)
とはいえ、今やすっかりダメポゲーマーと化した私に、6畳間でもまだ足りないくらいの独ソ戦マップを広げる根性などあろうはずもなく、ニコ動でHol2動画を楽しむくらいが関の山、というわけで、最近よく逝っちゃうHol2動画の紹介をば。

春閣下で世界征服
とくればまずこれを。
【HoI2×アイマス】動画のパイオニアであり、かつ内容もかなりまっとう。
プレイ経過もきっちり入ってるので、HoI2プレイの入門編としても良い出来。
えー、チェコス(ryプレイという時点でまっとう、というのはいかがなものか、という意見もございましょうが、謹んで黙殺ということで(爆)
「すごく…春閣下です」や副官のルドもいいですが、最大のポイントは色つきの下コメ(爆)
詳しすぎます。降参。

こなたとハルヒの第二次世界大戦
実は今回アイマス動画でないのはこれだけwww
ゲーム一切やってないっつーにどんだけアイマス好きなんだ自分www
ってここではよくあることですかwwwサーセンwww
というわけで、後輩のRaymond卿のお薦めに乗っかってみました。
これだけまだ全部チェキ(古)してないのですが、まあ数話も見れば面白さは十分わかります。
ネタの使い方も秀逸ですが、共産党メイン+日本と同盟プレイというのもかなりテクニカルなプレイかと。
つーかハルヒAI怖すぎるんですが(爆)

【HoI2×アイマス】 ドゥーチェの野望
えー。
この動画の主役は、天下御免のドゥーチェ様です。
史実…もとい、日本のミリオタが考える最大公約数通りのドゥーチェ様が主役です。
いちおーHoI2をプレイしてはいますが、あまりの動画のカオスっぷりに、ときどき何の動画を見ているか忘れそうになりますが(笑)、あくまで主役はドゥーチェ様です。
ネタ大好きな私ですら正直引きかけることもある、ある意味上級者向け動画ですので、視聴の前に覚悟完了しておくよーに。
一旦覚悟完了してしまえば、楽しさ無限大(古)
ネタ好き、特にドゥーチェ様マンセー!!な方に力強くお薦めします(爆)

【HoI2×アイマス】雪歩の仏蘭西救国記
ちょっとアレ…もとい、上級者向けなので終わるのもあれなので、最後にまっとうなのを。
内容はタイトル通り。
以上。
早っ!
とはいえ、日本のミリタリネタでは比較的マイナーなフランスをチョイスしているところや、知ってる人は知っている謎の男(笑)ジャック・モーランを準主役に抜擢しているところなど、業の深さっぷりをさりげなく見せているところが評価できます。
主役の雪歩らしく、こつこつ着実に仕上げられた動画です。
安心してお薦めできますね。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2008-09-07 16:42 | 電源ありゲーム | Comments(0)
そういやアーセナルの補強ネタが途中だったことを思い出して。
実は現在進行中のネタもあったりするのですが、夏の移籍期間が終わりましたので一応まとめるということで。

全く動いていなかったわけじゃなかったでしょうが、結局去年のディアッラのような駆け込みでの大物補強は今年はありませんでした。
それにしても、ヨソ様の話になりますが、移籍期間直前のマンチェスター・シティの暴れん坊ぶりはすさまじかったですな。ロビーニョ強奪かよwww
なんでも中東から、またまたお金持ちのオーナーがやってきたようです。
お金の使い道はともかくとして、やっかいな存在になりそうですな。

というわけで、こないだの記事からの大きな異動というと、マンUからのシルベストル強奪、それに伴うトラオレとセンデロスのローン移籍、ホイト兄の完全移籍ということに尽きますな。左SBとCBに経験豊富な選手を補強できたのは確かに大きいですが、なにぶんケガの多い選手なのでそこは心配。それに加えて、DFラインの層がますます薄くなったのはさらに心配、なのですが、ベンゲルは「控えで腐らせるくらいなら出してしまえ」という考え方なんでしょうね。
とにかく、ケガ禁止。ダメ、ぜったい。

ここでもさんざん取り上げたフラミニの代役、すなわちCMFは、「デニウソンを育てる」という結論に達したようです。というか、そう考えないとここまでの動きが理屈に合いません。ここ数試合をざっと見た感覚では、プレミアやCLの強豪相手には当たりが軽すぎるのではないか、と思うのですが、ベンゲルはデニウソンの高い技術力を評価しているようですね。
これまでもベンゲルは、思い切った若手の登用で驚くべき成果を上げてきました。
一ファンとしては、今回もその見識が正しいことをただただ祈るばかりです。
一方、肉体派CMF候補として、フェネルバティフェ(トルコ)の契約が満了してフリーになっているアッピアーに接触しているとの噂が。移籍期間は終了しましたが、今回のアッピアーのようなフリーの選手とは自由に契約できます。先日はCMFに本来右サイドの職人なはずのエブエを起用して一定の成果を上げていますが、逆に彼を酷使しすぎると右サイドの選手層がとたんに薄くなるので、できれば契約にこぎつけていただきたいところなのですが、なにぶんお給金が張るとの情報もあり、予断を許さぬ状況のようです。
というか、ベンゲルが本当に欲しがっているかどうかもわからんのですが(爆)

それにしても、またまた若手が増えました。
およそ10億円でお買い上げしたウェールズの新鋭CMFラムジーが1990年生まれ、一部では”イングランド産セスク”の評価もある(えー、見る機会がない分かなーり妄想入ってますが何か)ユース上がりのウィルシャーに至っては1992年生まれですよ!もう頭がくらくらしてきますね。
…そういやさっき、ビールと焼酎の水割り飲んでたっけ。そりゃくらくらもするわ(爆)

というわけでまとまらないままこのへんで。
アーセナルのプレミア&CL制覇を心から祈る。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2008-09-06 21:14 | スポーツ | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03