<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日できることは明日に回さない
これは真理でございました。
今日、いまさらながら大つき(19)センセからいただいたクースーを親父と空けまして。
「今から将棋ネタ書くんですかぁぁぁあああ!」
無論、死ぬまで。
orz


☆名人戦が大変なことになってますよ~

第1局の「扇子論争」から早2月。
郷田挑戦者の2連勝から始まった七番勝負も、その後の森内名人の3連勝で、玄人衆から
まあ、こんなもんだよな(核爆)
な話が出たのは事実(苦笑)
そんな流れで指された第六局もこんな感じに↓
b0017164_22392040.jpg

森内名人の王手飛車龍取り。
縁台将棋ならこれが出た時点で戦意を喪失しそうですが、郷田挑戦者も名人というニンジンがぶらさがっていてはさすがにあきらめられずに投了を拒否。
b0017164_22422944.jpg

「最後のお願い」とばかりに郷田挑戦者が打った香車の王手に、▲5五金でも▲4八玉でもよかったのに森内名人の次の一手はよりにもよって▲4七玉orz
以下、△5八角成▲3八玉△4六桂となってはどうあがいても郷田玉に詰めろがかからず、現代将棋にあるまじきだい、どんでんがえしが成立。その後いくばくもなく森内名人が投了。七番勝負の行方は最終局にもつれこむことになりました。
もともと、こうした場面で絶対に間違えないような終盤のパターン化を推し進めたのが森内名人を含む羽生世代。それだけに、この大逆転劇はシンジラレナ~イ(パテント有w)
これで状況は全く混沌としてきました。
最終局は、6月27、28日。
最終局は振り駒で先後が決まるんで、ある種運ゲーの要素も混じってみたりw
ま、当事者はもし負けたとしても死んでもそのせいにはしないでしょうが(爆)
もちろん、BS2でも中継あります。
見られる環境のある方は、是非。

☆夏まっさかり、恒例のダブルタイトルマッチ・・・あれ?

将棋界の初夏の風物詩と言えば、王位戦と棋聖戦と相場は決まっております(また判らない人を置き去りにするw)
まず一足お先に棋聖戦の挑戦を決めたのは、「新世代の旗手」渡辺竜王。竜王戦以外の番勝負に挑むのは、実はタイトル戦初体験以来orz
おしおきが、必要ですね(さぼっていた渡辺竜王にw)

すでに行われている第1局は、振り駒で先手番を握った佐藤棋聖の勝利。
あっさりヤられないでね、渡辺先生(酷)
一方王位戦は、その渡辺竜王をクビ差ひねった深浦八段が羽生王位への挑戦権を獲得。
なんでぇ、だらしねえなあ竜王www(すいません、酔ってますorz)
いや、深浦八段がこのくらいやってくれるのは十分「想定内」ではあるのですが、王位になれるかと言いますと・・・。
「深浦先生、せっかくの七番勝負ですから2つは勝ちましょう(待て)
いや、深浦先生は生涯勝率で7割をうろうろしているという圧倒的じゃないかわが軍はwなおヒトではあるのですが、反面タイトルを獲るような爆発力に欠けるorzな方というイメージがどうしても消えないんで、ねえ。
とはいえ、久々の番勝負に燃えないわけがないでしょう。
深浦先生の健闘に期待します(核爆)

☆世界コンピュータ将棋選手権

昨年はbonanzaの確変wで幕を閉じた世界コンピュータ将棋選手権。
今年は、ジオンの栄光をやらせはせんぞwとYSS将棋がbonanza以下の強豪を抑え勝利。
激指の「実現確立検索」(極めておおざっぱに言うと、「これはイイ手だ!」と思った手を掘り下げる、らしいw)に、bonanzaの機械学習(いろんな対局により収集したデータの多数決により次の一手を決める)、そしてYSS将棋の昔ながらのw選択検索(将棋のセオリーに沿った手を選択する)。
「最強」への方向性がそれぞれ違うのが、また面白い。

☆女子プロ棋士、分裂へ

えー、女子プロ棋士の独立につきましては、ここまで何度かお話させていただきましたが、結局のところ独立派と守旧派の分裂、ということにあいなりまして、女子プロ棋士の団体は現状2団体ということになっております。
まあ、これもシンジラレナ~イ(しつこい)わけではなくて、男子プロでも団体乱立wなこともありましたし、お隣wの囲碁の世界では関東、関西、中京の3団体に分かれており、あまつさえ関西では関東の団体の支部まであるありさま(わけわかんねーよw)
えーと、ぶっちゃけ男子プロ側の分断統治(ぉと言えなくもない今回の措置。
なんでもいいですけど、女子、男子プロに関わらず、「将棋界」のためになることを、やって下さい。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-06-21 23:30 | 将棋 | Comments(2)

てすと更新

明日は不健康診断(爆)のため有休を消化。
しかし、これで12月まで有休1日で凌がなければならないワシっていったい・・・。
(使いすぎです)

ひさびさに将棋ネタを投下しようと思いましたが、それは明日に回すとして。
(今日出来ることを明日に回す主義w)

☆ゲームショップ1983、存続決定!

札幌の一零細ゲームショップにもかかわらず、そのあまりに濃すぎる品揃えとblog(爆)のパワーにより知る人ぞ知るな存在となっていたゲーム屋さんのゲームショップ1983。
が、知名度と利益は別腹(ぉ)なのか、「店の人」が離脱することになって存亡の危機に陥っていたのですが、店舗滅亡の日当日(爆)になってようやく後継者の確保に成功した模様。
とりあえず、よござんした。なお、家賃軽減のため(涙)店舗は近所に移転する模様。

☆ニコニコ動画、RCへバージョンアップ、有料会員も

もうね、なんといいますか、すっかり癒しの場となっております時間泥棒ニコニコw
つい先日からγからRCへバージョンアップ。有料会員サービスも本格始動ということで、さっそく登録してきました(待て)
確かに以前より回線スピードが上がっており、それに伴って画質劣化も減った気がします。
というか、こんだけ楽しましてもらえるならね、月525円くらい払いますよ。
ヘビーユーザーだったら、十分元は取れるんじゃないですかね?

最近のお気に入り→ラブリー☆えんじぇる!!
ラブリーエンジェル→衛星破壊→WWWFの最終兵器、まで思い至ったあなたはおっさんホイホイ捕縛確定(爆)
元ネタはスロットだそうで・・・こういう企画がイケるのか、スロットで・・・
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-06-20 21:53 | 電源ありゲーム | Comments(4)
ここんとこ、週末に諏訪湖へサイクリングに行ってます。
地図を貼り付けようと思ったのですが上手くいかなかったので断念しますがorz
おおざっぱなコースを言うと、諏訪大社上社~釜口水門~県水産試験場(マニアックなw)の往復。
これで30km弱くらい。今日みたいに少し調子に乗ってるがよければ、「ちょっと原田泰治記念館のそばまで行くか」と延長戦突入で35km走ることも。
水飲みがてらに2~3度休みながらなんで、本格的なサイクリングと言うには誇張がありますが、びみょーに体型も良化してる、らしい、ので(母曰く)。
ま、おいおい距離はだんだん伸ばしていくということで。
ちなみに、諏訪湖一周にしないのは、諏訪あたりの道を走ると人が多いわ道は狭いわで、きちんと走れないから。
今の道だと、さびれてる道が広く使えるのでなかなか気持ちが良いです。

さて今回は、自分の備忘録代わり兼待っている人もいるかもしれない先走り補強動向。
時間(と、情報収集能力の限度)の都合でプレミアリーグ4強限定ということで。
と、いうことは、拙blogでは当然ながらアーセナル視点でお話することになります(笑)

☆チェルシー

ここ数年の大物取りも、昨年のシェフチェンコ&バラック補強が大ハズレorzということでさすがにブレーキが。というか、もう大物だらけですが、何か?(爆)
ということで、これまでの補強はデスピサロFWピサーロ(ペルー代表、←バイエルン・ミュンヘン(ドイツ))、CBベン・ハイム(イスラエル代表、←ボルトン(イングランド))の契約満了組(ボスマン判決以後、契約を満了した選手には移籍金を払わなくていいため、獲得費用が安く済む)というリーズナブルな補強が中心。一応レディングからMFシドウェルも獲ってはいるが、ここ数年の大盤振る舞いに比べれば静かなもの。
戦力的に弱いポジションと言えば右SBくらい。それも、P・フェレイラ(ポルトガル代表)が昨年不調に終わったからであって、彼が普通にやれるのであれば「万引き犯」グレン・ジョンソンwにジェレミ、エッシェンの起用でなんとでもなりそう。
最大の問題は、戦力が多すぎてチームにまとまりが欠けていること。大物オーナーと監督との関係も良好とは言いがたく、下手をすると数年前のレアル・マドリーのように崩壊しかねない。
いっそのこと、シェフチェンコとバラックを返せばバランス良くなるんじゃね?などという元も子もない意見も(爆)
それでも、FAカップを誰も覚えてないけどw獲っているあたりはあなどれない。
チームの不協和音が取れれば躍進もありだが、明確な処方箋のない病を、どう治すか。

☆マンチェスター・ユナイテッド

プレミア制覇に飽き足らず、ギグスやスコールズ頼みの中盤を一挙に若返らせるべくバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)からハーグリーブズ(イングンド代表)、ポルト(ポルトガル)からアンデルソン、スポルディング(ポルトガル)からナニを獲得。彼らが最低2人”当たり”であれば、中盤の世代交代は一気に進みそうではあるが、なにせこの3人で約100億円のお買い物。肝心のCFについてはいまだにノーアイディア状態。昨年は、
「たすけてード○えも~ん(涙)」
「はい、ヘンリク・ラーション(ぺかぺかぺか~)」(爆)
反則技wがまかり通ったわけですが、さすがに今年もこの手が使えるわけもなく(なってたまるかw)
このまま補強が進まず、あまつさえルーニーあぼ~んとなるのが、ガナサポにとっての理想的な展開です(核爆)
とはいえ、トップクラスのCFに払える金を捻出するには誰かを放出せにゃならんと思うのですが、その名前がなかなかパッと出てこない。
まあ、でも監督はあいかわらずのサー・アレックスですし、他のポジションはしっかりしてますし、大崩れはしないのではないかと。馬券的に言うと、プレミアでは連を外すとは思えない堅い馬券になりそうですな。

☆リバプール

プレミアでのふがいなさwがウソのようなCLでの好成績。
近年はビッグクラブと呼ばれるにしては金策に苦闘する日々が続いておりましたが、すったもんだのあげく、ヒゲ剃りで有名なジレット社を新しいオーナーとして迎えることに。一説によると6千万ポンド(約150億円)の補強資金を確保していると言われております(えー)
とは言え、ほぼまんべんなく要補強ポジションをかかえていることもあり、今オフだけではそれでも足りませんでしたorzにならざるを得なくなることは必至。が、近年にない豊富な資金力を武器に、数々の大型補強を行うであろうことはほぼ間違いなく、今オフの主役として要チェックなクラブと言えるでしょう。さっそくレバークーゼン(ドイツ)からFWのヴォロニンを獲ってきましたが、今後どういう補強をしていくかはさっぱり読めません。
チーム構成は大きく変わることになるんでしょうが、案外やっぱりリバポはリバポでしたorzになるんではないかと希望的観測をしてみたりw
馬券で言うとズバリ穴馬券。千円とかなら笑って済みますが、単勝に万単位を突っ込むのは心臓に悪いです(核爆)

☆アーセナル

さてさて最後に残しておきましたアーセナル。
今オフのここまで最大の話題は、24年もの長期にわたりGM格としてアーセナルをビッグクラブに仕立て上げた立役者の一人であるデインの離脱。豊富なコネクションと政治力(爆)でチームに貢献していた彼の離脱の影響は、現時点では大きいと言わざるを得ません。
ただ、どんな人とも別れるときはあるもので、ここ数年世代交代がイマイチ上手くいっていない今のクラブを変える一つのきっかけになれば良いな、と私は思っております。
これでヴェンゲルの影響力がまた大きくなりそうですが、彼一人だけではクラブを頂点に導くには負担が大きすぎると思われるので、まずは適切なサポート役を早急に確保することが必要不可欠ではと。
私が考える戦力補強の方針は、とにもかくにもとにかく即戦力。それも核になる選手が2、3人は欲しいところ。不振の一因となったCBの柱に、リュングベリの後継となるゴールへの切り込み隊長、そしてなんといってもアンリの助けとなるCF。クラブは約90億円の補強資金を用意していると言われておりますが、きちんとやりくりしないとこれでも足りなさそう。
ま、結局は今年もヴェンゲルは若い子がお好き(核爆)で終わる予感もなきにしもあらず(ガクブル)
馬券的には、複勝しか当たらなそうで、それでいてオッズは旨みがなさそうという最後に来てこのオチかよorz

なんかこう、ネガティブシンキング全開(爆)な展望になっちまいましたが、どのクラブも補強が一発当たればプレミアはおろかビッグイヤーも十分射程圏内なところにいることは確か。
上手く当たると良いのですが。

そういや私、プレビューは多いんだけど、レビュー少ないよねorz
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-06-16 23:24 | スポーツ | Comments(5)
最近、ケーブルTVでやってるとついつい見てしまうのがRed Bull Air Race。
軽飛行機を操り、決められたコースをできるだけ早く飛ぶ、というシロモノ。
ルールはこちら(解説は残念ながら英語ですorz)
なにが凄いかって、橋とかビルとか観客席のそばを軽飛行機が猛スピードでぶっ飛んでるので、一つコントロールを誤ったら9.11なわけで(核爆)
そりゃあ昔のF1やル・マンだって車が観客席に突っ込んで大惨事、なんてこともなかったわけじゃないので、ま、いいか(よくない)なわけですが。
日本じゃ今のところ残念ながらゲームでしか楽しめない世界ですが、いつか日本でもレースができるようになるんでしょうか。
あ、ちなみにパイロンは風船で出来てますんで、直撃しなければ大丈夫です。

そういや、こないだニコニコ動画のことを書いたんで、ミリタリネタで取り上げようと思っていたネタを一つ↓
「最新兵器・テスラドーム」
えーと、タイトルにテスラドームとあったので、どこの「ちょー兵器」かと(笑)と思って見てみたところ、なんだこれ「トロフィーシステム」じゃん、と思った次第。
じゃあ「トロフィーシステム」ってなんぞや、といいますと、一言で言うと「AFV向けのアクティブ防御システム」のこと。
もうちょいやわらかく説明しろい、な方のためにもう少し詳しく説明しますと、戦車や装甲車の天敵とも言えるロケット砲やミサイルを、自動的に撃ち落とす、というなんだやっぱり「ちょー兵器」じゃん(爆)・・・って、ちょっと待った待った。
結果だけ見れば新兵器でも、中身自体はそんなに新しいもんじゃない、というか、身の回りにもあるものの組み合わせ。まず、飛んでくるミサイルとかをミリ波レーダー(トヨタなどの高級車に装備されている車間距離検知装置にはこれが中に入ってます(本当))で感知し、内臓のマイコン(古www)で脅威かどうかを判断し、必要ならば榴弾を打ち出してこれを撃ち落とす、というもの。
ホンモノのテスラドームに比べたら屁みたいな技術レベルですから!(ホンモノってあるのかよw)
ちなみに、これを作ったのはイスラエルのラファエル社。いまさら改めて言うまでもなく、イスラエル軍の戦車や装甲車やトラックのたぐいは、スネークを始めとして世界中の軍人やテロリストどもに愛用されている(ちょwww)RPG-7にたいへん痛い目に遭わされており、ただでさえ人のいないイスラエルにとっては死活問題となっております。したがって、これに対抗する兵器の開発は急務となっており、この「トロフィーシステム」の他にも何種類か同様のシステムが開発されつつあります。ジープクラスの小型AFVにも積めるよう、できるだけ既存の技術を使って安く上げる努力は欠かしておりませんが、なにせ新兵器だけあってまだまだ小型AFVと同じくらい値が張りますが、何か?な状況のようです(涙)
とはいえ、装甲車へRPG-7に耐えられるレベルの装甲をつけようものなら、重くて走れませんorzなことになることは間違いなく、いずれAFVには必須の兵器となることでしょう。
イラクやアフガンでやっぱりRPG-7の洗礼を浴びているアメリカ軍でも、同種の兵器の研究が進んでいるようですが、「先に出来上がっているイスラエルのを使えばいいじゃん」な議会vs「いやいや、やっぱメイド・イン・USAじゃないと」な軍の対立があるようで、現場がなんでもいいから早くそういうのよこせ(血涙)なのにも関わらず、装備化までには長い道のりとなりそうです。

そういや、地球上で最もいのちだいじにな軍隊なはずの某じえいたい(笑)さんなら、当然、こういうの作ってますよね?
(某じえいたいさんは軍隊じゃありません、というツッコミは見逃してあげてくださいw)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-06-10 18:57 | ミリタリー | Comments(2)
いやはや、もうすぐ1月ぶりのごぶさたになるところでした。
だいじょうぶ、いきてます(笑)

カキコが減ったのは仕事でイ(以下略)だけじゃなくって(笑)
時間泥棒ニコニコwにハマってしまったからでもあります。
ハマる手口はさまざまですが、今日の時間泥棒はずばり「おっさんホイホイ」タグ(爆)
要はアイマス+80、90年代アイドル(に限らんが)歌のコラボなんですが、アイドルに一番勢いのあった時代の歌とリアルがふがいない分を余裕でぶっちぎる(爆)アイマスとの元々の相性の良さだけに頼らないアイマス職人たちの仕事ぶりには頭が下がります。
しかしこのタグの名称は秀逸ですな。
「ゆとり」のしわざかーっ!(核爆)
「’86年かーオレはぎりぎり生まれたかな」「オレはまだ生まれてない」とかいうコメントの群れに殺意の波動を感じます(やめれ)

と、本題を忘れるところでした。
こないだ東京へ行ったときに、見えてはイケない牌が見える(爆)まーじゃんマンガ『咲』の2巻が出てたので買ってきたのですが、県予選に出てくるの高校の名前が、

風越女子 → 飯田風越
千曲東  → 上田千曲

・・・なんかこう、長野県民にとっては微妙な既視感が(笑)
他にしたって、「開智」だの「篠ノ井」だの「元善光寺」だの「赤沼」だの「梓川」とか見たことのあるような地名のついた高校が多いですなあ。
あ、そうそう、「農業」とか「農林」とかが多いのは長野県の仕様なのであきらめて下さい(核爆)

そういう目で見ると、咲ちゃんとかが通う清澄高校はどうなるかというと・・・

「清水ヶ丘」+「真澄」

どうみてもウチの母校です。本当にあり(ry

清水ヶ丘は、良質な清水が沸くことから名の付いた丘、というか山ですな。こっからさらに山奥に入ると霧ケ峰になります。ウチの母校はこの清水ヶ丘の麓にあります。
その良質な清水を使って作られるのが、今や飛行機でも飲める日本酒になっちまった「真澄」。
製造元の宮坂酒造は、清水ヶ丘、というか霧ケ峰の入り口にあったりします。

と書いてきて、ふと疑問に思うこと。
ウチの母校にゃ征服制服なんぞなかったし、そもそもそんなかわいーおにゃーのこがい(以下検閲を受けたため削除)

あ、そうか、隣に元女子高があったっけ(爆)

そう、その昔わたしがまだ現役の高校生になる少し前、長野県から女子高が絶滅したことがありまして、そのとき最後まで女子高として居座り続けた高校の1つがここでした。
今はまた、長野県にもいくつか女子高ができてるようですな。
今でも、あの政策はいったい何だったのか、と思うことがあります(笑)

でも、あそこの制服はブレザーだった気が(屍)
(清澄高校はセーラー服です。素晴らしい(ォ
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-06-05 23:13 | マンガ・アニメ | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03