<   2005年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

昨日行われた棋聖戦の挑戦者決定戦。
いや、物凄い激闘でした。
なにしろ長い戦いでしたので、前置きは手短にしていきなり本題へ。

羽生四冠はもう何度も何度も何度も出てくるので紹介は省略(ごめんなさい)
三浦八段は群馬が生んだ研究の鬼。
故郷の群馬で、今も対局以外の日は一日10時間の研究を欠かさないという逸話を持つ若手実力派の一人である。

それは1996年、羽生七冠誕生フィーバー直後のこと。
羽生七冠を誰が止めるか。
さまざまな候補が浮かんでは消える中、この年の棋聖戦の挑戦者に名乗りを上げたのが当時五段だった三浦であった。1995年にも同じ棋聖戦で羽生棋聖に挑戦した実績もあり、全くの無名というわけではなかったが、この年に0-3で無残に敗れ去っていたこともあり、無敵の七冠王を相手にするにはあまりにひ弱過ぎると思われていた。
ところがいざ5番勝負が始まってみると、三浦が大方の予想をはるかに上回る戦いぶりを見せ、勝敗の行方を最終局まで持ち越す健闘を見せる。これだけでも十分賞賛に当たるのだが、三浦はさらにこの最終局も制し、驚きのタイトル奪取を果たした。
幾多の勝利の末果たされた七冠の偉業は、たった一人の伏兵によりあっけなく潰え去った。

因縁の対決、再び。
先の対決を思えば、昨日の熱戦を予想してしかるべき。
うかつだった。

ネットでライブ鑑賞の誘惑を振り切って会社へ。
こんなときこそ定時退社!の思いも虚しく、
帰りがけに別の工場へモノを届けることに。
まあ、近場だし、直帰もできるので全然たいしたことないですが。

用事を済ませて帰ったのは午後6時半ころ。
持ち時間各4時間のこの戦い。普通なら5時くらいに終わっていても不思議ではない。
「もうとっくに終わってるよな~」と嘆きつつネットに繋ぐと、盤面はこんな感じになっていた。
b0017164_23383549.jpg


「こ、これは・・・持将棋でつか?

持将棋。
今回のように互いの王様が敵陣に進出し、互いの王様を詰めるのが困難だと判断した場合に、互いの合意によって戦いをそこで止めることである。今回のように形勢が何度も入れ替わる泥仕合になった場合にごくマレに適用されるルールである。
持将棋になった場合、勝敗を分けるのは盤面にある自分の駒と持ち駒。
その駒たちを、
飛車・角  =1枚5点
玉      =0点
その他の駒=1枚1点
のルールで得点化し、もし片方が24点未満ならそちらの負け、互いに24点以上なら引き分けで先後を入れ替えて再試合となる。
※プロのルール。アマチュアは上の24点を27点に替える。
持将棋模様になった場合は、下手に玉を追いまわして駒を取られるのは禁物。
たとえ歩1枚でも取れる駒はすべていただく。
それは、格調高い騎士道の戦いではなく、血で血を洗うゲリラ戦。
点数の足りない側が20点、21点、22点・・・と点数を積み重ねていくさまは欽ちゃんの仮装大賞を思わせる(爆)
今回の対局では、点数の足りない羽生四冠が20点前後から手練手管でなんとか24点を確保し、午後9時10分に指し直し局が行われることとなった。

持将棋になった対局では、後手番の羽生四冠が流行の後手番一手損角替り戦法を選択。
指し直し局で後手番になった三浦八段は、ここですでに死に絶えたと思われていた横歩取りを採用。先に行われた竜王戦7番勝負での手順をそのままなぞっていく。
手順が変わった所での攻防は羽生四冠が制したようで(すいませんこの辺の詳しいところは他の方の見解待ちです)、そのままあっさりいくかと思ったのだが・・・。
b0017164_08235.jpg


この▲5一とが悪手。普段の三浦八段なら△7八金▲同角△同桂成▲同金△同飛成▲同玉△5八飛以下の寄せが見えていただろうが(せんすぶろぐさん、感謝です)、披露困憊の三浦八段はこの手順を見逃し△4八飛打。千載一遇のチャンスを逃し、以降は羽生四冠ペースのままゲームセット。
持将棋局195手、指し直し局149手。終了時刻は日付が変わって0持38分。
棋聖戦のいちばん長い日は、羽生四冠の勝利で幕を閉じた。

産経新聞の無料web中継は、渋滞もなく更新も早い理想的な中継で好評だった。
が、今回の対局こそ、現場で見てみたい対局だった。
普通羽生マジックが決まればそのまま逆転負けのはずだが、持将棋にしか持ち込めず。
7~80手で終わるはずの横歩取りの将棋が149手までかかる。
普段なら見えていたはずの寄せを見逃す。
羽生四冠と三浦八段の間にしかない気の流れがそうさせたのか。
棋譜だけでは、その場の凄みまでは伝わらない。

持将棋局では三浦八段の研究が見事にハマって必勝の場面もあっただけに、悔しさもひとしおだろうが、チャンスはまだある。また頑張って欲しい。
羽生四冠は1日制のタイトル戦に圧倒的な成績(王座、棋王ともに13期獲得)を残しているが、こと棋聖戦に限っては6期のみ。それでも永世棋聖の権利を持っているのはたいしたものだが、七冠以後の獲得は1期のみ。同世代の佐藤棋聖との対決にも期するものがあるだろう。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-11 00:30 | 将棋 | Comments(3)
ついカッとなって、谷村有美を大人買い。
でもCD一枚105円なんで、10枚買ってもたかだか1050円。
いまどきの小学生だってもっと金持ってまっせー。
_| ̄|○
まあ、自分が楽しめりゃそれでいいのれす。 

ここで話しは唐突に変わって将棋の話しを。
5月3~5日に第15回世界コンピュータ将棋選手権が行われました。
(結果はこちらを)
ここで勝った激指は、6月に行われるアマチュア竜王戦の全国大会にオープン参加することが決まっております(詳細はこちらを)
先のコンピュータ将棋選手権のエキシビジョンマッチでは、プロの勝又五段に角落で勝利するという赫赫たる戦果を上げているだけに、並み居るアマを軒並み撃破してすんなり優勝する可能性もないわけではありません。というか、いま角落で勝てるのなら、ソフト・ハードの改良次第で平手でトッププロを撃破する日もいよいよ現実的になってきたと言えます。

え、うちの激指はそんなに強くないぞよ。
シロートのオレ相手にも四苦八苦しとるぞよ、とお嘆きの方。
大会に出場しているソフトたちは、市販のものとは違う特別バージョン。
ソフトは根本こそ同じなものの、ハイスペックなハードを活かした複雑なものに。
定跡部分も大会に参加してくるであろう他ソフト対策用にチューンされてます。
この部分の読み合いが勝敗を左右するだけに、各作成者も鬼の組み込みをしてきます(笑)
ハードもCPUがAthlonやPentium3~Mといったハイスペックなものばかり。
3GHzを突破してきやがる参加者も珍しくありません(ぉ
当然、水冷とかデュアルCPUとかコプロセッサや大容量HDDといったデバイスも抜かり無く。
意外とマシントラブルでリタイアなんてこともままあったりするんで、ハードにも手が抜けません。
F1とは言いませんが、少なくともWRCやGT選手権レベルの魔改造がほどこされているのは間違いないでしょう。
似ているのは外側だけ。中身はスゴいんです(謎)

で、この世界コンピュータ将棋選手権、世界と名乗るだけあって海外からの参加者もちらほら。今年もオランダやドイツといったところからの参戦もありましたが、なんといっても出色なのは近年めざましい進歩をとげつつある北朝鮮のKCC将棋。いまや外国勢としては屈指の実力を誇っており、今年はなんと激指に次ぐ2位に浮上。来年度の本選シード権を獲得しています。
北朝鮮製の将棋ソフトが、名人を撃破、なんてことも十分ありえます。
彼らもここまで来ればガチだよなー。
知らないうちに、我々は凄い時代に生きているのかも知れない。

おっと、最後に、世界コンピュータ将棋選手権の公式HPと、いつもお世話になっている「勝手に将棋トピックス」さんに、感謝。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-08 18:53 | 将棋 | Comments(0)
ブログのネタがないネタがないと仕事帰りに嘆いていたら、日頃の行いのせいか
こんな話題が。
・・・いや、ネタはありがたいですが、よりにもよってこんなネタですかマスター。

海外サッカーにうとい方も多いかと思いますので補足を。
バルセロナは、しばらく前にオリンピックも開かれた(といってももう10年以上前になるわけですが)スペイン第2の都市を本拠地とする名門クラブ。ここ最近は憎いあんちくしょう某銀河系クラブとかにやられたい放題でしたが、今年は的確な補強が実を結び、リーガ制覇に向けて驀進中。
ちなみに今連載中のキャプテン翼で、翼がいるのはこのクラブ、と、妙にマニアックな説明をしてよけい分からなくなったんではないか(笑)

で、このクラブの大きな特徴は、ソシオと呼ばれる個人会員がクラブを運営していること。
ソシオの中から代表を選び、重要な議題についてはソシオの総会で決定されます。
そして、他のクラブのようないわゆるオーナーや、大口のスポンサーのない運営を行っている、というのがユニークな点だったのですが・・・。

・・・フツーの企業とかの方がショック少なかったな・・・

まあ、憎いあんちくしょうなとことか、ヨソの国の有り余るアブラで選手を買い集めるスキーなとことかに対抗するには仕方のないことかもしれませんが。
ちなみに、サッカーでユニフォームにつくスポンサーが一般的になったのはそんなに昔のことではなく、確か私の子供のころにはウェアやスパイクのメーカーを除けばなかったはずです。

とりあえず中国には、山東に2点差以上で勝利するおみやをつけての熱烈歓迎をしてもらえれば結構ですと吠える一Fマリサポでした(笑)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-07 23:23 | スポーツ | Comments(4)

明日から交流試合

なわけで、その前にこの一月ちょいのおさらいを。
・・・したくないけど(涙)

順位表はこちらをご覧あれ(Y!より)

☆セリーグ☆

シーズン前のセリーグの順位予想はこちら

いつの間にやら悠々首位を行くのは予想通り中日。
補強したウッズは利いているのかいないのかだが、記録を見ると今年はここまで打線が好調で、投手陣をカバーしている感じ。今日の試合で20勝を達成。
これで愛知万博や名古屋ブームな世間を考えればもっと話題になってもおかしくないと思うのだが、話題になるのはこんな話し(5月4日、関西アレ野球ニュース様より)ばかり。
これも落合監督の人徳か(待て)
2~5位はダンゴレース。交流戦が差がつくきっかけになるか。
巨人・・・はあれだ。
堀内監督がいつ休み(たぶん永久に不滅の)を取るのか予想しませんか?(爆)
私は5月末と予想(ぉ
清水を干し、中継ぎ・抑えをメチャクチャに起用しては消耗させ。
監督の責任は重大だが、こんな監督しか選べないフロントはたぶん永久に不滅と思われるので、当分ネタチームとして君臨することでしょう。
そういうところもかわいいのだが(核爆)

☆パリーグ☆

シーズン前のパリーグの順位予想はこちら

ロッテが半世紀ぶりの大フィーバー実施中
今日は楽天に敗れて連勝が12で止まったものの、ここまで24勝8敗というモーレツなスタートダッシュに成功、と、半世紀前のネタで勝負してみました(苦笑)もともと安定した投手陣に日替わりヒーロー続出の打線がかみ合った模様。このままイケるか?
ソフトバンクは中日よりも好成績を上げてはいるのだが、ちっとも上が落ちてこない(爆)まあ、プレーオフは堅いでしょう。
スタートダッシュに失敗したのは西武。松坂が4月に1勝3敗というのは厳しい。打線もあれこれいじっているようだが、起用された若手が起爆剤になるか。
とだけ書くと、道民がすねる(笑)ので日ハムも。投手陣はなんとかチーム防御率4点台前半で踏みとどまっているが、チーム打率はこのチームにしてはやや低め。打線にもう1枚か2枚役者が欲しいところ。
楽天は・・・。今からでもトライアウトやる?(爆)
とにかく人手が足りない。ミキティは若手を使えと言ってはいるが、使って伸びそうな若手がいたらとっくに使っている(核爆)

交流戦のある5月6月で、状況がどう動くかがまた楽しみ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-05 21:51 | スポーツ | Comments(2)
取り上げようと思っていたら名人戦に集中して(・・・と、言うことにしといてください)朝日オープンの5番勝負を全然取り上げてなかった(汗)
というわけで、いきなり第3局から取り上げます。

実は朝日オープン杯も持っていた羽生四冠。
昨年後半の怒涛の勝利ラッシュで夢の七冠+朝日をも射程圏内に置いていたのだが、竜王戦の予選で敗れてしまい、残念ながら今年度中の達成は不可能に。
とはいえ、棋聖戦でも挑戦者決定戦まで進出しているなど今年もあいかわらずの強さ。

一方の山崎六段は、関西勢期待の若手有望株。
昨年の新人王戦を制するなど実力は既に高く評価されており、渡辺竜王と共にポスト羽生世代を牽引する存在。ちなみに、5番勝負の直前に行われたNHK杯戦では、羽生四冠を撃破し、初のNHK杯を獲得している。
なお、某雑誌にて山崎六段を『王子様』、渡辺竜王を『魔王』あるいは『魔太郎』(無論『魔太郎が来る!!』の魔太郎のことである。そっくり(核爆))と表記されていたことに渡辺竜王はいたく傷ついたとのことだが、妻子持ちなのにまだ女性ファンが欲しいということなのだろうか(待て)

さて、肝心の5番勝負はここまで羽生四冠の2勝。
第1局は先手羽生四冠の完勝。これはまあ仕方がないにしても、第2局は終盤まで山崎六段がリードしていたにも関わらず羽生四冠にうっちゃられての無念の敗戦。
第3局は羽生四冠の先手番。山崎六段はこのカド番をどうはねかえすか。
ちなみに、今回までの結果はこちらで見られますので是非。

後手の山崎六段が選んだ戦法は後手一手損角換り。
名人戦での記事でも書いた通り、最終的な勝率はあまり良いとは言えないのだが、理論的には後手優勢な変化も多く、他の戦法が後手番で苦しんでいる現状では現実的な選択と言える。

b0017164_19403114.jpg図は後手の山崎六段が△6二飛と飛車を動かしたところだが、実はこの飛車はこの手までに8二から4二へ一度動いている。この飛車が2手動いた分、後手玉は定位置の居玉のまま。先手玉がすでに7九まで早逃げしているのに比べて圧倒的に不利である。先手の攻めを防ぐため止むを得ない飛車の移動とはいえ、天下の羽生四冠相手にこの立ち遅れはキツかったか。


後手玉の守りが薄い今がチャンス!と羽生四冠はここで積極策を採り先攻。
山崎六段もここでは頑張り、互角に近い形勢まで持ち直したのだが・・・。

b0017164_19422263.jpg図の△2二角が勝敗を決定付けた悪手。▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛という一見単純な攻めが最後まで途切れない。ここで山崎六段は戦意を喪失。カド番にしてはあっさり土俵を割る残念な結果に終わってしまった。


というわけで、今回の5番勝負は羽生朝日の防衛に終わりました。
結果は3-0でしたが、第2局を順当に山崎六段が制していれば勝負がどう転んだかはわかりません。山崎六段はやや雑な序盤が洗練されてくればもっと強くなれるはず。人真似をしない意欲的な序盤というのは、10年前くらいの羽生四冠の姿とダブる感じがします。このまま精進すれば、羽生四冠の域に近づくことも十分可能と私は判断しますが、さてどうなるか。

全体を通してみると、特にタイトル戦での先手番有利な状況が顕著になった気がします。
以前まで主流だった横歩取りや居飛車派の振り飛車が駆逐され、今のところ後手番一手損角換りに光明を見出しているようですが、良い結果が出ているとは言いがたい。
あっと驚く新戦法の登場か、それとも最近指されていない戦法が見直されるか。
後手番をどう凌ぐかに、トップ棋士は今後も頭を悩ませそうです。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-05 19:55 | 将棋 | Comments(0)
勝っていれば熱を入れて当日に書き終えていただろうが、引き分けなんでまったりと。
すんまそん。

先の直前レビュー通り、両者とも連戦の最中で負傷者も多い中やや苦しいスタメン。
読売は、DFのリ・カンジンと戸川のかわりに戸田と上村。MFの小林(慶)のかわりに平野。
Fマリは、DFの中澤、MFの奥と代表クラス2名が欠場。
DFラインは河合-松田-中西、中盤は那須-上野のダブルボランチに大橋の組み合わせ。
アン・ジョンファンはベンチスタートで、2トップは大島-坂田で組む。

立ちあがり5分ほどはFマリの攻勢が見られたが、その後は動きに勝る読売に押されぎみ。
失点はCKをワシントンに決められたのだが、どさくさ紛れというよりは順当に判定負けして土俵を割った感じ。ワシントンは河合が身体半分間合いを離したミスを見逃さなかった。チーム戦術にはいまだ溶けこんでいない感はあるが、こうした決定力はさすが。

前半のFマリは、全体的に身体が重い感じ。調子が良いときの2列目、3列目からの飛び出しは影をひそめ、たまのタテ一本のパスにも身体が追いついていかないありさま。このへんは、ダブルボランチが上野と那須という上下動の動きに欠けるメンツということもあるかもしれない。タテによく動く遠藤の復帰が待たれる。
奥がいないため、前線でボールが落ちつかないのも痛かった。キープができず、読売守備陣に跳ね返されてのカウンターを喫する場面もままあり。
一方、サイドへボールが回ってチャンスになりかける場面はそこそこあったものの、ことごとくクロスが不発に終わるありさま。飛び出す選手とのタイミングがかみ合ってない印象があり、緊急課題となりそうだ。

後半は読売の運動量が落ちると共にFマリペースに。こちらもCKから那須が得点して同点に。難しい体勢から基本通りにピッチに叩きつけるヘッドが決まった。
この得点も判定勝ちという印象だったが、この後は読売も懸命に守り、Fマリのチャンスをことごとくつぶす。伝統の一戦という意識は、前節5失点を喫した読売守備陣を引き締めたようだ。

なかなか得点が奪えない状況に、岡ちゃんもアンと山瀬(兄)の投入に踏み切る。
山瀬(兄)はボールキープができ、ボールを奪われそうになってもファウルでFKを取れる技術の高さを見せた。持ち味の飛び出しもチームとかみ合えばもっと脅威が増すだろう。ケガからの復帰戦としてはまずまずだったのではないか。同じポジションの大橋も決して悪い選手ではないが、両者を比べればやはり山瀬を軸にしたいところ。
坂田と交替したアンは、やはり前線に張るタイプの大島とは相性が悪そう。

後半よく攻めたFマリだったが、結局1-1のドロー。
これでJでは最近4戦して2分2敗。
苦しい状況下での連戦だが、山瀬(兄)にメドが立ったのが起爆剤になるか。
今後はJだけでなくACLの山東(中国)とのアウェー戦も待っているだけに、早く調子を上げて欲しいところだ。

かつての黄金カードも、マスコミの扱いは冷ややか。
でも、一マリサポとしては、どんな試合でもやっぱり読売には勝たないと気が済まない。
こういう意識は、大事にしていこうと思う。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-03 13:24 | スポーツ | Comments(0)

うぉ~忘れてた~

今日はマリノス-読売の激突がある~

あぁそれなのに~前日までにプレビュー書くの忘れてた~

なんてこった~

レビューはちゃんと書きますんでご容赦あれ。

読売相手には、負けられないじゃ生ぬるい。

というか勝つしかない。


両者ケガ人てんこもりだが、マリノスは山瀬(兄)が復帰?の噂あり。

(追記)
天皇賞・春は伏兵スズカマンボが内から伸びて快勝。
負傷もあり不調が続いていたアンカツ、鮮やかな復讐劇成る。
2着には終始先行に徹したビッグゴールドが逃げ粘り。
3着のアイホッパーを含め馬単¥169K、3連複¥225k、3連単に至っては
¥1939kの大波乱。
幸せになった人はいるのかしらん。
昼間のJでは首位の鹿島、2位の名古屋ともに敗れこちらも波乱。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-05-01 18:36 | スポーツ | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03