<   2004年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

NHK杯 中川-谷川戦

日曜の朝10時からは将棋の時間ということで。

今日のNHK杯の対局は中川-谷川というやや重量級の対戦。
谷川棋王はいまさら説明不要の第一人者。先日王位を羽生に取られたが、関西でタイトル戦でまともに戦える数少ない存在。迷ったらアクセル全開な攻めっぷりと十八番の光速の寄せが持ち味。

そういや、昔将棋部で終盤になると、
「光速の寄せを見せてやろう」と言っては相手に無言で机を寄せられる部長
がいたなあ。元気かなあ(爆)

一方中川七段は、華やかな舞台での活躍こそないものの、順位戦を中心に地味ながら着実に実力をつけつつある中堅。今年の順位戦ではB1でここまでトップの成績を上げている。研究量の豊富さでは他の棋士に一目置かれる存在。
昔はいかにも青白い学者風という一般的な棋士のたたずまいだったはずなのだが、今日の対局では解説で中国の武将にたとえられるほどの勝負師顔に。
ここから中川大輔七段を検索してみてくれ

さて対局の方は、後手の谷川が一手損戦法から右玉へ移行し、ジリジリポイントを稼いで優勢を確保。
こんなん谷川先生じゃない(爆)
中の人は誰っすか(核爆)
という声が聞こえてしかたがないのだが、最近はこういう指し方もできるようになったのがニュー谷川だったりする(笑)

ちなみに、今日の解説は中川七段の師匠である米長邦雄永世棋聖。
先日天皇陛下相手に勇者な発言をかまして個人HP祭りになっちゃった方ですが、いい人なのよ、ホントよ。

b0017164_1312323.jpg

今日も弟子の中川七段が、寄せられる直前に最後のお願いをしている最中、
この歩(▲6四歩)を取ってくれないかな。なんとか弟子に勝たせてくれよ。
などとこちらもお願い
憎めない人であります。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-31 13:12 | 将棋 | Comments(0)

今週のレジェンズ

しばらくスルーしてたのですが、最近なにげなく見て、

キターーーーー!(AA略)

以来チェック開始。
今週は、

ジャイアソリサイタルでパワーアップキターーーー!(AA略)

良く出来た子供向けアニメです。
未見の方は是非。

んで、しばらく見逃していたEDを見る。
この曲かよ!(爆)

えー、調べてみたらこの曲とはちょっとだけ歌詞が違いました。

そらそうだ。
小学生がついうっかり
ねえ、「うぶ」って何?とか聞きまくってたら
末代までの恥になりかねませんからな(笑)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-31 10:26 | マンガ・アニメ | Comments(2)
一週お休みを挟んでの放送となった今週の囲碁将棋ジャーナル。
囲碁半分、将棋半分で1週間のニュースと注目の対局の解説をするBSの1時間番組だ。

囲碁の方でゲストになっていた三村九段が今週リーグ戦で負けているのを見て、
「負けてテレビに出るのはつらいよなぁ。」
と呑気に構えていたところ、上には上がいた。
将棋で司会を務める矢内女流四段。

女流王位戦挑戦も三連敗で清水女流王位に完敗(どどーん!)
レディースオープントーナメントは準決勝で斎田女流四段に敗退(ちゅどーん!)

ひどい。
あんまりだわ。

女流王位戦は第1、2戦共に優勢だったのに逆転負けという惜しい内容。
棋譜を盤に並べてみても、「なんでこれ勝ちきれないんかな~」と思うことしきり。
現在の女流棋界は、清水・中井両二冠王の世代を、矢内女流四段、石橋女流四段らの若手が追いかけるという図式。矢内・石橋とも瞬間的に勝つこともあるのだが、トータルでは清水・中井とはまだまだ差があるのが現状。
清水・中井が衰える前にせめて拮抗する状況を作っていくことが、女流棋界全体にとってプラスになることだと思う。
頑張って欲しい。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-30 14:14 | 将棋 | Comments(0)

譲り合い

今日から朝日新聞の将棋欄で掲載開始の鈴木(大)-中村戦。
朝の風景の描写がちょっと面白かったので紹介。

対局開始10分前、先に対局室へ入った鈴木(大)がウーロン茶2Lペットを抱え下座に座る。
直後に現れた中村が、鈴木(大)に上座に座るよう促す。
対局規定上は上座に座るのは順位戦の席次が上の鈴木(大)。
だが、元タイトルホルダーであり、かつ奨励会時代の幹事でもあった先輩の中村を下座に座らせて対局するのは恐れ多い。
ちなみに、奨励会(棋士養成機関、つーか、はっきり言って虎の穴)を統括する幹事(現役棋士1~2名が持ちまわりで担当)と奨励会員とは、小学校の担任の教師と生徒くらいの関係と思っていただくと判りやすい。
結局しばし下座の譲り合いをしたあげく、中村が上座に座って対局開始。

昔だと「オレの方が格上だ」と試合開始前からゴング、ということもあったらしいが、今はこのようにどちらが下座に座るかで譲り合いとなることが多い。
策を弄するのであれば、先輩が30分くらい前に先に下座に座って待つ、という手もある。
タイトルホルダーならともかく、先輩を下座に座らせて一日盤に向かい合う、というのはちょっとやりづらいものだ。
最近は新聞の観戦記も手の解説がほとんどで、なかなかこうした風景などの描写がないのだが、読者はむしろこうした記事を読みたいのではないのか、とふと思うこのごろであった。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-30 10:27 | 将棋 | Comments(0)

今日は楽しい

偽ワークスノートにも書いてしまったが、
今日は楽しいバイオレンスの日!

おまいら面白過ぎ(誉め言葉)

私にはとても真似できん。つーか、カラーが違い過ぎまんがな。
ただ、これこそある意味ネットじゃなきゃ読めないモノですな。
こんな内容じゃ、まず紙媒体じゃ売り物になりません(除く同人誌)。
ハラショー!

blogなのになぜトラックバックしてないのかって?
いやー、下手にトラックバックして、あとで
ファンタスティック・ヒーロー、ヒューマントーチ爆誕。
みたいな目にあったらと(核爆)

人並みの幸せを求めてなぜ、悪い!
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-29 16:58 | 電源なしゲーム | Comments(0)

パソの機嫌

昨日またパソコンの機嫌が悪くなる。
どうも話を聞いてみるに、
「わらわはこんな寒いとこはいやなのじゃ」とのこと。
今が秋まっただ中だから冬はもっと冷えるぞ。
てゆうか、冷えてた方がいいんじゃないか、ふつー。
「まったく、これだから田舎は困るのう」
えーえー、田舎で悪うございましたね。秋葉原育ちはこれだから。
・・・無言で布団に入るな。
働け。頼むから。
エアコンの温度を2度ばかり上げてやる。
「ふう、少しはましになったの」
昔いたころはストーブすらなくて電気毛布だけだったぞ、この部屋。
「そんなところに居て風邪を引かんのか?」
子供は風の子ってね。今は無理だけど。
「この間も暖房をつけずにいたせいで風邪を引いていたの。このうつけものが」
電気代の節約も考えものだな。

・・・というわけで、とりあえずと命名。
今のところは、まっとうに動いているようである。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-29 16:44 | 日常 | Comments(0)
ワールドチャンピオンと書くのは日本人として許せぬものがあるので、とりあえずこんな書き方に。レッドソックスがシリーズを制しました。

しかし。
ヤンキース相手に0勝3敗から八連荘8連勝で王座奪取。
かの芹沢姉妹もかくやの積みっぷり(ぉ

勝因はやはりペドロ、シリング、フォーク、ラミレス、オルティーズといったビグザムエルメスばりのMAクラスの奴らが、そのまま実力を発揮できたことに尽きると思う。
ラミレス、オルティーズはデタラメな3、4番コンビで絶えず相手投手陣の脅威となりつづけ、先発2大エースのペドロとシリングは、シリングが対ヤンキース戦で炎上した他はゲームを壊さないピッチングをゲーム終盤まで維持。終盤になれば守護神フォークの出番。
金の力でスター選手を集めて押し切ったみたいに見えるが、ジーター、A-RODと並び評されたリーグを代表するショートのガルシアパーラを、契約がらみのトラブル多発などの理由で今季途中にトレードに出していたりもする。先ほど話が出たラミレスも去年のオフにA-RODとのトレード話が直前まで進行した経緯もあって試合に集中させるのが難しい、などといった爆弾をかかえながらもなんとかシーズンを乗り切ったフランコーナ監督には敬服せざるを得ない。メジャー監督暦4年、しかもレッドソックスには今年入ったばかり。

ヤツは湘北の不安要素だったはずだ。
――陵南の不安要素でもあるのか!

とスラムダンクごっこはここまでにしときます(笑)
最後に、ある選手の談話から一言抜いときましょ。

これで、しばらくはヤンキースタジアムで「1918!(今年の前に優勝した年)」とやじられなくて済むな。

バンビーノの呪いが、やっと解かれました。
おつかれさま。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-28 15:39 | スポーツ | Comments(0)

みっしょんこんぷり~と

まえだ氏東下イベントから高速バスで戻るオレ。
しかし、その表情は険しかった。
このバスを降りた直後のミッションについて思いをめぐらしていたのだ。
そのミッションとは――

More
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-27 23:46 | 日常 | Comments(0)

まえだ氏東下イベント

26日にまえだ氏が東京にやってくるということで、この機を逃さずイベント発動。
実際のイベント風景については大つき(19)センセがこちらに書かれておりますのでそちらをご覧あれ。
ちなみに、この席で外交交渉担当として活躍していたのはこの男だったりする。早くblogを更新しなさい。

ここで話は25日へ。
ネット上で打ち合わせ、告知を行う。
料理屋の予約は主賓のまえだ氏がやってくれる。感謝。
あとは当日を待つのみ。

眠れん。
遠足が待ち遠しい子供か、おまいわ。

イベントは午後7時集合なのだが、買い物をするため昼前に高速バスに乗り込む。
乗った当初はがらがらだったが、飛びこみの客を「もういっぱいなんですよ」と断る運ちゃん。
そうか、高速バスは全席指定がデフォだから、空いていても断るのが仕様か。
などと思っていると、後の停留所でぞろぞろと乗りこむオバチャンの群れ。
バスの2/3強がオバチャン分で埋まる。
キリンハイパー70くらいの純度?

バスを下り、新宿、アキバをざくざく買い物三昧。
リュックサックがあっという間に満杯に。
極道からの足抜けは困難を極める状況である(爆)
ほぼ名刺サイズの野球盤が売っていたので、ネタとして買おうと思ったが結局思いとどまる。
パッケージには、ちゃんと消える魔球とかありますよんとか書いてありますた。

料理屋が北口なのに、待ち合わせ場所を東口にしたのは、
私に土地勘があるのが東口だけだったというオチです。スマソ。
早めに着いたので、時間をつぶそうととらのあな・・・いかん、これでは他の参加者からバックスタッブをかけられるうかつなはめになりかねない・・・gigoでゲームしてました。
昔サクラ大戦病患者だった私は、ここの7階にあるオフィシャルショップに足を運んでいたこともありました。これに関してはすでに足を洗っておりますが。
今度はアメリカで原住民どもをずんばらりんと(違
細川(中略)大槻氏より6時半ころtel。
「今、妙蓮寺に着いたっす~」
「わかった。頑張れ。」
手前の渋谷に7時に着いただけでも勇者だ。そんな時間じゃ(爆)

で、主賓より「料理屋へ行くんなら、直接北口で集まりましょうよ~」ともっともな意見が
出たので移動。北口に来たのは初めてだ。階段を上るとそこは、
どこのうらさびれた地方都市ですか?(爆)
風景も空気も冷え切った中、待つことしばし。
7時を過ぎても肝心の主賓がやってこない。
電話をしても電波のとどかないところにいらっしゃるらしい。
まさか。
「探してきま~す」と見当をつけた場所へ。
北口改札口前。
いたー!(爆)
なぜ気付かなかったのか。謎だ。

イベント終了後、いつもの通り大つき(19)邸にお世話になることに。感謝。
いつものように、6時過ぎに一人家を出る。
実はこの後、果たさねばならぬ使命があったのだ。
(続く)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-27 11:38 | 日常 | Comments(4)

西武日本一

素直におめでとうと言えないのは巨人ファンで元アンチ西武ファンだった血か。
ま、悪は勝手に滅んでくれたし(核爆)

今回の日本シリーズは上記の理由で見るのが罰ゲームライクだったので書き込みもろくにしなかったのだが、一番大きいのは石井(貴)と思う。13イニング無失点で2勝。なかなか取りづらい投手のシリーズMVPを獲ったのは立派。
あとは、要所で中日の方に多くミスが出てしまったのが敗因か。
西武なら、多少のミスはクリーンアップの打力で取り戻せるが、
守り勝つ中日のミスは致命傷になりやすい。
年間本塁打記録を塗り替えたどこぞの球団を真似する必要はさらさらないが、
やはり少々のミスなら取り返せる打棒の持ち主は必要だろう。
来期はどうもFAなどで補強に乗り出すようなので、守り勝つ持ち味を殺さぬよう上手く補強できるかが鍵となろう。おそらく、近鉄の磯部とか獲りにいくんでしょうなあ。

7戦までもつれた通り、両者にそれほど差があったとは思えない。
7戦目でなんで中日が地元であんなにヘタレてしまったのは謎である。
50年ぶりの重圧がきつかったのだろうか。
中日が勝つのは癪に障るが、川相にもう一度日本一を獲らせてやりたかった。

あと、今のプロ野球では、レギュラーシーズンの成績を重視する傾向が強く、西武優勝はタナボタだという意見が多い。
だが、アメリカンスポーツを見てきている私としては、こう言いたい。

本当に強いチームは、短期決戦でも持久戦でも関係なく強い。
レギュラーシーズンも、プレーオフも、両方勝ってこそ真の勝者である。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-26 08:57 | スポーツ | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03