<   2004年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

竜王戦挑戦者決定戦 

俗に竜王戦ドリームという言葉がある。
竜王戦のランキング戦(トーナメント制)を指してこう呼ぶのだ。
普通の棋士なら、2回勝利すればその年は無事に暮らすことができるという。
ランキング戦を勝ちぬけば、そこには数百万を賭けた本選が待っている。
竜王位を獲得した日には棋士の長者番付入りはまず間違いない。
さて今年ドリームを完遂するべく勝ち上がった勇者はこの2人。

森下九段は世代的には最強羽生世代のすぐ上にあたる。
20代のころは羽生世代に負けず劣らぬ勝ち星を重ねていたものの、ここ一番
というところでなかなか勝てず、「準優勝男」のレッテルを背負うことに。
最近は羽生世代に押され、ここ一番というところにもなかなか進出できなかった
が、最近のインタビューに、私は35歳から強くなってきましたと答えたことを証明
するかのように決定戦に名乗りを上げた。
個人的には、報われて欲しい棋士の代表格。

渡辺五段は羽生世代の後を追う次代を担う若手の一人。
昨年長らく現れていなかった10代のタイトル挑戦者として羽生棋王に挑戦。
大方の予想を裏切ってあの羽生をあと一歩のところまで追い詰めた。
長年続いていた羽生世代の牙城を崩す大きなチャンスを逃したくはないだろう。
先日パパになったとのこと(おめでとうございます)。
こないだ行われた王位戦のweb掲示板に本名で書きこみをしてしまうおちゃめ
な一面もあり(笑)

決定戦は3番勝負。30日に行われた第1局は渡辺五段の勝利に終わったが、
戦いはまだこれから。どちらが勝っても、森内竜王にとっては強敵を迎えること
になりそう。
一ファンとしては、ただただ熱戦を期待するのみ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-31 08:39 | 将棋 | Comments(0)
32km過ぎまで独走状態だったブラジル選手に突如侵入者がタックル。
それは数秒で振りきったものの、その後後続選手に抜かれ銅メダル。
まったくやりきれない。
永パ防止キャラじゃねーっての。
野口選手が勝った女子マラソンでも同じような事態になる可能性もあった
わけで、警備体制には万全の体制で臨んでもらいたい。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-30 07:59 | スポーツ | Comments(1)
てなわけで、今回はバレーボールを。
朝録画でやっていた女バレのロシア-ブラジル戦を観戦。
ロシアが、
空に 聳える 鉄の城というか、
ビルの 町に ガオーッというか、
身長57m 体重550tというか、
もとい。
身長204cmのガモワを中心とする高さを売りとするチームなら、
ブラジルは、サッカーでのセレソンを彷彿とさせるコンビバレーが持ち味。
んで、一時は第4セット24-20でブラジルマッチポイント、というところまで
きたのですが、どたんばでブラジルにミスが続出してロシアが第5セットに
試合を持ち越し、第5セットも終盤までブラジルがリードしていたのをロシア
が土俵際のうっちゃりで決着。
見ごたえありました。
決勝は中国とのこと。
こんなチームに勝っていかないとメダルを取れないのですから、日本も
たいへんです。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-27 22:28 | スポーツ | Comments(0)

いかすぜ、ソニック!

先日、たっちゃん2名にそそのかされ誘われて、久々に横浜へ出たついでに、
気になっていたCDを購入。

SONIC DRIVE

ソニックシリーズのアニメ化「ソニックX」の現op。アニメ自体は特筆すべきことはないのだが、この曲は一度聞いたときから私のツボをジャストミート。歌っているのが影山ヒロノブ&高取ヒデアキという強力タッグなのに加え、曲自体がソニックの名をつけるに値するオーバードライブぶり。これをカーステで聞きながら、

Inside Outside 攻めて
いっさいがっさい 抜いて
誰ひとりも 何ひとつも
前を 行かせたくはない

とかシンクロ率400%で歌いながら車運転した日にはあっという間にスクラップの出来上がり。やばすぎです。
この手の曲に飢えてる方、ぜひ!

あぁ、横浜に行く前に手に入れてたら、カラオケで歌えたのに。
残念!
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-27 18:44 | マンガ・アニメ | Comments(0)
昼間のうちに、Jリーグプレーヤーズ名鑑のセカンドステージ版を買ってくる。
いままでならこれを片手に横国へFマリノス戦を見に行ったものだが、実家に帰った
今となってはなかなかそれもかなわない。

さて、我がチームのコメントはどーなってんの?とパラパラとめくってみたところ・・・

・たっちゃん25歳 
「安定感が出てきた。頼れる守護神」・・・このコメントがネタにならないよう、精進してほしい。残念ながら現状ではまだネタだ(涙)
まあ、GKで25歳はまだ成長過程と、暖かく見守ってます。能力からいけば日本代表はとっくの昔に射程圏内なのだけど・・・。

・GKの佐藤さん
「サインを求めるファンが絶えない」のは、サインしない連中が多すぎるからと思われ(涙)
転売などやらかす連中がいるのはわかるが、どうにかならないものか。
数少ない例外として、がんばってくだされ。

・ジロー
「課題の決定力が備われば」はもはや持病(涙)でも、MFなんだと思えば十分許せる。
アイスホッケーならディフェンシブFWとして表彰されることまちがいなし。

・祐大朗(辞書登録必須)
「眠れる大器にも目覚めのときが来た」
来て欲しい。ほんとに。切望。
Fマリの高卒FWは育たない(例 田原)とかいう讒言を過去のものにしてくれ。

・・・と、結構おいしかった(笑)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-27 17:46 | スポーツ | Comments(0)

王位戦 第四局

将棋界の真夏の決戦と言えばこの王位戦。
谷川-羽生のゴールデンカードもすでに第四局。
今回主催の西日本新聞社のご厚意により、HP上では大盤解説会のライブ動画中継をするなどの大サービスぶり。
まあ、初の試みだったせいとか、サーバー能力の不備もあったりなんかして、一部からは
不評も出ましたが、無料提供の前にはただひれ伏すのみ。
西日本新聞社の掲示板には、方向性は間違ってなかったですよ、またやってくださいと
書きこみをしてきました。
これでネットを有料提供している名人戦、竜王戦への刺激になればよいな、と思います。

さて対局の方はと申しますと、振り飛車シリーズの名にたがわず後手の羽生が四間に振ったのを見るや、いつもイケイケの谷川は▲5五角からの急戦を仕掛け、一日目からのっぴきならない戦いとなりました。
そして激戦を制したのは羽生。谷川の猛攻を柔らかく受け止めたのが勝因のようです。
これで1勝3敗のカド番に追い込まれた谷川の逆襲はあるのか?
待て、次局!
・・・ってところでいかがでしょう(笑)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-27 17:18 | 将棋 | Comments(0)

ブログはじめました

ふと思い立って、ブログをはじめることにしました。
思いついたことをてきとーに書き流していきますんで、
表現がすべったりすることがあるかもしれませんが、
お気楽に、ひろーい心で、お楽しみください。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-08-27 16:54 | このブログについて | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03