カテゴリ:マンガ・アニメ( 30 )

今日は暖かい、というか暑いくらい。
昨日は風邪ぎみで死にそうだったのにまったくもーw

さて今回はちょっと変化球。
こないだ買ってきた『衛宮さんちの今日のごはん』が面白かったのでちょっと紹介。
角川系の「ヤングエースUP」でweb配信されているようなのですが、オッサンゆえ紙で読む方が落ち着きますなあ(しみじみ)
簡単に言うとFate+ごはんものというスピンオフ企画なのですが、「可愛い女の子が美味しそうにご飯食べてる!」程度でも十分楽しめるんではないかと思っております。
Fate本編も知っているとなお楽しめると。
お得ですね(ダイレクトマーケティング)

■第1話(寄せ鍋)

寄せ鍋+〆の雑炊というフルコンボ。
し・あ・わ・せ

それにしても、セイバーさんはホント美味しそうに食べますなあ。
セイバーもスピンオフ作品含めてもう何十種類あるんや、という世界のようですが、本作は一番最初のノーマルなやつでございます。

そういや、某ゲームワークスでは秋に闇鍋で鍋開き、というのが定番でございました。
その様子の一部は後輩がラノベ化してくれましたが、その実態は。

「あれほど溶けるものとか液体とか入れるのやめろって言ってんだろーがー!(キレッキレ)」
あと甘いの。

■第2話(鮭のホイル焼き)

魚を売るケルトの大英雄。
ゲーム(ファンディスクのアタラクシアだったかしらん)では花屋でバイトしてた気がしますが、これはこれでよか。

鮭に塩を振ってしばらく置き、出てきた水気を丁寧に取る。
この一手間で味がだいぶ変わるのですが、一人メシだと中々ねえ。
衛宮君マメですなあ。
あとわさびマヨネーズは簡単でおいしそう。

■第3話(春のちらし寿司)

和服イリヤ!素晴らしい!
イリヤといえばもはや本編よりスピンオフ企画のプリズマ☆イリヤの方がすっかり有名になっちゃいましたが、本編もこれはこれで。
かわいいは正義、を余裕でぶっちぎる恐怖とはいったい(以下略)

■第4話(菜の花のサンドイッチ)

お寺に納品しに行く酒屋。
ん…?
まあこまけえこたあええんやで、の精神で(苦笑)
ちなみに、酒屋のネコさんとお寺の住職と藤ねえ先生は同い年。
また、ネコさんは名前を呼ばれるのをとても嫌がる。
いい名前なんだけどなあ、音子(おとこ)

菜の花は普通にスーパーで売ってたりするので、結構簡単に試せそう。

■第5話(竹の子グラタン)

生の竹の子を高校に持っていく生徒会長男子。
…うん、いいと思うよ?(投げやり)
下準備がとーっても大変ですが、やはり生の竹の子は一味違う。
私だと、刺し身とか、炭火で炙って、などと考えてしまいますが、グラタンとはねえ。驚きました。

血の繋がってないお兄ちゃんに美味しいご飯を食べさせようとする妹。
なんでこんな萌えるシチュエーションなのに、そのお兄ちゃんがワカメ、という一点だけでこんなにも萎えてしまうのか(おい)

■第6話(ハンバーグ)

中学生(と思われる)藤ねえ!
ぐぬぬ、さすが古強者。
やりますなあ。

今回ちょっとだけ登場の切嗣さん。
こう見えても、目的のために手段を選ばないろくでなし人。

■第7話(冷やし茶漬け)

水着回!水着回!
だというのに、ヒロインはセイバーと凛という残念感(おい)
ち、ちゃんとライダーさんも出てるから、大きいのが大好きな君も安心だ(待て)

夏には良さそうですね、冷やし茶漬け。
それにしても、作り置きの出汁常備ってどんだけ主婦力高いんですかこの子は(驚愕)
あと、凛ちゃんはちょっと女の子捨てすぎだと思うの(おい)
まあ、そこがいいんですけど。

■第8話(チャーハン)

姉に料理を教わる妹。
うむ。
うむ!
あと、猫エプロンかわええ。

■第9話(里芋の煮っころがし)

恋するバカ若奥様、メディア王女ことキャスターさん登場。
一途なのがいいですなあ。
なお本当の年齢(ry

■番外編①-2(流しそうめん)

「士郎 私 流しそうめんがしたい」
これだよ、これでこそ藤ねえだよ(魚の死んだような目)
そういや昔、流れるプール方式の流しそうめん器、ってのがあった気がしますが。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-03-05 15:47 | マンガ・アニメ | Comments(0)
昨日は娘の七五三。
ちょっと前に三の方をやった気がするのですが、もう七をやれという年に。
平日の1日はめっさ長いですが、1年はホントに短く感じるようになりました。

さて今回もゆるゆると『将棋の渡辺くん』ネタを。
こないだの第1回で、1巻の真ん中に行かないくらいを紹介しました。
またゆるゆるいきますよ~。

■「今 ぬいぐるみ 半額なんです!」

将棋界屈指にして唯一のぬいぐるニストなあきらたん。
それにしても、仕事用のスーツとぬいぐるみを一緒にクリーニングに出すってのはあきらたんくらいなもんでしょう(笑)
なお第2巻の記述によると、このクリーニング屋は後に廃業してしまったようで、代わりにぬいぐるみも洗える洗濯機を導入したそうなw

■めぐみ「お正月は4人で大富豪をするのが恒例行事となっている」

めぐみさんの実家である伊奈家で大富豪をするのがお正月の恒例行事。
あきらたんとめぐみさんに、めぐみさんの兄の伊奈六段と伊奈六段のお嫁さんの佃五段(囲碁棋士)が卓を囲むという構図。
それにしても、事前研究(アプリ)やったり、感想戦やったり、きっちり記録を取っていたりと、いかにも棋士らしいエピソードが満載で面白いですなあ。

■めぐみ「ねえ これ一緒に 組み立て…」
あきら「(ピシャッ)」(シャッターを閉める音)


将棋に関係ない一般技能がほぼ全く苦手なあきらたん。
苦手なものは苦手なんです。無理無理無理。

わかる。

■めぐみ「それ全然回ってないよ。もう振り駒みたいにすれば?」
あきら「そっか!!それいいね!!」
めぐみ「え?」


一般技能がほぼ全く苦手でも、息子のサッカーのためなら審判の資格を取ってしまうあきらたん。
この話は、コイントスが全然できないあきらたんに、めぐみさんがアドバイスをする図ですね。
コイントスは苦手でも、振り駒は流石の本職。
なんでも振り駒は、手の中でたくさん振って、そっと落とすのがコツなんだとか。

■めぐみ「布盤と駒持ってきたの!?しかも対局時計も!!」

中川八段が率いる登山研に便乗して高尾山に登った渡辺一家。
山に登って棋士がすることと言えば…やっぱり将棋ですよね!(おい)
今は亡き「盤上のシンデレラ」の第9局でやったネタの本家ですね。

なお、プロ棋士が練習対局するときは対局時計無しでは指さないとか。
実物は結構かさばって重いんで、持ってくの大変なのですが。

■好きなサッカー選手
あきら「ルーニー!」


ううっ…(涙)

何のことかわからない方へ。
あきらたんとルーニーの顔写真をググって、顔写真の上の方を比較してみてください。

■あきら「ぎゃー!!!」

あきらたん最大の天敵、それは虫。
対局にも影響が出るほどなので、タイトル戦での対局室の検分では目張りを欠かさず、こっそり殺虫剤を持参して置いておくんだとか。
それでも出ちゃった場合は、対局を中断して係の人に虫を取ってもらうなんてことも。

それにしても。
殺虫剤のノズルを自分のとこ向けて噴射する人は初めて見ましたw

■めぐみ「ただい…(どーん!)」

家へ帰ると、そこにはうず高く積み上げられたJT飲料のジュース1年分が!

JT日本シリーズで1回勝つごとにもらえるとのこと。
最近JTが飲料業界から撤退してからは、コシヒカリ1年分に変わったそうな。
知らない人からすると軽くホラーですねw

…羽生さん家はコレどうしてるんだろう…(軽く30年分はもらってるはず)

ああ、これだけやってもまだ1巻が終わらない。
こんな感じで大丈夫なのか。
まあいいや、何か他の記事を挟んで続けることにしましょう。うん。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-10-30 09:50 | マンガ・アニメ | Comments(0)
blogを書き始めたころ、親父が娘に買ってきたリカちゃんハウスを組み立てる羽目に。
ははは、こやつめ。
それにしても、孫にはホント甘くなるので困る。

今週は珍しく2回更新。
このペースを維持できればいいのですが。

さて今回はマンガネタ。
といっても、取り上げるのが『将棋の渡辺くん』ですので、将棋タグを付けるかどうか迷った次第。
長らくスルーしておりまして、最近ふと思い立って1,2巻をまとめ買いしたのですが。

面白かったです。
伊奈先生、今までスルーしててすいませんでしたぁ!(平謝り)


一言で言えば、渡辺竜王の生態を余すところなく赤裸々にまとめ上げた4コマ漫画。
ここまで赤裸々でいいんでしょうか(汗)
日常系ゆるゆる4コマ漫画がお好きの方なら迷わずオススメ。
主人公が渡辺明(以後あきら)竜王、描くのが嫁さんの伊奈めぐみ先生なので、そこに反応する方には強力にオススメ。
というか、これで反応する人ならもう買ってますよね(汗)

これから先は、個人的にティンと来たところをいくつかピックアップ。
相変わらずのネタバレ上等でいきますので、そこのところはご了承を。
まあ日常系ゆるゆる4コマ漫画でネタバレもへったくれもないと思うのですが、まあ一応ね。

■めぐみ「ま、毎日…」

基本的に家に居るのが、一般的なプロ棋士の生態、というか宿命。
まあ、対局のないときは勉強してないと勝てないのですが。
しかし、ずっと旦那が家に居るのは、やっぱり憂鬱なんでしょうかね(汗)
亭主元気で留守がいい、と(苦笑)

■あきら「野菜は嫌いだからね
あーっ なんでマグロにアボガド混ぜてんの!?」
めぐみ「(ガンッ)」(ヘッドバット)


とことん偏食なあきらたん。
そらめぐみさんも怒りますわ(苦笑)

ちなみに、嫁とオカンのおかげで、大抵のものなら食べられる幸せな私。
野菜もウチや嫁の家や近所から色々もらえるのでありがたい。
やっぱり自分とこで作った野菜はおいしいですわ。

■めぐみ「私は旦那のブログで対局結果を知ります」

過度に干渉しないのが夫婦仲長持ちの秘訣、なのかもしれません。
ウチも割りとこんな感じ(汗)

■あきら「わ…若者がいっぱいで騒がしいところは…」

将棋の流行には敏感でも、ファッションは全く無頓着なあきらたん。
そんなに服買いに行くのがイヤか、と思われる方も多いとは思いますが、

わかる。

■中川八段「いやぁ他人のお金で買い物するのは楽しいなぁ♪」

そんなあきらたんのあんまりな私服姿を見かねた中川八段、100万円持たせて新宿の服屋へ突撃。
これでもタイトルホルダーですからね、少しは身支度できるようにね。
長年奨励会幹事を務めたダンディな中川八段、いい先輩ですなあ。

■めぐみ「現在漫画は1282冊あります…」

本棚がほぼ漫画で埋め尽くされているあきらたんのお部屋。
将棋界でこれに匹敵するのは高橋九段くらいでしょうか。
あちらはラノベや小説もあるでしょうけど(笑)

ウチも見なくなった漫画捨てないと(汗)

■めぐみ「父子はぬいぐるみで繋がっています」

息子の柊君の面倒を自分のぬいぐるみで見ていたあきらたん。
それにしても、ぬいぐるみで一緒に遊ぶ親子っていいですなあ。
…いいのか(汗)
ちなみにあきらたん、ぬいぐるみは母親から、将棋は父親から教わったそうです。

■研究会

かの有名な島研や米長道場をはじめ、一時期流行りました研究会。
最近は将棋ソフトや棋譜並べが主流になったせいか、若干下火傾向なようですが。
それにしても、メンバーがみんなマンガ読んでるから「カイジ研」とか、メンバーがみんなパチスロ打ってるから「北斗の研」とか、ネーミングセンスが良くて楽しいですなあ。

■あきら「いつもここで研究会やってるけど さすがにお正月の今日は誰も…
いたー!!!!」


研究会を休んでモー娘。のコンサートへ行った若き日のあきらたん。
たまたま会場一緒だったので、やっぱりニアミスしちゃったという(汗)

これでも1巻の半分くらいですが、長くなったのでこの辺で。
また気が向けば続きをやります。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-10-23 16:46 | マンガ・アニメ | Comments(0)
何かと忙しい日々の中、久々の休養日。
ゆっくり休みます。

さて、面白い動画があったのでちょっとだけ紹介を。
■【第17回MMD杯本選】ポーラと飲みニケーション【MMD艦これ】
※リンクはこちら→

艦これは去年の秋イベ直前で止めた口なので、ザラ姉さんもポーラも知らない子なのですが、両方ともええ子ですな。
その昔、大学のサークルで呑んだくれてた時代をちょっとだけ思い出しました。
・・・ええ、もちろんこんな女の子と呑んだことなんてありませんよ、ええ(涙)

さて今回はちょっと変化球。
こないだ届いたベイビーステップの41巻が面白かったので、記事にしてみることに。
最近連投している盤上のシンデレラ風味に書いてみますが、さてどうなりますやら。

40巻でようやくプロ入りしたエーちゃん。
海外遠征など、慣れないプロの生活に悪戦苦闘する日々を送りますが、ひょんなことから、プロ入り初年度としては無謀にもウィンブルドンへエントリーすることに。
当然ながら試合はできなかったのですが、普通じゃできない経験を色々積めたようで・・・というのが41巻が始まるまでの状況。
41巻は、いきなりトッププロのサンチェスとの練習試合から始まります。

■「一瞬でも世界の頂上が見れるなら・・・1球残らず頭に焼き付けたい!」(対サンチェス編)

結果だけ見れば見開きでやられました、なのですが、初のトップレベルとの対戦で、トップレベルのテニスを肌で感じることができた貴重な経験となった模様。
映像で見るのと、実際に体験するのとではやはり大違いなんでしょうなあ。

■「俺は・・・・なんで『いつか』なんて言ってたんだろう」(池対レヴィナ編)

名実共に頂点を極めるレヴィナに、ウィンブルドンの緒戦で挑む池。
ちょっと前なら日本では十分夢の世界でしたが、錦織がこのあたりをぶっちぎっちゃいましたなあ。
何しろ全米オープン準優勝、オリンピックじゃ銅メダリストですから。

さて本題。
小さなことからコツコツと、というのは定跡の一つではありますが、大きな目標を持っていないと、小さくまとまったままで終わってしまう。
エーちゃんがここでそのことに気づいたのは大きかったんじゃないかと。

■「今からあそこを目標に設定しないと・・・・」(練習編1)

帰国するやいなや、世界のトップレベルを見据えた練習に取り組むエーちゃん。
なりたい自分が明確になったんで、あとは現実との差を埋めるだけ。
まーそこが大変ではありますが、目標が見えてる分、40巻での閉塞感からは脱した感じが。

■「この位置でのプレーを基本にできないと」(練習編2)

トップレベルへ進むために必要な要素を、急加速と見極めたエーちゃん。
そのために、プレーエリアを前目にすることを選びます。
考え方としては、卓球で日本や中国が世界を制した前陣速攻という戦術に近いのかなと。
パワーがそれほど無くても、超反応で先に動けばこっちのもんです。
・・・理論上は。

■慶稜チャレンジャー

エーちゃんが出場大会に選んだ慶稜チャレンジャー。
日本の大学生が主催する、チャレンジャークラスの大会とのこと。
元ネタと思われるところの情報を軽くさらってみましたが、ネットで資金を募ってましたね。

それにしても、大学生が国際的な大会の主催ってスゲーな、と思ってましたが、よく考えれば箱根駅伝も主催は関東学連ですからね、不可能ってわけじゃないんでしょう。
しかし、日々遊び回ってる大学時代を送った私にとっては、遙かに遠い世界ですな(おい)

■「アニキは今相手の反応や球が『想定』より遅いから」(対アルバー戦)

エーちゃんにとって初のチャレンジャー大会の予選緒戦は、オーストラリアで対戦経験のあるアルバーと。
その時は惜しくも敗れたものの、今度はトッププロの球筋を目標にして日々練習してきましたから。
チャレンジャーの予選レベルじゃそら遅いでしょうなあ。

それにしても、キッカケを掴んだからとはいえ、たった一月半でこの進歩ですよ。
「マンガだから」と思うか、「やればできる」と思うか。
後者のように考えられた方が、人生楽しいですよね♪
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-08-21 11:01 | マンガ・アニメ | Comments(0)
祭りの準備で忙しくて通常更新が難しいので、また今日のひとことでカバー。
今日は地元テレビの取材を受けたのですが、何も悪いことしてるわけじゃないのに妙に緊張しますな。

ここであきらめたら
きっと「次」もその「次」も
あきらめることになる…
それは…イヤだ!


(宮川 卓也 ~『ベイビーステップ』12巻より)

今回は、恐らくここを読まれる方がノーチェックと思われるマンガより。
ただ、面白さは保証します。
私もいまどき週刊少年マガジンなど読みませんので、ぱんつ おっぱい マンガがあればいーのださんの記事で読み始めたのですが、これが大当たり。
ガリ勉の主人公が何の気なしに始めたテニスにどっぷりハマってプロのテニス選手を目指す、という筋立てなのですが、ズブの素人である主人公のエーちゃんが強くなっていく過程や試合の展開が理詰めで丁寧に描かれているため、
よし、ちゃんとしてる!
と、ぐっと拳を握りしめながら読んでしまう次第。
テニスの試合なんかでも、お互いに意図を持って勝ちにいくし、アホな行動を取った場合はその報いを受けるし、なんでそのアホな行動をとったかもきちんと描いてある。
ど派手な必殺技もなく絵もそんなに格好よくなくということで、同じテニスマンガであるテニプリのまさに真逆を行くこの作品。大ヒットは難しいでしょうが、末永く続いて欲しいと思う次第。
テニプリが日本テニス協会公認と聞いて、
それはひょっとしてギャグで言っているのか
と真顔になりましたが、同じく日本テニス協会公認の『ベイビーステップ』は、
これを公認しないなんてとんでもない!
こういう筋立てが好みなはずのenziセンセや、テニスをやってた細川氏とかには強力にお薦めしたい作品であります。

今日のひとことで取り上げたのは、最新刊の12巻のメインとなる、負けたら関東ジュニア大会に進出できなくなる大一番であるエーちゃんvs宮川戦でのひとこま。去年は実力では圧倒しながら勝ちを逃した宮川が、今度は急成長を遂げたエーちゃんに実力でブレイクを許し、精神的にガタガタになりかけたところで、同じクラブの大林先輩に「今ここで頑張れなかったら一生後悔するぞ」とハッパをかけられたところでつぶやいたのが冒頭のひとこと。
ちなみに、ここで頑張れないと私のようなダメ人間になります(核爆)
それにしても、前回は実力で圧倒する宮川に必死で食らいつくエーちゃんという構図を、今度は同じ対戦相手をあえて持ってきながら、力をつけたエーちゃんに逆に宮川が自分のすべてを掛けて挑むという構図を用意するところに『ベイビーステップ』の構成のうまさを感じます。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2010-04-26 20:24 | マンガ・アニメ | Comments(0)
「抜けない事があきらか」だからって
オレが「努力しなくていい」って事にはならない


(島田八段 ~『3月のライオン』第4巻より)

カンタンに更新できる方法を模索中。
こんなんやってみましたけどいかがでしょうか。

3巻後半から4巻にかけてスポットライトが当たった島田八段。
同い年でありながら、常に自分の遙か彼方先を進み続ける羽生…もとい、宗谷名人を、それでも追いかけ続けるという決意を語る一言。
第4巻で行われた獅子王戦(現実世界だと竜王戦に相当すると思われる)七番勝負の結果は(以下略)でしたが、とにかく島田八段は格好良かった。結果はともかく、この勝負に対する姿勢に心を打たれました。
この4巻だけ買って読んでみてもいいくらいですね。面白かったです。

ところで。
今まで『3月のライオン』の新刊が出るたびに表紙を『3月のライオン』の表紙に合わせてきた掲載誌のヤングアニマルが、今回は普通にグラビアアイドルを表紙にした件について。
そりゃあさあ、『3月のライオン』読まないヤングアニマルの読者からすりゃあムサイおっさんよかグラビアアイドルの方がなんぼかいいだろうし、編集部もそこまで踏み切れなかったんでしょうが、これは、個人的には、ひどい悪手だと思う次第でありまして。

もう一度。
とにかく島田八段は格好良かった。 
[PR]
by mitsuboshi03 | 2010-04-22 20:06 | マンガ・アニメ | Comments(5)
今日は平日の病欠でない休みの日。
こんな日は、普段できないことをしよう、とふと思い立って、一人で映画を見ることに。
それもこれも、こんな記事を書いてくれたえんじさんのおかげです。
ありがとう、また泊めて下さいね(爆)

一人で見に行こうとしたのには訳がある。
誘う相手がいないというのはまあその通りなのだが、その相手も厳選する必要がある。
開始5分で、そう思ったのが間違いでなかったことが証明された。

…二重反転プロペラ?こんなん整備したくねー…しかも空母の中で(涙)
※大馬力のエンジンを活かすためには必須なんだけど(でないとプロペラが大きくなりすぎて実用に耐えなくなる)、整備にたいへん手間がかかるため整備士泣かせのアイテム。

…す、推進式プロペラ機の単発機…
だ、脱出すんのが、コワイ、というか、乗りたくない、マジで。
※推進式プロペラ機最大の欠点は、パイロットが普通のプロペラ機のようにパラシュートで脱出しようとすると、自機のプロペラによって千切りだの細切れだのみじん切りになってしまうことである。
これを回避するためには、ジェット機に搭載されているような射出座席が必須。
んで、射出座席が毎回毎回確実に動くかどうかは(以下略)

…せ、戦闘機のそばでタバコ吸うなーっ!
※弾薬、燃料、みんなよく萌え燃えます

一人で見に行ったから脳内で我慢してましたが、他人と見に行ったらきっと声に出してしまうだろう。
あ~あ、めんどくさいねえ、ハンパなダメミリオタってやつぁ(笑)
と、序盤こそ変なところでイライラしてましたが、あることに気づいた時点で気にならなくなりました。

そうだ、これ、エロゲと思えば(核爆)

エロゲとして見れば、映像・音響・シナリオすべて文句なし。
これに比肩する作品はまず出てこないでしょう。
つーか、全国ロードショー映画の予算でエロゲ作っちゃあかんて(笑)
えーと、本番シーンこそ大陸カットされてますが(あたりまえだ)、その手のシーンは結構多いので、シチュエーション萌えな方ならばそれだけでご飯3杯はイケます(爆)
今回は○○ルートでしたが、途中で××ルート…に行くと見せかけて実はバッドエンドルート直行という選択肢が脳内で出てきまして、事前にご丁寧にも”そっち選んじゃだめだぞ、いいな、絶対選ぶなよw”なアドバイスを受けた主人公が××をほぼガン無視、というシーンがあったのには脳内で大笑いさせられました。
え、これってネタばれじゃねえの、って方へ。
これだけであの話を予想できる人がいたらコワイわ(爆)

では映画として見てみれば。
前提として、原作未見、前もって見たものはえんじセンセの記事だけです。

アニメ映画としても、CGとアニメとの融和っぷりは出色。音響も文句なし。
ただ、万人受けするかどうかは微妙。
少なくとも、カップルが見るには不適(笑)
基本的に、空戦シーンさえ見ればイィ!な映画。
だが、その部分の破壊力は並大抵なものではない。
空戦好きなら、ぜひとも映画館での視聴をお薦めする。

今年これまで見た映画の中では2番目に良かった映画。
つーか、インディージョーンズの4作目があんなに楽しいとは思わなかった。
監督スティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮ジョージ・ルーカス、脚本東ムラカム氏(核爆)のコンボは強力すぎるw

ところで、8月末か9月第1週ころ、映画イベントやりませんか>ワークス関係者
えんじさん推薦のアメコミ映画を見たあとに十傑衆裁判にかける(爆)つーいつものやつですけど(笑)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2008-08-18 23:19 | マンガ・アニメ | Comments(2)
歯が痛くてもマンガなら大丈夫~♪
いや、このくらいしかマジ楽しみなかったもんでorz

ずーっと前にネタにした「ハチクロ」羽海野チカの将棋マンガ『3月のライオン』が、ようやっと単行本になったのでさっそく購入。
ヤングアニマルでも毎号連載していたわけではなく、なおかつこのマンガを見た直後に「D・M・C!D・M・C!」とか見せられた日にはちょっとその食い合わせどーよになるのが気になって、雑誌でのチェックはほぼまったくせず。

いや『デトロイト・メタル・シティ』は好きだがね(ジョ○サン風味)

読んだことのない人には申し訳ないですが、概要はWikiでも見てもらうことにして。
一般的な書評を先にまとめときますか。
「絵柄にクセがあって人を選ぶが、人物描写が比較的しっかりしていて読み応えがある。
いちおう先崎八段が監修しているが、将棋ネタは総じて薄め。
将棋マニアには食い足らないが、一般のマンガ読みにはかえって好都合かも。
絵を見てイヤにならない人なら、買って損はしない。」

以下、将棋ファンでマンガ読みの立場からのまとまらない感想を箇条書きに。
単行本を見ないとわからんネタが多いので、その辺ご了承を。

・主人公「桐山 零」と同姓の棋士ということで、桐山清澄九段の名をまず上げときたい。
米長カイチョーラや中原フクカイチョーラと同世代で、彼らのような化け物と戦いながら棋聖3期・棋王1期を獲得している大物。2005年に勤続40年を迎える長老格でありながら、未だにB級2組、竜王戦ランキング2組と上位をキープしているのには恐れ入る(中原フクカイチョーラはフリークラスへ転出済。米長カイチョーラに至っては引退済)。
「いぶし銀」という言葉が背広着て歩いてるような謹厳実直なたたずまいだが、将棋ではときに激しさを見せる攻め将棋。個人的にはぜひとも1000勝を達成して欲しいが、ぞれにはあと100勝近くの積み上げが必要。年齢が年齢だけに、これは達成できるかどうかギリギリのライン。
零くんとは黒ぶちのメガネに共通点あり。参考にしたのかしらん。

・零くんや三姉妹の棲家が月島・佃界隈なので、昔このへんに住んでた後輩のところへの道中を思い返して懐かしさに浸る。
元気かな。

・二階堂君といい、一砂といい、スミスといい、
こんなきみょうないきもの棋士にはいないよ!面白いけど!

・二階堂君のモデルは、こちらでも以前からネタにしている故・村山九段。
現物はここまで面白生物ではなかったと思うが(爆)
ちなみに村山九段が罹っていたのは、「20歳まで生きられない」難病と言われる腎ネフローゼ。
それこそ花岡みたいな執事でもいない限り、普通の生活を送ることすら難しい。

・夏休みの将棋大会とか、送り盆とか、ストーリーに季節感を上手に取り込んでいて好感が持てる。ごちゃごちゃした背景も下町っぽくていーなー。

・わかってはいたのだが。
棋士って一般生活じゃ全く役に立たないのなw
役に立つのはせいぜい栗の皮むき(けっこう難しい)くらいか。
斬新な将棋マンガだと思います(笑)

・一家が交通事故で亡くなっているとか、預けられた棋士の家庭が崩壊したとか、一般の方にわかりやすいネタを使って棋士に潜む闇を描こうとしているのかなと。
すれっからしの一将棋ファンからすると、将棋そのものが闇なのだが、それを一般の方に理解させるのはかなり難易度が高い。将棋ファンとしては減点材料だが、同人誌ならともかく、ヒット作を目指すこの作品としては止むを得ない選択かと。

・某『月下の(以下略)』を彷彿とさせる二階堂君のカット。
パッと見似てなくもないが、元に比べて線が柔らかいので見分けがつく。
笑ったけどw

・先崎八段のコラム、一般向けなせいかいつもと違って毒とコクがねーなおいw
文春のコラムや将棋世界の『千駄ヶ谷市場』は面白いよ。

・いろんなところでさんざんネタにされてますが、巻末のネタは笑ったw
よつばスタジオも妙なところで大災害をもたらしましたなw
いや、あれは見せパンだからセーフかも(全然ダメ)

・『3月のライオン』ってことわざだったのね。めもめも。
でもね、棋士は3月になったら、ライオンでもトラにでもならねばならんのだよ。
暖かい春を迎えるために。
でないと、自分が食料になっちまうから。

と、いうわけで、明日は3月3日。
A級順位戦最終日「棋士の一番長い日」であります(強引だなオイ)
真昼間やAM2時まではさすがにつきあえないんで、録画でじっくり楽しもうかと。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2008-03-02 20:55 | マンガ・アニメ | Comments(2)
ノートン先生のあまりの遅さに耐えかねて、やっとのことでウイルスソフト更新。
Asellusセンセお薦めのWindows Live OneCareにしよーかとも思ったのですが、何を思ったかついカッとなってロシアの雄Kasperskyを選択。
うむ・・・IEの立ち上がりは早まったが、懸念された通り回線がちょっと遅いかも・・・。
あと、ロシア製だからというわけではなかろーが、中華ワームに弱いってホント?(爆)
まあ、マシン買い替えまではこれで凌ぎましょ。

今日は細川センセがやってくれる・・・なネタをカマしてくれたので、こちらも負けずにニコニコネタで(負けてる、ぜったい、負けてる)

細川センセにコメントで釘を刺されたので、今回はアイマスネタは控えめに。

ひぐらしのなく頃に祭 澪尽し編OP『コンプレックス・イマージュ』FullVer

最近のヘビーローテ。
いや、かなーり前の作品なのですが、発見したのが遅くてね。
本編のネタバレになってしまうのがアレですが、デキは保障します。

必殺SchoolDays

言葉主水、降臨(核爆)

というわけで最近話題沸騰中のを(笑)
こんなんやられたら笑うしかなかろう
セリフやedの使い回しぶりが秀逸。
困ったことにだいたいあってます(待て)
必殺厨涙目www

初音ミクにオリ曲を喋ってもらった  「初音ミクの暴走」

最近オリジナル曲のうpが多い初音ミク。
celluloidとかLittle Mとか、普通に名曲なのをさしおいてコレを選択するあたりが
我ながら業の深さを感じる今日この頃。
というか、せっかくのボーカロイドなんだからこういう
いろんな意味で人間が歌うことを拒否する曲(笑)
を歌わせるのが本来の使い方(爆)と思われるが、どうか。
ちなみに、これを歌おうとするには、
言葉主水様に仕事してもらうの刑(爆)

機動戦士ガンダム00のOPを暴れん坊将軍にしてみた ミラー

これを見た当初は、どんだけラルク嫌いなんやおまいらな作品の一つとたかをくくっておったのです。が、ちょっと目を離した隙に、
どんだけ米好きなんやおまいら(褒め言葉)
な作品に(笑)
まったく見る目がありません
コメントないと人生半分な作品だけに、本家の消滅が惜しまれますが、ミラーになっても
どんだけ米(ry
改めて思いましたが、暴れん坊将軍のop曲、イィ!

アイドルマスターでキャプテン翼

貴重なアイマス券を使うに値するネタ。
キャプ翼の素材を上手に使っていることといい、ドット絵といい小技が効いた良作。

と、ここで終わりにしようと思ったら、最後にとんでもない奴が・・・

【ずっと戦闘中】サクラ大戦 合体技46連発【精神攻撃】

某ワークス員なら、はじまったなみつぼしwwwと言われそーなのを承知で掲載。
だってこんなネタ回避できんだろ(屍)
ただ単に合体必殺技を端から並べただけなのだが、いや~破壊力あるわぁ(苦笑)
それでも1はまだいいのだが(たとえアイリスでも)
これだけぎょーさんバカ見せられると、だんだん
まともに闘え、頼むから
な心境に(爆)
掲載者のコメント通り、3:55あたりから本領発揮なのだが、
そこまででかなり心が折れそうになってたんですけど(弱)
それでも最後まで耐え切ったところが業の深さなんでしょうなw
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-10-29 22:40 | マンガ・アニメ | Comments(3)
最近いろいろ不安定で、なかなか記事が書けませんorz
リハビリがてらに最近の心の友、ニコニコの話を(笑)
最近これわ!と思った奴をチョイスする方向で。

☆ 初音ミク ☆
ここ最近のニコニコ最大のキーとなったYAMAHA脅威の技術力のたまもの、初音ミク(笑)
なんだか壮大な技術の無駄遣いという気もしますがw
というか、ニコニコだけで初音ミク購入画面10万件ヒットってwww
有名どころだとエスパー魔実とかですが、あれは上手すぎるのでこんなところでw

VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた
つーかこっちの方がむしろ有名か。
いわゆる「ネギ」の歌ですなw
ミクたん日本語よりもロシア語とかの方が上手なんでしょうか(笑)
動画もなかなか凝っててかわいいですよ?

初音ミクにバビル二世を歌わせてみた♪
こっちはおとーさんwの調教ある種天才的で(爆)
音の外し方とか空耳なんか神業なんですが(核爆)
ミクたんがアホの子呼ばわりされておりますが、むしろこれはこれで萌え!(待て)
メイコたんの調教に苦労している弐号センセとかからすれば
こんなんで良かったんかい!(絶叫)
な作品ではありますが、絵もなかなかイィ!ので、是非。
みっつのしもべに めいれいだ みゃあ~♪

ついでに、とある先輩のためにトラップを仕掛けておきましょうw
初音ミクでバシシ リブルラブル
初音ミクがグラディウスの基板に搭載されたようです
(バブルシステムの起動時に流れる音楽・・・って一般人光速で置いてけぼりw)
ナイトストライカー@ミクさん

☆ おっさんホイホイ ☆
誰が呼んだかおっさんホイホイ。
つーかさ、いいものはいつになってもいいんだよ!
早くおっさんになると楽だぞ~(待て)

アイドルマスター 「ダイヤモンドアイ」 765プロ・ロリトリオ合唱団
しかし、いくらなんでもここまでいったらおっさん過ぎるのではないか(爆)
私もさすがに見てないぞ(笑)
とにかく、編集が神すぎるんでそれだけでも見る価値あり。
いまどきのTVヒーローが口に出せないであろう外道死ね!はいいなぁ(待て)
あと、ばれたかぁ~!のまぬけっぷりもw

【アイドルマスター】大江戸捜査網夜を往く
「大江戸捜査網」と「エージェント夜を往く」の混ぜ合わせという、
激しく混ぜたら危険(爆)な作品。
鬼才「麦茶P」渾身の一作。
人によって好き嫌いが壮絶に分かれるであろう作品ですが、
これを理解できるオレはもしかして選ばれた人ではないかという
錯覚にトリップ
できる迷作(笑)

☆ その他 ☆
というか、みんなアイマスじゃねえか(爆)

【伊織だけは】『伊織 GO MY WAY!!』という名の動画【ガチ】
作者曰く、伊織応援動画できたよー!\(・∀・)/とのことですが、
その後の告白通り、なんかもういろいろひどいです(笑)
だがそこがイィ!(爆)
こんなネタ作品にして、編集が無駄に丁寧(爆)なのは特筆しておきましょう(笑)

アイドルマスター 萩原雪歩 バンビーノ
ネタ作品ばっかりなラインナップになったんで、最後くらいはマトモなのを(ほんとか?)
ヘッドホン必須 高性能品ほど破壊力増(マジ)
こんな曲をニヤニヤしながらスピーカーで聞いてて、
背後にヨメがいますorz
なんて事態は避けたいところですな(爆)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-09-24 20:02 | マンガ・アニメ | Comments(3)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03