2005年 02月 27日 ( 1 )

勝ったらその日に更新しようと思ったが、負けたので1日置くことに(苦笑)
読売にはなんであれ負けると

くやし~~~!

ので(笑)
これでこそ宿敵との対決らしい。

試合内容については、オフィシャルサイトやこちらのLooseBlogさんが詳しくまとまってて良いです。この記事では、事前に書いた)宿敵(サッカー ゼロックススーパーカップ vs読売 プレビュー)で上げたポイントがどうだったかについてを中心に書いていきます。
無意識のうちにビデオを上書きしてしまったので記憶に頼った部分もあるのでお許しあれ。
それにしても、我ながら無意識GJ!だな(核爆)

☆林包囲網
フリーにさせるとやはり危険なパスが出る林だが、後半読売全体の運動量が落ちてからはパスの出しどころに苦心していた気が。まだワシントンが入ったときの攻撃の組み立て方を模索している段階のようなので、それを解決させるのが先決かと。

☆田中隼vs相馬
これは予想通り、ほぼ互角。
相馬が上がり、その上がったスペースを田中隼が突く展開。
どちらも見せ場は作れたのでは。
田中隼はクロスの精度や中に切りこんでのシュート、という展開をもっと要求したい。

☆ワシントンvsマリノス3バック
ワシントンがねえ…予想外でした。
ブラジル人らしいスローペースな調整でも中澤を引きずってのシュートは圧巻。
パワーだけじゃなく、前半ロスタイムに見せたドリブルからのシュートも実に巧みだし、守備ラインの裏を取れるスピードもある。ブラジルでの実績はホンモノでした。
それでも中西や中澤のマークでなんとか抑えてはいたのですが、他の選手では止められない。失点はいずれも栗原や那須がマークについたときのもの。栗原や那須は高い授業料払ったと思うんで、なんとしても次に生かして欲しい。那須はそろそろボランチに専念させた方が良いのかも。
次はぜひとも「フルパワー松田」で止めて欲しい。
いや~、久々に出ましたわ、松田が全力出さないと止められそうにないFWは。
普段からフルパワー出してると赤キップや黄キップで止められる(爆)ので滅多に見れないのだが。

☆ドキッ!ケガ人だらけのマリノス攻撃陣
ジローはただ走りまくっていただけ、な感じ。
大島はポストプレイが出来ることを証明。ただ、彼がサイドに流れたときの攻め方には改善の余地有り。1点欲しかっただろうが、チャンスはほとんどなかった。
山崎は今回のようなスーパーサブ役が向いているのかも。2点目につながるFKゲットとこぼれダマに追いついてからのアシストの上々な仕事ぶり。
FWはしばらくは彼らぐらいしかいないので、超ガンガレ。

ついでにいままで取り上げなかったマリノスの選手の印象を。

榎本達  ロスタイム1点リードの場面で急ぎ過ぎ。守備面はまあまあ。一歩ずつの改善を。
栗原   時折マークを外すことも。経験積んで改善を。
中西   中央でワシントンを良く抑えた。ケガが悪化しないことを祈る。
中澤   彼が引きずられる場面は久々に見た。最終予選を前に良い目標が出来たと思う。
那須   ゴール前でフリーだったらまずシュートを。攻撃の組み立てにももっと顔を出して。
上野   PK失敗はまあしゃあない。那須とのボランチコンビは相性悪そう。
遠藤   久々の復帰。中盤が活性化するので、試合勘さえ戻ればボランチの軸に。
奥    調子が悪いのもあるが、ボランチが引き気味で孤立しているのが不調の原因かと。
ドゥトラ A3のときよりは体調は良さげ。視野を広く保ち、プレーの精度を上げたい。
大橋   2点に絡む大活躍。1点目のドリブル、2点目のFK、共に良し。この調子で。

最後に全体的な感想を。
負けはしたが、収穫はあったと思う。普通のクラブならこれだけ主力にケガ人が出ていたら試合にならないのだが、それほど見劣りしない内容で終われたのは良かった。あとは早くケガを治して、現在模索しているポゼッションサッカーの質を高める段階に到達して欲しい。
あとは超ジコチューな意見なのだが、読売との対決なので岡ちゃんにはもっと本気になって欲しかった。PK戦の1番目のキッカーが栗原なんていくら読売相手でもなめすぎだろう(爆)決めたけど(笑)
オジーはその辺判っていてガチでした。
単に勝ちグセをつけたかっただけかもしれないけど(笑)
[PR]
by mitsuboshi03 | 2005-02-27 17:39 | スポーツ | Comments(4)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03