岩波さんの実家

もうずいぶん昔になっちゃいましたが、私も買いました『今日の早川さん』。
ブログ版を上手にリファインしている良作だと思います。
近所の書店でまだ何冊か生き延びてますが、出戻ることなく無事保護されるといいですなー。
それにしてもここの岩波さんは胸といい実にけしからんですな!(ぉ
ご先祖様は泣いているぞ(爆)


というわけで今回は、岩波さん・・・じゃなくて、岩波書店のご先祖様である岩波茂雄に関連する話をひとくさり。

岩波茂雄というと、岩波書店設立の他に今ではすっかり悪名高くなった再販制度に繋がる本の定価販売を始めた人としても知られてます。
ま、それは置いといて、この方の実家は私のいるとこから歩いていけるところにあったりします。私の小学校と高校の大先輩にあたります。中学は統廃合があったりした関係で別になってますけど。
私のいた小学校のOBとしては一番世間的に名が通る人でしょうね(高校だとまた別なんですけど)。

そんな縁もあってか、小学校のそばには昭和22年以降の岩波書店発行図書を全て揃えている図書館である信州風樹文庫があります。
昔はよく岩波ジュニア新書を借りに行ったり、小学校の掃除当番にぶち当たって掃除をしに行ったりしたもんですが、そのときの建物はすでに取り壊され、今は公式HPの写真通りの立派な建物になってます。ちなみに、今の敷地は以前うちんところが市に統合される前の村役場があったところだったりしますw

その信州風樹文庫が創立60周年を迎えたということで、地元の新聞がこんな記念の記事を載せてました。
しかし、戦後直後のどたばたの時期に、東京くんだりまで直接本を取りに行った人たちがまだご存命とは!
ちなみに、私が信州風樹文庫に通ってたころはこの方々から本を借りてました(笑)
web版には書いてなかったんですが、本を寄贈してもらう話を岩波茂雄には断られ、息子に承諾してもらったという話はなかなか興味深かったですな。

岩波マニアには、本社と並んで聖地の一つ。
諏訪ICから車で1分以内ですんで、諏訪観光のついでに来てみるのもいいかもしれませんね。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2007-11-10 10:55 | 日常 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03