竜王戦第1局

blogのレポートをチェックしていると、公開してからカウンタの回りがヒトケタ
上がっている。
良きかな。
以前は私しかアクセスしてないしな(ぉ

さて秋冬の風物詩、竜王戦もいよいよスタート。
第1局はブームに乗っかり韓国での開催。
タタミが用意できずカーペットの上で対局ってのが海外対局らしい。
え、韓国は国内だろって?(爆)





棋譜はここを見るのじゃ。

振り駒の結果、先手は渡辺挑戦者に決定。
さらさらと矢倉戦に進む・・・と思ったら、どこかで気が変わったのか後手の
森内竜王が△5三銀左から米長矢倉に。
こうと決まれば急戦だ。1日目からいきなり決戦となる。
後手番から主導権を握れるため、昭和の終わりころに流行った戦法なのだが、
その後なぜか廃れてしまったなぁという認識でいたのだが、今回の対局で
なぜ廃れたのか、原因がなんとなくわかった気がした。
とにかく、今回みたいに△5三銀△6二銀△5二金という形のまま開戦した
形がめちゃくちゃ悪いのだ。
金銀三枚が自陣にいるというのに、ちっとも王様が固くない。
むしろ王様が上に逃げられないだけ不利というありさま。
渡辺挑戦者もその金銀が働かないうちに攻めようという姿勢が現れていた
ような気がする。
取られそうな先手の金が8三まで進出し、そこを拠点に7二金と打ち込んで
飛車が詰まされたのが形勢を如実に反映していた。

森内竜王は頑張った。
竜王戦はBSでの中継がある。
いかに急戦の将棋とはいえ、BSの中継前に終わってしまうのはまずい。
なんとか粘って4時半に投了。
予定ではBSの中継は4時から。責任は果たしたはずだ。
ところが、BSは直前になって国会中継で番組をぶったぎって5時40分からの中継に短縮しやがったのだ!
なめんなNHKー!
[PR]
by mitsuboshi03 | 2004-10-20 20:56 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03