細川センセの宿題をがんばって解いてみた

W杯のグループリーグ展望が終わってないのですが、細川氏よりこんな宿題が↓

イギリス教科書にみるミッドウェー

ぐぐぐ・・・、イギリスの中学生はホントにこんな宿題やってるんでしょうか。
いや、奴らは日本の機動艦隊に虎の子のプリンス・オブ・ウェールズを沈められた痛い歴史がある。
これこそ歴史に学べ、って奴ですな。
日本も現代史から逆算する学び方にすれば、歴史嫌いの子もだいぶ減るんじゃないかと。

というわけで、私なりの回答を。
なお、Wikipediaの珊瑚海海戦とミッドウェー海戦を参考にしてます(ぉい
あ、石を投げないで・・・ちゃんと文章は考えて書いたから許して。

1.ミッドウェーでの日本軍の敗北につながった山本長官の誤算とは何か。
→暗号解読によりミッドウェーへの攻撃と、アリューシャン方面への米軍機動艦隊の陽動という日本海軍の意図が暴露され、ミッドウェー方面に戦力を集中されたこと。
→珊瑚海海戦で被害を与えた米軍空母ヨークタウンの修理が、ミッドウェー海戦に間に合ったこと。

2.ミッドウェー諸島を攻撃しようと決意した日本指導者の動機は何であったか。
→日本に有利な条件での講和を導き出すため、アメリカ太平洋方面の一大根拠地であるハワイ諸島を占領するための拠点としてミッドウェー諸島を確保する。また、これを阻止すべくやってくる米軍機動艦隊を撃破し、太平洋方面の制海権を確保する。

3.日本軍とアメリカ軍の間で戦われた「太平洋の戦い」は、どのような「新しいタイプの海戦」だったといえるか。
→以前の戦艦による砲撃を主軸とする戦い方とは異なる、空母艦載機による雷撃および爆撃を主軸として戦う海戦。

4.珊瑚海海戦について説明しなさい。
→1942年5月8日、ポートモレスビー攻略を意図する日本機動艦隊と、それを阻止しようとする連合軍機動艦隊が珊瑚海で戦った海戦。機動艦隊同士の海戦はこの海戦が歴史上初めて。空母の損失は連合軍側が多く、作戦的には日本軍の勝利とされている。しかし、日本側は航空機の損失が甚大だったことから作戦目的のポートモレスビー占領を断念したため、戦略的には連合軍の勝利とされている。
なお後のミッドウェー海戦において、この珊瑚海海戦に参戦した日本海軍空母の翔鶴・瑞鶴が参戦できなかったのに対し、米軍空母のヨークタウンが修理を間に合わせて参戦できたのはミッドウェー海戦の勝敗を大きく左右したと言われている。

こんなんでいいっすかね。
それにしてもWikipedia、詳しすぎます(笑)
誰がこんな力作書いたんでしょうか。タダで(爆)
カテ違いですが、八王子市とかも妙に細かいっす。
興味のある方は見てみては。
リンク貼ろうとしたらうまくいかねーでやんのorz
[PR]
Commented by 島田一等飛行兵曹 at 2006-06-06 00:17 x
大艦巨砲主義者の儂としては一か八か水上戦に持ち込むべきだったと愚考しています。後のことはわかりませんが少なくともミッドウェー島はとれたと妄想しています。(艦爆だけでは日本の戦艦は沈まない・・・ハズ)

>中盤にコクを与えるコクー

中盤に コクを与える コクーかな

ナイスな川柳になりますな。w

では、マルタ戦を見て儂も一句。(待て)

一点か なんだ玉田か たまたまだ

・・・・・・スマソ、切腹するっすw
Commented by hosokawa18272 at 2006-06-07 19:31
うむ。すばらしいです。
イギリスの中間テストなんかだと、こんな問題がでるんですかね?
「世界一受けたい授業」ですな。
Commented by mitsuboshi03 at 2006-06-07 19:36
コメントいつもありがとうございます。

>大艦巨砲主義者の儂としては一か八か水上戦に持ち込むべきだったと愚考しています。
後々のことを考えれば、あそこで勝負する手はあったでしょうね。
まあ、細川氏blogのコメントにもあった通り、それ以前の問題として戦力を分散させてたのがまずかったとは思いますが。
「第二次真珠湾」なわけですから、賭け金けちっちゃだめですよ。

>ナイスな川柳になりますな。w
あざーっす!(某ブログ王風)
Commented by mitsuboshi03 at 2006-06-07 19:38
おお、島田閣下のコメント書いてたら細川氏からもコメントが。
ありがたいことです。
>「世界一受けたい授業」ですな。
いや、まったくです。
戦争ネタって、教わってみると興味引くと思うんですけどね。
by mitsuboshi03 | 2006-06-05 20:52 | ミリタリー | Comments(4)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03