そ、そんな・・・谷川が、こうもあっけなく・・・(名人戦 第2局)

「そ、そんな太いの、入らない・・・」
「大丈夫だから、入れるよ・・・」

みつぼしは杭を打つ~ ヘイヘイホ~(爆)

今日の午前中は家の畑(自家用)でひたすら杭打ち。
これからロープを張って、ネットを張って、
アカトナカイ鹿の襲来に備えます(本当)
いやホントだって。
父には隣近所の方々とワナ作りに行ってもらったし(爆)
・・・ウチっていったい・・・

身体を働かせた分、頭も働かせるべえと今日は将棋ネタで。
寝かせていた名人戦の第2局です。

森内名人の先勝で迎えた第2局の会場は新潟県の長岡市。
例の地震からの復興記念となります。
また、意外なことに新潟県での名人戦は初めてとのこと。
東京から日帰り圏内だし、会場になりやすい温泉地にはことかかないのに。

この第2局、先手番となる森内名人は秘策を練ってきました。

  後手番の谷川九段の戦法は多分アレだろう。
  緒戦が一手損角替り戦法だったし、なにせあの戦法の考案者はあそこの出身だ。
  じゃあ、それを狙い打つということで。

さて対局当日、谷川九段が選んだ戦法は・・・。
b0017164_19442317.jpg森内名人が予想した通りのゴキゲン中飛車。この戦法の考案者である近藤五段は、ここ新潟の生まれであります。ゴキゲン中飛車のゴキゲンは、近藤五段がいつもにこやかなんでじゃあ、ゴキゲン中飛車にしようやの鶴の一声で決まったとのこと(笑)
んで、図の▲5八金右が森内名人の秘策その1。後手が△3二金と指せば穏やかですがやや気合負け。対して△5五歩と強気に出るなら、▲2四歩からいきなり終盤戦に突入。
そうです。第1局に続き、ここでも森内名人はささやくのです。
谷川先生、「ぬるく」△3二金にしますか?それとも△5五歩と指しますか?
第1局に続く森内名人の瀬戸際外交(違
どうする、谷川九段?

こちらでも書いた通り、谷川九段の本性は迷ったらとにかくアクセル踏むぜつーイケイケぶり。が、今回A級順位戦を勝ち抜いた原動力は後手番ではむやみにアクセル踏まずに柔軟に指し回すセオリー。
さてどっちを選ぶかってことなんですが、第1局に続き森内名人がこうあからさまに挑発するんじゃ、ってことでやっぱり決戦策の△5五歩を選択。対局開始1時間後に、いきなり終盤戦に突入となりました。
あの、持ち時間9時間もあるんですけど(汗)
b0017164_2119293.jpg進行が早いのは、谷川九段が決戦策を選んだだけではありません。
ここまで森内名人はほぼノータイムで指してます。
持ち時間が9時間もあるのにノータイム。
実はこれも森内名人の秘策その2。
いくら決戦策を選んだとはいえ、ここからしばらくは定跡手順。
ノータイムで指すことにより終盤に時間を残すだけではなく、谷川九段に、
「これそのまま指したら1日目の午後で終わっちまうなあ」
「じゃあこっちで時間を使って時間を調整しないとな」
などと余計な気を使わせるというある種姑息な芸です(爆)
ちなみに、図は1日目の昼食休憩時点での局面。
定跡手順ですが、すでに終盤戦たけなわです。

b0017164_2129541.jpg図の▲8二銀で1日目終了。消費時間は谷川九段6時間に対し、森内名人はたったの1時間
まあすでに終盤戦なんで、3時間もあれば時間は十分足りるのですが、それにしても消費時間は名人戦史上でも記録に残る大差がつきました。
控え室では、ここから△8九馬▲8一銀成△5七歩、あるいは単に△5七歩、の進行を予想していたのですが、谷川九段の封じ手は驚愕の△5四香!控え室では次の▲4三桂成でダメでしょう、と言われていたのですが・・・。

b0017164_21444143.jpg先ほどの図から▲4三桂成△5一飛▲8一銀成△同銀▲5三桂と進んだのがこの図。金の両取りをかけられて困ったかに見えますが、ここで谷川九段が指した△7二銀打!が受けの妙手。先手陣にすぐ攻めかかる手は現状ありませんが、谷川九段は必死に耐えてカウンターを狙おうとするのですが・・・。

b0017164_21531145.jpg先ほどの図から▲1二竜△2二歩▲2三歩と進んだのがこの図。ここで△3二銀なら△7二銀打に続く受けの妙手で逆転もありえる勝負手だったのですが、谷川九段の指した手は△5六香。これがタダの金取りなだけで、金を取ったとしても詰めろになっていないというのは、終盤戦たけなわなこの局面ではあまりにも攻め足の遅い一手でした。この金取りを受けずに、かまわず▲2二歩成△4二銀▲3二と、と攻め合いに出た森内名人がこの後をしっかりとまとめ、69手という短手数で勝利しました。

結果的には、森内名人の秘策が的中してそのまま押し切った一局に。
谷川九段も△7二銀打と技は見せたのですが、挑発に乗ってしまったのがここでも裏目に出た気がします。
森内名人は、なりふりかまわぬ秘策で着実に2連勝。激辛流の面目躍如といったところでしょうか。第3局は勝率の悪い後手番なんですが、ある意味秘策を使うならここでしょうという場面。勝てば3連勝で本当に楽になります。次なる秘策はあるのかないのか。

第3局は明日から2日間、香川県仲多度郡琴平町にある「琴参閣」にて行われます。
というか、明日は私の誕生日。
なんでもいいから祝って(爆)
[PR]
Commented by たしろ at 2006-05-12 02:38 x
おめでとうございますー
Commented by 茶之介 at 2006-05-12 20:06 x
 誕生日など、もう来なくて良いと思っている俺が来ましたよ。

 だもんで、数年前から誕生日を迎える毎に一歳若返っていく、という脳内設定(オリビエ・ポプラン方式)を採用しております。

 ……因みに私は5/10でした。
 認めたくは無いものだな。自分自身の老いというものを……(屍)
Commented by hosokawa18272 at 2006-05-12 22:26
そうですか。誕生日ですか。
それはそれはおめでとうございますです。先輩。(笑)
Commented by hosokawa18272 at 2006-05-12 22:27
>などと余計な気を使わせるというある種姑息な芸です(爆)
これって本当なんですか。としたら姑息すぎる・・・w
Commented by mitsuboshi03 at 2006-05-16 15:43
今度は1週間ぶりだよorz
次からはがんばる。うん。

>おめでとうございますー
おお、お久しぶり。というか、読んでたのか(苦笑)
なんか食いつきの良いネタだったらまたカキコよろしゅう。

>誕生日など、もう来なくて良いと思っている俺が来ましたよ。
なんかねーもー。
そういや1日違いだったっけ>誕生日

>それはそれはおめでとうございますです。先輩。(笑)
ガッデム!!(笑)
ま、あと数ヶ月の命ということで(w

>これって本当なんですか。としたら姑息すぎる・・・w
森内センセ、「目的のためには手段を選ばない人」なんで(毒)
2chだと、「空気嫁」なコメントの多いこと。
まあ、これも勝負師に徹していることの表れということで。
by mitsuboshi03 | 2006-05-10 22:04 | 将棋 | Comments(5)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03