プロペラをつけた怪物たち

先日、CSチャンネルのGAORAでRed Bull Air Raceを見ました。
気流の影響の激しい超低空でカリプソやらループやらナイフエッジといったハイレベルな曲芸飛行をこなしつつ最速でゴールを駆け抜けるという正気ですかあんたらつーレシプロ機による世界初のアクロバット・コンチネンタルサーカスという代物。
だいたい、コース設定からして例えば第3戦のオーストラリアでは
橋の下をくぐってからスタート(待て)
一般的な日本人な私の感覚からすれば、
わーすごく良く出来たフライトシミュだねこれ(爆)
なのですが、画面の右端にはLIVEの4文字(ちょっとだけ脚色あり)
一応パイロン代わりの障害物だけは風船になっているんでちょっと引っ掛けたくらいでは影響ないようにはなっているんですけど・・・。
いや面白いけどさっ!日本じゃ絶対無理ですから!
でも一時期は夢といわれていたWRC日本招致も数々の苦難を乗り越えて去年から十勝でやるようになったし、いずれ日本でも・・・いや待て。
個人的には日本開催を熱望してはいるんですけどね(苦笑)

いーさ、いーさ。
こんなの日本で放映してくれただけでもめっけもんさ。
と自らを慰めつつ、補完のためにこんなマンガを買ってきましたとさ。
アンリミテッド・ウィングス(1) カドカワコミックスドラゴンJr

掲載誌のドラゴンエイジといえば仮面のメイドガイというのはenziセンセも力強く同意するところではありますが、この雑誌にはもう一つ、特筆すべきマンガがあります。
それがこのアンリミテッド・ウィングス。
航空ファン(雑誌名ではない(笑))なら死ぬ前に1度は見れ!とまで絶賛されるエアレースであるRENO National Chanpionship Air Raceを扱ったマンガであります。
このレースは、普通の電柱の上ぐらいの15mほどの場所に置かれたパイロンギリギリを疾走し、8.4マイルのコースを8周して誰よりも早く帰ってこれれば勝ち、という極めてシンプルなルールが逆に人々を惹きつける魔性のレース。通はリノ、と言うだけで「ああ、あれか」と話が通じます。ジェット機や参加しやすいワンメイク(セスナ屈指の名練習機T-6テキサンなど特定の機体だけで争う)のレースもありますが、このレースの華はなんといってもアンリミテッド・クラス。空荷で重さ4500ポンド以上なレシプロ機なら何持ってきてもいいよ、というアメリカ人らしいアバウトさが大人気(爆)
んで、何でもいいと言われると全く容赦しないのがアングロサクソン人(核爆)
フルスクラッチという手もあるにはあるのですが、予算の都合(苦笑)もあって一般的にはP-51ムスタングやF-4Uコルセアといったおなじみの機体に「遅れてきた真のゼロ・ハンター」F-8Fベアキャットや本当に遅れてきちゃったイギリス最高峰のレシプロ戦闘機(爆)シーフューリーといった大戦末期のレシプロ機を改造するのが一般的。エンジンは空気抵抗の少ないマーリン・エンジンをハイパーチューンするとか、いっそのことB-29が使っていたR-3350を無理矢理載っけるというのがよくある形です。主翼は速度を出すためギリギリまで切り詰め、機体によってはカーボンを採用するなど(本気だ)徹底した軽量化を実行。これで、速度を出すのには不向きな地上15mほどの超低空ながら叩き出されるスピードはレシプロ機としては驚愕の800km/h以上!
いやはやトンデモない代物であります。
しかし、レースに参加するのはあくまでもアマチュア。
F1などのように企業がメンツをかけて参加することはなく、あくまで逸般一般有志がお金をかき集めて自分たちでマシンを作って参加する、という古き良き伝統が今も息づくというところがリノの大きな魅力ですね。

そのリノで、王者”ダゴレット”に挑むは「リノの小さな女神」エリサベス嬢。
レース中の事故でP-51ベースの”ファイアバードⅠ”を失ったのを機に、新たな翼”ファイアバードⅡ”を生み出すために向かった先は、日本。
・・・というのがマンガの冒頭になります。
いや、俺だってなあ、リノのマンガなんてあったらいーななんて妄想したことがなくはなかったさ。
だがなあ、そんな狂気のネタを掲載する出版社なんて、
いったい日本のどこにあるんだよー!
・・・と思っていたのですが、
ドラゴンエイジ神キター!
というわけで、無事連載とあいなりました。どっとはらい。

私がこのマンガを単語で表現するとすると、
「わかっている」「燃える」
になるでしょうかね。
とにかくこの作品の「わかっている」ぶりはハンパではない。
まず”ファイアバードⅡ”からして、機体は旧日本陸軍幻の高速試験機「研三改」のフルスクラッチ。エンジンには実機が想定していたMe109E/F搭載エンジンのDB601の正常進化版、Me109Gが搭載していたDB605をフルチューン。メカニックはエリサベス嬢子飼いのボルト&ナットガイと世界一の技術屋集団大田区の町工場の皆さん(爆)という最強タッグ(核爆)
パイロットは紆余曲折の末に空自の元イーグル・ドライバーが押しかけパイロットかよ(爆)で、レシプロ機に慣れていない彼をシゴきまくるのがリノ7勝の伝説の英雄、ダリル=グリネマイヤー・・・って実在の人物ですよ奥さん!彼のみならず、”ファイアバードⅡ”の好敵手となる王者”ダゴレッド”や”レア・ベア”に”ストレガ”、”クリティカル=マス”といった機体とパイロットはほぼ本物を使ってます(待て)
作者さんは今年のリノにマンガを持っていったところ、地元新聞に取材を受けるわ、マンガにも出てくる”ダゴレッド”のパイロットのスキップ・ホルムが自分のマンガをネタに盛り上がっているのを見て驚愕するわ(そりゃそうだ)な歓待を受けた模様。
そりゃそうでしょうよ。
もう、これだけでも涙ボロボロですから
で、萌え「燃え」ですが、これは保障します。
序盤からして、
「かつて自分が作った『研三改』の図面を60年ぶりに見せられて発奮し、いきなりジェラルミンからの一発叩き出しでプロペラを整形するオヤジ」だの、
「リノの映像にかつてのパイロットとしての空を飛びたい情熱を呼び起こされる元パイロット」
といった熱いシーンがてんこ盛り。
途中でも、マシントラブルやエリサベス嬢の病気に襲い掛かるライバルたちという数々の苦難を必死の努力で乗り越えていく姿には胸を打たれるものがあります。
あとミリオタとしては、日本人が考え、日本人も作り、日本人が乗る機体がレノで勝つ、というだけでご飯3杯いけます(核爆)が、構成がしっかりしているので別にミリオタでなくても十分燃えられるはず。
それに、なんといってもこのマンガ、味のあるオヤジ大杉(w
ただの金属板をあっという間に飛行機に作り上げる大田区の職人連中。
DB605を同業者大立ち回りの末パチる(爆)エンジン・ガイ。
パイロットにしたってほとんどが実在のオヤジ(爆)
だいたい、角川や富士見系で登場人物の大半がオヤジつーマンガが許されるというのは一つの奇跡なんじゃないかと(核爆)

今日単行本を買ってきたんですが、前の日にやってきたTH2Xそっちのけで楽しんでます(核爆)
今月のドラゴンエイジに載っていたのが決勝レース登場シーンだったんでついカッとなって購入したあげく、アンリミテッド・ウィングスだけ切り取ってあとゴミ箱へという荒業まで敢行(爆)
いや~、いい回だったんで大きな版で持っておきたくてね~。
あまり反省はしてません(笑)

「最近燃えるマンガがねえなあ」とお嘆きのあなた。
それは魂のあるマンガが少ないからだ。
このマンガには、それがある。
個人的には、今年というか、ここ数年でもベストの作品と見ます。
[PR]
Commented by えんじ at 2005-12-10 23:57 x
その漫画なら私も持ってます。
ツンデレですな?
ヒロインの足を強調するアングルが多いのはいかがなものか。
Commented by hosokawa at 2005-12-11 09:46 x
>個人的には、今年というか、ここ数年でもベストの作品と見ます。
ほぅ(`・ω・´) 卿がそこまで勧めるものならば購入せねばなるまい。
なかなか面白そうだし。

・・・え? オヤジでツンデレなの?
あと、ヒロインの足は強調すべきだと思います。
Commented by mitsuboshi03 at 2005-12-11 20:04
わー、コメントどもですー。
個人的に渾身のネタだったんで、コメントあるとたいへんありがたいです。

☆えんじさま
>その漫画なら私も持ってます。
1巻はちょいと前の発売でしたからね。
チェックされてましたか(笑)
>ツンデレですな?
うぃ、ごもっとも。
でも、それだけじゃないですよ?すよ?
詳しくは次の記事にて。
>ヒロインの足を強調するアングルが多いのはいかがなものか。
掲載誌の都合です(爆)
だって、同業他社(笑)が、
仮面のメイドガイだの、
かりんだの、
つばめシンドロームだのですよ?(他にもあるけど)
おやじだらけのマンガなんて見向きもされませんよ、ええ。
サービス、さーびすぅ♪(古)

☆細川氏
>ほぅ(`・ω・´) 卿がそこまで勧めるものならば購入せねばなるまい。
お薦めしますです。
こういう作品には売れてもらわないと次が出ないですし(苦笑)

>・・・え? オヤジでツンデレなの?
・・・。
どこをどうやったらそういう発想が出てくるのか。
凄いです。完敗です。投了です。
こんなんかないませんがな(笑)
Commented by ohtsuki19 at 2005-12-14 10:32
オヤジでツンデレといえば
烈海王ということで世間の意見は一致しております。
ありえない話じゃない(笑)
Commented by hosokawa18272 at 2005-12-16 07:34
>烈海王
なるほどだよー。w
Commented by mitsuboshi03 at 2005-12-16 23:05
コメントをさらに返してみるテスト(笑)

>オヤジでツンデレといえば烈海王
その手できましたか(笑)
烈海王をオヤジ呼ばわりするのはちょいかわいそうな気がするのですが。
我が身にも降りかかる問題でもありますので(爆)
ツンデレなのは無問題です(待て)
by mitsuboshi03 | 2005-12-10 20:15 | ミリタリー | Comments(6)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03