棋士たちの夏

いぇーい、酔ってまーす。
ども、みつぼしです。
村の飲み会に拉致されますた。
若いのは私だけです。
ああ、目の前にビールの催促が。
たすけてー。
な、飲み会でした。

それはさておき。
将棋ネタがあまりに少なかったのでまとめてみました。
ひとつよしなに。

ある意味タイトル戦より面白い瀬川六番勝負ですが、2戦目がお盆中に行われました。
結果は予定通・・・ごふごふっ瀬川アマの勝利。
内容については・・・気が向いたら後ほどうpしますわ。はい。
・・・ということは、そういう対局だったんかい。
そういう評判みたいです(核爆)

夏真っ盛り。
この時期はタイトル戦の番勝負とかはお休みになります。
暑いですし。
じゃなくって。
この時期はデパートとかで行われる将棋まつりがメインの活動になります。
一度長野の将棋まつりに出たことがあるんで、やることを箇条書きに。

○講演
私が出たときは米長現会長がやってました。
子供だったんで詳しい話しは忘れました(爆)
大人なら全部覚えてると思います(核爆)
○認定トーナメント
一番将棋に熱中していた高校時代だったんで、こっちがメインで。
県大会ライバル(と、こっちは思っている(苦笑))松本深志の連中と段位認定証を賭けてバトル。
こんときは勝って認定証をもらいました。
そう、こんときはね・・・(以下略)
○プロお好み対局
私が出たときは一瞬たりとも気にかけなかった(爆)ですが、普通は将棋祭りのメインイベント。
だいたい「第一人者vs期待の若手」みたいな対決になるんで若手にとっては大チャンス。
思いきった作戦で臨むことが多いみたいです。

で、現在進行中のタイトル戦はどうなってるのかと言いますと・・・。
王位戦 羽生  1-2  佐藤(康)
王座戦 羽生  0-0  佐藤(康)
棋王戦 羽生  0-0  佐藤(康)

将棋界って、強い奴の総取りですから!
と、さわやかにかわすぐらいしか思いつかないくらいのワンパターン。
そんな中でも注目は棋王戦。
羽生は1日制のタイトル戦に強い
というジンクスを確定させたのがこの棋戦。
なんといっても12連覇というのは他のカテゴリに比較しても誇るべき数字。
昨年3期ぶりにようやくタイトルを奪回しましたが、「最強の挑戦者」を相手にどう闘うか。

個人的には、夏場にはちょっと濃い目でボリュームのある対決なんで、冬場にさんざっぱらやってくれないかにゃーとか思っている対決であります。

いや、今日は酔っ払ってるんでこの程度でね、ね!
[PR]
Commented by hosokawa18272 at 2005-08-25 21:30
第2戦みましたよ。
え?評判ってどういう評判なんすか?
若貴対決みたいに八○長試合とか?
Commented by mitsuboshi03 at 2005-08-29 22:50
コメントどもー。
将棋ネタも、も少し涼しくなったら再開しますです。

え~、よくある話としては、
神吉六段と中井女流で2勝はガチ。
もう1勝どこかで拾えば合格間違いなし。
てなウワサです。
あくまでウワサですんで、ひとつ、そのへん、よろしく。
by mitsuboshi03 | 2005-08-23 00:40 | 将棋 | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03