将棋つめちゃいました(あっつーい)

健康診断の結果が悪く、「色々と数値が悪すぎるんで食事制限と運動の刑」を喰らったでござる。
アイェエ…(ニンジャ的断末魔)

さて今回は将棋ネタ。
1週間休むと、どこまで書いたかわからなくなるのが困りますね(おい)

■中村太地六段、「三度目の正直」成るか(王座戦挑戦者決定戦)

まずはこれでしょう、ということで王座戦挑戦者決定戦から。
昨日の7月28日に中村太地六段と青嶋未来五段との対決が行われ、中村太地六段が勝って羽生王座への挑戦を決めております。

青嶋未来五段はこれまであまり取り上げてきませんでしたが、振り飛車穴熊を中心に居飛車も指しこなすという、相手にとって研究の的が絞りにくい難敵。
比較的有名なのは、日本でもトップクラスと言われるチェスの腕前。
羽生三冠と将棋とチェスで二面指しの研究会ができます(本当)
一方の中村太地六段は、絵に描いたようなイケメンというか超エリート。
早稲田実業時代はハンカチ王子こと斎藤佑樹と同期。
早大進学後も学業で優秀な成績。
NHK教育の将棋フォーカスのみならず、一般ニュースのキャスターとしても活躍。
師匠は会長も務めた米長永世棋聖。
将棋でも棋聖戦と王座戦で各1回挑戦者になってはいるものの、いずれも羽生三冠相手に敗北。
今回も絶対王者の羽生王座に挑みます。
「人生の半分以上が王座」な羽生王座相手にどこまで戦えるか。
前回の対決ではフルセットまで持ち込んでいるだけに、今度こそタイトル奪取といきたいところ。
羽生三冠も、王位戦を含めて防衛できればタイトル100期の偉業に手が届くだけに、負けられない戦いとなります。

それにしても、今期の王座戦本戦はベスト4からしてこの2人に加えて菅井七段と斎藤七段という若手づくしの戦いとなりました。
もう時代が藤井四段を含めた彼ら若手中心に変わったのか、ベテラン勢の逆襲はまだあるのか。
これからも目が離せませんね。
それにしても、羽生世代がすっかりベテラン勢になっちまってもう…(涙)

■きょうの藤井聡太(YAMADA杯で敗れたものの、3勝を追加)

さてきょうの藤井聡太。
前回ちらっと書いた通り、YAMADA杯で三枚堂五段に敗れたものの、棋聖戦と銀河戦で合わせて3勝を荒稼ぎし、銀河戦では本戦出場を果たしております。
三枚堂五段は千葉出身で、石田九段の将棋道場で佐々木勇気六段と共に腕を磨いていた経歴の持ち主。
とはいえ家庭の事情からか入門は関西の内藤門下で現在は関西所属。
YAMADA杯は持ち時間の少ない棋戦なだけに事故も多いのですが、それでも勝ったのは立派。
それにしても石田九段、持ってますねえ(おい)

それでも勝ち星を重ねるのが藤井聡太。
棋聖戦では現役棋士唯一の親子棋士の親の方な西川慶二七段と阪口五段に勝利。
銀河戦では、対局日の1月後くらいに放映というテレビ棋戦の常識を破るまさかの生中継が行われる中で平藤七段を下し、本戦出場を決めました。
ちなみにこの銀河戦、ランキングの低い棋士から順番に当たっていくという特異な予選形式を取っており、本戦入りするにはメチャクチャ勝ち星を上げるか、最後まで勝ち抜くしかないということで、中堅以下の棋士にとっては本戦入りがかなり大変な棋戦といえます。
さらっと書いてますが、やはりこの男モノが違いますわ。

なお次戦は8月4日。
王将戦の2次予選進出を賭けて、王位戦挑戦者の菅井七段と戦うことに。
言うまでもなく難敵。
どんな戦いをしてくれるか、今から楽しみです。


[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-07-29 16:23 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03