将棋つめちゃいました(29連勝?このあとすぐ→しました)

う~む、中継見ながらだと色々ぶっとぶな。
しゃーない、簡易更新でいこ。

藤井四段vs増田四段戦を見ながら書いてます。
結果は出たところで追記します。

※藤井四段勝ちました。詳しくは次回やります。

まずはここまでの将棋ネタを。

■きょうの藤井四段(デビューからの連勝記録を28連勝に伸ばす)

まずは藤井四段。
既報通り6月21日の対澤田六段戦に勝利し、デビューからの連勝記録を28連勝に伸ばしております。
前回の対戦では必至をかけられるところまで追い詰められましたが、今回は順当に勝利。
というか、先日タイトル挑戦者決定戦に出た澤田六段を順当に下す新人四段って何よ(哲学)

無敵の終盤力だけなら若い頃の谷川九段とか羽生三冠とかを思い出しますが、彼らの四段時代に比べると序盤中盤が圧倒的に洗練されている(上位棋士レベル)ので、四段としての完成度は史上最強と言っていいのかもしれません。
タイトル取れそうなトップ棋士クラスでないと正直止まらない感じ。
あとは多くの学生棋士たちを苦しめた、期末テストとか、恋愛とかが強敵ですか(おい)
またスケジュールが混んでくるんで、体調面も心配。

個人的には、藤井四段一人がバカ勝ちするんじゃなくて、ライバルが一人二人でも居てほしいなあというのが正直な感想。
一枚看板って相当辛い立場ですからねえ。
パッと思いつくところで言うと佐藤名人とかが候補に上がりますが、同世代かその下あたりで誰じゃ出てきてくれないかなあというところ。
若い頃の羽生三冠も、佐藤会長とか森内九段の成長を待ってた節がありますし。

■叡王戦段位予選

ニコ生で一部中継のある叡王戦の段位予選。
6月22日の六段予選では金井六段が勝ち上がったのですが、誰が勝ち上がってもおかしくない組み合わせだったこともあって、いずれも大熱戦で楽しませてもらいました。
また6月25日の9段予選では羽生九段…もとい三冠が登場。
とはいえこの日の主役は小林九段。
田中寅彦九段を下し、続く対羽生三冠戦では用意の作戦で最後まで羽生三冠を苦しめました。
結局は羽生三冠が勝ったのですが、よく頑張りました。
しかしこれで小林九段は対羽生三冠戦0勝9敗ということに(涙)

あと、深浦九段の解説は楽しいですね!
対局では粘りと根性の男なのですが、解説とか文章はサービス精神豊富で楽しいのですよ。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-06-26 17:26 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03