将棋つめちゃいました(コンピュータ将棋選手権)

ゴールデンウィークも終わり、あとは普通の土日を残すのみ。
それなりにやることはできて休めたんで、まあいいんじゃないかなと。
あとは普通に働けるといいのですが。

さて今回も将棋ネタ。
まず先に名人戦第3局の結果だけ書きますと、角換わり模様から後手の稲葉挑戦者が上手くまとめて勝利。
これで2勝1敗と挑戦者の勝ち星先行となりました。
第4局は5/16、17に岐阜市で行われます。

この後は、すっかりゴールデンウィークの定番となりました、コンピュータ将棋選手権の話題を。
興味を引いたネタをいくつか書いてみます。

■やねうらお、動く

コンピュータ将棋選手権での(数の上での)最大勢力となったのが、やねうらおこと磯崎さんのやねうら王ライブラリ。
コンピュータ将棋でのライブラリって理解するのが難しいのですが、個人的にはカーレースで言うところのシャーシに相当するのかなと思ってます。
自前でシャーシから用意するのが完全自作で、市販のシャーシにサスペンションやエンジンを組み合わせるのがライブラリ使用者、というイメージ。

んで、やねうら王自体は例年通り賞金の出ないコンピュータ将棋選手権には不参加だったものの、やねうら王ライブラリユーザーのために、なんと大会前日に最後のアップデートを敢行。
他勢力からすると、「よ、余計なことを~(断末魔)」なこの動き。
実は今大会の行方を微妙に左右することに、なったかも。

■強豪ソフト、次々と敗れる

さて予選当日。
5/3の一次予選こそ波乱は少なかったものの(それでもメカ女子将棋・SilverBullet・臥龍といった常連組が揃って敗退)、翌日の5/4に行われた二次予選で衝撃が走ります。
優勝経験豊富なGPS将棋に加え、ここ数年のコンピュータ将棋界をリードしてきたあのAperyがなすすべなく12位で敗退。
また近年安定して好成績を上げてきた大将軍も僅差で「蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ」(いつものたぬきさんですw)にかわされ9位で本戦入りならず。

走り続けないと、強豪といえども容赦なく振り落とされる。
ネットゲームなんかでよく見られる現象を、コンピュータ将棋界でもまざまざと見せつけられました。

■コンピュータ将棋はponanzaを中心に回る?

さて今やコンピュータ将棋の代名詞として君臨するponanza。
今年はついにディープラーニングを実装した「Ponanza Chainer」として登場。
今年も昨年同様、相手の隙を見逃さない鋭い攻めと渋い指し回しが同居する抜群の強さを発揮していたのです、が…。

■新人elmo、ponanzaを破り驚きの頂点へ!

ponanzaの独走に待ったをかけたのが、なんとなんと初出場のelmo。
一応やねうら王ライブラリを使用しているものの、評価関数などの基本的な部分に独自の工夫を重ね、直前のfloodgate(コンピュータ将棋界のとらのあな)ではレーティング4000点台という驚愕の強さを発揮。
そんなことから業界筋ではダークホースとしてマークされていましたが、実戦ではponanzaに2勝するなど、その予想すら上回るハイパフォーマンスを発揮。
予選・本戦を通じて敗れたのは、二次予選での技巧による1敗のみ。
一次予選・二次予選・本戦すべてを1位で駆け抜けるという快挙で優勝を勝ち取りました。
おめでとうございます。

なおこのソフト、すでに公開されているとのこと。
さっそく実装している人も多いんでしょうねえ。

■その他気になったソフト2つ(大合神クジラちゃんとHoneyWaffle)

あと、今大会で特に気になったソフト2つを紹介しておきます。

すっかり常連となりました「大合神クジラちゃん」ですが、今年は例年見られがちだったプログラム回りの問題が少なく(通信エラーで1敗)、計算資源を一般ユーザーに依存するいわゆる「元気玉システム」がほぼ完璧に機能したことにより、マシンスペック的には今回トップレベルの数値を発揮。評価関数など基本的な部分が少々荒くてもマシンパワーでねじ伏せるというスタイルで本戦4位に入りました。
独自の戦い方は完成の域に入ってきただけに、評価関数など基本的な部分で進歩が見られれば、優勝争いも不可能ではなくなってきました。
あと、独自の生中継も楽しみ。

もう一つの注目ソフトは「わっふるわっふる」ことHoneyWaffle。
参加はここ2、3年からという新規参入組。
今年は基本のやねうら王ライブラリをほとんど変えずに振飛車定跡を乗っける形で登場。
先手なら中飛車、後手なら角交換振り飛車と、「勝ちたいなら居飛車」というここ数年のコンピュータ将棋界の常識に真っ向勝負を挑み、見事堂々の本戦入りを果たしました。
上手く粘って競り勝つスタイルは、観戦していたプロ棋士も一目置く戦いぶりでした。
これに勇気づけられたプロ棋士やアマチュアの方も多かったのではないかと。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-05-06 14:41 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03