将棋つめちゃいました(ゴールデンウィーク?)

人によっては9連休、な今年のゴールデンウィーク。
こちらは暦通りに5/1、2を働く日程。
名人戦第3局が直撃しているのですが、さすがにそれで休むのは、ねえ。

というわけで今回も将棋ネタ。
以前だとホントにニュースのない時期でしたが、最近は色々とネタが入ってきますねえ。

■羽生棋聖に挑むのは、棋界屈指のイケメン!?(棋聖戦挑戦者決定戦)

まずは初夏の風物詩な棋聖戦。
挑戦者決定戦が先日行われ、実績のある糸谷八段を破り斎藤七段が初のタイトル挑戦権を獲得しました。
最近俊英揃いの関西若手の中では少々扱いの小さい存在ではありますが、それでもC級2組を1期抜けしたり、電王戦FINALでAperyに勝利するなどの戦績を誇る実力者。
あと詰将棋選手権を連覇するなど、詰将棋を解くのが大好き。
それでもここまで上がってきたのは少々意外でした。
順位戦など長い持ち時間での対局で持ち味が出るだけに、タイトル戦にしてはちょーっと持ち時間が短い棋聖戦で実力を発揮できるでしょうか。
なお相手は絶対王者の羽生棋聖。

頭にちょっと書きましたが、「西のイケメン王子」の異名を持つイケメン棋士。
おしゃれ、というよりは、面構えが良い、という感じ。
しばらく前の将棋世界誌で見た、将棋まつりでの浴衣姿は実に絵になりました。
和服もきっと似合うでしょう。楽しみです。

■将棋連盟の理事改選

今度は政治のお話。
七転八倒ありました将棋連盟の理事ですが、先日改選のための予備選挙が行われ、佐藤(康)九段・森内九段・森下九段・鈴木九段・清水女流六段・井上九段・脇九段が新しい理事に内定したとのこと。
関西勢の井上九段と脇九段は固い決着となりましたが、関東勢は変革、という感じがします。
なんといっても、女流棋士初となる清水女流六段の入閣が大きい。
あと、森内九段は確固たるナンバー2という立ち位置になりそう。
こういう布陣って後々割りと揉めそうなのでそれはちょっと心配。
瀬川五段は残念でしたが、次回はチャンスがあるでしょう。

課題山積みではありますが、とにかく頑張って欲しい、の一言。
あと、佐藤(康)九段は紫綬褒章を受賞。
けっこう大きく取り上げられてましたね。

■今日の藤井四段(羽生三冠に勝っちゃったよ…)

さてまだまだ話題の尽きない藤井四段。
例の炎の七番勝負で羽生三冠に勝利し、あの錚々たるメンバーを6勝1敗で乗り切ることに。
デビューからの公式戦連勝記録も継続中(14連勝)
まあ、あれだけ終盤強いと勝ちますよねそりゃ。
どこまでも強くなってほしいな、という印象。

なお羽生三冠ですが、ニコ動の非公式戦な獅子王戦で藤井四段にリベンジを果たした模様。
往復ビンタは許さない。やられたらやりかえす。
うん、いつもの鬼畜眼鏡羽生三冠だ(震え声)
こういうところがホント恐ろしいと思いますです、はい。
なお期待の新人に勝ったのは嬉しかったようで、獅子王優勝の賞状を部屋に飾ったとか。
こういうところはなんか微笑ましいですなあ。

[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-04-29 09:48 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03