将棋つめちゃいました(もうちょっとで年度末)

完璧な花粉症シーズンに突入。
こんなに辛かったかな、と思いながらの一日は長い。
今度こそ根治治療を試すんだ、というのを冬まで覚えていられるといいんですが(苦笑)

さて今回も将棋ネタ。
ちょっと変化球も混ぜながらお送りします。

■棋王戦は最終局へ

まずは棋王戦。
先週行われた第4局は矢倉模様の将棋を渡辺棋王が制し、5番勝負は最終局へもつれこむこととなりました。
後手番の千田六段が角換わりの最新型のような62金~81飛型を採用したのですが、渡辺棋王に的確に咎められた模様。
やはり矢倉だと渡辺棋王の経験が生きたのかな、という一局でした。

さて運命の第5局は、明日将棋会館で行われます。
この棋王戦、前にも書きましたが共同通信系の中小新聞が支持母体のため、ぶっちゃけお金が足りな(ry
地元のお悔やみ情報が売りな某新聞社に一肌脱いでもらおうかしらん(おい)
諏訪でのタイトル戦を定番にする一つのチャンスなのでは、と個人的には思っているんですけどね。

■鹿野圭生二段、女流公式戦引退

今度は女流棋士の引退のお話。
鹿野圭生二段が規定の成績を満たせなくなったことにより、女流公式戦を引退することとなりました。
公式戦での活躍こそそれほど無かったのですが、姉御肌でアクの強い、いかにも関西棋士という感じの方で、雑誌やテレビでも結構お見かけする機会の多かったように思います。
あの森内九段が関西での対局のときに、麻雀を教わりに行く人、というのが有名なエピソードですね。
LPSA所属ということで、今後はLPSAの棋戦に参加されるとのこと。

それにしても女流棋士の引退って、規定がよくわからないこともあってこうして突然プレスリリースが出ておしまい、ってことによくなるんですよね。
一将棋ファンとしてはちとモヤモヤしないこともない、といった感じが。

■『盤上のシンデレラ』、再び視聴可能に

今度はちょっと将棋界から離れて。
私もさんざん記事を書かせてもらいました『盤上のシンデレラ』。
長らく視聴ができない状態になっておりましたが、このたび初回から第18局まで再び視聴可能となりました。
将棋界の二次創作の一つの頂点、と個人的に思っているこの作品。
再び見ることができて嬉しいです。
見どころはたくさんあるのですが、個人的にはやっぱり第7局の相矢倉戦を強力にオススメ。


[PR]
Commented by TnT_playing_fukui at 2017-03-28 20:55
お久しぶりです。落語聞きながら艦これやりつつセンバツ見てウン十年ぶりに復帰したTRPGをしている日々です。
去年のT&T完全版の発売後、関連書籍もシナリオ集など色々揃ってきて遂に、というか今更になって福井でT&Tを遊ぶ会を立ち上げてしまいました。
http://tntplaying.exblog.jp/
復帰後GM初心者で苦労してますが…(汗
Commented by TnT_playing_fukui at 2017-03-28 20:58
↑上のコメントの投稿者はOSCARです。ユーザー名も統合しておいた方が良かったかも^^;
Commented by mitsuboshi03 at 2017-04-02 14:47
おお、コメントどもです。

T&Tでセッションですか。
楽しそうですねえ。
大変だと思いますが、頑張ってください。
by mitsuboshi03 | 2017-03-26 13:06 | 将棋 | Comments(3)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03