将棋つめちゃいました(春はもうすぐ)

しばらく続いた寒さもそろそろ一段落。
雪が降っても積もる心配はなくなりそうで一安心。
だがしかし。
暖かくなってくると、恐怖のアレがやってきます。
ああ、花粉が…。

さて今回も将棋ネタ。
年度末が近いんで、色々とネタは多いです。

■名人挑戦者は稲葉八段、森内九段は無念のA級陥落(将棋界の一番長い日)

この時期の一大イベントといえば、将棋界の一番長い日ことA級順位戦最終日。
最近ではむしろここの一つ手前のラス前が面白い、という方も増えてきましたが、こと注目度となるとこちらに軍配が上がります。
さて今回ですが、そのラス前で結構波乱が起きまして、名人挑戦権争いと降級争い共に最終日まで目の離せない展開となっておりました。
名人挑戦権争いの方は、ここまで無傷の7連勝でダントツトップの稲葉八段が渡辺二冠に破れて遂に連勝がストップ。
そのため、なんとか2敗を守ってきた羽生三冠と広瀬八段には、他力ながらもプレーオフ出場の可能性の目があるという頑張りがいのある状況に。
一方、例の三浦九段の休場騒動で1枠となった降級争いの方は、ここまで僅か1勝と降級当確ランプが点灯しかけていた佐藤(康)九段がラス前で深浦九段を下し、ギリギリ残留争いに踏みとどまります。
また、ここまで2勝の森内九段も「一人では死なん。貴様も一緒に(地獄へ)連れていく。」とここまで3勝の屋敷九段に勝ったことにより、降級争いは、佐藤(康)九段が負ければそれまで、もし勝った場合は屋敷九段か森内九段の負けた方が降級(両方負けたら森内九段)、というカオスな状況に。
名人挑戦権争いと降級争い。
立場は全然違いますが、どちらも3人で1つのイスを取り合うという地獄のイス取りゲームが展開されることとなりました。

さて今年はちょいと早めに昨日行われた最終戦。
肝心の結果ですが、終わった順に書いていくことにします。

まず最初に終わったのが羽生三冠vs屋敷九段戦。
とはいえ、今年は日付が変わる寸前に終わったんで、時間的にはまずまずといったところでしょうか。
矢倉模様の展開から、後手番の屋敷九段がいつものようにニョロニョロと右銀を早めに繰り出してから早囲いを目指したのを、羽生三冠が「居玉って意外と固いんですよ」と早めに仕掛けて咎めようとして乱戦に突入。
矢倉早囲いの場合、無難に納めてしまうと早囲い側に1手早く攻められてしまうので、囲いが不安定なところで速攻、というのが最近のセオリーになっているようです。
しっかり囲って攻めたい派な私にとっては冬の時代ですなあ(涙)
どうも羽生三冠が同じく早囲いの含みを残して居玉のまま戦ったのがマズかったようで、屋敷九段が仕掛けの局面からのリードを保ったまま逃げ切りを果たしました。
羽生三冠はこれで挑戦権争いから完全に脱落。
一方の屋敷九段は、あの羽生三冠に勝利してA級残留を自力で勝ち取りました。
屋敷九段の忍者銀、まだまだA級で楽しめそうです。

今度は日付が変わってすぐに終わった広瀬八段vs佐藤(康)九段戦。
後手の佐藤(康)九段が、やや意表を突いて一手損角換わりへ誘導。
広瀬八段はいかにも最近の若手らしく、棒銀模様から王様の守りを固めて不敗の構えで迎え撃ちますが、佐藤(康)九段がこちらも「居玉って意外と固いんですよ」と強気な攻めで応酬。
本局は仕掛けどころの攻防で広瀬八段が形勢を損ねたらしく、この居玉が意外と争点が無くて攻めにくく、逆に固いはずの先手玉があっという間に丸裸、という進行に。
これぞ佐藤(康)九段ワールド全開!な一局となりました。
これで佐藤(康)九段はA級残留の望みをキープ。
一方広瀬八段も敗れたことにより、名人挑戦権争いは当の本人の対局結果を待たずして、稲葉八段が名人挑戦権を獲得することとなりました。

お次も日付が変わった早々に決着の付いた渡辺二冠vs行方八段戦。
最終局で唯一の、名人挑戦権にも降級にも絡まないという純粋な「順位戦」。
こちらは普通の角換わりの最新型から、行方八段が△8一飛と飛車を好形に構える一手を省いて△6五歩から突っかけていったのがどうなのか、という進行に。
やや渡辺二冠の模様が良いか、という局面が多かったように見えますが、行方八段にも十分勝つチャンスのあった一局のようで、この将棋を元にまた研究が進むものと思われます。
勝った渡辺二冠は6勝3敗となんとか格好はつけましたが、何年も何年も言われている通り、名人挑戦権争いに絡まない限りはどうしようもない。
竜王戦の時期と重なる序盤をどう乗り切るかが課題。
行方八段は、残念ながら勝ち越しを果たせず。
順位を上げられなかったのがどう響くか。

最後に残ったのが稲葉八段vs森内九段戦。
15時に千日手指し直しとなりましたが、こうなるとどうしても体力勝負となるため、若い稲葉八段が断然有利に。
森内九段も無理やり矢倉模様を選択するなど工夫は見せましたが、稲葉八段が終始押し切って勝ちきりました。
千日手があった割りには終局は0時半ころとそれほど遅くならずに終局。
稲葉八段は棋聖戦で挑戦者になって以来の爆発力を発揮し、初のA級で名人挑戦者に。
佐藤名人との名人戦が待ち遠しいです。
一方の森内九段はこれで無念のA級陥落。
名人を含むA級在位記録は連続22年でストップとなりました。
順位戦の成績以外が奮っていないこともあり、A級陥落はかなりの痛手。
基本的には、後手番をどう戦うか、ということになるんでしょうね。

なお色々ありました三浦九段は、来季はA級11位(B級1組からの昇格組の下)で戦うことに。
また来季のA級順位戦は降級枠が3枠となります。

■里見女流名人、2連敗からの3連勝で女流名人位を死守(女流名人戦)

さて今度は女流の名人戦。
里見女流名人に上田女流三段が挑戦した今期の女流名人戦。
上田女流三段の連勝スタートでカド番を迎えた里見女流名人ですが、そこからの3連勝で女流名人位の死守に成功。
やはり女流棋士の中では実力は抜けている印象ですが、三段リーグではここまで8勝8敗と足踏み。
年齢的にもあまり後がないだけに、なんとか三段リーグでの爆発に期待したいのですが。

なおその三段リーグですが、森門下の西田三段が開幕14連勝で四段昇段をすでに確定。
残る1枠は10勝6敗勢の6名が取り合うという大混戦となっております。
運命の三段リーグ最終日は、3/4(土)に行われます。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2017-02-26 10:50 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03