将棋つめちゃいました(年の瀬まっただ中)

毎週更新、と言っておきながら隔週になってしまってすまんです。
地域で重~い役が回ってきちゃったため、今後は隔週更新がメインになっちゃうかもなーと。
まああんまり難しいこと考えてるとハゲますんで、淡々とやってきますよ、ええ(苦笑)

さて今回はプロ棋界の話題を。
昨日行われた叡王戦第2局を中心にお届けしますね。

■チダショーも強かったが、名人は強すぎた(叡王戦第2局)

第2期叡王戦もいよいよ決勝三番勝負。
ついこないだ山崎叡王が誕生したような気がしますが、1年って過ぎると早いですなあ。
さて今回は、満を持して登場した羽生三冠を破った佐藤名人に、新進気鋭のコンピュータ棋士な我らのチダショーこと千田五段が挑む構図となりました。
沖縄で行われた第1局を佐藤名人が制し、昨日迎賓館で第2局が行われました。
それにしても迎賓館。
流石は日本を代表する建築の一つ。
たとえ映像でも、一遍は見ておくと人生ちょっと変わるかも。
ちなみに対局場となった迎賓館別館は、将棋の対局場としては破格の47畳ぶち抜き。
久々に対局場を見て目が点になりましたw

さて対局。
後手番となった千田五段の二手目△8四歩に対して▲7七銀と矢倉を宣言した佐藤名人。
さてどうするのかと思いきや、飛車先の歩をスルスルと2五まで伸ばすという古典的な戦型を採用。
千田五段が早めに△3一角として△6四角の飛車いじめを狙おうとすると、今度は▲4六歩~▲3七桂と昔懐かしの陣形から米長流急戦矢倉を志向。
破壊力抜群ながら、守りがあまりにも脆いために現代将棋ではすっかり消えた戦法となっておりましたが、後手の千田五段が早囲いを狙っていたこともあり、専門的に見ると先手の主張が通った印象。
佐藤名人が序盤で早くもポイントを上げましたが、何しろ囲いの強度が豆腐並みなこともあって、千田五段にも十分勝つチャンスはある分かれとなりました。

が、そこを何とかしてしまったのが佐藤名人。
千田五段が慣れない戦型に苦戦する一方、渋さ満点の▲5九金をはじめとした変幻自在の指し回しで千田五段の攻めを華麗にいなし、最後の望みを賭けた千田五段渾身の突進も巧みにかわしての完勝となりました。

千田五段は序中盤の引き出しの差が如実に出てしまった模様。
とはいえ、最新型での戦いには定評がありますし、この第2局でも最後まで望みを捨てずにひたひたと一発逆転を狙う姿には好感が持てました。
とかくコンピュータ棋士としての一面ばかりクローズアップされがちですが、森門下特有の一本筋の入った骨のある棋士。
数年後と言わず、今すぐにでもタイトル戦で見たい逸材であります。

佐藤名人ですが、あの脆い急戦矢倉をこうも上手くまとめきっちゃうのは凄すぎます。
勝ち負けはともかくとして、ponanzaとも好勝負を演じてくれるのではないかと期待しております。

■決戦は第7局へ(竜王戦七番勝負)

色々と忙しくて中々じっくり見る機会が無いのですが、竜王戦七番勝負はなんとなんとフルセットへ。
第7局は12/21,22に新潟県の「温泉御宿 龍言」で行われます。
こうなったらまさかの丸山竜王を見たい気もしますが、竜王は渡辺でないとしっくりしないという思いもあり。
中々ままならないものですなあ。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-12-12 19:31 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03