解体新書風味 佐藤心の青春 第2話

カストロが亡くなったり糸井が阪神に行ったりしましたが、私は…まあ、なんとか、生きてます。

隔週更新が定番になりつつある。
ヤバイ、ヤバイですよ。
というわけで記事を上げてみる。
ちょうど都合よく『佐藤心の青春』の第2話が上がったことだし。
例によって例のごとく本編はこちら→

今回までで舞台設定が終わって、次回から対局でしょうかね。
楽しみです。
んでもって、これから先は例によって例のごとくネタバレ全開でツッコミを入れますのでそこのところよろしく。

■片桐早苗(早苗さん)

またも28歳さんのエントリー。
大丈夫、これから平均年齢下がるから(震え声)

『佐藤心の青春』ではコーヤンこと中田功七段役を務めることに。
ご両人ともお酒大好きですからね、適役かと(笑)
中田功七段といえば、やっぱりコーヤン流三間飛車ですかね。
雑な居飛車穴熊党相手なら瞬殺できますので、振り飛車党ならこっそりレパートリーに入れておくと吉。

■桜井桃華(ちゃま)

12歳!そういうアイドルも居るのか!
そうなんですデレマスは上から下まで年齢幅大きいんですよ本来は。
なにしろこの動画が平均年齢高(ry

『佐藤心の青春』では、なんとなんと佐藤天彦名人役に大抜擢。
何しろ後の名人ですので、第1話を見た時点で誰を当てるのか楽しみにしてましたが、「そうきたかー」という印象。
貴族役にはお嬢様をということですね、わかり(ry

■宮本フレデリカ(フレちゃん)

そして将棋強いお姉さんの登場。
平均年齢もそれなりに下がっていい塩梅。
いいですね、実にいい(愉悦)

『佐藤心の青春』では「将棋強いオジサン」こと木村八段役として登場。
軽妙なトークと独特な受けを披露する場面は出てくるのでしょうか。
原作的に考えて、あんまり期待せず待ってます(苦笑)

■三船美優(美優さん)

がっ…ここで26歳さんのエントリー!
これではまた平均年齢が上がってしまう!(ひでえ)

スパークする傾向の極めて強いデレマス年長組をよそに、年相応に落ち着いた感じが大変よろしいんじゃないでしょうか、という美優さん。
でも結構きわどい、というか可愛い衣装も着てくれるぞ!素晴らしい!

『佐藤心の青春』では…私の見立てではおそらく佐藤康光九段ポジっぽい。
まあなんでも原作に合わせなくてもええんで、この辺はお好みで。

■塩見周子(シューコ)

まーそうそう何人も年長組出すわけにもいかんでしょ、というわけでシューコさん登場。
今どきのギャルっぽいのに和風テイスト、というのがイイんですよね、シューコ。

『佐藤心の青春』では、シュガハさんにかわいがってもらった後輩棋士役として登場。
元ネタの瀬川五段は後輩の面倒をかなり見てた方なんで、誰、と特定するのが難しいんですよね。
こちらも元ネタをあえて特定せず、「あ、こういう役なんだな」と思って見ていただければと。

■城ヶ崎美嘉(姉ヶ崎)

そしてカリスマJKのエントリー。
それにしても、城ヶ崎で変換や検索をかけようとすると、ことごとく妹しか登場しないこのありさま。
姉も大事にしてやってくだされ…(涙)

『佐藤心の青春』では、シューコ同様、シュガハさんにかわいがってもらった後輩棋士役として登場。
年齢的に酒…はダメなので、カラオケとかで遊んでもらったんでしょうかね。

■美城常務(美城さん)

ま~た平均年齢上がるよ…え、アイドルじゃないって、なら大丈夫(おい)

『佐藤心の青春』では米長元会長役を務めることに。
元ネタより隙の無い方を持ってきましたね。

■「さくらいももかです。6さいです。」(2:15あたり)

開幕ゲロイン爆誕の部分はあえて語らず(おい)

それにしても6歳ちゃまヤバイ、超ヤバイ。
第2話で一番危険なところではないかしらん。
何しろちょっと縮尺いじっただけでこの破壊力ってのがヤバすぎます(おい)

なお、このあたりの下りについては中田功七段が将棋連盟モバイルコラムで語っておられるとか。
う~む、スマホ持ってないんですよねえ。

■「美嘉ちゃん、悪い顔になっとるよー。」(6:10あたり)

明るいところで悪だくみ、う~むたまらんのう(待て)

プロ試験制度を導入するかどうかの攻防ですね。
臨時連盟総会での議決が必要だったんで、瀬川さんにかわいがってもらった後輩たちが、「瀬川さんをプロ棋士にしたい!」とプロ棋士への働きかけをしていたところの下りになります。
こういう動きが自然に起きた、というのはやはり人徳なんでしょうね。
でも、良い子はマネしちゃダ・メ・だ・ぞ!
なお社会人になるとこの程度なぞ序の口(以下略)

■将棋バー あいごま(11:28あたり)

そしてまた酒を飲むシュガハさん。
原作準拠だからね、ちかたないね(本当)

■「読みが当たりましたね」(12:44あたり)

狙った飲み会は外さない、それが楓クオリティ(おい)
学生時代、こういう嗅覚に優れていた人が何人も居たような…?

■「ええ、とっても楽しみです。」(13:00あたり)

タイトル戦の番勝負で、新潟での日本酒と対戦相手を楽しみにしている楓三冠。
今度の対戦相手は壊さないでねー、のあさん大事にねー(おい)

■「形式は5番勝負。3勝した時点でFランクとしてのデビューが認められ、3敗した時点で不合格だ。」(13:32あたり)

ここは若干史実と違うところ。
瀬川五段のときのプロ試験は少々変則的で、3勝でフリークラス入り、4敗で失格という6番勝負を戦いました。
この後制定されたプロ試験制度では、棋士番号の遅い順(最後にプロ入りした順)に5名試験官を選び、3勝でフリークラス入り、という制度になっております。
ちなみに今泉四段がこの制度でプロ入りしてますね。

■「境界線上なんて、よくもまあ、いけしゃあしゃあと。」(14:28あたり)

世間的には安牌と見られていた史実の第1戦。
だがプロ棋士の見立てでは相当厳しい相手と見ていたようで、先崎九段のエッセイにもそういう記述があります。
何しろ後の名人ってのもありますが、そもそも17歳の三段ってのが相当強い。
確実に勝てるプロ棋士って、半分も居ないんじゃないかと。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-11-27 12:26 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03