将棋つめちゃいました(台風こわい)

迷走台風がいよいよ上陸とのこと。
よりによって東京出張の予定が入っているときにグギギ・・・。
無事に済むといいんですけど。

さて今回は普通の将棋ネタ。
将棋まつりなどのイベントの多い時期を過ぎ、普通の棋士にとってはいよいよ本番開始といったところでしょうか。
普通は対局数の少ない中でも対局に忙しい、というわけで、今回名前が上がっている棋士は相当強い部類に入ります。

■王位戦は2勝2敗。改めての3番勝負に。

まずは将棋界夏の風物詩、王位戦から。
絶対王者羽生王位に「将棋強いオジサン」こと木村八段が挑む今回の7番勝負は、ここまで2勝2敗のタイスコアとなっており、改めての3番勝負という格好になっております。
第4局も木村八段優位の分かれから羽生王位が相当追い込んだものの僅かに届かず、という熱戦になったようで、両者がっぷり四つの戦いが続いております。
羽生王位を相手にすると、たとえ勝ってもどっと疲れが出る、というのが通例ですが、木村八段もそんなこたあ重々承知よ、となってくれるとますます面白い7番勝負になるのですが。

ところで、木村八段をさんざんオジサン呼ばわりしている自分の方が年上の件について(おい)
・・・は、羽生王位よりは年下だから、せ、セーフ?(アウトです)

■渡辺竜王に挑むのは、どっち?(竜王戦挑戦者決定戦)

今度は将棋界の秋の風物詩である竜王戦。
こちらも絶対王者な渡辺竜王への挑戦権を賭けて、丸山九段と三浦九段が3番勝負で争います。
以前は羽生三冠や渡辺竜王のような期待の若手の登竜門といった印象が強かったのですが、決勝トーナメントが上位勢に有利な制度に変わってからは、今回のような重量級対決が増えた気がします。
さて今回の結果から行きますと、丸山九段の先勝を受けて一昨日行われた第2局を三浦九段が制し、9/8に行われる第3局の勝者が挑戦権を得るという形になっております。

この第2局、角換わり模様から両対局者らしくギリギリ尖った最新型の将棋に。
後手の丸山九段が居玉から猛攻を仕掛けますが、すったもんだの末に三浦九段に辛くも咎められた模様。
恐らく将棋ソフトでの研究が相当入っていないと人間には怖くて指せない変化だったのですが、これはこれで一つの将棋の在り方かな、と思ってます。
いくらお手本があろうが、最後は自分で選んだ手を指さなきゃならないのですから。

■早見え棋士たちの実例

以前の記事で書いた「早見えの若手棋士同士の感想戦」について、関連がありそうな記事を「将棋ペンクラブログ」さんで見かけましたのでちょっとご紹介。

※記事はこちら→

大元は河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」ですね。
ギリギリの終盤戦を研究する羽生世代の面々。
一目で寄せの筋を見抜き、数十手先の手をいきなり語り始めるやいなや、それに頷いたりツッコミを入れる。
河口七段ならずとも、「かんべんしてくれよ・・・」と思わず声が出てしまいます(苦笑)
そういえば、「盤上のシンデレラ」の第4局がこれに近い感じでしたね。
こちらは終盤、第4局の方は新手(恐ろしいことに現実でも)というのがちょっと違いますけど。
第4局の被害者は、例によって例のごとく菜々さんでしたw
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-08-28 15:18 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03