【ネタバレあり】解体新書風味 盤上のシンデレラ 登場人物紹介(その2)

昨日は地区のお祭りに行ってきました。
祭り自体は早々に終わったのですが、その後酒を呑んで呑んで呑んで(ループ)
毎度のこととはいえ、地区の飲み会は辛いっす(涙)

さて今回も盤デレの話題を。
登場人物紹介の続きですね。

■北条加蓮(かれん)

まずはタイトルホルダーに敬意を表して。
毎度毎度寝込んでいる姿しか見られなかったのですが、第15局ではまさかの初タイトル奪取の場面で主役を飾ることに。
どこかで防衛戦はやるんでしょうが、次の第17局でやるのか、もう少し他の話しを挟むのか。
今から楽しみです。
それにしても、病弱なのにジャンクフード好きってのはマズいですよ!

■神谷奈緒(かみやん)

トライアドプリムスの絆は血縁より濃い、というわけでかみやん登場。
加蓮や凛の絡みでの出番がやっぱり多い気がしますが、第6局を見ていたら、姉ヶ崎や早苗さんともレッスンをしているなんて描写がありましたね。
実力は間違いなくありそうですが、ライバルの壁も相当厚いだけに、突き抜けるのは大変そう。

あとそういや、ここのかみやんはツンデレネタあんまやらないっすね。

■城ヶ崎美嘉(姉ヶ崎)

一見して今どきのチャラいJKなのだが、根は良い子、ってのはやっぱりいいですなあ(しみじみ)
登場回数自体は結構多いのだが、ちょい役なことが多くてやや印象は薄め。
なかなか候補生になれない妹ヶ崎も心配だし、自分も期待の若手枠から抜け出すのに必死だし、中々難しいポジションですなあ。
いっそのこと、ちっちゃい子集めて名伯楽を目指す道もありそうですが・・・。
にげてーみりあちゃん逃げてー

■宮本フレデリカ(フレちゃん)

第8局での「将棋強いお姉さん」的なフリーダム解説っぷりで名を上げましたが、第13局では康光流変態戦法の使い手であることが判明。
ムラっ気たっぷりなんで、タイトル争いとなると苦しそうですが、フレちゃんとの対戦を嫌がる上位アイドルは多いでしょうなあ。

それにしても、女流棋士によるフレちゃんみたいな楽しい解説って見てみたいです。
通常は聞き手に回ることが多くてねえ。

(追記)

棋聖戦の第4局、久々の中原流急戦矢倉で羽生棋聖が勝ちましたね。
なんでも26年ぶりの採用だとか。
そうそう、こういうのでいいんですよ、こういうので。
第5局は振り駒で先後が決まるので、戦法を複数用意しなければならないのが辛いところなのですが、次回もこういうビックリドッキリメカ、出ないかなあ。
あ、永瀬軍曹は変にひねらず、いつも通りにやってれば大丈夫なんではないかと。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-07-18 11:57 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03