将棋つめちゃいました(年度末決算セール その1?)

今回は久々に前置き無しで。
ざっとここまでの棋戦の動きを。

■渡辺棋王、大激戦を制し棋王防衛!(棋王戦五番勝負)

まずはついさっき終わったばかりの棋王戦から。
第3局の後手番をまったりゴキゲン中飛車で凌いだ渡辺棋王は、今日の第4局では今や誰もが恐れる佐藤(天)八段の横歩取りを堂々と迎え撃ちます。
やや膠着状態となった序中盤の研究合戦は、若干渡辺棋王の模様が良かった模様。
ただそこからもつれる展開となり、最終盤ギリギリの1分将棋で佐藤(天)八段が優位に立ちますが、そこで渡辺棋王の勝負手△7七桂が炸裂。
対して▲8五金なら勝ってたようですが、佐藤(天)八段の次の一手は無情にも▲8五桂。
それでも最後まで手に汗握る大熱戦で楽しめました。

なお本局はヤマダ電機が主催のとちぎ将棋まつりとの共催ということで、数多くの将棋ファンが宇都宮に集結した模様。
ニコ動の中継も棋王戦と別口であって楽しめました。
なおニコ動の中継は、中盤戦たけなわの3時くらいに放送機材がお亡くなりになって一時中断の憂き目に(涙)
とちぎ将棋まつりがあって本当に良かった。

それにしても、解説の深浦九段の話がすべらな過ぎて困る。
普段の真剣に将棋指してるイメージとは真逆なんですよねえ。
ドラクエの話とか、娘のRPGのレベル上げに熱中する話しとか、恋愛に将棋の手筋を応用できるかな話しとか、楽しく聞けました。

■郷田王将、最強の挑戦者を退ける(王将戦七番勝負)

今度は先週終わった王将戦七番勝負。
第4局まで2勝2敗で五分だったのですが、続く第5・6局で郷田王将が連勝。
郷田王将が崩れず頑張ったのも大きかったのですが、気になるのが羽生四冠の戦型選択。
第5局がまさかの四間飛車穴熊、第6局が藤井流の矢倉早囲いといずれも変化球で勝負してきたのですが、変化球にしても熟成が足りない感じが。
佐藤(天)八段の挑戦を受ける名人戦に研究を取っておいたというのがもっぱらの噂なのですが、それにしてももう少しなんとかならなかったかなあという印象。

■村山七段、新人王戦以来の棋戦優勝!(NHK杯決勝)

最後は、昨日放送されたNHK杯の決勝戦。
一般棋戦ではあるものの、何しろNHKによる全国放送というのは今なお一般人にとっては威力絶大。
ここで活躍すると、下手に2、3個タイトル取るよりよっぽど世間体が良いというわけで、NHK杯を頑張らないプロ棋士は居ない、と言われるほどの棋戦となっております。

今年は大物棋士が早々に敗れたこともあり、決勝戦は村山七段vs千田五段というフレッシュな対決に。
二人とも持ち味は違いますが、ニコ動やtwitterなどで普及に務める姿に好感が持てます。
結果は順当に村山七段が勝利して、新人王戦以来の棋戦優勝となりました。

千田五段は敗れたとはいえ、初出場での決勝進出は見事。
これからの活躍に期待します。
twitterも楽しみにしてまっせ。

それにしても、NHK杯の重みはどうですか、と聞かれて、
いやあこの優勝カップってこんなに重かったんですねえ、と答える村山七段の天然っぷりが大好きですw
[PR]
by mitsuboshi03 | 2016-03-21 20:57 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03