将棋つめちゃいました(順位戦前半戦終了)

今年も花粉症の季節がやってまいりました(涙)
さっそく今朝馴染みの病院へ。
梅雨入りまでの長い戦いとなりますが、それでも最近は良いグッズが続々登場してくれているのがありがたい。
今年は「スプレーするだけで花粉を寄せ付けないよ!よ!」なる新兵器を導入。
花粉症ってある意味「気の病」なんで、「今度の新兵器は凄いぞ!」と思うだけでも効くんです(おい)
ハズレてもまあ千円だし(待て)
頼むぜ、資生堂。

さて今回は将棋ネタ。
順位戦の前半戦が終わりましたんで、その辺りのお話を。

■驚愕の4人プレーオフ!(A級)

さてまずは先週の日曜日に行われた「将棋界の一番長い日」ことA級順位戦から。
注目度の高い一戦とあって、今年は日曜日開催に。
いつもは休日なんで関係者は大変ですが、こういう努力が将棋界を盛り上げるのです。
でもせっかくやってた中継は艦これの菱餅イベントのついでに見ているという(おい)
中継している囲碁将棋チャンネルは囲碁畑の人が多い(本社は囲碁の総本山な日本棋院の中にある)ので仕方がないとはいえ、専門チャンネルならちゃんと将棋界の人材を使ってマトモに中継して欲しいのココロ。
ニコ動やBSでの中継が無かったこともあり、ネットでは怨嗟の声がw

毎年決着が深夜に終わるのが通例の順位戦ですが、1局くらいは夜10時くらいに終わるのが最近のパターン。
そのパターンにバッチリハマってしまったのが渡辺-久保戦。
どうも久保九段お得意の角交換振り飛車への渡辺二冠の対策が完璧だったようで、久保九段の見せ場の無いまま終局となってしまいました。
とはいえ、粘りのアーティストでもある久保九段にあっさりと土俵を割らせるのは並大抵の技では難しいとだけは書き残しておきます。
これで渡辺二冠はとにもかくにもノルマ達成。

この後は例年通り深夜の決着となります。
明日のことがあるんで私は生観戦は潔く諦めました(おい)

まず終局したのが挑戦者争いvs降級争いの対決となった森内-行方戦。
森内九段は負けると史上初となる「前名人のA級陥落」の憂き目に遭うところでしたが、途中から5筋の制空権を取って行方八段を圧倒。自力でA級残留を決めました。
もう順位戦では復調と見て良さそうですね。
一方行方八段は勝てば名人挑戦の大チャンスでしたが、比較的苦しい後手番とはいえあっさりと土俵を割ったのは気になる所。

ここまでの結果で名人挑戦プレーオフ開催が決定。
あとはプレーオフが3人になるか4人になるか。

しかし次に終わったのは全く関係ない阿久津-郷田戦。
どうも阿久津八段が優勢な将棋を終盤のミスで落とした模様。
A級初挑戦とはいえ、全敗とは厳しい。
来年度はとにかくB級1組で頑張るしかない。
下手すると降級までありえるので。
一方郷田九段は終盤の3連勝でA級勝ち越しに成功。
挑戦権には縁が無かったが、来季の順位を上げる上でも大きな1勝でした。

深夜1時近くになって、降級vsプレーオフ入りの大一番となった広瀬-三浦戦が終局。
勝った広瀬八段はプレーオフ入り。
今年開催の2局に敗れて挑戦権争いから遠のいた印象でしたが、見事に踏みとどまりました。
一方負けた三浦八段はA級陥落が決定。
12年連続A級在籍は立派の一言。
まだまだA級復帰は十分狙えるはず。

んでもって、最後に残ったのは文字通りの順位戦(順位争い)となった深浦-佐藤(康)戦。
とはいえお互いにA級勝ち越しが掛かった一番のため、来季の挑戦権あるいは降級争いには地味に効いてくる一戦。
夕方ころに既に佐藤(康)九段の玉が入玉しかけてたんで「こりゃ長引くな」と思っていましたが、深夜2時ころに無事深浦九段が勝利。
持将棋になって「朝まで生将棋」という関係者にとっては悪夢の展開にならなくて良かった良かったw

で、肝心の名人挑戦権を賭けた4人プレーオフですが、既に始まってます。
まずは順位が下な久保-広瀬戦が一昨日行われて久保九段の勝利。
久保九段のゴキゲン中飛車に広瀬八段が超急戦で対抗。
この超急戦、かなり細部まで研究が進んでいて「知っている方が勝つ」将棋。
これを制したのは久保九段でした。
勝った久保九段は次に渡辺二冠と戦い、その勝者が行方八段と名人挑戦権を争うこととなります。

歴史に残るA級順位戦が、また一つ。

■昇級、降級、悲喜こもごも(C級2組)

A級が長くなっちゃったんで手短に。

昇級争いはラス前に決まった横山六段と千田五段に続き、村田五段が勝って自力昇級を決定。
ラス前に負けて昇級を逃してたんで実は危うい情勢でしたが、無事に決まってなにより。
ちなみに妹もプロの女流棋士であります。

降級点争いの方は私の読み筋通りに順位下位の3勝勢が食われる結果に。
順位39位の勝又「教授」五段と順位32位の伊藤(真)五段が境目となりました。
順位一枚の差が生死を分ける、これが順位戦の恐ろしさ。
加藤「ひふみん」九段も残念ながら最終局に敗れて降級点を取りました。
残念ながらフリークラス行きとなったのが西川(慶)七段、石川七段、増田六段の3名。
[PR]
Commented by hosokawa18272 at 2015-03-07 16:44
最近ニコ動でこんなの見ました。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm25567679
これがどれぐらいのレベルなのかもわかりませんけど、将棋の戦法って難しいなー。w
Commented by mitsuboshi03 at 2015-03-08 08:53
>最近ニコ動でこんなの見ました。

ぎゃあああああ。
別記事にまでしようと思っていて書くのを忘れてましたよorz

とっても面白いです。
後追いですが記事にしますね。
覚えていれば(おい)
by mitsuboshi03 | 2015-03-07 11:56 | 将棋 | Comments(2)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03