将棋つめちゃいました(残暑の号)

体調が思わしくないので、午前中で仕事を切り上げて家路へ。
山道を下ってもうすぐ町並みに入ろうかという矢先。

そこに突然、細い道をふさぐように車庫からバックしてくる一台の乗用車が。

スリルドライブ開幕~!

・・・避けるのも止まるのも無理でした。
ゲームならミスっても100円飲まれるだけで済みますが、現実はなかなかに厳しい(あたりまえだ)
まあ物損だけだったし、下手すると谷底へまっさかさまだったんで。
皆様も、気をつけようがないかもしれませんがお気をつけくだされ。

今回は将棋ネタ。
タイトル戦を中心に、ざっくりいきます。
基本的に将棋界の夏は、
「夏だ、夏休みだ、営業将棋まつりだ!」
なので、普通の棋士にはまず対局がつきません。
こういう時期に対局がつくというのは、ある意味大物棋士の証明。

【王位戦七番勝負】羽生挑戦者がカド番を返す!決戦は最終局へ

棋譜など詳細については公式サイトをご覧ください(ココ)→
初防衛に燃える広瀬”振り穴王子”王位に、”最強の挑戦者”羽生二冠が挑む今回の王位戦七番勝負。
2勝2敗で迎えた第5局では、後手番の広瀬王位が、
”振り穴ですか?今どき流行んないですよ”
と言って封印していた十八番をこの大一番で投入。
羽生二冠も当然これは予想していて、練りに練った用意の策を披露し、普段は当たり障りのない局面で終わる一日目のはずが既にのっぴきならない局面に。
封じ手の局面で、羽生二冠は誰でも指しそうな▲4三成銀を指さずに、と金の働きに期待して▲3三と、と桂馬を取ったのですがこれが敗着。普通は羽生二冠がこういう手を指すと羽生二冠が勝つもんなのですが、本局に限って言うと、広瀬王位の振り飛車穴熊に対する経験値の高さが光る展開に。プロ広しと言えども、こういう振り飛車穴熊を指せる人はまずいません。
業界用語で言うと、「(ファミレスじゃ出せない)専門店の味」といったところでしょうか。

カド番、しかも後手番という窮地に立たされた羽生二冠が第6局で選択したのは、大方の横歩取りとの予想を裏切って、なんとなんと角交換からの相振り飛車。
いくら広瀬王位が居飛車も一通り指しこなすとはいっても、本来は振り飛車党。
一方羽生二冠は、振り飛車もやるけど基本は居飛車党。
広瀬王位も意表は突かれたでしょうが、「ここは俺の庭」と本領発揮で、羽生二冠の序盤の一失もあり、2日目の午前中までは”このまま押さえ込めば広瀬王位の勝ち”という局面に持ち込みます。
しかしここで終わらないのが「腐っても羽生」。
なんのかんのと混戦に持ち込み、気がつけばスルリと勝ち星をかっさらっていきましたとさ。

世代を代表するトップ棋士同士の対決は、最終局まで持ち込まれました。
最終局は振り駒で先手後手が決まりますが、広瀬王位が後手番なら間違いなく振り飛車穴熊。
わかっていても、この必殺技を破るのは容易なことではありません。
逆に羽生二冠が後手を引いたときの戦法選択が見もの。
今度こそ横歩取りじゃないかと思うのですが。
広瀬王位が注文をつけるなら、先手でも振り飛車穴熊を持ってくる可能性はありますが。

とにかく、熱戦に期待。
できれば、広瀬王位に”新世代ここにあり”という姿を見せて欲しいのですが。

【王座戦五番勝負】羽生王座20連覇の前に立ちはだかる、因縁の宿敵

現在絶賛19連覇中の羽生王座。
今年勝てば20連覇。
当然ながら将棋界屈指の大記録ですが、20年ですよ20年。
20年前、私は何してたかしらん、と思いにふけるのもよいかもしれません。
・・・そうか、「20年前は生まれてないんですけど」つー人もいますよね(苦笑)

普通に強い羽生王座ですが、こと王座戦五番勝負に対する相性は別格。
2004年の第3局で森内名人に敗れて以来、ここまで19連勝中。
19連覇中、最終局を迎えたのはたったの2人。
そのうちの一人、渡辺竜王が今回の挑戦者です。

今でこそ、泣く子も黙る永世竜王な渡辺竜王ですが、一躍名を上げたのはこの王座戦。
当時新人王を取ってたくらいの無名の五段が、無敵の羽生王座を1勝2敗とカド番に追い込む大活躍。
タイトル戦で後輩にしてやられる、という経験がなかった羽生王座の肝を冷やしました。
最後は羽生王座が連勝して幕を閉じましたが、「また凄い新鋭が出てきたな」と思ったものです。

今回の渡辺竜王の挑戦は、このときとは意味が全く違います。
永世竜王でありながら、二冠になったことがない渡辺竜王。
無敵の羽生王座を破っての二冠ということになれば、三冠、四冠と名実共に棋界の第一人者として君臨する道が開けます。
逆に羽生王座は、王位奪取に失敗し、王座を失う事になれば久々の一冠に。
しかも、敗れたのが次世代の旗手である広瀬王位と渡辺竜王となれば、取り返しのつかないことになりかねません。

第1局は、9/7に東京のグランドプリンスホテル高輪で行われます。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2011-09-01 19:31 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03