将棋つめちゃいました(年度末に向けて その3)

ある日のこと。
私は東京タワーのそばに居た。
これが遊びで行ってたんなら、「ああ和泉屋、オレオレ」攻撃をかます所だったが、あいにく仕事だったので断念。
さて、明日からこの仕事の整理をしなきゃならんのだが、悩み中。

そんな中でも将棋界は順位戦が大詰め。
今回は、先週決着が付いたA級とB級2組の話を。

まずは前回の記事のおわびから。
最終戦前の時点で、久保二冠以外の4勝4敗勢は残留が決定しておりました。
またB級2組では同じく最終戦前の時点で、島九段の昇級と先崎八段の降級点は無しよ、ということになっておりました。訂正致します。
まあ、ノリと勢いで突き進むブログなんで、その辺はごかんべんを。

では仕切り直して、まずはA級から。
いきなり最終戦が終わって、来期の順位が確定したところから話を始めます。

挑 森内九段 7勝2敗
2 渡辺竜王 6勝3敗
3 高橋九段 5勝4敗
4 郷田九段 5勝4敗
5 三浦八段 4勝5敗
6 丸山九段 4勝5敗
7 谷川九段 4勝5敗
8 久保二冠 4勝5敗
降 木村八段 3勝6敗
降 藤井九段 3勝6敗

まず名人挑戦権争いですが、森内九段が俗に「超速」と呼ばれる▲3七銀戦法で久保二冠のゴキゲン中飛車を下したのに対し、渡辺竜王は事前に懸念されていた通りに丸山九段必殺の角換わり腰掛け銀の前に力尽き、プレーオフなしで森内九段が羽生名人への挑戦権を獲得しました。
最近なかなか番勝負に縁のない森内九段ですが、特に持ち時間の長い将棋を得意としているだけに、羽生名人といえども安穏とはしていられないでしょう。
なにせ、同世代でありながら、自分より先に永世名人になった男ですので。

一方降級争いですが、「降級決定戦」となった木村-三浦戦に敗れた木村八段と、高橋九段に敗れた藤井九段が降級、ということになりました。木村八段は今期絶不調だったとはいえ、それでもあっさりとA級から陥落するとは思えなかったのですが、これがA級の怖さか。また藤井九段は、結果的に勝てば残留、というところまで持ち込んだのですが、残念ながら力尽きました。

残る棋士の中で特筆すべきは、3位に入った高橋九段。「50歳でA級」というだけでも凄いのに、このメンツできちんと勝ち越しているのが立派。先手番なら数々のタイトルを獲得した原動力の矢倉を、後手番ならA級に復帰するための新兵器の横歩取り、と手番に関係なく強力な切り札を持っているのは大きいです。この調子を維持すれば、当分A級に居座ることは間違いないでしょう。
一方心配なのが谷川九段。ここ2年続けて、夏場は活躍するものの、秋から冬にかけて失速、というパターンを続けており、もし夏場で負けが込んだ場合はA級陥落の可能性大。来期の順位も7位と危険水域に入ってきました。特に最近は後手番の戦法選びに苦心している節があり、A級死守のためには後手番をどう克服するかが大きなカギとなりそうです。

続いてB級2組。
昇級争いは、勝てば自力で昇級が決まる2人のうち、危ないと思っていた「みんな大好きハッシー」こと橋本七段が勝って昇級を決めたのに対し、固いと見ていた中川八段が畠山(成)七段に敗れて昇級を逃し、キャンセル待ち1番手の阿久津七段が昇級ということになりました。
共に実力はトップクラスの棋士にも引けを取らないのですが、なんとなくチャンスを逃しているうちに後輩に先を越されている格好。この昇級で殻を破れるとよいのですが。
一方降級争いは、共に一世を風靡した森下九段と田中(寅)九段に降級点が付き、土佐七段と佐藤(秀)七段が降級、ということになりました。
関西の重鎮である桐山九段は、最終戦に敗れたものの首の皮一枚で降級を免れました。
中原・米長両巨頭と同世代の大棋士ですが、まだまだ順位戦で頑張ってます。

さて。
これを書いている間に終わるかと思っていた棋王戦第3局、まだ続いてます。
個人的には久保棋王持ちの形勢と見ますが、まだまだ予断を許しません。
[PR]
by mitsuboshi03 | 2011-03-06 19:12 | 将棋 | Comments(0)

スポーツ、将棋、ミリタリー、オタクネタ、地元長野ネタなど節操なしに書きまくります


by mitsuboshi03